01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

時事的な話、

    どうもこんにちは、



  最近気づいたのですが、今回のオリンピックはバンクーバーオリンピックなんですね、トリノじゃないんだ、

  モントリオールでもなくて?、バンクーバーとはね、一つ勉強になりました、


  いやもう何年も見てないものでね、新聞とかあまり、それに冬季オリンピックの開催地は分かりづらいものが多いですから、どうもゴチャゴチャしていました、



  今回のオリンピックは時々ちょっとだけ見るのですが、冬のオリンピックというのは分かりづらいですよね、カーリングとかも良く分からないし、

  夏季の方は分かりやすいのですけど、冬季のほうはなんだか分かりづらいです、


  
  それで、何かありましたかね、、最近はオリンピック一色になっているので、政治的な話というのはあまり見えてきていませんが、


  マスコミとしてもオリンピックはかきいれ時だから、政治みたいな儲からないことはあまり言わないんでしょう、


  しいていえば、普天間の移転問題でシュワプ海岸ではなく、陸上案というのが出ているようですが、

  日本からアメリカへ打診をしたといわれているけど、どうなんですかね、


  陸上案というのは良くは分からないのだけど、陸上にヘリポートとか滑走路を作って、拡張するという案で、

  シュワプ海岸という辺りには、元々アメリカの基地があるようなので、そのあたりを利用するという手なのだろうけど、



  しかし、この移設計画ではオスプレイという最新型ヘリを導入することが決まっているのですが、そのヘリがかなりうるさいんですね、

  それでその陸上案だと、その騒音がひどいので多分無理になるでしょう、



  海の埋め立てがいけないのだ、だから陸上ならば海の埋め立てがないから良いという論法なのだろうけど、


  問題は海を埋め立てるのも、騒音がひどいから海のほうへ滑走路を延ばそうとしているわけで、騒音問題が根本的な問題なのだから、埋め立てを問題視する発想には無理があるのではないだろうか、


  埋め立ては二次的なものであって、騒音が根本的問題ですから、そこを間違えてはいけないと思う、


  それに陸上案だと滑走路を作るために、土砂がいるわけだからそういう意味でも、昔書いたようにシュワプ海岸に近い山とかは、建設業者が見越して買い取っているらしいので、どうもその辺りのつながりがあるように思えてしまう、


  ともかく陸上案は日本というよりは、アメリカとアメリカとの関係で利益を得ていた日本側の勢力(防衛祥や外務省など)の、権益保護案に見えてしまう、


  それに現実的ではないので、どっかで躓くのではないかと思っています、



  次に、なんとなく思ったことなのだけど、検察を右翼の関係というものは、けっこうあるのだなと思いました、


  最近の小沢氏とか鳩山氏の話は、あれは右翼団体が市民団体のふりをして、告訴をして検察が動いたらしいのだが、


  例えば小沢氏が取調べを受けたが、あれも直前までは容疑者としてではなく、参考人だったのが、その直前に右翼団体が告訴をしてそういう形になったようだ、


  ここから見て取れるのは、右翼と検察の連動性であって、彼らはグルである可能性が高いということ、共同犯ということでしょうかね、


  そうえば昔の佐川急便問題でも、検察と右翼がセットになって出ていたが、もしかすると今回のはそのパターンなのかもしれない、



  右翼団体については、昔ちょっと気になって軽く調べたことがあったのですが、

  右翼団体というと暴力団みたいなものというイメージが強いと思いますけど、


  右翼団体というものは、戦前は政府の手先として政府にたてつく人をたたくものだったらしい、

  まあ言ってみれば特高とかそういう連中の、協力者だったらしい、


  当時の軍部に反対する人を、暴力的に弾圧する私的組織が今残っている右翼団体で、元々は国が組織的にやっていたものらしい、


  だから今回のことでも、右翼団体が銃弾をあちこちに送っているけど、多分そのことと今回の検察の動きは、連動していると思う、


  そういう意味ではやはり戦前の軍事体制というものが、アメリカの支配下に入ってそのまま忠誠を当時の軍部からアメリカに変えて、いまだに日本に対して支配意欲を持って動いている可能性はあると思う、


  それは思想的右翼ではなくて、軍部の残党勢力としての右翼的なもの、そういうものと検察等のこれも司法の中にある、軍部の残党勢力のようなものが関係を持って動いているわけですから、



  そのあたりは変えていかなければならないのではないかと思います、日本の右翼は戦前の軍部を信望し且つアメリカも正しいといっているのだから、何かおかしいんですよね、


  思想は自由ですけど、ただこうも検察と連動して動いていると事を見ると、ちょと疑ってみてしまいます、




取調べの「全面可視化」をめざして - リクルート事件元被告・弁護団の提言
石田省三郎,江副 浩正,多田武,小野正典,伊豆田悦義
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る


リクルート事件・江副浩正の真実
江副浩正
中央公論新社

このアイテムの詳細を見る





世界を知る力 (PHP新書)
寺島 実郎
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る



世論〈上〉 (岩波文庫)
W.リップマン
岩波書店

このアイテムの詳細を見る




関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR