01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

前段、時事的な話、

    どうもこんにちは、



  最近は寒いらしいですね、うちの近所は暖かいのだけど、なにやら寒波が来ているらしいです、



  さてと、それで何か起きていますかね、、う~ん、菅政権は予想通り民主党の崩壊を狙い、私服を肥やすことに邁進し始めているようだ、

  飲み食いしたり、税金で私物を買ったりと、そういうことしかしていないらしい、まったく税金泥棒になってきたな、


  というわけでこいつらは始末しなければならないのだが、ここから先は運試しになりますね、もう一度サイコロを振っていい目が出ないとうまく行かない、


  普通の方法じゃ無理で、常識を捨てて賭けに出る必要がある、ずべてを常識でするというのは無理ですから、どこかでこういう賭けのタイミングはあるのだろうけど、そういう時期が近づきつつあるように思います、



  それでそういう話としては、小沢氏のことというのがあるね、小沢氏の賭けがすべてを決めるというところがあるようだけど、小沢氏に対しては政治倫理審査会の話が出ているようだ、


  ただ小沢氏は出るかどうか分からなくなってきているようだけど、不思議なのは野党側が小沢氏の政治倫理審査会への出席を、小沢氏がする気がないのならば同意しないといっている、

  それに対して菅氏側は、政治倫理審査会の委員をすべて変えてでも、決議を出そうとしているらしい、

  
  なんだかよく分からないのだけど、野党の要求で政治倫理審査会に出るという話ではなかったか?、野党が拒否しているのならば出なくてもいいと思うのだが、

  まあ野党は証人喚問を求めているから、政治倫理審査会を拒否しているだけともいえるので、何が本質なのかは分かりづらいのだけど、


  野党側は、あの与謝野のやつにターゲットを変えつつあるし、小沢氏にはあまり注目はしていないようなので、菅政権が小沢氏を狙う理由はないはずだが、不思議なものだ、



  マスコミのロジックは、政治と金、政治倫理審査会、から離党とか辞職とかにしたいということだけど、その政治倫理審査会のところがどうも意味不明になってきているから、ここら辺が良く分からないんですよね、


  正直国民からすれば、政治と金の話など興味を持っている人はいないだろうし、政治倫理審査会を開いて誰が興味を持つのか?、国民にとってはどうでもいい話であろう、



  今の政治はマスコミ受けというのを重要視しているけど、マスコミは国民受けをしなければ仕事がなくなるから、国民に受けない話は政治的に通らないという所もある、


  どうも政治倫理審査会のネタが、いびつな形になってきているのは、国民がそんなことに興味がないからで、このあたりから崩れみたいなことが起こるかもしれません、



  次に、なんだか急にネタがなくなっているのですけど、では消費税の話でも書いて見ますか、

  菅政権は菅氏自身が雇われた下っ端なので、消費税消費税といって選挙で負けても、消費税ということしかできないようで、


  いまだに消費税といっていますけど、消費税を上げて社会保障、もしくは財政再建というのは嘘ですな、


  まず社会保障財源としても、消費税では足らないし、社会的弱者にかかる消費税では、ある以上はかけれないのでこれを社会保障財源にすることはできない、

  社会的弱者にかかりやすい税で、社会保障をするというのは矛盾があるから、ある程度は認められても消費税で社会保障財源をという論は成立しない、


  また、財政再建というものも、消費税では財源が足らないし、社会的強者の作った借金を、社会的弱者に払わせるというのもいびつなもので、そんな道理が通るわけがあるまい、



  つまり、消費税というけどその本質は既得権益者が、身の保身のために社会的弱者を叩くための税である、そう考えていいと思う、


  税自体の純粋な意味は違うかもしれないけど、消費税を上げようとしている連中は、大体が既得権益者ですよね?、だからそういう連中の狙いは弱者を生み出して、弱者を食うこと、


  格差社会と消費税というものは連動していて、格差社会で歯向かえなくしつつ、消費税で搾取するというのが今の日本の税制の本質だと見ていい、


  純粋な税制自体は、税制的な論があるのだろうけど、それを利用している人々の思惑は、やはり権益保護という意味が強いので、消費税は権益保護税という意味が強い、


  いわば詐欺なんだね、もちろん消費税をどうこうして健全な形を作りたいというのならわかるのだが、誰がどう見てもそういう風には見えないし、消費税を上げるべしという人でまともな人間は一人もいない、


  税制というのは手ごまで、それによるトータルビジョンというものがいる、問題はそれがなくて利害関係で言っているだけというのが、日本の消費税問題だといえる、


  ちゃんとした理由がないんだよね、誰かにとって得だからやっているだけの税だから批判が起きる、

  だからたぶん消費税は上げれないんじゃないかな、国民は消費税を問題にしているのではなくて、消費税といっている人間を問題にしているのだから、そのあたりを変えない限り消費税は上げれないでしょう、



  あとは、TPPについて書いてみましょうか、TPPというのは難しいもので、私もあまり分かっていないのだけど、

  聞いた所だと、TPPというのは関税を全部なくすものらしい、

  もっと言えば、国家としての権利の多くを剥奪されるような意味もあるようです、


  例えば移民を拒否できないとか、移民を前提にしているから英語を公用語化しないといけなくなるとか、そんなところもあるらしい、


  私もある以上はまだ分かっていないのだけど、だんだんと危険な面が見えてきたようで、かなり危ないもののようです、

  
  例えば日本の農業はほぼ全滅するらしい、海外の場合はTPP対策として保護政策があるから関税を下げるだけでいいのだが、


  日本の場合農業の個別保障制度が、鳩山政権の頃から大きく変わり、中小の農家の保証がなくなり、大型の農家を中心にしたものしか保障をしなくなったので、TPPにより中小農家は全滅し、

  大型の農家であっても日本の保障は小さいのでほぼ助からず、大量の何十万、何百万という失業者が出るらしい、


  韓国もTPPにはいるといってはいるが、対策のために多額の資金を集めているから、日本も数兆の資金を対策費として投入する必要があるだろう、


  しかしそんな財源はないから、どうにもならない、

  TPPというのは、メリットデメリットが激しく、対策の費用が莫大になるもので、多額の費用が出せるのならばメリットのある制度ですから、日本のような火の車の財政状況では、TPPに参加するとズタズタにされると思う、 


  TPPは非常にリスクが高く、対策費用も多額になるので、今の日本には無理だと思う、


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR