06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

景気が回復しても問題は解決しない。

    どうもこんにちは


  最近は寒いですね、石油の高騰や、新しいインフルエンザとか、なにか起きそうな予感もしますが、まあ、何もないといいですけど、それで、タイトルの景気が回復しても問題は解決しない、ということでも書いてみようかと。


  私も素人ではありますが、いろいろ調べて、どうも景気回復では問題は解決しないな、という感じを受けます、そういうことを書く方も多いので、私まで書く必要はないような感じもしますけど、まあ、私なりにちょっと書いてみようかと。


  まず、今までですと、景気さえ回復すれば何とかなりましたよね、それが戦後という時代でしたから、しかし今はそうはならないような感じがします、むかし書いたのですけど、今は戦後という時代が終わり、別の時代になりつつあるという所で、多くの場合戦後の考え方は、いまは成り立たない事が多いと思います、 それで景気が回復しても問題が解決しないのはなぜか、と言いますと、やはり財政の問題ですね、たとえばよく言われますが、景気が回復をすると、長期金利が上がってしまうということですね、そうすると国の借金の利息がどんどん上がっていって、、、まあ、財政が破綻してしまいますね。


  では金利が上がらないような措置をしたらどうなるか、例えそうしたとしても、外国との金利差が大きくなって、今みたく円安になりやすくなります、それで、海外は日本に比べると高金利ですから、どんどん国内のお金が出て行ってしまうので、これでもダメなんですよね、これでも財政が破綻してしまう。


  景気回復で財政再建というのも、そんな税収が増えるわけでもないし、増えた所で5兆くらいが限界でしょう、国の借金の利息は、毎年10兆くらい、いまの低金利でもこれだけありますから、景気が回復したら、、、ひどい事になるでしょう、つまり景気回復は税収が増えるより、借金が増える方が大きいんですよ、なので、なぜか景気が回復すると、この国は潰れるんですね、絶対そうとはいいませんが、ただ殆どの場合は、景気が回復するのはこの国にとって危険であるという、奇妙な状況にあると思います。


  つまりむかしも書きましたが、いまの日本では主は借金であって、政府や国家は従者でしかないということです、景気が回復しようが、政府が何をしようが、借金の問題がすべてを無にするくらいの力があるんですよ、つまりむかし書いたように、借金の部屋の中に日本があり、借金の部屋の中に日本人が住んでいるのです、ですから、我々の自由を得ようとするのなら、まずこの借金の部屋から出ないとダメなんですよ、ここから出ない限りは何しても無意味です、いま、日本人は棺桶の中に住んでいて、何とかここから出ないと、このまま火葬にされちゃいますよ。


  まあ、とにかく、景気回復で問題解決、というような状況は無いということです、いちいち複雑化してきていると思います、いまの時代は、昔のような単純でストレートにドーンという手は無いと思います、景気回復ですら、あちこちにいろいろ問題を起こすんですよ、難解な時代なんですね。


  本当は、小泉政権がなければよかったんですよ、政権交代をすれば本格的な改革もしたはず、最近も議員年金廃止を止めてるでしょ小泉政権はね、何も改革をしてないんですよ、マスコミに受けてしばらくテレビに映れば改革なんですよ自民党の人にとっては、改革ショーにすぎないのですね、本質的意味で改革をする気なんて1%もないですよ、小泉首相も自民党も、改革だって言っている、小泉首相だって、けっこう利権をあさっているようですよ、小泉首相の親族の経営している所が政府から援助を受けていたり、いろいろ黒い噂の多い人でもあるんですけどね、この人は。


  財政の問題も小泉政権になってから急激に悪化してるんですよ、それが財政再建だなどと騒いでいるわけで、財政再建を今までせず、財政再建をしなければならなくしたのは、君ではないのか?、現状では財政再建というよりは、殆ど破産処理に近くなるまで財政悪化を放っておいたのも、君ではないのか?、まあ何というか、諸悪の原因が、馬鹿面さげて改革と騒いでいるのが日本という国の現状なので、景気回復より、この人を排除した方が、この国にとっては百倍は価値があると思うんですけどね、国民の方々はそうは思わないのかなあと思うんですけど、このまま景気回復だと思って進むと、とんでもない所につれてかれますよ。





//


  財政問題は最近調べていなかったけど、こんな感じだったんですね、確かに景気が回復すれば金利が上昇し、金利が上昇すれば借金が増える、だから財政問題の解決が第一であり、それ以外は二次的な手段に過ぎない、

  経済が回復してもそれによる増収は小さく、またその増収による税金よりも借金の金利の方が大きくなるから手が打てない、

  可能性があるとすれが極端な増税をして、借金を直接返しつつその資金を国民に還元すること、それしか手がないようですけどね、

  私の書くことは大概において正しいのだけど、それが全て末期状態をさしているのが、なんともいえないですね、



  
関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR