01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

政治の変化と放射能の対策、

    どうもこんにちは、



  今日は書こうかどうしようかと思っていたのですが、まあちょっと書いてみますか、



  それで一つ目は、マスコミがいっていたのだが鳩山氏が倒閣運動を止めようとしているらしい、

  マスコミのいうことだから信用はできないが、そういう流れはあるかもしれない、


  日本人は予定調和が好きだから、そういう考えで動いてしまったのだろうか、



  しかしそれは間違いであろう、非常時に常識で考えても意味はなし、そういう考えを持つべきではない、


  今の民主党の現状分析をすると、正直なところこのまま行けば消滅する可能性が高い、

  理念なき政党の存在意義はないので、社会党のように消滅するだろう、


  だから党の存続というものは考えないほうがいい、そんなものができるほど世の中は甘くはないからである、



  そうではなくて、今の状況を利用することが大事だと思う、

  例えば今は被災の問題があるから、解散総選挙は行われない、

  また、野党も予算等での協力をする可能性が高いので、与野党の対立というのは起きづらい、



  それを考えると、しばらく大きな選挙がなく震災で政治的変化がおきづらいのならば、逆にいうと政治的変化を起こしても、それが問題になることはない、

  
  変化がおきづらい状況だからこそ、変化を起こしやすいわけで、今の状態で大きな事をすれば、大きな政治変化も行うことができる、

  普通は大きな変化をしようとすると、色々あってうまく行かないのだけど、今のタイミングならば全体が固定化されているので、変化を起こしやすいといえる、



  そして今の状況で民主党が妥協をしても、自滅してこの世から消えるだけなので、民主党のなすべき事というのは決まっている、

  それは変化を起こすということ、それ以外生き残る道はないと思う、



  それを考えると、多分裏でアメリカとか官僚が自民も含め予定調和的な話をつけて、その表層的な話が鳩山氏やそういうところに来ているのだと思うけど、

  ただそれをやると民主党は昔の社会党のように消滅するので、ここで判断を間違ってはいけないと思うし、


  多分そういう圧力も来るだろう、悪くいうと今の震災も深遠的に言えば、日本の政治的な手詰まりが生んだ意図的なものにも見えるのでね、そんな甘い話があるとは思わないほうがいい、


  ただこう考えると、日本は潰れるしかないのかなという気もしますけどね、予定調和的な発想がある限りは、状況の変化を起こすことが日本人にはできない、


  民族性から来ている瑕疵(かし)だとすると、どうもこの東北の震災と福島の原発が、日本の最期のシーンになってしまうような気はします、




  では次に、毎度ながらの放射能のことでも書いてみましょうか、

  それで何を書くかな、、では放射能は安全かみたいなことでも書いてみましょうか、



  放射能の安全性というの話は、色々な種類がありますが、今回は放射能の測定結果が安全であるかということでも書いてみますか、



  最近、政府に対して学者の人が政府の言う校庭の安全基準が危険であるというと、次の日には校庭の放射線測定値が下げられていた、


  つまりまともには計っていないということだろうけど、放射能というものは実は測り方によってずいぶんかわるものなので、インチキや隠蔽がしやすい、



  例えば、今の空間線量というものは、大体20メートルくらい上空から測っているので、地表の放射線量については測っていない、


  あくまで上から降ってくる量を測っているだけなので、地表に積もっている放射性物質の量などは分からない、


  なので政府の発表している線量は、空間の線量、つまりは今降ってきている放射線量なので、実際の人が住んでいるところの線量は、その数倍か十倍くらいあるらしい、


  だから、上で書いた校庭の線量が急にその学者さんが辞めたとたん下がったのは、測定方法を変えた可能性が高く、本当に下がったとはいえないと思う、



  見たところ日本では放射線をどのように測るべきかという規定はないようで、あったらしいのだが誰も守っていないので、今測定されている線量は何らかの政治的事情で出てきているものも多く、本当の線量は公表されていないと思う、


  もしくは、本当の線量をはかる方法が政府になく、どれをもって基準とするのかということが、分からないんじゃないかと思うね、



  だから、最悪自分で測らないと分からない状態にあると思う、

  チェルノブイリでも地域住民は政府の意見を信じず、自分で調査をして安全性の確保をしていたというが、今の政府発表も多くは何らかの政治的意図があるので、客観性はないと見たほうがいい、



  じゃあどうするかだが、大雑把に危険カテゴリーを決めておいて、その範囲に近寄らないようにするのがいいのではないかと思う、


  例えば特定の県の物を食べないとか、海産物でも放射線が蓄積されやすいものは避けるとか、


  後は一度でも高い数値が出たところには行かないとかかな、線量が下がったから安全というのだけど、線量の下がり方が不自然な場合が多いので、測定方法の変更による線量の低下を考えると、一度高い数値が出たところは信用しないほうがいい、



  まとめると、現状では放射能の測定に不正がある、もしくはちゃんとした測定の方法がない可能性があるので、

  放射能に影響されやすいもの、一度でも高い数値が出た食品や飲料、そしてそういう場所は近づかないほうがいいと思う、



  こういう意見は風評といえば風評なのだが、現状では安全性の確保ができないので、危険性のあるものには関わりあわないという手しかない、


  まあ食品にしても、日本の食品の殆どは輸入ですから、国産で福島県付近や千葉辺りも含めたあたりでないものを選べば良いし、そういう選択肢は結構あると思う、



  最近は復興だといって、そういう地方のものを出す傾向があるけど、昨日学者の人がやめたとたん、学校の校庭の放射線量が一気に下がったわけだから、そういう農作物にしても意図的に下げている可能性は高いので、あまり信用はできない、


  もちろんちゃんと調べているものもあるのだろうけど、そうでないものも混ざっているだろうから手が出せない、



  まあ放射能といっても、大量に取らなければなんとなるので、そういう一回でも危険な数値が出たものは必要最低限にし、それ以外のものをメインにしたほうがいいのではないかと思う、


  日本は自給率が低いですから、別に国産の物を食べなければならないわけではない、

  もちろん放射能がなければ食べていいのだけど、政府が信用できない以上は安全性の確保はできない、


  放射能まで地産地消する必要はないわけで、そういう方面の物はあまり取らないほうがいいでしょう、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR