01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

対等な日米関係、

    どうもこんにちは、



  最近は政治の話のヒリヒリ感が強いですね、まるで詐欺師の小泉の頃のようだけど、

  どうもなんとなくだがアメリカの本隊が日本に接近してきていて、直接殴りあうような状態に入っているような気がしますね、なんというか非常に間合いが近く逃げ場がない感じを受けます、



  さてとであれこれ書いてみますか、また騒ぎ始めた普天間基地問題ですけど、鳩山氏は沖縄に行って沖縄への負担を求めたようですね、

  ただし、言われていたような杭を打つ方式にするとはいわず、県内への移設が必要であるといっていた、


  それに将来的にはテニアンやサイパン等の海外移転も可能性はあるといっていたようだ、


  確かに元々そういう話ではあるんですね、海外に移転するにしてもすぐには無理なので、いったん県内か県外に移転させて、そこから海外移転を考えるというのが唯一の選択肢で、今の段階だとそれほど間違っているわけではない、



  海外の移転をとはいえ相手側の都合もあるし、そうなると普天間基地の危険性を減らすことにならないので、いったん危険性除去も考えて別の場所に移す必要性はある、



  もちろん直接海外移転が出来ればいいが、外交交渉とかもあるからそう単純じゃないし、うまく行く保障というものもない、

  だから、次善の策として普天間基地よりは安全で問題のないところへ移すというのは、確かに理にかなってはいるし妥当な方法ではあるのだが、



  しかし、そもそもは鳩山氏を潰すためにマスコミとアメリカが組んでやったのだろうけど、各地で反対活動が起きていますから、この次善の策も出来なくなっているんでね、


  そうなると私がいうような強制的な海外移転しかないのだけど、海外移転をもう少し明確に言えば話も変わってくるのだが、今の鳩山氏の立場だとそれも難しいのでしょうかね、



  次に、というかどうせ普天間基地問題になるのですが、この問題を見てみると陰謀論的な話になりますが、いくつか見えてきているものがあると思います、


  一つが、鳩山氏の権限が相変わらず強いこと、私は沖縄の9万人集会で鳩山氏の立場は潰れて、アメリカとか防衛省の言いなりに近い立場になってしまったのではないかと思っていたのだけど、



  実はそうでもなくて、まだ権限が残っているようには感じました、

  なぜかというと、この沖縄への鳩山氏の訪問前に、普天間基地問題の計画は杭を打つ形で最終調整が進んでいるといわれていて、鳩山氏が大幅に妥協したのかと思っていたのだが、



  しかし今のところ建設計画は立っておらず、どのような計画になるかは決まっていないらしい、

  それはつまりこの計画をどうするかということについて、鳩山氏がまだ絶対的な権限を持っていて、防衛省側がその権限を得ていないという意味でもある、


  それを考えるとまだ流動性はあるということで、まだ鳩山氏が絶対的に不利というわけでもないのだなとは感じます、



  二つ目が、これはポスト鳩山という、いつの間にかそういう話を言われるようになっているようで、その一人の仙谷氏がこういっていたのですが、

  小沢氏はやめたほうがいいが鳩山氏は5月決着が出来なくても、続けたほうがいいといっていた、


  もし仙谷氏が首相の座を狙っているのならば、鳩山氏をたたくのが筋であるのだけど、ほか人もそうだが鳩山氏を擁護する声が大きい、


  その原因は何であろうかと考えると、それは普天間基地問題というものに、誰もが関わりたくなく、そして今の状態では誰も首相にはなりたくないからだといえる、


  防衛省にしても、検察リークネタのように情報操作で攻撃はしてくるが、最終的なところまでは手を出してこない、

  つまり自分に責任を持って、こういう案がいいと強引に押すところがない、


  確かにいま杭を打つ方式というプロパガンダを防衛省は流しているが、それを簡単に鳩山氏が否定できてしまっている、

  もし防衛省が本気にやれば、鳩山氏がそういうことを言うことすら不可能に出来るのに、しないのは普天間基地問題を防衛省のせいにされたくないというのがあるのだと思う、



  今回の沖縄の話で見えてきたのは、表層的な波はあるがその多くは鳩山氏をたたくという浅い意味しかなく、深い意味を持ったものがなかったという事であったと思う、



  今回のことは大きなイベントだから、もっと深い意味があるとか具体的なことが起きてもいいのに起きなかったのは、誰もがこの問題を忌諱して鳩山氏の批判材料にしようとしかしなかったからだと思えますね、


  だから騒ぎは大きいけど、騒ぎを起こすための騒ぎになっているだけで、本質は空っぽであるのは誰にも分かることだから、

  そのあたりの話がこれから微妙に関わりあってくるのかなあと思っています、




  それでその話とも関連性があるのだけど、最近防衛省のペット二号である時事通信が、こんなことを言っていた、


  それは、鳩山氏は沖縄での会見で抑止力という言葉を多用していたが、それは防衛省が考えていたことであって、鳩山氏が考えていたことでなくそういう風にいうのは不謹慎だとか言っていた、


  良くわけの分からない理由なのだが、あんたらの主人が誰なのか分かった、というような意味の文章のようですが、



  この文章から見えるのは鳩山氏と防衛省がかなり派手に争っていたことと、鳩山氏の言動が防衛省をたたくために言っているのではないかと懐疑的に書いていること、



  確かに今回の沖縄の訪問で、鳩山氏は抑止力論として必要だと繰り返していた、

  逆に言えば鳩山氏の論を覆し、県外移転の可能性を考えるのならば、抑止力論で結論をつけなければならないという意味でもある、



  つまりはこれからの意見は県外県内ではなく、抑止力論的な意味においてそれを否定できなければならないといっているわけで、

  もしマスコミに常識が少しでもあれば、これからの論は抑止力論の否定が出来るかどうかということになるはず、



  つまりは、鳩山氏がいいたいのは県外移転が出来ないのは、抑止力論があるからでこの抑止力問題をどうにかしないと解決がないといっているわけです、


  それを防衛省のペット二号である時事通信がキャンキャン吠えていたわけだが、



  ここでどう論が流れるかでしょうね、マスコミとしては本質的な議論をしたくはないはず、なぜなら本質的な議論とは、防衛省やそういう関係者が直接的に普天間基地問題に関わり、責任を負うことになるわけだからそれは避けたい、


  やつらの狙いは、ただ表層的な公約だ発言だという論を使って、表層的にたたくことを狙っているだけであって、それ以外の意味はない、


  しかし鳩山氏が本質的な意味において、抑止力とこれだけ繰り返したわけだから、どうしても抑止力といわないわけにはいかないだろう、


  そこら辺でマスコミがどうインチキをするかですね、


  鳩山氏としては、防衛省やアメリカの主催した9万人の集会によって立場が潰れていますから、押し切られたのでそのままいっただけなのかもしないけど、


  結果的に抑止力論とこうまでいった以上は、議論をしなければならなくはなっただろうから、

  つまりは在日米軍の抑止力とはなんであるかと議論する必要が出てきたとはいえるだろう、



  まあどうせ抑止力なんてのは、防衛省とアメリカのキャベ公の法螺に過ぎないのだろうが、


  さーて、抑止力論がどう出てくるのか、


  と、いいたい所だがマスコミのクズどもはスルーすると見ています、
  

  



  さて、それはいいとして今日は、対等な日米関係、ということでも書いてみようかと、

  今の日本を見てもアメリカを見ても、あまりいい状態とはいえないですよね、それは誰もが認めることだと思います、


  ではその原因といえるものは何であるのか?、私はそれが日米間の不平等さにあるのではないかと思ったので、ちょっと書いてみようと思っているのですけど、


  それで対等な日米関係ということで、小泉政権は日本搾取し潰すためにアメリカが作った傀儡政権だった、

  その腐った政権の結果、日本は大幅に弱体化し、見るも無残な状態になった、


  しかしじゃあアメリカはどうかというと、日本に劣らず壊滅的にだめになって弱体化をした、


  その原因が何であろうかと考えてみると、日米間が対等でないというのが大きかったと思うのですね、



  むかし戦争に負けたときは、確かにアメリカと日本の差は大きかったのだから、日米間においてアメリカが日本に支配するような影響力を持っていてもある程度は成り立った、


  無論それがいいというわけではないのだけど、極端な問題になるということはなかった、


  しかし今はもうそういう問題が起きている、今の日本の社会問題の原因はすべてアメリカが原因といってよく、今までのようなアメリカ従属の関係では物事がうまく行かなくなっている、



  それはやはり日本の力が強くなって、アンバランスさが生まれてきたことにあるのだと思う、



  歴史を遡れば聖徳太子のころ日出国と言って、中国に対して対等な関係を要求したが、

  それは別に私利私欲とかそういうものではなく、日本が力をつけたことによって従属的な関係では互いの利益にはならず、問題を生むだけだという発想からそういうことを考えたのだろうけど、



  そして数百年後、今度はまた鳩山氏がアメリカに対して対等な関係といい始めている、

  それも別に私利私欲とか、日本の権威のためとかそういうことではなくて、ただ単にそれでは問題になるという指摘をしているだけで、別におかしなことを言っているわけではない、



  現になってるじゃないですか、正直今の状態でアメリカをいい国だと思っている人は殆どいないんじゃないですか?、


  なぜかといえば、今の日本で起きてる社会問題のほとんどの原因は、小泉政権にあり、

  そして小泉政権を生んだのは、日本に対する過剰な搾取をしようとしたアメリカ政府なのだから、当然その恨みはアメリカに向かう、



  多分今日本人が一番嫌いなのが、アメリカだと思う、

  直接的な被害がない点からすると、まだ北朝鮮のほうがましなくらいで、正直日本にとって今のアメリカは病原菌や害虫と同じような意味しかもっていないと思う、



  アメリカさえいなければとみんなが思っているわけだよね、普天間問題だってアメリカさえいなければいい話だし、アメリカと関わりあって得ているメリットはひとつもない、



  そしてその原因は、普天間基地問題を例にとって見ても判るけど、対等な関係で交渉ができず、きちっとした形の結論をとることができないまま騒動だけがおきるような、そういう不平等さに問題があるのだと思う、



  アメリカは日本を奴隷としか見ていないので、日本の意見を聞くのを恥だと思っているのだろうけど、じゃあそのまま問題が解決するかというと、普天間基地問題を見てもわかるけどその可能性はない、



  この問題をたとえるなら、たとえば会社があって新入社員が入ってきて、その人が長くがんばって力をつけてきたのに、その人を評価しないで差別をしているとどうなるか?というのと似ている、



  当然その人は反発するし、非常に強く対立してくる、

  そしてそれを解消するためには、その人の価値を認め対等な関係というものを認める必要がある、


  いまの日米間というものは、私の見たところ完全に破綻しており、日米間の友好などはなく、険悪な対立関係以外は存在しないと思う、



  それが上で書いた例えなんですね、つまり日本ががんばったことを否定して、潰すことだけをここ十年位アメリカはしていたわけだから、


  それによる反発がもう決裂状態に入っていて、全面的に争うくらいに日米間は悪化していると思う、



  そしてそれを解決するためには、日米間を対等にしなければならない、もしできないのならば日米安保は解消して、日米間の友好はこれまでにするしかない、残念だが日本とアメリカの関係はこれで終わりである、



  この問題は、実際はかなり長い期間をかけて起きている問題であって、たとえば冷戦時でも日米関係は過剰なアメリカ側の権限というものがあったし、それに対する反発は昔からあったが、ずっと日本人は我慢をしてきた、



  しかしそれがもう耐えれなくなって、小泉政権でアメリカとの関係はおしまいだというのが国民世論であって、これ以上の従属的な関係を維持することは不可能であると思う、



  だからこれからどこへ進もうが、アメリカとの従属関係は解消されると思う、

  それは対等な関係か無関係になるかの二択であって、アメリカが対等な関係を認めない限りは、アメリカとの関係は一切を解消することになる、


  なぜならそれしか日本人の生きる道がないからで、これ以上日本人がアメリカからの搾取に耐える力はない、ならばこれ以上は互いが死ぬまで争うことしかできず、日米間の友好はもう維持できない、


  もしこれから日米間の対等関係を築くことができれば、それは一番穏便ではある、

  しかしそれができなければ全面的に争わなければならない、なぜならそうしなければ日本人の存続はできないからだである、


  そして時代も変わり、今となってはそれほどアメリカという国が日本にとって意味がある状態ではなく、

  アメリカなしでもアジアとの関係で日本という国を成り立たせることは可能になっており、日本から見ればアメリカの存在意義は殆ど無い、



  ここでどっちに分かれるかですけど、アメリカとの対等な関係を維持し、その上でアジアとの関係を考えるスタンスか、

  もしくは、アメリカとの関係を解消した上で、アジアの関係だけで生きていくのかのどちらか、



  そして今の普天間基地問題を見る限り後者の可能性が高く、つまり日米関係はこれまでということ、


  そもそもアメリカと関わりあってもまったく利益がない以上は、アメリカとの関係に意味はない、

  冷戦時はまだ利益もあったけど、冷戦が終わってしまえばアメリカとの関係はデメリットでしかない、


  日本からすればそんな国と関わりあう義理はないので、ここはしょうがないのでアメリカとの関係は清算し、アメリカのことは忘れてしまったほうがいいのではないかと思います、





    それでは、今は週一回ですので次回は来週の水曜日になります、では次回まで、





リクルート事件・江副浩正の真実
江副浩正
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る




  小沢さんのまとめみたいな本ですが、なかなかボリュームがあるのでお買い得感はあります、

小沢一郎の最終戦争
大下 英治
ベストセラーズ

このアイテムの詳細を見る



  奪い合う経済ではなく分かち合う経済が必要ではないかという本です、この本で面白かったのは、日本の新自由主義はアメリカをモデルにしながら税制はヨーロッパを目指しているという指摘で、

  確かに消費税とかアメリカには殆どないのに、アメリカ的な新自由主義で消費税というのは変ですよね、やっぱり騙されていたんだなあと思える本です、



「分かち合い」の経済学 (岩波新書) (岩波新書 新赤版 1239)
神野 直彦
岩波書店

このアイテムの詳細を見る





関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR