01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

軍部の再来、

    どうもこんにちは、



  普天間基地の事はざんねんでしたね、ヒラリーのやろうめ哨戒艦事件を引っ張り出してくるとはまったくやってくれます、


  というわけで一応韓国の哨戒艦事件についてあれこれ調べてみたのですが、なにやらきな臭い話があるようです、


  私はこの問題はアメリカと韓国との外交取引であって、日本は関係がないのではないかと思っていたので、あまり注意していなかったのですが、

  調べてみると色々分かってきて、なにやら沈没した原因はアメリカの潜水艦にぶつかったのではないかという意見もあるようです、



  この事件に対して最初に情報を伝えた方の発言では、その韓国の哨戒艇が座礁して動けなくなったところでアメリカの潜水艦とぶつかり、それが沈没の原因だと伝えたらしいのだけど、


  しかしなぜかその人はクビになって、その情報は流れなくなった、


  その後は一般的に言われるように、北朝鮮の潜水艦による魚雷だといわれているが、全般的にいって都合のよさ過ぎる話が多いようだ、


  
  例えば魚雷がたまたま見つかるとかね、そもそも爆発をしたわけだから早々見つかるわけがないのに、都合よく見つかっている(特に普天間基地問題の前あたりに来ているのが怪しい、)


  他でも、その魚雷が北朝鮮製であると分かったのは、北朝鮮が海外に売っている兵器のカタログかららしいが、


  今までその兵器カタログを韓国軍はまったく調べておらず、存在も知らなかったらしいのだが、そんなものが急に現れるのはどう考えてもおかしかろう、



  またその事件の起きたあたりは浅瀬で、北朝鮮の潜水艦が入り込めるところではなく、爆発物は哨戒艇の真下で爆発をしており、魚雷を撃つのならばそういううち方をする必要性はなかろう、


  直接当てればいいだけだし、船の下で爆発させる意味がないので、このあたりも疑問点がある、



  それに船の下で爆発があったというのならば、それは座礁してアメリカの潜水艦にぶつかったというほうが説得力があり、魚雷がぶつかったというのはちょっと説得力に欠ける、


  そのためかぶつかった魚雷は、高性能なもので真下でも爆発できるような、そういうことをカタログという小ネタを混ぜつつ説明しているが、どう考えてもおかしいと思う、



  それとこれは指摘する人が多いけど、そんなことをするメリットは北朝鮮側になく、

  またこのことによって中国を逆に包囲するような、そういう流れを作ろうとしているようで、この魚雷問題で唯一得をするのはアメリカだけである、


  この話は、北東アジアの混乱とその地域における中国の権益の弱体化、そしてアメリカの権益の拡大を起こしており、

  今までの北朝鮮の核ミサイルネタと同じような意味を持っている、


  、
  損得でいえば、中国たたきの北朝鮮ネタ北東アジアにおけるアメリカの権益の確保という、小泉政権時と同じような北朝鮮騒動ではあるのだが、

  北朝鮮自体は経済状況が悪いから、この話に関わっているかは分かりませんね、



  ターゲットは明らかに中国でしょう、最近も中国の潜水艦ネタが出ていましたから、それとリンクさせつつ影響を拡大し、場合によっては日本の船を沖縄付近で沈めて、また中国の軍事カタログに載っている高性能魚雷がなぜか定置網に引っかかって見つかるかもしれませんが、


  しばらくはアメリカと軍事演習はしないほうがいい、そういう結論が出そうではあります、

  「オレ、今度アメリカと軍事演習するんだ、、、」というのはかなり死亡フラグくさいセリフになると思います、
  


  次に、何か書くことありますかね、、ずっと書いていたので普天間基地問題について書いてみましょう、

  
  これからどうなるかですけど、前も書いたようにたぶんサボタージュでしょうね、

  そもそも民主党と普天間基地問題とはかなり距離がありまして、民主党が普天間基地問題に関わりあったり協力したりすることは、まずないんですよ、



  理由は複数ありますけど、一つは民主党が穏健派であること、もう一つが民主党が沖縄と関係がないこと、最後が民主党がアメリカと官僚が嫌いなこと、



  一つ一つ書くと、民主党は市民派といわれ穏健派であるので、強圧的な政策は取れない、
 
  だから今の民主党を良い政党と思わない人はいるだろうけど、民主党が危険でない組織であるという点は多くの人が認めることだと思う、


  であるから、普天間基地問題に対しては極端なことを民主党は出来ないので、まあ何もしないでしょう、



  次に沖縄と民主党の関係で見ても、実は民主党は沖縄の議席が少なく、政治的に見ると沖縄との関係は殆どないですね、

  だからこの普天間基地問題がどうなろうと、一文の得にもならない話なので、民主党自身はまったく興味はないと思う、



  民主党と沖縄は関係がないからね、この問題に対して周りの社民党や国民新党、そして自民とか公明党とかが騒いでいるのは、彼らが沖縄に議席を持っていて利害関係があり、その結果あれこれしゃべっているだけで損得勘定で動いているだけである、


  しかし民主党にはそれがないので、多分普天間基地問題に対して、民主党が動くことはないと思う、動いても何の意味もないから、

  まあ結局この話は鳩山氏の善意だけでやっていただけで、それを潰してしまえば民主党は何もしないし、何も動かなくなる可能性があると思う、



  後は、民主党と官僚とアメリカの仲の悪さというのは、ここ十数年死ぬほどたたかれてきたので、民主党側は積年の恨みを晴らそうとはしても、協力する可能性は微塵もないでしょう、

  
  さすがにここまで叩かれちゃうと、もう信頼関係を築くのは不可能ですから、普天間基地問題に対して民主党が協力する可能性はないと思う、


  
  ということで、普天間基地問題がこれからどうなるかというと、完全に不明というか、多分何もしないと思う、

  それが結論じゃないかということで、そもそも鳩山氏が言っていたように、この問題は解決しないのが結論であって、その結論に来てしまったという意味しか持つことはないと思う、




  後は、ついでなので普天間基地問題の細かい話でも書いて見ますか、

  
  少し前に書きましたが、普天間基地問題の環境アセスメントに対して、変更をしないようにというアメリカの要望出ているのを、建設が遅れるからという意見が出ているが、実はそれは嘘で、



  そもそもこの建設は2014年を目指しているのだが、それは不可能で聞いた話では2016年以降になるようだ、

 
  なぜかというと、建設をする人がグアムの移転のほうへ出払っているらしく、建設が出来ないらしい、

  ちょっと前に聞いた話なので記憶があいまいなのだけど、確か建設をすること自体が出来ないらしいので、



  アセス法がどうなろうが、そもそも建設は2014年には間に合わないので、アセス法が原因であるという話は間違いであろう、

  アセス法の話に対しては、これは前から書いているようにオスプレイの配備に対するもので、それを隠蔽するためにそう書いているのだろうが、

  まあともかく2014年にあわせるためのアセス法という意味ではないと思う、



  他でも、日米合意に徳之島を書いているのが、鳩山氏の意向によるものだというのもあるがその可能性はないだろう、

  大体からして日米合意には鳩山氏はまったく関与していないのだから、鳩山氏がそんなことをすることはあるまい、



  それに徳之島案を出していたのは防衛省であって、鳩山氏はそれに対して否定的であったのだから、その否定的な流れが強くならないように防衛省が要請したと見るのが妥当であるといえる、



  実際徳之島川が強く否定した結果、全国の知事会が開かれるようになり、県外移転に対して議論をするようになってきているから、それに対する牽制という意味が強いと思う、



  本来ならば沖縄の否定によって、そのあたりの流れも変わってきていたのだろうが、多分それをとめるために起こしているのが、防衛省とアメリカの画策した日米合意の錦の御旗であって、現地の否定によって話の流れが変わることを防ぐための防波堤が、この合意の話の本質的な意味であると言える、



  そもそも日米合意とは、現地の人々の合意がなければ出来ないといっていたものが、それを無視して勝手に行っている時点で、今までの話は茶番であり、ただ強引に話を進めるためだけに現地の合意といっていたのが暴露され、


  そんなことを考えていなかったのがはっきりしてしまったわけだが、そういう意味ではこの日米合意と言う話は胡散臭い陰謀的な意味もある、



  日米合意の意図とは、錦の御旗として圧力をかける狙いがあり、前の日米合意も民主党政権に変わる寸前でしたらしいが、合意という具体的な意味というよりは抑圧的な圧力を狙いとしたものであって、制限や制約のための制度と見るべきであろう、



  前回もそうだったのだから今もそうであるということだが、ただそれをしたところで上で書いたように合意ではなく、一方的な圧力なのだからそれに従う人はおるまい、


  合意というのは互いに納得してやるものだが、誰一人納得しないで合意しても拘束力はなく、それが具体的な意味を持つことはないだろうし、


  現状では合意をすることにそれほど意味があるわけではないと思う、なぜかというと誰も守る人がいないから、


  
  まったく不毛なことというしかない何もしない日米合意というものですが、拘束力や制約力の利用を狙いにはしているようだが、民主党が協力する可能性がない以上は、その拘束力や制約力もないわけで、


  さて、誰と誰が何のための合意したことになるのか、意味不明な合意にはなりそうですね、





  さて、それはいいとして今日は、軍部の再来、ということでも書いてみようかと、


  普天間基地のことを見ていて不思議に思ったことがあるのですが、いったいこの妙な圧迫感はどこから来ているのだろうかと考えていました、


  自民党は潰したし結果的に右翼もつぶれた、権力としてみる限りそういう方向性は見えず、私は政権交代をすることによってそういう流れは消え、次第に落着くと思っていたのに、


  何故か逆に激しくなっている、今回はその原因は何であろうかということを書いてみようと思っているのですが、



  それで軍部の再来ということで、これは少し前に書いた話とも関連をしているのですけど、


  実は戦前の軍部というものは官僚支配を受けていて、官僚=軍部という形を持っていて、ああいう計画性のない異常な軍事行動をしていたのはどうやら官僚が原因らしい、



  外交も軍事も結局どうするかは考えず、今までやってきた形の維持ばかりを考え、それが現実的に意味があるかどうかということを誰も考えていなかった、



  その結果が大量の死者の出た前の戦争であり、あの異常な戦争だったわけですが、



  そしてそれとまったく同じことがまた起きていてる、


  普天間基地でも結局どうするか考えていなのに、官僚がああするこうすると勝手に決めている、そしてそれをどうするかということをまったく考えていない、



  そう考えてみると、今の官僚制というのは戦前の軍部とまったく同じ事をしているわけで、いわば戦前の軍事態勢が官僚制としてそのまま残っているということになる、


  つまりは、戦前の軍部が官僚であり、戦後の軍部の残党勢力とは官僚であったということ、



  私は自民党とか右翼勢力が軍部の残党勢力なのかと思っていたけど、

  政権交代してもそういう流れが終わらず、逆に強くなってきているわけだから、それは政権交代をしたことによって本当の敵が現れてきたということをあらわし、

  本当の軍部の残党勢力とは、官僚制だったということになる、


//


  多分だが昔の軍部も実は飾りみたいなもので、実体はなかったんじゃないかと思うのですね、


  たとえば満州国とかそういうので動いていた軍部の連中は、ただ単に麻薬の版図の拡大のために戦争していたらしく、そういう傀儡国家の財源は麻薬で維持していたらしいから、戦争拡大で麻薬拡大とやっていたらしい、



  正直そんな連中が軍部を動かせていたとは思えないから、軍部の本質的な動きは官僚がしていて、表層的な利権団体としてしか当時の軍部は存在していなかったのではないかと思う、



  麻薬の版図拡大のために戦争する軍部なんて聴いたことないからね、だからそういうことをしていた連中は、利権のようなことだけを考えて、軍事的なことはまったく考えていなかったのだと思う、


  そして軍事のことを考えていない軍部と、軍事を考えているけど前例主義的で、まったく意味を成していなかった官僚が、強力にタッグを組んで国を滅ぼしたのが戦前の軍事態勢ではないかと思う、



  何でそう思うかというと、まったく同じことが今起きているからで、少し前の官僚と自民党の関係てまったく同じでしょ?、


  利権をあさる自民党、そして前例主義で何の役にも立たない官僚が、軍国主義に走っていたわけだから、戦前とまったく同じ事をしていたことになる、



  普天間基地問題を見てもそうで、自民党はこの問題に対して全部官僚に丸投げをして、利権だけをあさるようにしていたようだ、


  グアムに移転する米軍の家は一軒7000万位するものらしいが、それも日本の建設業者が請け負って、当然その金は自民党に流れるわけで、


  普天間基地問題というけど、自民党は金だけを得て後は官僚に丸投げし、

  官僚は前例主義で日米安保だ北朝鮮の冷戦構造だ抑止力だといって、思考停止のままその動きを止めることもない、



  戦前もそうでしょ?、マスコミが官僚と手を組んでわけの分からないことをいって、聖戦だ何だといってわけの分からない神風特攻とかして、軍事戦略なんてまったくなく多くの国民を殺すだけのことをしつつ、それを止めることがなかった、



  少し前の自民党は戦前の軍部とまったく同じもので、そして意図的にそういう形になるように、誰から操作をしていたのだと思う、


  公共事業利権が急に軍事利権になるのはおかしいし、多分だけど自民党が急に軍事的な方向性に行ったのも、たぶん官僚がそっちに引っ張ったからだと思う、



  つまりここ二十年くらいの軍事的方向性は、官僚がもう一度軍事独裁体制につきたいという、そういう願望で行われていたことであって、もしかすると戦争に負けたときにアメリカと官僚の間でそういう裏取引をしていた可能性もあると思う、



  戦争で負けても官僚はそのままで、軍人の首をはねておけばよかったわけで、東京裁判だ何だというのももしかすると、官僚のスケープゴートという可能性もあるから、どうも日本の官僚制というものは信用ができないと思う、



  官僚は善であるとはいうけど、多くの人が善だと思っているからこそ怪しいわけで、歴史的に宗教が戦争の火種だったように、もしかすると昔からの戦争に火種は官僚だったのかもしれない、



  もしそうならば、ここで官僚という戦争の火種を消すべきであろう、官僚がいる限り戦争は終わらないだろうから、



  そうではなく官僚が善だというのならば、自民党がつぶれた上でどうしてこうも普天間基地問題が騒ぎになるのかという、その理由が説明できなければならない、


  今の状態でこういうことに騒動を起こせるのは、官僚だけなのだから、日本の軍国主義は官僚の意思であって、官僚が軍国主義そのものであったという事実を国民は認めなければならない、



  今までは官僚というといいものだといわれていたが、普天間基地問題を見る限り彼らの中には悪意しかなく、官僚にとって国民は奴隷であり家畜であるという、そういう意識しか彼らにはないのだと思う、



  だから戦前は大量に国民を殺してもまったく悪いと思わず、

  戦後はまた殺そうと思って、普天間基地問題のようなことを起こしている、



  自分が助かれば国民は死んでいい、それが官僚の総意であり、官僚の全てであるといえる、


  それを認めるかどうか、官僚制こそが軍国主義、そして軍事独裁を一番望んでいた勢力であり、国民を一番殺したがっているのも彼らなのである、


  後はそれとどう付き合うかですね、普天間基地問題から見えたのは、この国の汚さ、

  官僚が腐っている、官僚が汚い、そして官僚が危険だということ、


  軍国主義は官僚の指図だったということ、こいつらが軍事独裁を目指していたということ、


  それをどうするかなんですけどね、官僚制そのものはそう間違っているものではないはずが、なぜこうなっているのかは分からないけど、国民の敵である限りは何であれ始末してしまうしかないと思います、




    それでは、今は週一回ですので次回は来週の水曜日になります、では次回まで、




  小沢さんのまとめみたいな本ですが、なかなかボリュームがあるのでお買い得感はあります、

小沢一郎の最終戦争
大下 英治
ベストセラーズ

このアイテムの詳細を見る



  奪い合う経済ではなく分かち合う経済が必要ではないかという本です、この本で面白かったのは、日本の新自由主義はアメリカをモデルにしながら税制はヨーロッパを目指しているという指摘で、

  確かに消費税とかアメリカには殆どないのに、アメリカ的な新自由主義で消費税というのは変ですよね、やっぱり騙されていたんだなあと思える本です、



「分かち合い」の経済学 (岩波新書) (岩波新書 新赤版 1239)
神野 直彦
岩波書店

このアイテムの詳細を見る









関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR