04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

福島県民の放射線対策、

地震関係のリンク、

東北震災情報、

震災被災者支援情報、

被害時の医療方法、

医療相談、

被害地での炊き出しなど、

炊き出しマップ、携帯用、

不明者の安否確認、

災害時の伝言板、

P2Pを使って携帯で音声映像の送受信ができるもののようです、

茨城県版 炊き出しまっぷ、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、





    どうもこんにちは、



  最近このブログを書かなくても大丈夫かなあと思うときがあります、別にやめるとかそういう話ではないのですけど、原発の話とかね、私が書かなくてももういいかなと思うときもあるのだけど、


  なんだか書くべきことはもう書いてしまったような気がしてね、何を書くにしても二番煎じで書きづらくなっているのですけど、まあなんか書いてみますか、、



  それで何を書いてみましょうかね、、話題になっていることとすれば、子供の放射線被ばく線量を20ミリシーベルトにしたというのはあるね、

  これは前に書いてその後批判があってやめたと聞いていたが、権力に巣食うゴミ度もが復活させたようだね、



  これも前に書いたことだけど、放射線の被曝というものは内部被爆と、外部被爆があってその20ミリシーベルトというのは、外部被爆のことしか考えていない、


  何でそうなっているかというのは想像になるけど、その20ミリというのは原発の作業員の被爆限界量であって、作業員の人は基本的には内部被爆はしない、

  何故かといえば、防護服をしているし特殊なマスクもしている、それにそこに住んでいるわけではないから、放射性に被爆した食べ物を食べているわけではない、



  つまり、今いわれている被爆対策というものや、被爆の基準といわれているものは、公害の様な形で放射能が現れたものではなく、作業の段階での被爆を基準としているものなので、

  今起きている公害としての被爆、日常生活における被爆というものに対しては、対策もなければ基準も存在しない、


  政府の安全対策とは「何の手もない」が正解であり、何の手もないことをごまかしているから変なことになっているのである、

  

  生活における被爆は、防護服をつけているわけでもなければ、特殊なマスクをしているわけでもない、

  ついでに言えば、被ばく線量の計測もしておらず、どの程度被爆するか分からない上に作業員以上の被爆の可能性がある、


  なぜなら一般の人では放射能に対する対策ができないから、だからそういう学校で作業員だったら20ミリの被爆であっても、何の防御もしていないわけだからもっとひどいことになるかもしれない、


  それ以外でも生活をしていることと、原発の作業をしていることはずいぶん違うから、生活の中で取り込んでしまうものも多いので、そもそも考え方に大きなずれがある、



  政府が言っている被爆の基準になっているものは、ガンマ線のような光線のようなものを考えていて、放射線物質のような物質を体内に取り込んだりするような、そういう被爆は想定していないと思う、


  はっきりいえば全く考えていないんだね、日常生活に放射性物質が入った場合はどうなるか、どうすべきかという根本の考えがなく、ただそれを原発の作業員の基準で考えているだけ、



  何故かといえばそれしか基準がないから、その点から考えると考え出したのは官僚だろうな、前例主義既定主義、すでにあるものの中でしか考えていない辺りは官僚の発想があると見ていい、


  本来であれば、日常的な生活における放射能の被爆の問題であり、チェルノブイリのような一般人を対象にした、基準の厳しい規定を作り、食料品に関しても厳しく望むべきが、


  一般世帯への放射性物質の流出を検討していなかったので、基準がないから原子炉の作業員の基準を出してきた、と見るのがだとうであろう、

  しかしこの二つは全然関係ない話なのでね、今いっている政府の安全基準と言うものは、多分安全かどうかは全く考えていないものだと思う、

  想定を全くしていなかったのだろうね、それに官僚主義の日本ですから、前例もなく想定もなければ屁理屈でごまかすくらいと、責任転嫁か責任を取らないで済む形を目指すということになるけど、



  それがこの20ミリシーベルトだろね、私の見たところ論拠は全くないと思う、

  前も書いたけど、実際このくらいを子供が被爆した場合、大人に換算すると6~800ミリシーベルトくらいになるようなので、がんになる可能性がかなり高いですから、安全性は殆どないと考えていい、



  まあそれは政府が完全に機能不全になっているということだろう、官僚主義は国を滅ぼすということで、このまま行くと足尾銅山とかそういうことが福島で起こるだろう、


  それと止めるために鳩山氏や小沢氏のような、反官僚主義の人が権力を握る必要があるのだけど、今の政治論としてのイデオロギーの分岐があるすれば、官僚主義か反官僚主義か、


  そして官僚主義では福島は大規模公害になる可能性が高い、国のために国民が死ねというのが官僚主義だから、これの是正をして民主主義にしないといけない、



  では次に状況的に考えると、このことに対しての対策は福島の人が県外に移住するしかなかろう、

  ただそれを押さえようとする勢力もいるらしく、聞いたところでは東北の集団疎開を防いでいるのは、その地方の知事とかそういう人たちが多く、



  自分の県の人が減ることを警戒しているようなので、少し前の福島の子供が批判を浴びた、福島の人が差別を受けたという報道も、

  福島の県知事あたりが福島県からの移住を阻害するために、情報操作をしている可能性があるので、そこら辺に福島の人が引っかかると問題かな、



  前も書いたけど、原発に関しては安全対策は全くしていなかったが、情報操作は徹底していたという前例がある、

  それを考えると、、現状では福島の人、特にお子さんは逃げたほうがいい、

  しかしそれを阻む圧力が政治的にかかっているようで、福島の人に対する差別というのは、そのための情報操作の可能性がある、  
 


  福島のどこかの村でも、異常なくらい村民が村から出ることを警戒ししていらしく、それがどこか大きな権力からの圧力を受けていた感じは受けた、

  

  全体のテーブル、土台として見えているのは、ある種の風評によって、福島の人が外に出れないような情報操作をして、その上で被ばく線量を上げるという恫喝かな、


  この二つは多分同じ手じゃないかな、奴隷根性を植えつけようとでもしているのか、官僚軍国主義サマサマだが、すべてが間違っている、



  対策としては、福島県民への差別という話を無視するか、その対策を福島県民自身が考える必要がある、

  何でそんなこと?という気はするのだが、官僚主義は独裁国民奴隷主義ですから、奴隷解放への道は自立しかないので、自分で何とかするしかない、



  放射能に対する知識を集めて、パンフレットかチラシを作り、移転先で配って回るとかかな、、

  ほんとなんでこんなことという感じだけど、マスコミが騒いだ分過剰反応で、福島の人への差別は多分実態としてあると思う、

  マスコミは政府と連動して、意図的にそういう情報を流していた可能性が高いが、情報が流れれば影響もあるだろうから、福島の人々はその対策もしつつ移住を考えないといけないか、



  単純にいえば安全対策を政府がすればいいのだけど、私の見たところどこを切ってもそういう可能性がないので、逃げやすい体制を作るというのが今の状態ではベストだと思う、



  子供の20ミリシーベルトというのは、原発の作業員のレベルであって、一般生活上の放射能汚染の話ではそもそもない、

  前提が完全に狂っているのに比較されているというのは、全くなにも考えていないか、何一つ考える体制が政府にないかのどちらかであるので、政府を当てにすることはできない、


  そして逃げようとすると、今度は福島県差別といって閉じ込めようとする、日本はソ連以上のひどい国だというしかないが、



  まあ今回のことについて私が考えられる対策は、、、疎開かな、

  ただ単純に疎開すると、マスコミがまた福島差別といって、福島の放射能圏に引きずり戻そうとするので、それを自衛しないといけないだろう、



  そもそも放射能というのは洗えば落ちるので、埃やチリみたいなものですから、ちゃんと説明をすれば問題がないのは分かるはず、


  だからその説明の方法を編み出さないといけない、そういうのがあれば福島の人も外に出やすくなるし、その分精神的にずいぶん楽になるのではないだろうか、

 

  現状でいえばそんなところかな、今の菅のアホ政権は官僚主義であるから、民主主義ではないので国民のことを考えることはまずない、

  当然福島の人々のことを考える可能性もない、だから福島の人々も彼らを無視して、自分でどうにかするしかない、


  日本人自身が官僚主義から自立して、共生の観念をもてればいいのだけど、そこまでしないと福島の放射能対策はできない気がします、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR