01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

国債発行30兆枠に意味はあるか?

    どうもこんにちは


  最近は寒いですね、それで布団をいろいろ引っ張り出したんですが、今度は布団をたくさん重ねたら、布団が重くなって、うーん困ったものです、まあ、そんな話は良くて、今回は国債発行30兆枠に意味はあるか?、ということでも書いてみようかと、タイトルにクエスチョンマークがついているのは、私も疑問だからなんですけど、誰も書いてないし何で30兆なんでしょうね、、29兆じゃダメなのかな思ったりするのですが。


  それで調べようがないので、財務省のホームページをみてみて、あれこれ考えてみたのですけど、つまり国債発行30兆というのは、収入として国債を発行している分を、30兆まで押さえようという事、今は34兆ですので、あと4兆減らせば良いわけですね、ただやはり何で30兆でなければいけないのかは全然わかりません、つまり30兆という数値の意味が全然ないのではないでしょうか、30兆にするとどうなるの?、と問われても答えようがない数値というか、財政再建的意味があるわけでもなく、ただ発行を30兆にしましょうというだけなのですね。


  となると何で30兆なのかというと、多分受けがいいからだけじゃないかなと、マスコミ受けですねえ、その程度の理由ですか、という感じがしますが、もしくは国債の引き受けれれる量が30兆くらいなのか、だとすると国債発行が段々増えて30兆以上なのもおかしいですし、やっぱりマスコミ受けなのか、数値自体あんまり意味がないんですよ、この発行する国債を30兆にするというのは、一見削減をしているように見えますけどね、しかし借金を生む構造を何とかしなければならないので、そのためには最低プライマリーバランスをとらないといけないわけです、税収と一般歳出の値を同じくらいにするということをまずすべきではないですか。


  つまり収入と支出の関係を考えるべきで、発行する国債の量はその結果生まれるものである以上、発行をする国債の量を考えてもあんまり意味がない、つまり収入の構造がどうであるか、支出の構造がどうであるか、を考えるべきで国債発行額を考えてもしょうがないのではないかと思います、国債に発行額を考えても何にも判らないですよね、何でこんなに借金があるのかとか、借金の発生するメカニズムとか、そういうものを考えるのが主である以上、それ以外を主と考える方法では、上手く行かないのではないでしょうか。


  ですのでこれもやっぱりパフォーマンスにすぎないにかなあと思います、実際小泉政権は言っている事がおかしいのですよ、例えば小泉政権発足時に減税をしているのですね、それで国債発行30兆枠をしたらどうなります?、明らかにおかしくはないですか、だって税収を減らしてどうやって緊縮財政をするんですか、なんかおかしいですよね、30兆枠を守りたいなら、減税をせず増税の方法を考えるべきだったはず、何を考えているんですかねこの人は、財政再建をしていると見せればそれでいいとしか考えてなかったのか、なんとも妙な話ですね。


  根本的に国債発行額というのは、まあ例えるなら、

  3+4=7

  5+3=8

  という算数の式があって、答えの7が8になりましたよね、1増えました、しかし7と8の答えだけをみてもとの式を見ないでいて、何かわかります?、根本の式の構造を見ない限り、なぜ7なのか8なのか判らないですよね、国債の発行額も同じで根本の意味はわからない、それを何らかの意味があるように今の政権が言っているように見えます、やっぱりこの考え方は詐欺に近いのではないですか、意味のない事を意味のあるように言っている、また、発行額をどうにかしようというのに減税をしている、つまり財政再建をしているというアピールをしているという、意味しか持ってない、しかも30兆枠といってマスコミに受ければそれでよく、それを成り立たせようともしていない、つまり国民を騙すための詭弁ではないかと、まあ、ちょっと疑りすぎですが、小泉という人物は天性の詐欺師なので、普通の人ではないので、何となくこう考えた方が当たっているような感じもするんですけどね。




//


  これは財政の話ですね、そういえば国債発行30兆とかいっていましたが、あれってなんだったんですかね、今は何もいわないし、どういう意味があったのだろうか?、

  多くの政治家もそうですけど、今は財政を再建をする需要といいますが、国民の興味が大きいですから、政治の演出として財政の問題を言うメリットが大きいため、それを利用してペテンをする人が多い、

  確かに財政再建は必要ですが、そのためには財政再建はどうあるべきかということを、まず国民が理解をしてそれを元に国民議論を高め、どうするか決めないといけない、

  財政問題は非常の大きな負担、そして問題を生みやすいですから、それを利用すれば一方的に特定の人に負担をさせたり、問題を押し付けることが出来るので、悪用もしやすいものなのです、

  そこら辺を考えてちゃんとした議論をすべきなのですが、まだまだというしかないですね、


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR