06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

時事的な話、

    どうもこんにちは、



  相変わらず暑いですねぇ、そういえば少し前に台風のせいか雨が降ったのですが、その後蚊がやたらと発生してあちこち刺されました、

  雨が降れば涼しくはなるのだけど、その後蚊が発生するのが困りますね、



  さてと、このブログは一応政治ブログなので、政治的に何かがあったかなと思うのだけど、何かあったかな?、


  そういえば景山というNHKの人物が自殺をしたらしいが、ほんとに自殺なのかね?、


  まあ亡くなった方を悪く言うのは良くはないが、そもそもこの人物はアメリカとかと手を組んで、民主党が不利になるように情報操作をしていた人物らしいから、場合によっては消されたという見方も出来なくはない、


  あまり考えたくはないのだけど、今までもこういうことは十数件はあったし、その多くが小泉とかアメリカとかに連なっていて、何らかの不正や悪事をしていた立場の弱い人間が死んでいることが多い、


  偶然には見えないんですね、最近のハマコーとか森氏の息子の薬物とか、そこら辺もあまりいわれなかったことが表面化して、騒がれるようになっている、


  体制が変わったことによる粛清、というのは物騒な見方なのだけど、ある程度はそういうところはあると思う、


  ただしそれを民主党がやっているとは思えないので、やっているのは官僚かアメリカだろう、


  そういうことがなぜ起きているかというと、最大のポイントは今回の参議院選挙で、あれだけ自民有利にしても自民党が得票で勝てなかったこと、自民党の将来性がないと見限ったことに原因があるのではないだろうか、



  つまり、何もなければ民主党政権が長く続く可能性があるわけで、不要な人間は早めにきっておいたほうがいい、アメリカならばそれくらいは考えるだろう、


  そのあたりは鳩山氏や小沢氏に対する脅しともセットなのだろうが、アメリカの傀儡体勢を創るために必要なもの、そして不要になるものの選別、そのあたりをアメリカは今日本に対してしているのかもしれませんね、



  次は、民主党のサイトが更新されていないのでネタがないのですが、ひとまずは代表戦の話でも書いて見ますか、


  民主党の代表を決める代表戦は、9月の初頭に行われ、誰がトップになるかが決まるらしい、

  ここ最近を見ると、菅氏を支持するという情報を流している勢力がいるようで、情報操作的な流れも出てきているようだが、確かに現状で言えば菅氏の存続のほうが確率は高いかもしれない、


  常識的にいえば、小沢氏は検察審査会があるので難しいというのがあるし、それ以外は牽制にはなるがそれ以上は難しいので、普通に見ると菅氏有利のように見えるけど、



  ただ、私の見たところ菅政権の存在理由はあまりないので、ここで単純に菅政権が存続してしまうのは、問題点が多い、


  民主党が判断すべきは、意味のある政治体制を作ることであって、菅政権は役には立たないが、それを変えるとなるとこれという理由がないという、そういうややこしい問題に対して対処をしないといけない、


  それはいわば昔の小泉政権と同じで、あれも自民党が妥協して行ったからずるずる引きずられたのだけど、どうやらアメリカは民主党に対しても同じような手を使ってきているようだ、


  まあただ菅政権は左翼よりだから、あまり国民の不利益になることはしないので、小泉政権とは違うのだが、しかし大して役に立たない政権が存在しても意味はなかろう、


  やはり政権というものは国民にとってどう価値があるかがすべてですから、確かに菅政権はあまり不利益にはならないかもしれないが、利益を生むほどではないとなると、否定は出来ないのだけど何らかの形で大きく変える必要性は出てくる、


  ここら辺がねじれているんでしょうけどね、菅政権は否定できるほどの欠点はないけど、肯定できる長所も存在しない、

  それは今までの官僚政治における、殿様政治みたいなものなのだけど、今の時代はそのレベルを要求されているわけではないのだから、菅政権は何らかの形に変えなければならない、


  それでいながら要求をしづらい形を持つというのは、ただ国民に不利益を生むだけの権力構造を持ってしまったといえなくもない、



  意味がないのと問題がないことは似ているから、菅政権は意味がないのだけど、問題がない政権だともいえるわけで、どっちを強調するかによってイメージは変わり、それに国民が抗するのはなかなか難しいところがある、



  私は菅氏が妥協するのは、官僚やアメリカの攻撃を防いで、それでも政治を進めようとしているのかと思ったのだけど、

  菅氏が妥協していたのは、国民の攻撃を防ぐためだったという風に、今は話が変わってしまっている、


  今の状況での妥協は、政治的に恐ろしい問題を生むので、出来れば菅政権の形を大きく変えたいものだけど、まったく菅氏も余計なことをしてくれたといわざるえないですね、



  

世界を知る力 (PHP新書)
寺島 実郎
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る



  奪い合う経済ではなく分かち合う経済が必要ではないかという本です、この本で面白かったのは、日本の新自由主義はアメリカをモデルにしながら税制はヨーロッパを目指しているという指摘で、

  確かに消費税とかアメリカには殆どないのに、アメリカ的な新自由主義で消費税というのは変ですよね、やっぱり騙されていたんだなあと思える本です、



「分かち合い」の経済学 (岩波新書) (岩波新書 新赤版 1239)
神野 直彦
岩波書店

このアイテムの詳細を見る

 


特捜神話の終焉
郷原 信郎
飛鳥新社

このアイテムの詳細を見る













関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR