01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

時事的な話、

    どうもこんにちは、



  やっと春らしい気候になってきましたね、昨日今日はお花見向いていたようですから、一応春があったんだなあとは思えましたが、次は秋が極寒だったり灼熱だったりしないかが心配です、



  さてそれはいいのですけど、最近は何かありまたかね、、そういえばなにやら新しい党が生まれたようで、ひんしゅくをかっているようです、


  名前は「たち上がれ日本」、何が立ち上がるのかが良く分からない政党ですが、またしてもマーケティング戦略のようです、


  少し前に出たみんなの党と同じで、言葉的に受けのようさそうなものを出してみたのだろうけど、たち上がれ日本はさすがに無理があるような気がするのだが、、


  一応プロパガンダ的な手なので、同時期に与謝野の本が出てたり、自民党系のやつらの民主党批判の本が出ていたりするのだが、たち上がれ日本+自民党や与謝野の民主党批判本で、オレたちの勝ちだとでも考えていたのだろうな、



  小泉政権の頃は確かにそういう手もうまくいっていたのだけど、マーケティング戦略やプロパガンダというものは、慣れてしまうという欠点があるので、小泉政権であれだけやってしまうともうこの程度では効果がないんですね、


  もしやるのだったら小泉政権以上のプロパガンダ戦略を持たなければならないのだが、それがたち上がれ日本と民主党批判本のセットでは、どう考えても逆効果ですから、


  たち上がれ日本といって誰も立ち上がらなかったというオチが待ってそうですけど、ただ今度の参議院選挙がネタ的に面白くなったという点では、それなりに意味があったといえるかもしれません、



  次に、普天間基地問題がどうもゴチャゴチャしていますね、相変わらず分かりづらい、

  聞いた話では日米交渉がうまく行かないので、5月の結論は難しいのではないかという意見があるが、まあ確かにその可能性はあるでしょう、


  普天間基地問題というものは、双方の交渉の仕方がおかしいというところがあるようで、ようはアメリカと自民党の交渉に問題があったようだ、


  そもそも普天間基地問題というものは、アメリカのグアム統合案というアジアから兵力を引き上げる計画があって、その中で沖縄の米軍をどうするかが本来の意味だったのが、


  それをアメリカの後ろ盾、もしくは冷戦構造の形を崩したくない勢力がそれを押しとどめようとして、北朝鮮だミサイル防衛だイラク派兵だという流れを作り、その一つが普天間基地問題として出ているようです、



  だから本来こんなことをする必要はないんですね、米軍は引き上げるだけなのだからそれに対して、必要最低限の援助をすれば良くこんな大掛かりのことをする必要はなかった、



  それが自民党は軍拡路線だったから、米軍と一体化した軍事拡張を考えていたので、米軍も日本で拡大しそれにくっついて、自衛隊とかの国内の軍事勢力の拡大も狙っていたので、変な形で普天間基地問題というものが発生してしまった、

  
  本来ならば米軍は帰るのだから、米軍に対して制限を課すような形をとりつつ、修正していけばよかったものをまったく逆にやってしまったので、収拾がつかなくなっている、


  五月までの合意がとは言うのだけど、アメリカが求めているのは自民党案の履行であって、非現実的な案をやってくれということになっているので、それを通すことは出来ない、


  じゃあ別の案がということになるのだけど、まったく真逆なことをしないといけないから、うまく行かないのだろうね、



  これは誰が悪いのだろか?、本来は縮小するような流れがあったものを、拡大していくような方向性に無理に捻じ曲げて、それをまた戻さないといけない事になってさあ大変だというところなのだが、


  だから立場上は鳩山氏のやっていることに間違いはない、本来の流れに戻そうとしているわけだから、今までがおかしかった事を直すのならばそれは悪くはないのだけど、


  これはノアの箱舟じゃないけど、最初の頃に何か正しいことをする人間は、間違った人間に見えやすいというのがあるから、そういう点で鳩山氏は批判を受けやすい、


  しかし最終的にはそういう人しか問題の解決が出来ないわけで、ここで普天間基地問題が果たして何が悪く何が問題であるのか、それが見えてくるまで踏み込めるかどうかなのだけど、


  個人的にはここまで普天間基地問題と鳩山氏がくっついてくるということは、逆に言えば鳩山氏でないとこの問題は解決できないのではないかと思えるので、ここを乗り越えればなあと思うのですけど、



  後は、そうですね、ではもうちょっと普天間基地問題について書いてみましょうか、

  これはマスコミに対する疑問のようなものなのですけど、この話はどうも壮大な虚構のようなところがある、


  いわば民主党つぶしの意味があるように見える、

  なぜかというと、そもそも上のほうでも書いていますけど、普天間基地問題とはアメリカのグアム統合案のほんの一部の問題であって、アメリカ側ではまったく議論になっていない、


  つまりアメリカにとって必要なことは、グアム統合案であって普天間基地問題はどうでもいい話に過ぎないのに、なぜか日本では大騒ぎをしている、


  マスコミの言い方もおかしく、少し前のホワイトビーチ案も鳩山氏が腹案があるといいながらも、なぜかこれが政府案であるといっていた、


  で、そのホワイトビーチ案を断念したといっていたが、何で腹案なのに断念したことまで分かるのかが意味不明である、


  つまりそれはホワイトビーチ案を押していたのはマスコミ自身であって、民主党じゃないということで、

  そうなると普天間基地問題は民主党が問題なのではなくて、マスコミがおかしなことを言っていることが実は原因なのではないかと思える、


  ホワイトビーチ案の話にしても、確か三月の段階では複数の案をアメリカに提示するだけだったはずが、アメリカにホワイトビーチ案を説明したといっていて、なぜか勝手に話が変わっている、


  それにホワイトビーチ案自体も、時事通信ではなぜか陸上案とセットになっていて、読売にいたっては徳之島案との三段セットになっていた、

  ホワイトビーチ案をするだけなのなら、それだけすればいいのであって徳之島案などとつなげる必要はない、


  これは民主党内で陸上案が有力になったり、徳之島案が出たりしたことに対して、ホワイトビーチ案を押すマスコミが反対をする意味を込めて、勝手に案をつなげたところがあるように思う、


  でなければ徳之島案が出たらそれも含めた三段階案になるのは意味不明ですから、普天間基地問題はマスコミが原因で起きている問題だと思う、


  基地の候補地では反対活動が起きているというが、それを煽っているのはたぶんマスコミだろう、そういう反対をするということとタイアップをしているのではないかな、


  元々マスコミは民主党が気に入らないし、マスコミは非常に利権体質が強く、特定の権力の利権に依存していることが多いので、今回のこともマスコミは普天巻基地利権に関与していたので、民主党たたきをしようということを安保フィクサーみたいな連中と共同でやっているのだと思う、



  普天間基地は壮大な虚構である可能性が高い、グアム統合案からすれば普天間基地問題は些細なはなしであって、たいした意味はない、

  だからそれをここまで騒ぐということは、何らかの利権か利害があるはずで、それを死守するために騒いでるのがマスコミの普天間基地に対する報道だとすると、マスコミの利権を通せば普天間基地問題は最悪の結果になる可能性もあるということになる、



  いえるのは普天間基地問題はマスコミの利権のようなものだということ、八ツ場ダム問題でもマスコミはこのダムの必要性を言っていたが、それは全部嘘でその嘘はマスコミの何らかの利権とつながっていた、


  だから、普天間基地問題に対してマスコミは何らかの利権で嘘だけを言っている可能性が高いと思うので、やはりこれは壮大な虚構のように見える、


  普天間基地問題はすべて嘘だったという、そういう話なんじゃないかなと思うことが多いのだけど、そういう虚構を生み出すマスコミがいる限りはこういう問題は収まらないし、

  となると、ここで国民がどうするかということを決めねばならない、やはりマスコミをここで潰してしまうしかないようには思います、







取調べの「全面可視化」をめざして - リクルート事件元被告・弁護団の提言
石田省三郎,江副 浩正,多田武,小野正典,伊豆田悦義
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


リクルート事件・江副浩正の真実
江副浩正
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る



    小沢さんのまとめみたいな本ですが、なかなかボリュームがあるのでお買い得感はあります、

小沢一郎の最終戦争
大下 英治
ベストセラーズ

このアイテムの詳細を見る


世論〈上〉 (岩波文庫)
W.リップマン
岩波書店

このアイテムの詳細を見る





関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR