03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

福島原発と足らない電力の話、

地震関係のリンク、

東北震災情報、

震災被災者支援情報、

被害時の医療方法、

医療相談、

原子力関係、

被害地での炊き出しなど、

炊き出しマップ、携帯用、

不明者の安否確認、

災害時の伝言板、

P2Pを使って携帯で音声映像の送受信ができるもののようです、

計画停電情報、

茨城県版 炊き出しまっぷ、

自動車・通行実績情報マップ、




    どうもこんにちは、



  最近の放水ショーを見過ぎていて勘違いしていたのだけど、これって放水しても殆ど意味ないですよね、

  テレビ見ながらも、なんとなく思っていたのですけど、原子力発電所による放水では、原子炉には水は入らない、


  いえなんだか、さもそうなるような報道ばかりだったので、放水すれば原子炉の問題も解決するのかと思ってしまったのですが、間違いだったようです、


  う~ん、じゃあ何で放水なんかしてるのだろう?、そして放水すれば全てOKみたいにいっているのは何故?、



  考えてみると、、まあ放水をするのは、3、4号炉のむき出しになっているプールに水を入れるためだと思うけど、

  原子炉自体に対しては、上部に穴が開いているとか、もしくは上部にふたがあってそれが開いているとか、そういうことがない限りは水を注いでも意味はない、


  となると表面に水をかけて冷やしているだけになるが、それじゃ意味がないのではないか、


  可能性があるとすれば、週刊誌に書いてあったのだけど、原子炉では非常時に制御棒みたいなものを差し込んで、安定化させるような装置があるんですよ、


  私もそれを読んで思い出したのだけど、ただ設計上その制御棒みたいなものを差し込んでも、不十分なのではないかという気はする、


  なぜかというと、もともと軽水炉は水で中性子を減らすものですから、それに周りに水が沢山ある状態で、制御棒だけでコントロールしようという発想に立つとは考えづらい、


  たぶん制御棒のようなものと、水の冷却と中性子の緩和がセットになって、停止させるものだと思うので、制御棒だけでは上手くいかないのではないかな、



  マスコミの報道でも、よく原子炉の水位が低下すると問題だとか、そういうことをいっていたし、それを考えると水がある状態でないと、その制御棒みたいなものが入っていても上手くいかないということになると思う、


  保安院のやつも、水を循環させるバッテリーが壊れたのは想定外だといっていたし、つまり非常時に水が使えなくなるということは設定されておらず、水が使えなくなると危険になるのではないかと思う、



  まあそこから先のことは想像になるし、内部がどうなっているかによるが、ただ少なくとも放水をしても原子炉には意味がないのだから、何でこうも放水パフォーマンスをしたのか、そして原子炉の問題から目をそらそうとしているのは何か、という気はします、



  それと、このことと関連するのですが、私が最初のころから疑問に思っていたことがあって、


  今原子炉には海水が入っているはずですよね、その海水ってどんな風に入っているのだろうな、というのが気になっています、


  原子力発電というのでは、原子炉に対して純粋な水を入れて、それを沸騰させその蒸気でタービンを回して発電をしているのですが、


  その蒸気になったものをまた水に戻すために、海水で冷却をしているのですけど、この海水のパイプと純粋な水のパイプはつながってはいないので、一体どこから海水を取ってきたのだろうと思っていたのです、


  常識的にいえば、その海水と純粋な水とのあいだに、つながっている弁みたいなものがあって、それを開いたのではないかというのもあるけど、

  別の方法として、非常時用に原子炉と海が直接つながっているような、そういうパイプがあって、そこを開いたのではないかという気もする、



  まあそれがどっちなのかは分からないのですが、ともかく今の原子炉は1、2、3号炉とも海水が入っていて、特に一号炉はそれで安定しているようだ


  それに対する疑問は、海水を入れてからあれで騒いでいた水位の問題を言わなくなったこと、

  水位が上がった下がったでワーワーいっていたのに、最近は何も言わないですよね、


  そこに対する疑問なんですが、もしかして海と原子炉がつながったままになっているんじゃないか、という気がします、

  特に一号炉が怪しいね、ここは安定しているからね、海水を入れっぱなしなんじゃないかという気がする、


  だから海洋汚染がひどいのではないかとか、そんな風に思っちゃうのだけど、

  
  まあ真相は私には分からないのだが、海水を入れたところでそれが蒸発してしまえばそれまで、また制御棒みたいなものは設計上、水による冷却を必要としているように見える、


  それなのに放水パフォーマンスでは、原子炉の問題を全くいっていない、

  それはつまり原子炉の問題は別の形で対処しているとも見える、

  それが海水を入れっぱなしにしているのではないか、という風には見える、


  本当にそうかは分からないのですけど、少なくとも放水パフォーマンスは国民を騙している、じゃあ何を騙しているのかというのは、気にはなりますね、



  次に、では原子力はこれでもうこれで難しくなったと思うので、これからの電力をどうするかと考えてみると、


  これからの電力は、原子力が無理な分火力重視にはなるでしょう、

  ただ火力はCO2を出すので、いわゆるクリーンエネルギーというものも考える必要があると思います、



  今回の震災で分かったのは、一つは原子力はだめだということと、もう一つは発電所はだめだということで、


  一つ目の原子力はだめだというのは簡単で、地震と放射能汚染のリスクを考えると、どう考えても原子力発電はペイしないですよね、


  今はすごい勢いで東京の仕事がなくなっていると聞きますし、一次産業への風評被害、放射能汚染による社会問題を考えると、原子力は使うべきではないという結論になる、



  もう一つの発電所が役に立たないというのは、今回のことでいえたのは大規模災害では、発電所が殆どだめになってしまうということ、


  今も計画停電とはいっているけど、こんなことをすれば日本の産業のほとんどは潰れてしまう、

  つまり発電所に依存した体制を持っていると、災害時に経済が壊滅的なダメージを受けてしまうということがはっきりしたといえる、
 

  それに災害現場であっても、電力やエネルギーの問題に頭を悩ませているし、日本のような災害の多い国では発電所を重要視するということが、そもそも問題であるとは言えるだろう、



  ではどうするかだが、いわゆるクリーンエネルギー政策を取るしかあるまい、

  太陽光発電とか風力発電とか、そういうのが重要になるのではないか、


  そういう発電は確かに原子力の変わりになるほどではないかもしれない、

  しかし今のような災害時の問題や、計画停電のような一時的な停電対策としては非常に有効であり、日本のような災害の多い国では、重要性の高いものであると思う、


  例えば災害が起きたとき、今回のことを例に考えてみると、もし災害が起きたとしても、そこに太陽光発電そして風力発電所があれば、地元のエネルギーは確保ができるし、

 
  また、電気自動車などがあれば、発電所が壊れても車の運転などができ、災害時の対処が非常に楽になる、


  今回のことも、被災者のいる避難所に太陽光発電パネルでもあれば、少なくとも暖を取ることはできたはずである、

  また、停電も起きずそれによる社会問題も起きなかった可能性がある、



  クリーンエネルギーは災害に強いというのが、こういう場合の利点ですがもう一つ利点があるのが、復旧のしやすさというのがあるのではないかと思います、


  例えば原子力や火力発電所を作るのには何年もかかり、反対活動なども考えると早々簡単には作れない、


  それに比べるとコスト等の問題はあるが、風力や太陽光発電は簡単に短期に建設ができる、


  今回のことも電力の不足を言われ、それが原子力必要教の呪文みたいにいわれているけど、


  しかし、もう原子力は難しいし火力を建設したとしても、何年も時間がかかるわけで、その間ずうっと計画停電をするとなると、東日本の経済はもうもたない可能性が高い、


  つまりは短期的に工事ができる電力供給システムがいるわけで、そうなると風力か太陽光発電になる、


  こっちだったら、例えば太陽光発電ならば、パネルを設置して接続するだけだから、下手をすれば1~2週間でできるし、よほどのことがない限り反対は起きない、



  後はそれに対する補助金等を優遇すれば、国民の意識も変わって、電気の流れも変わってくるのではないだろうか、


  こういうと財源は?、という声が上がりそうだが、それは大丈夫、なぜかっていえば原子力をやめるのだから、その財源を使えばいい、


  大体からして、日本の発電所は多すぎるし、原子力を使わなくても何とかなるくらいの火力発電所があるのだから、原子力の余分な財源を排除して、それを風力や太陽光に変えればいい、


  ただ火力発電所をもうちょっと作る必要はあるだろうが、ともかく今回のことによって原子力はほぼ不可能になりましたから、不要な原子力を削ってクリーンエネルギー政策への転換をすべきではないかと思います、




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR