03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

政治と放射能の風評の話、

地震関係のリンク、

東北震災情報、

震災被災者支援情報、

被害時の医療方法、

医療相談、

被害地での炊き出しなど、

炊き出しマップ、携帯用、

不明者の安否確認、

災害時の伝言板、

P2Pを使って携帯で音声映像の送受信ができるもののようです、

計画停電情報、

茨城県版 炊き出しまっぷ、

自動車・通行実績情報マップ、

福島原発を作ったのは日テレと読売新聞、

原子力の現場作業員は使い捨て、




    どうもこんにちは、



  今日はどうしようかと思ったのですが、ちょっと書いてみましょうかね、


  それで何か起きていますかね、、原子炉の話でもいいですが政治の話でも書いてみましょうか、


  政治の話というと、本来であれば統一地方選の話になっているはずが、地震があったのでなくなっているようですね、

  もともとの流れだと統一地方選で、民主党が負けたとしてどうなるか、後は菅政権の支持が下がってどうなるかだけど、


  その辺りの流れが地震によって小さくなって、選挙や菅政権の未来が想定から変わってきているところにいますが、


  ただ選挙も菅政権も別に変わっていないので、統一地方選の問題や、菅政権の弱体化の問題も変わらないでしょう、

  そこら辺を見越して大連立とか言っているようですけどね、


  菅政権の弱体化と地震の問題で考えてみても、弱体化が進めば菅の退陣になる、

  そうすると東北に詳しく、原子力にも詳しい小沢氏が後を引き継ぐしかなくなるので、それが官僚や既得権益者にとっては厄介なのだろう、


  特に、復興のことを考えると解散総選挙はまず無理で、復興の公共事業は数十兆の規模になるだろうから、その利害関係が全部民主党に流れてしまう、

  
  自民党は、そもそも民主主義政党ではなく、利権政党であるから、利害関係が絡むと妙な動きをしたり、大きなリスクを負う場合が多い、

  自民党にあるのは理念ではなく、利権であるので、自民党は利害関係の調整弁という意味で存在する政党であり、利害関係の調整ができないのならば存在意義は無い、

  それが非常に強い形で現れているのが、今回の震災であり、福島の原発問題であると思う、

  

  それがどう流れるかだが、プランとして考えるべき前提条件は、

  菅が潰れていくというのは流れとしてある、

  解散総選挙がないので政治の固定化があること、

  復興財源として莫大な予算と組む必要があること、

  福島の原発を考えると、かなり複雑な手を数年にわたって打つ必要があること、


  あとは本当に解決しようという姿勢がないと、この問題は解決しないことが、どう進んでも最終的に響いてくるでしょう、



  その辺りとまとめて考えてみると、

  楽観プランとしては、統一地方選の負けと菅の弱体化によって、小沢氏がトップに立って働くこと、単純にいえばこの流れを神様が作っているような感じすらするけど、しかし人の思惑があるからこれは楽観過ぎる感じはする、


  次が擬似的な連立構想、連立を組むというのは難しいので、利権の辺りに自民党が手を突っ込んでくる共通の委員会でも作って利権を分け合う形、


  このレベルはありうるだろうね、ただし菅の弱体化をどうするかというのがないので、菅が弱体化したあとの中心人物として、どうでもいい人間を立てるとしても、イメージが悪いので長続きはしないかな、


  最悪なのは大連立だね、政治の機能が崩壊し、民主主義システムの放棄を意味するから、日本の国家制度が暴走してコントロールできなくなるだろう、

  福島原発みたいになるわけだね、東京に原発をとはいうけどもうすでにあるということで、そこが大爆発を起こして色んな害悪をばら撒きつつ、日本を滅ぼすだろうな、



  こう考えてみてありうるのは擬似的な連携までかな、公明党は大連立に反対しているし、社会的な批判も大きいだろう、

  それにそうなるとさすがに小沢鳩山氏が民主党を出る可能性が高く、解散総選挙になるからそこで政治がどうなるかだが、


  権力欲だけで生きている菅と自民党に、リスクを負う判断をするとは思えないから、玉虫色の連携みたいになるのかね、



  ただし上で書いたように、本当にそうしようという姿勢がないと、今回の問題は解決が不可能ですから、その玉虫色の連携は非難を浴びるだろうね、

  前も書いたように、自民党と菅のアホは今回のことを、金のなる木としてしか見ていないので、必ず失敗する、


  というか福島原発作ったのはこういう連中だしね、中途半端な利害関係で話を進めても、遅かれ早かれどこかで持たなくなる、

  今は本当のことを求められているわけだから、昔も書いたような気がするけど、表面的な論と本質的な話がぶつかって、どこかで表面的な論が突き破られて、本質的な話が現れてくるだろう、


  そのとき日本がどうなっているかですけどね、やはり日ごろの行いというか、今までの日本の流れが間違っていた以上、何かの終わりが見えたとしても、もうそのときにはという感じもしますね、



  次に、毎日放射能の情報でも書いてみましょうか、

  情報というほどのものではないですが、放射能の問題ね、昨日はずいぶん過激な感じに書いた気もするのだけど、


  東日本の一次産業が全滅とかね、まあ風評被害とは言うのだけど、

  放射能の問題は、これは権力者や利害関係者にとっては都合がいいのだが、放射能の健康に対する被害は、因果関係が殆ど検証できないものである、


  だから、今回のような事故がおきても放射能汚染に対しては、問題が起きても保障をする必要性が無いといえば、そういう論は成り立つ、


  これはアメリカの劣化ウラン弾の問題や、アメリカの昔とある町の近くで核実験をしていた問題と同じで、

  そのアメリカの町では、その後付近で白血病やがんの発生が非常に高まったのに、それを因果関係が分からないので保障しなかったのと同じような形になる、


  つまりは原発の問題というのは、保障をしなくていいという利点が建設側にあって、日本の原発行政がデタラメな理由の一つは、こういう因果関係の証明ができないので、保障を払わなくてすむからと見るべきであろう、



  しかしそれが風評という意味で言えば、かなり危険になる、

  これは、昔見たテレビでやっていた記憶があるのだけど、水俣病で有機水銀だったかな、それが川に流れて海に行って、その水銀を魚が吸収しそれを人が食べて、ひどい病になったわけだけど、


  確かその後の海では魚を取ることができず、安全が確認されたあとも漁ができないとか聞いた覚えがある、

  ずいぶん前に見たのであいまいだけど、確かにそういう病気になる可能性の魚は食べたくないですよね、



  で、それと同じ問題が今回も起きていて、今回に関しては因果関係すら分からないものであるので、

  それが原因で問題が起きたとしても保証がなく、また、どうすれば安全であるかということも分からない、

 
  政府は安全、安全といっていたが、今更政府を信用する人はいないだろう、

  彼らが安全といえば言うほど胡散臭く感じるのが、一般世論であるから政府の安全宣言は信じない、


  そうなると、水俣病の海みたいになって、風評被害が非常に大きくなる、それは陸の農作物も同じで、もう殆ど売れなくなってしまうのではないかと思う、


  放射能は因果関係がよく分かっていないので、それによる被害はよほどの事がない限り分からない、

  だから保障をしなくてすむ、それが政府が原発を推進していた理由だろうけど、

  それが国民からすると、非常に強い不信の原因になる、


  保証が全くない上に、因果関係が分からないので、どうすれば被害にあわないかが分からない、

  安全だといわれても、そもそもどうすれば安全か分かっていないのだから、信用はできない、


  やはり人が手を出すべき技術ではなかったかというところだが、そういう未知の問題の風評被害をどうするかだね、よほど緻密にやってもましに出来るレベルだろうから、


  原発の穴から出ている放射線水を、新聞紙を突っ込んで止めようとする彼らじゃ無理だろう、

  問題は対策をする側、対策をする人の無責任さ、無能さだからね、

  人災が人災を生み、その人災が風評を拡大する、そして原子力は未知の世界か、なんかすごい最悪の手札がそろっている気がします、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR