03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

福島原発と復興の人材、

地震関係のリンク、

東北震災情報、

震災被災者支援情報、

被害時の医療方法、

医療相談、

被害地での炊き出しなど、

炊き出しマップ、携帯用、

不明者の安否確認、

災害時の伝言板、

P2Pを使って携帯で音声映像の送受信ができるもののようです、

茨城県版 炊き出しまっぷ、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、





    どうもこんにちは、



  地震から一月がたって最近は一段落ついた様に見え、街中でも平穏さが戻りつつありますが、

  しかし問題は全く解決していませんからね、これからどうなるんでしょうか、、



  というわけで、今日はそういうことでも書いてみましょうか、これからのことですね、、ではまず原発あたりのことでも書いて見ますか、



  福島の原発は、ゴチャゴチャと手を打ってきているようだけど、効果があるかは分からないな、

  なんでも海中に鉄板を入れたり、フェンスを張ったりしているらしいが、効果があるのかね、


  放射性物質は重いのでどんどん沈んでしまうし、フェンスとかの考えは原油の流出であるから、水と油では油のほうが上にくるが、放射性物質と水では放射性物質が上に来る保障はあるのだろうか、


  比重の問題でしたっけ、しかし放射性物質は重いものが多いので、フェンスを張っても下に流れしまうのではないか、

  フェンスを張ったから海への流出は大丈夫というのは、変な感じがしますね、



  他だと、原発の冷却には外部冷却装置を作るべきだと、私は常々言っていましたけど、どうやらそうなりそうですね、

  まあ私も専門家ではないのだけど、原発内の設備は放射能汚染がひどく、また破損しているものが多いので、それを考えると外部冷却システムを組むのが現実的であろう、


  その上で、原発内はそこらじゅうに穴が開いていますから、冷却で入れた水を回収するシステムも必要になるので、

  今すべきことは外部冷却システムの建設と、冷却をした結果あふれてくる汚染水の回収のシステムの構築でしょう、



  正直内部のシステムの復旧にこだわったのは失敗だと思う、

  チェルノブイリでは今でも内部システムが動いているらしく、それでコントロールをしているようだけど、


  軽水炉の場合は、水を沢山使いますからその汚染された水が浸透してきて、原発内が放射能汚染されやすく、

  また冷却システムが原発の下にあるので、内部システムで冷却をすれば、そこからあふれた放射能汚染水が冷却システムに降りかかる、



  つまり福島の場合は内部の冷却システムは使えないわけで、常識的にいえば内部は最初からあきらめたほうが良かっただろう、

  それにこだわったのが前例主義だろうね、チェルノブイリは今でも内部のシステムでコントロールしていると聞くから、それにしたがって同じ事をしようとしたのだろう、



  ただ軽水炉タイプの場合は、水が汚染されますからね、

  それでその汚染された水を使った冷却システムの補修をするというのは、原子炉内部に手を突っ込むレベルの話ですから、正しい判断をするのならば初期の段階で低い確率の可能性と判断すべきだったろう、


  それをずうっとやり続けていたのは判断ミスといえ、保安院と菅と東電の能なしブラザーズだから、綺麗に判断ミスをしてくれたようだけど、やっぱりこいつらを変えないといけないようですね、



  次に、小沢氏が倒閣運動をし始めたようですね、まあいいんじゃないかな、

  正直菅政権の存在意義はないからね、誰がどう考えてもないから、潰したほうがいいのだろう、



  政党でいえば民主党か自民党かという形にも見えるけど、自民党はピンはね政党ですからね、復興支援を金もうけの道具としてしか見ないだろうし、

  大体福島原発とか、そういう危険な原発を日本中に作って、バックマージンをもらっていたのはこいつらだし、まともな判断をする可能性はない、

  まともな判断力があれば、福島原発は爆発していないだろう、だから自民党は論外である、



  それで今の政治状況を見れば、解散総選挙は難しく首相がやめても選挙にはならないだろうし、

  それに短期で首相がやめるのは良くないと、菅のやつは言っていたが、

  菅のアホに今回のの対処ができるとは誰も思っていないから、事の重大さを考えれば首相を変えるのが妥当な判断といえる、



  小泉政権がいい例だけど、あれも本当あの5年間というのは日本にとって重要な時間だったわけで、

  あの五年ぐらいが日本の余力ある時間帯だったから、余力のあるうちに経済の転換や、社会的な制度の転換をしていれば、いまのような日本になることはなかった、


  それをあのアホとお仲間たちは、その余力を身の保身に使い果たして、何も残らなくなってしまったのが今の日本であるわけで、だからここは人選をシビアに考えたほうがいい、



  やっぱり対策をする人間の能力によって結果は大きく変わるし、方向性も大きく変わる、

  表面的に言えば、この人間がどういう人かとか、この人が好きかどうかという話になりやすいけど、


  しかしいま問われているのは、能力の問題であるからできる限り有能な人物を当てないと、うまく行かないと思う、

  小沢氏が好きか嫌いかというのではなく、能力の問題からして小沢氏がやるしかない、



  たとえばこの復興に10~20兆かけて、どの程度効果が出るかといえば、小沢氏と菅のアホやった場合では、誰がどう見ても数十倍の開きが出るのは目に見えているのだから、


  今回のような復興には、大きな財源と大きな人材をあてねばならず、菅のアホでは大きな人材にはならない、

  菅のやつにやらせると、間違いなく金を無駄に使い、また官僚の言いなりだからその金を官僚や、その仲間の東電の対処に使ってしまうだろう、


  復興支援といいながら、殆どが東電と官僚の天下りに流れる可能性がある、

  復興というのはやはり人がいないといけないわけで、官僚に依存した連中に今回のことが対処できるとは思わない、

  せっかく予算を準備しても、どぶに捨てられたら困るわけだから、やはりそれ相応の人材が必要である、



  復興ができる人材が今は必要なのではないか、そのためには日本の中枢に巣食っている腐った連中ではなく、それ以外の人材を選ぶしかない、


  それは小沢氏が好きか嫌いかというよりは、東北の人たちや福島の人たちにとって、なにがベストであるかという判断であって、その地域の人たちのメリットを考えるべきである、


  小沢氏が云々というと批判する人は多いが、じゃあ東北や福島の人々に菅政権が正しいのかと問われたら、それでいいと答えるのか、


  そういうことは政治家個人ではなくて、そこに住んでいる人々のことを考えたほうがいい、小沢氏がこの問題を対処すれば、誰どう考えても菅のやつよりはうまくやるわけだから、それで救われる人がいるのならばその可能性を考えるのが正しいのではないか、


  それが一番の復興支援だと思う、人災の排除が必要、自然災害、福島の原発、その上で政府の人災ではその現地の人はやってられないだろう、

  だから少なくとも政府の人災は排除しないといけない、そのためには菅のアホにはやめてもらったほうがいいと思うけど、どうなるのだろうか、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR