06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

時事的な話、

    どうもこんにちは、



  今日は暑いですねえ、なんというか暖かくないのがなんとなくいやですよね、人間は暑い寒いよりも中間あたりのほうが心地いいのに、なかなかそういう気候が来ないのは困ったものです、



  さてと、最近は何かありましたかね、、よくは分からないけど核密約の話が出ているようです、

  私にはあまり良く分からないのだけど、日本に寄港するアメリカの軍船が核を搭載しているかどうかという話があって、

  日本は非核三原則があるので、持ち込まないという原則からすれば、アメリカの軍船が核を持ったまま入港していたのは問題ではないかという話らしいのだけど、



  確かに問題だが、冷戦時はそれでしょうがなかったというのはあるでしょう、ただし問題があるのはその行為があったことを、外務省そして自民党が嘘をついていたということ、


  「そんなことはありません」といって、政権交代をするまで隠していたのが、民主党政権になって情報公開をしてばれたということらしい、


  個人的な意見としては、情報を公開して発言するという制度が日本になかったことを考えると、嘘を言っていたから悪と単純にはいえないのかもしれないが、


  逆に言うとこういう問題に対しての対処がない、そして対処を考えていなかったという点において、外務省や自民党の責任はあるといえる、


  ついでに言えば今回のことでは、その外交文章のかなりのものが、外務省によって破棄されており、そのところに意図的な証拠隠滅の可能性があって、


  しかも聞いた話ではその行為を出来た期間にいたのが、今のアメリカの大使になっている藤崎とかいうやつらしいので、こいつが意図的に消したのかなと思うのだが、


  ただまだ情報が出てきていないし、私もテレビでちょっと見ただけなので、確か藤崎といっていたと思うのだけど、聞き違いの可能性もあるので確定というわけではないのですが、


  今回のことは、情報公開をするということや国民に知らせる義務があるという点に関して、今までの政治がまったくそういうことをしていなかったということ、


  そしてその書類の破棄をやったのが誰なのか、情報公開法の後に書類の保護法を作ったらしいので、公開法から保護法の間にその書類の破棄が大量にあちこちで行われていたらしいのだけど、そうなると誰がやっていたのかというのはある程度あたりがつきますから、誰がなぜやったのかということを調べる必要があるでしょう、



  次に、なんだか知らないけど自民党で内部分裂が起きてるようで、ゴミの分別でしょうか、

  こいつらに対してはすごくひどいことが素で思いつくのですけど、彼らも念願の夢の島へ向けて身支度をし始めたというところでしょうか、


  自民党の連中の意見も分からなくはないのだが、聞いた話だと自民とには100億以上の借金があって、しかも担保もなく返す方法もないらしい、


  個人的に政治と金の問題ならこっちのほうが問題だと思うのだけど、無担保で返済計画もないまま100億借りているのはどうかと思うだが、まあその借金漬けの自民党は借金が多いのでこのまま行くと倒産するらしい、


  政党の場合倒産というのかは分からないのだが、財政的破綻はこのまま行けばまずあるだろうといわれています、

  そこで中の連中が自分だけは助かろうと、夜逃げの準備をし始めたというのが、最近の自民党の動きで、


  最初に逃げたみんなの党のやつらが、それなりにはうまく行っているので、二匹目の夜逃げみたいな感じでそろそろ逃げようじゃないかという人が多いらしい、


  いったい何のために政党をやっていたのか意味不明な団体であるけど、歴史的に見ても金のために何とかとやってたやつは、借金だらけで潰れることが多いので、自民党もどうやらその歴史の一行を飾りそうです、


  
  後は何かありましたかね、、普天間基地の事はまだ良く分からないですね、ホワイト何とかというところに埋め立てて長い滑走路を作ろうという話があるようだが、沖縄の人の反発を考えると難しいだろうし、どうなるんだろうね、


  オスプレイというヘリは、長い滑走路がいるから、逆に言うと長い滑走路さえなければ、沖縄に海兵隊が残ることは出来なくなる、

  長い滑走路がいる理由というのがちょとはっきりしないのですけど、オスプレイというヘリは羽を横にして飛行機のように助走して飛ぶらしいからそれでいるのか、


  もしくは運用をするときに、並列的に飛行機の補助が要るらしいのでそのために長い滑走路がいるのかは、私も軍事専門家ではないのではっきりは分からないのだけど、ともかくどっちにしろ長い滑走路がなければオスプレイの配備は出来ないらしい、



  だから、沖縄県内に長い滑走路さえなければ、海兵部隊にオスプレイが配備された時点で、海兵は沖縄県外に出なければならなくなるし、

  そこでオスプレイの配備できる無人島でも用意しておけば、勝手に彼らは出て行くわけだから、そうすればうまく行くんじゃないかなと思っているのだけど、


  沖縄の人たちの意見を見るに、大規模な滑走路建設は難しそうだし、陸上案の場合はキャップシュワブというアメリカの基地の中で滑走路を作るらしいから、そこなら一応作れなくはないだろう、


  そこに作って長期的に県外移転となるならいいのだけど、なんだか綱渡りのような手なのでどうなるんでしょうかね、




取調べの「全面可視化」をめざして - リクルート事件元被告・弁護団の提言
石田省三郎,江副 浩正,多田武,小野正典,伊豆田悦義
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


リクルート事件・江副浩正の真実
江副浩正
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る




大恐慌のアメリカ (岩波新書)
林 敏彦
岩波書店

このアイテムの詳細を見る


世論〈上〉 (岩波文庫)
W.リップマン
岩波書店

このアイテムの詳細を見る





関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR