07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

教育とは何か?、

    どうもこんにちは、



  今日はちょっと疲れているので、FC2のほうは無しになりそうですけど、こっちのほう何とか書いてみようと思います、

  でまあ何を書こうかと考えてみてみますと、やはり最近書いている鳩山氏のことでも書いてみますか、



  鳩山氏の話はなんだか変な話になってきて、いつの間にやら政治と金の問題ではなく、貸付だなんだという話になっているけど、なんだか良く分からないですね、

  それに二階という自民党の人物のことも急に言い出しているし、なんだか 
  「自民党も逮捕しておけばいいんじゃね?、」
  みたいな軽いノリで人を裁こうとしているようだけど、検察はいつから神になったのか詰問したい気分ではあります、


  まあともかく鳩山氏のことね、私はこの話を政治資金規正法の問題であるといつも書いていたのですが、ただ同時に何かへんだなあということも感じていて、

  例えば鳩山氏や秘書がなぜ、政党ではなく個人で金を受け取っていたのかなとか、政党なら制限がないわけからどうしてだろうと思っていて、


  それで政治資金規正法を調べてみたのですが、私は一つ勘違いをしていて、

  私は鳩山氏と小沢氏の問題は同じようなもので、同じように考えればいいのかなと考えていたのですけど、

  よーく考えてみるとぜんぜん違うのですね、

  
  何が違うかというと、小沢氏の場合は金をもらっていただけで、金を渡したりはしていない、

  それで鳩山氏の場合は金をもらっているけど、どちらかというと金を渡しているということが重要になっている、


  で、金をもう場合と渡す場合とでは法律が違って、小沢氏の場合は受け取れる以上の金をもらっていたという話でしたか、そんな話だったような気がしますが、

  鳩山氏の場合は、法律上渡せない額以上の金を渡していた問題であって、違うようなのですね、


  それで鳩山氏の場合は、政治資金規正法というものでは、渡す側の制限というものがあって、立場等においてある以上の金を渡すことが不可能になっていて、マスコミのいっていることはこのあたりの話のようです、


  それでマスコミが言っているのは、その制限以上を渡したのは問題であるということと、実体のない貸付で渡したのは問題ではないかと言っているのだけど、

  私の調べたところだと、どうやらそれで問題がないようではあるんですね、


  調べていて出てきたサイトなのですが、民主党の議員のサイトの断片みたいなところにぶつかって、そこに書いてあったのだけど、

  その議員の人が自分の後援会か何かに貸付をしたということを書いていて、

  何で自分の後援会に貸し付けたのかというと、これが政治資金規正法上自らの政治団体には、金を渡せないので貸付にしたと書いてあって、


  それで、じゃあその貸付が貸付ですから、例えば金利とか返済とかがあるかというと、そうではなくであくまでそういう団体は金がかかるので、維持費として渡している書いていたのですね、


  鳩山氏のお金の話もこれとたぶん同じで、今の政治資金規正法だと、個人の金のやり取りは非常に厳しくなっているので、例えば鳩山氏は本人の資産であっても、政治資金として使うことがほとんどできなくなっている、


  それは自分が使う場合もそうだけど、どこかに渡す場合も同じようにほとんどできないので、政治家がお金をやりとするときは大体が貸付になるだろうから、鳩山氏が貸付でお金をやり取りしたことは問題はないようだ、


  なぜなら現行法では、それ以外で資金のやり取りの方法がなく、そうさせているのが政治資金規正法であるのならば、政治資金規正法が原因なのだし、鳩山氏が悪いというのは問題である、


  現行の政治資金規正法は、自分の資産であっても政治資金として使えない、制度的には政党の資金からのみ資金の流れを認め、個人の資産を使った政治活動を否定している、

  しかし民主党は、そもそも党としてそれほど資金をもらっているわけではなく、どちらかというと個人の資産を食い潰して運営していたようなものだから、

  特に創立者の鳩山氏は、民主党に対してかなりの資金支援をしていたはずで、それは個人の資産を使わなければならないわけだから、政治資金規正法をそのままやれば、民主党は廃党するしかなくなる、


  というような意味でいえば、政治資金規正法は政党の成立自体を否定しているわけなので、それを守れというほうがおかしいのではないだろうか?、


  あくまで政治資金規正法は、政治家個人に資金が集まってそれによる個人的な政治の支配を廃したものであって、民主党や鳩山氏のようなことを想定して作られたものではない、

  であるからこの場合は、政治資金規正法が現実的な意味を持たず、法律が間違いであるというのが結論になるのではないかと思います、





  さて、それはいいとして今日は、教育とは何か?、ということでも書いてみようかと、

  最近は何故か教育論ばかり書いている気がするので、まとめのようなものを書いてみるのもいいかと思って書いてみているのですが、


  それで教育とは何か?ということで、私が思うのは教育というものは、全体の流れ、そして人類の欲求ではないかと思います、

  一般に教育というものは、教育制度を指したり、学問を指したりしますが、私が見るのは人類の欲求、そしてそれによる社会の流れが教育というものではないかと思っています、


  昔人類が類人猿だった頃、その頃は例えば火を使うことが教育であって、それを学ぶことが彼らにとっての教育であり、

  今の時代でいえば、例えば宇宙へ行くこと、それは類人猿が火を使うことを学んだように、宇宙へ行くことを学んでいると考えれば、本質的には同じ事を、長い目で見たときに同じ流れを、今でも進んでいるのだと思う、


  つまり人が生きるための環境への適応手段が教育であり、それが古代から進んでいる流れに乗って、教育という人類の欲求が形成され、

  学ぶということの意味も、そういうことの全体的な形が形成されて現われているものなのだと思う、


  そこで問題になるものがあるとすれば、教育とは人の欲求でもあるので、何らかの満足できる形ができると、それが教育の流れを妨げるものでも、正しいと認めてしまい、


  教育という流れから生まれた何らかの形が返って、教育という流れをせき止めてしまうときがある、

  人間の血栓ができて、血が止まるようなもので、もともとは同じものもしくは意味あるものであったものが、硬直することによって本来の意味を失い、まったく逆の反するものになっていしまうこと、


  私には今の日本の教育といわれるもの、もしくは教育といわれるものの意味は、逆教育とでもいうような、本来の教育の流れを妨げ、教育に反しているものを教育だといっているように感じるんですね、


  本来の教育というものは、人の欲求ではある、だから満足できる教育であれば、それは正しい教育という形を持つには持つが、

  しかし本当の教育の意味は、人がなぜそういう欲求を持つかという原因にあるわけで、それは現実というカオス的な要素に対する、適応をするためにそういう欲求を持つものであり、

  根本をいえば教育とは、人の欲求を否定した上で何が成り立つのか?、どんな意味を持っているのか?という形で形成されなければならないものである、


  だから日本の教育が間違っているというのは、結局欲求へのはけ口にしかなっていないこと、教育への欲求の不満を解消するためだけにあって、教育への必要性を解消するような意味を持っていないことに重要な問題点があると思う、

  
  合理的に日本の教育の必要性を問う論てないじゃないですか、だけど教育への欲求を満足させる話はたくさんある、というか日本にはそういう話しかない、


  教育は欲求、そして欲望でもある、人間には潜在的にそういうところがある、

  だからそれをくすぐれば確かに、教育という形もできれば、立場や地位もできるだろう、

  しかし本質の問いである、現実というカオス的ものに対する対処法を学ぶという意味を持たなければ、いくら教育をしようが意味を持つことは無いのである、


  教育の意味とは、人間の現実への適応という根本的な方向性であり、ある意味人そのものといっていいような意味をもつ、

  であるからそれは人の欲望に近いものであり、食欲とかと同じように人は、教育というものに不思議な意味や価値を認めてしまう、


  しかし欲求と教育がイコールであってはならない、満足できる教育ではなく、人間に意味のある教育でなければ何にもなるまい、

  人間の根源は欲望であるが、それは同時に必要性がそうさせているのであり、それをなんとか必要性のほうへ傾けなければ、人の生存はできない、

  もしくは良い未来というものはないだろう、これからの日本はこの、満足できる自己満足的な教育の意味から、人間の外にあるカオス的な現実に対処できるように、教育の形を変える必要性が出てくるだろう、


  そこでは感情から合理性へと、人間の意識を変えていかなければならない、気に入る気に入らないというものと関係ない教育制度を作り上げる必要性がある、


  なに難しいことではない、ただ感情を殺して、世界だけを考えればいいのである、必要性だけからシステムを組んでいけばいい、そういうことをしていけば、教育制度も意味を持つことができ、教育というものがなんであるかということを、日本人も理解できるようになるのではないかと思う、





    それでは、今は週一回ですので次回は来週の水曜日になります、では次回まで、







関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR