01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

普天間基地問題、

    どうもこんにちは、



  そろそろ五月戦争も中ごろですねぇ、一体何と戦っているのか良く分からない争いですが、それは小泉政権の頃から変わらずいつものことではありますけど、


  それで何かありましたかね、、普天間基地問題はあれこれ見てみたのだけど良く分からないです、結局マスコミのいっていることというのはあまり意味がないのだろうね、



  最近だと、普天間の兵力を全国分散させようといっているらしいが、え?っとアメリカは現行案を要求しているんじゃないのか?良くわけが分からないな、



  ただまあ普天間基地がどうなるかと考えてみると、これからもう一回沖縄に行ってそこで否定されるだろうから、そうなったら沖縄の県内移転は不可能になって県外も無理だから海外になるのだろうか、



  鳩山氏の狙いは自分に対する批判があるから、現行案を丸呑みしてその批判によって潰そうというところなのだろうけど、


  それでなんだか、全体の論が変わってきてアメリカでも普天間基地は要らないんじゃないかと急にいいはじめたりしているし、上で書いたように全国に分散させようとかも言い始めている、



  鳩山氏がもう一回沖縄に行けば、現行案やそれに近い案は潰れ別の案が必要になるが、その分散案というのはそのあたりを考えた防衛省かアメリカからの提案かもしれない、



  ただ何をしようとも同じように、アメリカとしては鳩山氏が気に入らないから、鳩山氏がすることを防ごうとする、

  なのに鳩山氏がアメリカの利権である、普天間基地問題の解決をしないといけないので、どういう手品を使おうとも問題の解決にはならないだろう、



  だからアメリカや防衛省が自分にとって都合のいい案をどう出そうが、鳩山氏をたたかなければならない事情からして、どうやっても成立しない、


  じゃあほかの人にするというのも、普天間基地問題を解決しようとするようなお人好しは鳩山氏くらいで、ほかの人がこの問題に関わりあうことはあるまい、


  そのあたりが原因で、普天間基地問題が騒がれたり急に静かになったりしているのだろうけど、


  そういうのを見ると、いかにこの国の情報の流れがデタラメかというのがいえますね、真実を伝えるのではなくて情報の影響だけを考えて、情報を流しているからどこかまとまりがない、



  普天間基地問題から見えた問題の一つは、こういうマスコミがまともな情報を流すものではなく、日ごろから嘘しか書いていなかったということであって、そういうことがこれからのマスコミの未来を大きく変えていくようには思えます、




  次に、普天間基地問題はなぜかあまりいわなくなりましたが、まあマスコミはアメリカ側と協議中というところでしょうか、



  というわけでひとまずネタがないので、ちょっと昔の話でも掘り起こしてみようとおもいます、


  掘り起こすネタはいくつかありますが、一つがこれは否定されたけど、徳之島案を考えたのは誰なのか、みたいな話で、


  徳之島案は最近町長と会って否定されたのでもう難しそうだけど、この案をマスコミは鳩山氏が強く押していたといっていた、


  しかし私の見たところだと、鳩山氏は消極的でどちらかというと平野氏が押しているようではあった、

  平野氏は防衛省よりだから、実質は防衛省がそういうことを考えていたのだが、ついでにいえばアメリカも検討していた可能性はある、



  その理由は、産経が覚書とかいっていたが、昔徳之島はアメリカに占拠されたことがあって、その関係でアメリカと何らかの取引みたいなものをしていたらしい、


  徳之島というより日本政府であろうけど、その結果が政府案に徳之島が入った理由なのだろう、

  この時点で分かるだろうけど、徳之島案を考えたのは鳩山氏ではなく、そういう覚書を知っている連中だから当然それは外務省か防衛省の官僚になる、



  それなのに徳之島で反対が起きるようなリーク情報も同じ官僚が出していたわけだけど、

  そのあたりの調整のなさというのは、官僚的な問題というのがあるのでしょう、



  この普天間基地問題を見ると、こういう官僚がやったことだろうなと思えることが多く、そしてそれがまったく逆の形でも現れることが多い、


  一方ではものを進めようとしながら、もう一方ではそれを潰そうとする、

  

  今回の普天間基地問題というのは、実は官僚問題でもあるらしくて、ここまで問題がこじれてしかもその解決が見えないのは、別に鳩山氏が悪いのではなくてこの問題に深く官僚が関わっているから、この問題が解決できなくなっているという部分が強いらしい、



  徳之島にしても反対をさせたのは、たぶん上にはアメリカや防衛省や外務省の官僚がいるだろうけど、

  同時にその徳之島案と考えて、強引に鳩山氏に押し付けたのもまた官僚なわけで、普天間基地問題は官僚制の弊害のようなものも出ているようだ、


  官僚制は責任を持たない統治制度なので、具体的に何かをする能力はない、

  それが普天間基地問題という現実的対処を迫られて、混乱して意味不明になっているのが今の状況ではないかと思う、


  となると、これまた気が長い話になりますが、官僚制の是正をしなければ普天間基地問題は解決しないということになるのでしょうか、




    


  さて、それはいいとして今日は、普天間基地問題、ということでも書いてみようかと、

  三度書くことになるとはね、まあほかに書くこともないですけど、今回は普天間基地問題の本質と抑止力の話でも書いて見ますかね、


  それで普天間基地問題ということで、この話は流動的なので絶対こうであるという話は書けないのですけど、今のところこういう意味もあるんじゃないかなというのを書こうと思っているのですが、


  それはともかく普天間基地問題というと、最近は抑止力といわれますね、私もそういわれているので一応調べてみたのですが、確かにある程度抑止力論というのも筋は通っているように思います、 


  冷戦構造に依存した軍事論という面があるので、一概に正しいとは言えませんがある程度はあっているようです、


  たとえば普天間基地の移転で、移転先がそれなりの規模の基地が必要で、沖縄でなければならないと抑止力論ではいっている、



  その理由は、確かに通常ならばそこまで考える必要はないのだけど、たとえば有事の場合にグアムから大軍が来るわけだから、それが収容できる場所がほしいわけで、そうなるとある程度の規模の基地がほしいというのは確かにそこそこはあっていると思います、


  それと抑止という形を持つことによって、地域の軍事的な安定を考えるというのもある程度は合っているでしょう、


  しかしそれは冷戦構造に依存している考え方であって、今の状況でそれが成立するかは分からない、


  これは昔書いたのですが、国家に必要な論とは、世界論があって、外交論があって、軍事論がある形、そういうものが必要であると書いたのですが、


  その抑止力論の盲点は、まず世界論と外交論の違いを考えていないという点で問題点がある、



  ではまず冷戦の世界論と今の世界論の違いを書いてみると、

  抑止力論は中国と北朝鮮に的を絞っているので、その二つで見てみると、

  ひとつ中国の場合、中国の場合は冷戦時は完全に日本の敵であって、互いの関係は軍事的関係という意味が強かったが、


  今は経済的な関係のほうが強く、中国は日本との軍事的対立は望んでいない、
  
 
  次に北朝鮮は、冷戦時の北朝鮮はそれなりに経済力もあり、中国ロシア等の支援もあったが今はそれもなく、経済は崩壊し軍事行動が取れない状態にある、


  確かに冷戦時の北朝鮮は、中国ロシアという後ろ盾があったので、軍事的脅威はあっただろうが、

  その二つの国が軍事から経済へ方向性を大きく転換し、中国ロシアと北朝鮮の間には共通性がなくなりつつある、


  そうなると中国ロシアが北朝鮮にそれほど協力するとは思えないので、北朝鮮の脅威というのはいまとなってはないと思う、


  ついでにアメリカについても書いてみると、

  アメリカは冷戦時は中ロと対立していたので結果的に日本についていたが、最近は中国よりになってきているので、アメリカが日本に対する支援をするかは分からなくなってきている、


  まあそういう世界論的にみると、冷戦的抑止力の対象である中国北朝鮮が、冷戦が終わったことによって大きく変わり、中国は経済交流を重要視するようになり、北朝鮮は後ろ盾や経済崩壊を招いて軍事的脅威としては大幅に弱くなっている、


  ついでにいえば、アメリカは日本よりも中国を重要視するようになって、これも北朝鮮と同じような意味で、日本の後ろ盾として存在し続けるかどうかは分からなくなっている、



  で、これを基に外交論と考えてみると、

  外交的にみると、抑止力の想定は北朝鮮と中台関係なので、それについて考えてみると、


  まず北朝鮮は、基本は中国依存をしつつ時々アメリカとの協力も考え、何とか延命をしようとしている、

  中国依存が強いので、結果的に日本との対立にブレーキがかかるところがある、

  外交的に見ると、アメリカは日本と北朝鮮を戦わせようとしているが、中国はその争いが起きないようにしている、



  次に中台関係ですが、中台関係は良好であり、対立はないらしい、

  そもそもいまの台湾のトップは親中親米派で、そうなるようにアメリカが反中国的な候補を潰してまで当選させた人物なので、


  今の台湾はアメリカの後ろ盾を受けつつ、中国との友好を考えているらしい、



  ここまでが外交論ですね、次が軍事論になりますが、
  
  抑止力論でいわれるのは、中台関係の争いがあった場合に、台湾海峡で軍事的な対立が起きるのではないかということと、

  北朝鮮の体制の悪化による混乱時の対応とがいわれているようです、


  ではまず中台関係ですが、アメリカが台湾のトップを親中派にしたので、軍事的な問題はおきづらいでしょう、

  確かに沖縄に部隊がいれば、抑止的な意味はあるかもしれないが、アメリカが中国との友好を考え、それに合わせるような台湾の代表を生み出したのならば、正直この問題に対して抑止力論を持ち出すのはあまり意味がないと思う、


  なぜなら前提の世界論と外交論が、軍事論の有効性を下げていますから、この場合たとえ抑止的なものがあっても、それを飛び越えて外交で勝手に変わってしまう恐れがあり、少なくともそういう抑止論で問題が解決するということはないと思う、


  次に北朝鮮の有事に対してですが、北朝鮮は経済が悪化していますから、体制の崩壊や何らかの危険な流れというものはあると思います、


  ただしこれも同じように、世界論外交論でみたように、北朝鮮は中国に非常に依存しており、

  もし北朝鮮に有事があったり体制の崩壊等があった場合は、中国と示し合わせて何らかの穏便な策を取る可能性が強く、それが直接的な何らかの軍事問題になる可能性は低いと思う、


  これも確かに北朝鮮への抑止としての沖縄の海兵とはいえなくないのだけど、北朝鮮は世界論外交論的に見た場合に非常に中国依存していますから、何かあった場合はまず中国が関与してきて中国主導で問題の解決を図るはず、


  そうなると米軍の価値はあまりないし、それに中国が動いたらアメリカは静観するだろうから、それを考えるとアメリカの抑止力の価値はあまりないと思う、


  いっそそういう抑止力というものをしたいのならば、中国とそのあたりの取り決めをしておいたほうがよく、中国は日本との対立を望んでいないから、台湾にしても北朝鮮にしても、中国政府との外交交渉の解決のほうが、米軍の抑止力より実効性があると思う、


  費用効果でみても、外交は別に物理的に何かをするわけではないですから、台湾にしても北朝鮮にしても、結局は中国がどうするかですから、逆に言えば日本と中国の外交交渉によってどうにかできるわけで、
 

  中国としては経済が大事なので、それほど軍事的方向性を強める意思はないでしょう、

  だから外交交渉で何とかなる部分も多いはず、それに中国相手だといざとなればアメリカは逃げる可能性が高いわけだから、アメリカの抑止力を当てにして対中国戦略を考えるのはリスクが高い、


  つまり結論として言えるのは、普天間基地の兵力は抑止力的に必要であるとはいうし、それは確かにそういう面はある、

  しかし、今の状態だと中国との外交交渉を当てにしたほうがいいと思う、

  確かに冷戦時ならば抑止力でいいのだけど、いまとなると状況が変わっていますからアメリカが当てにならないので、抑止力よりはアジアの有事のときに中国が問題を起こさないように、アジア内で外交交渉をしていったほうがいいと思う、


  確かに昔はアメリカの軍事力による抑止力論が、北東アジアの基本的な論ではあったのだけど、

  今はアメリカが中国と対立しませんから、抑止力論も成立しないこともないけど効果が薄く、正直あてにならないと思う、


  そこら辺を考えて普天間基地を考えると、抑止力の効果の薄さを考えれば、あまりいい意味はないと思う、

  それをするくらいならば、中国はあまり争いを望んでいないようだから、アメリカを含んだ北東アジアの外交の取り決めを作っておいて、安定化させたほうがいいと思う、


  こういう何でも軍事解決というのは、戦前から何も変わっていない気がしますが、今の状況を考えるとアメリカの海兵問題に対しては、日本のアジア外交で補うというのが妥当な判断であると思います、




  ではもう一つ、これは普天間基地の本質的な問題についてなのですが、普天間基地の問題はなぜ起きたのか?、その原因というのが実は官僚制に問題があったようなのですね、


  普天間基地問題とは13?4年続いている問題であって、非常に長い時間がかかっている、

  そしてなぜそれだけの時間がかかったのかというと、この問題は官僚だけで対処をしていて、政治家が関わっていないらしいんですね、


  つまり官僚に丸投げして政治家は何もしていなかったらしい、

  まあ利権だけは相変わらずあさっていたようだが、この問題については政治家は関与していないらしい、


  で、それでどうなったかというと、官僚というのは柔軟性がないですから、こういう軍事とか外交の交渉がうまくできず、普天間基地問題を解決せずに長い間放置し続けた、


  つまりは普天間基地問題とは、日本の外交や軍事を官僚だけがするという制度になっていたので起きた問題であり、政治の不在が招いたものであるらしい、


  だからここ数年をみても、日本の軍事論や外交論は冷戦時のままで、まったく変化していなかったが、それは日本の外交や軍事をすべて官僚が取り仕切り、そして官僚は変化を起こせないから、日本はずっと冷戦から変わることができなかった、


  今の普天間の話もそうですよね、抑止力論というのは冷戦時の話で、今の時代の話ではない、

  官僚制というのは、同じ事を繰り返し続けるもので小泉政権がいい例だけど、あれは戦後の経済政策をし続け、そして冷戦時の軍事外交論をし続けようとした、


  北朝鮮だ何だと騒いで、冷戦構造や戦後の経済システムから、人々が変わることを防ごうとしていた、


  そしてその根本的な意味というのが、日本の官僚制であって、官僚制というのは内政的なものではそこそこ使えるのだが、それが外向きの外交とか軍事になると、急激におかしくなる、


  なぜなら官僚というのは、同じことの繰り返ししかできないもなので、変化がおきるものに対してはまったく対処ができず、軍事外交論においては致命的な問題を生みやすいからである、


  官僚といえば、江戸幕府もそうだし明治政府とかも、内政はそこそこだったが軍事や外交は壊滅的にひどかった、


  そしてそのこととまったく同じことが起きているのが、いまの普天間基地問題であって、官僚にすべてを任せて外交や軍事論をすれば、


  それは前例主義になるから、普天間基地問題というものは、冷戦時の発想や意味を持ち続け、時代変化に対応がまったくできないものになる、


  官僚というものは状況への対応ができないので、本来ならば軍事外交は官僚に任せるべきではなかったのだが、自民党が馬鹿ばっかだったのでこうなってしまったということ、


  普天間基地問題を見ていると、やはり官僚制の弊害を感じますよね、

  最近でも鳩山氏が別に案は決まっていないというのに、官僚がリーク情報を流して、それによって候補地を潰して鳩山氏をたたこうとする、


  それは何でやるかというと、ただの派閥争いで自分の権限を奪おうとしているからやっているだけで、それの善悪とかはまったく考えていない、


  だから結局そういう変なリーク情報によって、普天間基地は袋小路に入ってめちゃくちゃになってしまった、


  その原因はすべて官僚にあり、官僚が軍事や外交に関わろうとするから起きている問題であって、官僚制そのものを否定しなければこの問題は解決しない、


  普天間基地問題とは、日本の政治不在と過剰な官僚依存が招いた問題であって、日本の政治が機能していなかった、そしていまも機能していないことを表している、


  だからここで官僚を排除し、政治家による軍事外交システムを組む必要があるのだが、それを考えると普天間基地問題とはすぐには解決しない問題なのではないかと、思ってしまいます、





  小沢さんのまとめみたいな本ですが、なかなかボリュームがあるのでお買い得感はあります、

小沢一郎の最終戦争
大下 英治
ベストセラーズ

このアイテムの詳細を見る



  奪い合う経済ではなく分かち合う経済が必要ではないかという本です、この本で面白かったのは、日本の新自由主義はアメリカをモデルにしながら税制はヨーロッパを目指しているという指摘で、

  確かに消費税とかアメリカには殆どないのに、アメリカ的な新自由主義で消費税というのは変ですよね、やっぱり騙されていたんだなあと思える本です、



「分かち合い」の経済学 (岩波新書) (岩波新書 新赤版 1239)
神野 直彦
岩波書店

このアイテムの詳細を見る




関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR