01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

時事的な話、

    どうもこんにちは、



  両サイドタイプはあきらめました、あまりにまぶしかったのでこりゃさすがにまずいかなと思って、元に戻しました、

  一応まぶしさ防止にバナーみたいのを探したのだけど、全然数が足らなくて、というか水曜のやつ長すぎですね、なんであんな長くなったんだろう、、


  ブログやっているとなんというか、本文のところとサイドの色々あるやつの関係といいますかね、バランスというかそういうのが気になるのだけど、

  どうやら私のような妙に長かったり短かったりするブログだと、調整は出来ないようです、



  さてそれで何かありましたかね、田原総一郎がクビになったとかそんなどうでもいい話もあるけど、今の話題はなんなんだろう、天皇家が韓国中国へ行くというのが、問題だというのが一応話題なのかね、


  話題といってもマスコミ的に話題にしたいというだけで、本当に話題になっているかは分からないのだけど、天皇家が韓国中国ね、これは小沢氏が要求したらしい、


  民主党のサイトを見ていたら分かったのだけど、小沢氏はかなり前から長城計画といって、中国との友好親善をする活動をしていたらしい、

  その中で中国との友好となると、韓国との友好にもなるから、小沢氏としては韓国中国との友好の中で、天皇家と韓国中国との友好というものも考えたのかもしれない、


  これはちょっとリスキーでもあるが、過去の戦争だなんだというと問題にはなるが、どうかな中国韓国側としても民主党や小沢氏の顔を立てて、それほど過剰にそういうことをするとも思えない、

  それに天皇家との友好がないと、真の中国韓国との友好もないし、ちょっとこれはチャレンジにはなるがうまく行けば大きいものかもしれない、


  ただ過去の戦争の謝罪だけを求めてきているならば問題にはなるが、結果的にだけど小泉政権によって日本と関係が悪化したときのリスクが実は大きいということに、中国韓国は気づいているだろうから、そこら辺を考えると穏便にいくかなとも思うが、


  一つの手段としては悪くはないでしょう、どうせ真のアジア友好を考えるのならばいずれせねばならないことだし、今やるのもいい機会かもしれません、



  他だと、クビになった田原総一郎が騒いでいたけど、鳩山氏の献金の話ね、これも少し書いてみますか、

  なんだか聞いた話だと弟の邦夫も金をもらっていて、それを贈与税で払ったとかいっていたけど、多分今回の騒動の犯人はこいつだね、内部事情知りすぎているし、小沢氏の時とたぶん一緒だろうな、


  まあこの問題は、政治資金規正法の問題であって、この法律が個人的に資金のやり取りを規制していることに問題がある、

  例えば鳩山氏の母親が、鳩山氏に政治資金として資金提供しようとしても、法的な制限があってある以上はできない、

  また、鳩山氏自身の資金であっても、政治資金として使う場合は法的な制限がある、


  この法を見ると二つのポイントがあって、一つが政治資金を政党を主流にして、特定の個人が資金を集めるということを規制しているという点、これは何度も書いてきたことですが、

  もう一つがあるのが、資金提供をする側に対して多額の資金提供をできないようにしていること、


  例えば企業の献金にしても一企業あたり出来る献金額は少なく、それは特定の企業が資金源になることを防いでいる面はあるといえる、

  それを個人においても同じように考えているようで、政治資金規正法上は個人であっても、資金を渡す側が分散するように制限をしている、


  だから今回引っかかったのは、渡す側の資金の額が大きかったことで、それが法的に引っかかったのでああだこうだという話になった、

  しかし現実的に見れば、それしか手がないわけだから法律がおかしいというのがあると思う、


  この法に無理があるのが、例えば党とか企業とかそういうところならば、融通が効いたり問題があってもそれを変える余裕があるのに対して、

  そういうことに対処する余裕のない個人に対しても、同じような規制をしていることで、立場の弱い個人と立場のある組織的なものを同じように取り扱おうとしたところに、問題があったのだと思う、


  だから労働組合とか企業からの献金を、党として受け取る場合は調整や修正もしやすいけど、それが個人だと個人的事情というものがあるので、なかなかうまく行かない、
 

  この法案が不十分だと思うのは、この法案では個人が特定の存在から多額の資金を受け取ることを否定してはいるが、個人が多数の相手から資金を受け取る場合は、実質個人献金しかないのに個人献金をいかに充実させるかということに対して、なんら対策が打たれていないところに問題がある、


  鳩山氏の秘書が個人献金にこだわったのも、法的に見ると違法でない形、例えば貸付のようなものでない形を目指すのならば、個人献金を増やすしか手がないので、そういう方向性を考えたのがあるのだと思う、


  であるから本来ならば、この法案が出来た後にこの法案はあくまで政党の政治資金の問題を考えている法案なので、政治家個人の資金のあり方について何らかの別の法か、もしくはこの法自体を変えて個人の資金をどうするかということを考えなければならなかったものを、長い間考えず放置していたことに問題があるのだと思う、  


  この法は政党に資金を一本化しつつ、政治家個人は特定の相手からの資金ではなく、個人献金のようなものを重視して(もしくは実質それだけで)、政治資金を運営しようとしているようなので、本来ならば個人の政治資金をどうするかという、法なり制度なりが必要であったはず、


  だけどそれをまったくしてなかったわけね自民党の連中は、そういうことをすると利権をあさりづらくなりそうなので、やらなかったのだろう、

  もし個人献金が強くなれば、企業献金はいらないんじゃないかという風になるから、故人献金だなんだと今も言っているのかもしれないけど、

 
  ともかく、現状の政治資金規正法は、政党の資金のやり取りは考えているが、個人の資金のやり取りはちゃんとした制度が出来ていないわけだから、ここは直すべきであろう、


  今回のことから見えてくるのは政治と金の問題は、まだまだちゃんとしたものは出来ていないということなのだろうから、今回の鳩山氏の話はそういうことなのではないかと思います、







関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR