01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

前段の話、菅政権、

    どうもこんにちは、



  なにやら急にパソコンの調子が悪くなりまして、マウスがパソコンを止めまくるという、不思議なことが起きているので、ちょっと今日は遅れそうです、




  さて、それで何か起きていますかね、まだ新年なのでたいしたことは起きていないようですが、聞いた所だとまた菅氏がアホな発言をしたらしいね、


  何でも小沢氏が政治倫理審査会に出て、自主的に離党や辞職をすべしといったらしい、

  最近どうも民主党は二つあるのかなという気がしてきているのだが、どうも菅氏の言っていることは分からないな、


  前も書いたが、日本は議院内閣制なのだから、党が政治の基礎になるはず、なのに菅氏は同じ民主党の議員である小沢氏を攻撃している点が不自然である、

  変な言い方だけど、菅氏は最初から小沢氏と同じ政党にいると思っていないんじゃないかな、


  もしくは政党ではなく、自分が政治であるという意識があるのか、菅氏の頭の中には民主党という政党は存在してない気がする、


  菅氏はよく人間性のないひどい人であるという人が多い、遠くで見ているとそう見えないのだけど、近くにいる人だと人間性がないという人が多い、

  だからもしかするとなのだが、菅氏は権力には興味があるが、政治はそのための手段としか考えていないのではないか、



  そういえばこういうやつが昔もいたね、三木首相だっけ?、多分あれのまねを今してるんじゃないかな、よく考えるとあいつとそっくりだ、


  三木政権というのは、田中角栄のロッキード事件が起きて、それを問題指摘するという形を持っていたのだが、

  実はまったく逆で、田中角栄が裏で支援をして、当時の三賢人と呼ばれた自民党の人物が、自民党の資金の透明化をしようとしていて、三木氏を首相にしたらしい、


  つまり三木政権を作ったのは田中氏らしいのだが、田中氏もそういう政治と金の問題の修正には意欲があったようで、自分がやると何かとあるのでその三賢人と呼ばれる三人に任せて、それと三木氏で政治と金の問題解決を図ろうとしていたらしい、


  それが三木って言うのがどうしようもないクズで、パフォーマンスに走って、三木降ろしだなんだと騒いであいつが悪いこいつが悪いといって、結局そういう政治と金の根本解決をしなかった、


  それが自民党の衰退の最大の原因らしいだが、今の菅氏もそっくりなんだよね、



  三木っていうのは、左翼的な政策とか、そういうことをよくいっていたし、

  政治と金だクリーンだといっていたが、結局その根本解決を田中氏に頼まれていたのに、何もしなかったので自民党をだめにしてしまった、


  今の菅氏も同じだよね、政治と金だクリーンだといっても、根本的には何もしないだろう、

  小沢氏は企業献金禁止といっているけど、菅氏側は口ではいっているが、小沢氏を叩く必要がなくなれば手のひらを返すだろう、



  菅氏側は少数勢力だから、権力欲、顕示欲が強く、その分具体性を持たない、それが未来に禍根を残す、


  政治的にいえば、多数であれば権力があるし、それが不正や腐敗であるとも言える、

  逆に政治的少数は、権力がなく腐敗や不正は少ないかもしれないが、だからといって彼らが正しいのではなく、ただ単にそういうものを得る能力がないだけで、実はそういう少数のほうが悪質で、汚い場合が多い、


  政治というものはクリーンだから正しいということにはならない、無能だから金がないのでクリーンだというやつが多く、そういうやつほど権力を握れば反動でどこまでも利権をあさりまくる、


  昔の三木政権と菅政権は似たようなものだろうな、三木政権はロッキード事件で、菅政権は小沢氏の話、

  どっちもアメリカのでっち上げ事件であることは似ているし、少数派の金がないからクリーン左翼を並べている点も、演出方法がよく似ている、



  アメリカと連動した日本のマスコミは、作戦のような形を持つから、昔のロッキード事件がインチキであるならば、あれを前提に小沢氏の政治と金の問題を組み立てている可能性が高い、


  つまり今の菅政権は、三木政権が反田中といって人気を取ったことをもう一度して、形作ろうとしているものかもしれない、


  三木政権は自民党を潰す大きな要因であったようだが、菅政権が同じ手を使うということは、菅政権の狙いも民主党を潰すことだけなのだろうな、

  自民党は三木政権で慢性病になって、弱ったところを詐欺師の小泉に止めを刺された、

  民主党は菅政権によって潰されて、前原政権で止めを刺すのが狙いであろう、



  まったく、歴史は繰り返すという所ですが、今度は歴史を覆せればいいんですけどね、菅を始末してこの流れを絶ちたいが、ひとまずはマスコミとの連動の手口つぶしでも考えますかね、



  次に、次世代の殺戮リーダーの前原氏が、またアホなことを言ったらしい、まあいつもともいえますが、


  前原氏が言ったのは、韓国との軍事協力、自衛隊の韓国派遣も検討すべしという話と、

  北朝鮮と直接交渉の用意があるとい事と、

  民主党内部には亀裂や対立はないだったかな、


  もうひとつくらいあった気がするが、これでも十分か、


  まずは韓国との軍事協力、自衛隊の韓国派遣も検討は、

  これは北朝鮮との戦争になったときに、日本人救助のために自衛隊を送るという話の拡張かな、

  大義名分があれば軍事行動は拡張できる、軍事というものは相乗的に増えるので、取っ掛かりを与えると無尽蔵に増えていくものだが、そのあたりが狙いか、


  可能性としては、日朝戦争かな、自衛隊が北朝鮮に攻めて駐留するとか、そういう話はあるかもしれない、

  本来ならばそういう話はアメリカがすればいいのだが、アメリカとしては中国との対立は避けたい、日本韓国という二匹の奴隷にただ働きをさせようというところか、


  北朝鮮をとれば、軍事拡張ということで日韓は反アジアに入るし、中国との全面戦争の可能性も出てくる、

  ここでアメリカが手をひいてい日韓のせいにするためには、北朝鮮攻撃を日韓主力でやるというのもある、


  聞こえはいい事になるからね、事実は非常に残酷になるが、そういうミスリードをマスコミと連動してやるかもしれない、



  北朝鮮との直接交渉もその流れかもしれないな、つまり日本と北朝鮮との直接対立にして、アメリカは少し手を引いて後々の損を軽減するということか、

  前原氏はアメリカのスパイ且つバカだから、尖閣諸島みたいな問題を北朝鮮でするということであろう、


  自衛隊と北朝鮮との直接対立というのも出るかもね、

  ただそれは演出であって、事実ではないので国民はその分不幸になるだろう、

  

  後はおまけで、民主党に対立や分裂はないか、まあこれはたいした意味じゃないが、自分が独裁者になるときに民主党がなければ何も出来ないということか、まあそんなところでしょう、



  後は、たいした話じゃないけど、海上保安庁の軍事的強化というのが行われるらしい、

  私もちょっと見たくらいなので、それほど詳しくはないのだけど、


  この話は、元々アメリカが日本の海上保安庁の軍事利用計画というものを立てていたので、その一環でしょうな、

  色々疑問はあるのだけど、つっこんだら負けかなと思っているので、あえてその点は突っ込みませんが、


  それでアメリカの海上保安庁の軍事利用ということで、海上保安庁というと警察というイメージが強いが、実はそうでもなくて、

  かなり軍事的な武装を持っているらしい、まあその点をアメリカに目をつけられて、尖閣ネタの対象になったのだろうけど、


  それが軍事強化していくというのは、上で書いた軍事というものは問題が起きれば起きるほど拡大し、そしてその拡大は連動して相乗効果で増えていく、という手を使っているのだろう、

  だからこれからは、海上保安庁もどんどん危険なものに変わっていく可能性が高い、まあそういうことのようです、


    

関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR