01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

福島原発の放射能汚染、

地震関係のリンク、

東北震災情報、

震災被災者支援情報、

被害時の医療方法、

医療相談、

原子力関係、

被害地での炊き出しなど、

炊き出しマップ、携帯用、

不明者の安否確認、

災害時の伝言板、

P2Pを使って携帯で音声映像の送受信ができるもののようです、

計画停電情報、

茨城県版 炊き出しまっぷ、

自動車・通行実績情報マップ、




    どうもこんにちは、



  今日は書こうかどうしようかと思っていたのですが、まあついでなので書いてみましょうかね、


  それで何か起きていますかね、、たくさんありすぎてどれ書けばいいのだろうというのは、相変わらずですが、さてどれにするか、



  ではひとまずは、今の福島原発の話でも書いてみましょうか、

  福島原発では注水作業をし始めているようで、海水の冷却だと塩分がこびりついてパイプ詰まりを起こしたりしますから、本来の不純物のない水の注水に変えようとしているようです、


  しかし水を注水してもあまり変わりがないので、水を注水しただけではそれほど意味はないでしょう、

  あくまで問題になるのは水の循環システムが動くかどうかで、そのあたりが難しいような気はします、

  今5~6号機が普通に動いているから他のも簡単に直るような言い方をしているけど、実は5~6号機は設備等が殆ど壊れていなかったので、5~6号機の基準で他の原子炉の問題を考えても意味はない、


  あくまで1~4号機の問題を問うべきですが、私の聞いたところだと、1~4号機の冷却システムは放射能汚染がひどいので、人が近づくことができないらしい、


  確か福島の原発では、そういう設備が原子炉の地下にあるらしいので、それで汚染がひどくなったのでしょう、

  そうなると、水の循環は難しいのではないかな、

  水を入れるだけなら、今もできているわけでそれを動力でまわすとなると、その原子炉の下にある設備が必要になるし、そこが放射能汚染でひどいとなると、、どうなるんだろうね、


  テレビや東電や保安院は楽観論ばかりを言っているが、現実は放射能汚染があるのでコントロールは出来ないか難しいのではないか、


  水を入れるだけとかなら、簡単だからできるかもしれないけど、複雑な処理をする能力まではないのではないか、

  しかし、複雑な処理ができない限りは安定化はしない、となるとやはり別に設備を作り直さないといけないような気はしますね、



  次に、東京で高濃度の放射性物質が入った水道水が見つかったようですね、

  水道水が見つかったという表現は変なのだけど、まあ東京の水が汚染されていたようです、


  それでこのことに関しては、東電と学者とかそういう、国民は騙すためにいるものと思っている連中は、国民が水を飲んでも俺じゃないからOKみたいなことを言っているらしいが、


  こいつら頭が腐っているので、こういう連中の意見を聞いてもあまり意味はないのだが、これは想定される話であったと思いますね、



  私もむかーし学んだ覚えがあるという、そういう記憶を手繰って考えているので、ちょっとあいまいなのですが、


  え~っと、放射性物質というのはいろんなものに付着したり、水に溶けたりするのでそれが集まると放射能が強くなる、


  これは前も書いたけど、ほうれん草が一キロ当たり240マイクロシーベルトくらいの線量を持っていて、最大では1ミリシーベルトくらいに行っているものがあったようだけど、


  例えばそれが10キロあれば十倍になるし、100キロあれば100倍になる、

  単純に線量が増えるとは思えないのだけど、上で書いたように放射性物質が、他のもの付着したり水に溶けたりしている場合というのは、放射線物質が物質としてくっついているのであって、  


  それが集まると量が増える、量が増えれば放射能も強くなる、

  これは昔学んだ覚えがあるのだけど、一つ一つの放射能が少なくても、それが大量に集まってしまえばそこには大量の放射線物質があるわけだから、放射能も強くなる、
  

  だからそういう浄水場とかで非常に強い放射能が出たのは、予見されていたことで起こることはわかっていたはずである、

  放射能汚染された水が大量に集まるわけだから、その分放射能も強くなるだろう、


  特に雨が降ると、地表の放射能をかき集めてきてしまうから、それが一点に集まればかなり強いものになる、


  で、それは分かったいたはずで、分かっていてどうしたかが問題、

  政府が取った行動は放射能基準のかさ上げで、上げたのが16日か17日くらいらしい、

  雨が降る前にあげてしまおうとしたようだが、もともとの基準を10倍か20倍にあげているようです、


  いま基準値の何倍とか言っているけど、実際は基準値の10倍は超えているようだ、

  まあただ緊急時は数値をあげてもいいという規定があるので、それで上げたのかもしれないけど、雨が降ったら数値が上がるから基準値を上げておけば問題がないというのでは、本末転倒であろう、



  本来であれば、数値が上がることを見越して対策をし、国民の利益を守るできものを、

  基準値を大幅に上げて、国民のリスクを拡大して、安全だというのではただの詐欺である、


  というのが今の原子力とか放射能汚染の問題の根本であると思う、つまり全部国民に責任転嫁することしか考えておらず、国民に問題が起きたときの対策が全くない、


  あとは放水ショーでごまかせばいいと思っているのだろうが、それでは困るしね、


  今の福島原発の対策も、細かく見てみると彼らのいっていることの殆どは詐欺で、

  ある程度の可能性の幅があって、一番楽観的なシナリオを、一番楽観的なデータで説明しているだけで、リスクの問題を全く考えていない、


  別にすべてを悲観的に考えるべきであるとは言わないけど、すべてを楽観的に言うのはさすがに詐欺だと思う、


  だからこういう場合は、悲観論、楽観論両方を考えて、どのあたりに話を持っていけば国民のリスクが最小化するかと考えればよく、

  確かに過剰な悲観論は社会混乱を生むし、それが問題ではあるが、

  過剰な楽観論も社会問題を生むわけで、どっちも問題であると考えて、全体のコントロールを考えるべきではないか、



  それが官僚的の身の保身で、楽観論を言って国民を騙し、悲観論、問題における可能性で危険なものが出そうになったら、今度はまた基準を変えて問題がないようにして楽観論を繰り返すようでは、今回の問題を悲観的に考えるしかなくなる、


  何度も言うけど、福島の原発は完全に人災なんですよ、それは今も変わらないしこれからも変わらない、

  原発の問題よりも、原発の周りにいる人間の問題のほうが実はリスクが大きい、


  火薬だってちゃんと管理をすれば安全だが、おもちゃだって危険人物が持てば凶器にもなる、それと同じことがおきていると考えたほうがいい、


  今の福島原発は、最低数年は管理に時間がかかるといわれている、それを危険人物が持てば凶器という形で続けていいのかどうかということ、

  それが今回の水道とか作物とかの、放射能の安全基準を大きく書き換えて、安全だと言いくるめている彼らの問題であり、原発より彼らのほうが危険だと考えたほうがいいと思います、



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR