01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

支配者としての教育、

    どうもこんにちは、



  なにやら今の国会はハルマゲドンとでもいうような、最終戦争的な状態に入ってきているようですが、やはり自民とのゴロツキどもに人間性を期待したのは間違いだったようですね、こいつらは始末するしかないのかな、


  なんだか検察が鳩山氏の元秘書を、在宅起訴するといってはいたが、これはかねてからの陰謀であり、この話には朝日新聞と検察が関わっている、

  朝日新聞は確か数ヶ月前、もし鳩山氏が首相を辞めたら小沢氏の権力と、民主との調整が取れなくなるのではないかということを書いていた、


  これは少し前の小沢氏の二重権力構造の頃の話からであったから、小沢氏だったと思うのだが、その中で明確に鳩山氏がやめたら民主党内で混乱が起きると書いていた、

  これが動かぬ証拠であるといえる、なぜならただの一介の新聞紙が鳩山氏がやめたら混乱するだろうと予言できるのか?、そしてわざわざそんなことを書くのか?、そこに疑問点がつくからだ、

  その理由はようは朝日と検察が組んで、鳩山氏を失脚させる計画を立てていたということを、自ら公言していたということになる、


  そうでないのならば鳩山氏がやめて政治がどうなるかなどということを書く理由はなく、朝日新聞自体が検察と汲んで意図的に攻撃をするということを、知らず知らすのうちに言ってしまったということになるだろう、


  現に鳩山氏のことを言っているのは朝日だけで、他の報道を見ても一部のメディアからという書き方が多く、その一部とは朝日のことであって、それは朝日新聞だけが自らの利害関係で、鳩山氏攻撃をしているということであろう、


  朝日新聞を見ている人ならば分かるだろうが、朝日新聞の言いかたは異常であり、客観性というものがまったくない、

  例えば鳩山氏のことは、実際は政治資金規正法の意味や、例えば他の政治家の問題等もあるし、本来ならば具体的な意味として何がどうであるのかという議論が必要であるのに、朝日新聞は一面で大きく書いた後何も書いていない、


  それは印象的な操作をするために情報の操作をしているという意味であり、報道をするというのではなく、見ている人間を騙すためだけに演出を工夫してみたという程度の意味であろう、


  そもそも検察がどうするかということは、機密事項でありそれを知るということはおかしなところがある、

  また、なぜ朝日だけで他の報道機関は一部報道によるとと答えたのか?、そこにも深い意味があり、それは朝日新聞と検察が裏取引をして、どのような演出をするかということを共同で計画していたということを意味しているといえよう、


  まとめると、そもそも朝日新聞は自ら鳩山氏の失脚させるという意思表示をしており、本人はばれていないと思っているのだろうが、この点はすでにばれている、

  次に、朝日の報道を見ると鳩山氏のことを、意図的に表そうとしており、イメージを強く訴えかけるような戦術を持っているところを見ても、鳩山氏のことを報道する気はなく、イメージ戦略で失脚させるためだけに書いているのは明からだろう、


  第三に、マスコミの報道が朝日の報道を一部報道としていたのは、朝日と検察が結託している証拠であり、元々秘密裏に扱われるべき検察情報が、朝日にだけ的確に与えられ朝日もそれに答えるようにイメージ戦略を打っているのは、最初から示し合わせた陰謀的手口であることを表していると言えるだろう、


  ひとまずはこんなところですかね、自民党が会期の延長をごねて、それを変えたのも検察+朝日+自民党+(公明+毎日)辺りの連携した陰謀である可能性が高く、まあ多分そうだろね、今までの経験からしてこういうことはしているだろうな、


  そして会期延長、鳩山氏の元秘書の在宅逮捕と来るが、まあここまできたらハルマゲドン、最終戦争をしていいのではないでしょうか、



  ではそれに関連して、今回のことがどのようなことであったのか、少し考えてみようと思います、

  今回のこと、鳩山氏の元秘書が在宅起訴の予定になったことは、諸々の問題から見てどういう意味を持つのでしょうか、


  まずは、政治資金規正法から見てどうであるのか、今の検察は朝日新聞等を使って、プロパガンダを繰り返し大騒ぎですけど、厳密にいうとグレーゾーンだと思いますね、


  検察の言うことも確かに一理はあるんですよ、まあ詐欺のために道理を通しているのだろうけど、確かに政治資金規正法はあまりたいした法ではないが、あまりに逸脱した場合は灸をすえるという意味で、何らかの処罰がある場合はある、


  であるから今回の場合金額が多いので、それを灸をすえるという意味でいえば確か筋は通っているようには見えるのだけど、

  しかしそれは原則論に過ぎず、本質的に言えば朝日新聞を使ったプロパガンダや、自民党の会期延長にあわせた行動を見ても、恣意的な政治活動とみなせるものであり、これを法を守るためというのは無理があるだろう、


  自らの権力維持、そして抗争の為の手段として支持政治資金規正法を利用しているのは、検察であり自民であり公明であり朝日である、そういう意味でいえば法の趣旨から逸脱しているのは検察の方であり、本来であれば逮捕されるのは検察でなければならない、


  これが1つの意味で、他で言うと政治資金規正法として鳩山氏の秘書のやった事に問題があるかというと、これははっきりしないところがある、

  そもそも政治資金規正法とは、それ自体に意味がある法ではなく利益供与等をあぶり出すための法であるので、本来ならば利益供与とワンセットでなければならない、


  が、今のところそういうものは出てきていない、であるから法の趣旨である利益供与をあぶりだすという意味を持っていないので、今のような形で法を使うのは法の趣旨から外れている、


  またもうひとつの問題として、これは私の勘なのだがこの法律が鳩山氏に対して、無理があったのではないかという風にも思っている、

  それはなぜかと言うと、そもそも政治資金規正法とはどの程度の、どのくらいの人を対象にした法であるか、それがはっきりしていない、

  例えば一般の政治家を対象にしているのならば、その資金等の基準と鳩山氏の資金の基準では、違いがありその違いが法的な問題として出てきているのならば、それは法律の問題であって個人の問題ではなくなる、


  実際のところ今の法律では、個人が多額の資金を受け取れるようになっていないが、鳩山氏の場合個人の多額の資産を個人で受け取っているのだから、この法律ではその行為が難しくなってしまうのではないかという問題点を感じる、


  今の法律だと資産のある個人が、自らに対して多額の資金を渡すとき、どうするかということが考えられていないのではないだろうか?、

  私はどうもそれが今回のことの根本的な原因にも見え、例えば元秘書の人も不正だなんだとはいわれているが、この人自身は何の得もメリットもなく、鳩山氏の金にもまったく手をつけていない、


  だからその元秘書の人がなぜ何の利益にもならないのに、そういうことをしていたという点で、鳩山氏のような立場では現行の法律が対処しきれなくなっているのではないか、どうもそう見えてしまう、


  法律というものは、特定の条件や状況を考えて行うものであるが、政治資金規正法の場合その条件や状況の規定が、現実的ではないか、もしくは特定の状況だとうまくいかないようになっているのではないだろうか、


  そうなってくるとこれは法の不備になるわけで、法の不備の原因を誰かに押し付けているとなれば、それは法的におかしいといいっている側が悪になる、


  法といっても別に完璧なものではないのだから、政治資金規正法自身の問題もあるだろう、そこら辺の議論もせず善だ悪だというのは、話として無理があるのではないだろうか、



  

  さて、それはいいとして今日は、支配者としての教育、ということでも書いてみようかと、

  なんとなく最近は、日本の教育制度に対するネガティブキャンペーンになってきていますが、なんといいますかね、私が生きてきて色々考えたのですけど、この国の何が一番おかしいかというと、私は教育だと思うのですね、


  何のためにあるか分からない教育制度がまかり通っているのは、おかしくないですか?、どうも私にはいつもそれが気になるんですが、、

  というわけで、ネガキャンというわけではないのですけど、そういう疑問について今回は書いてみようと思います、


  それで支配者としての教育ということで、大学等の教育制度というものはなんであるかと考えてみると、本来は支配階層を生むためのものであり、日本でいえば武士制度に近いような存在を生み出すために、西洋では大学などの教育制度を作ったようです、


  大学で高度な教育を受けた人を、西洋では支配者として生み出した、

  教育は教育なのですけど、大学というのは本来は支配者のための教育制度であるわけです、


  それが日本では、教育という面だけを見て、支配階層を生むものであるという見方は少ない、

  純粋な教育として大学があり、だからそれが全てにおいて正しいのだというのが、日本における大学の立場である、


  ここで問題になるのが、教育制度に対する否定的な意見、もしくは見方というものがなく、日本の教育制度は明らかに過剰化していたが、それを否定する意見というものは一般的には言われることは少なかった、


  しかし外国だと、案外大学等の教育は否定的に見る人も多く、大学が問題であるという考えも根強くあるようだ、

  それは向こうから見ると、支配階層を生むための制度であるから、支配者を生む制度を肯定する人はいないわけで、向こうだと大学という壁があって、その壁を挟んで互いが争うようなそんなところもあるようです、


  まあ争うという感じではないのかもしれませんが、ただ向こうでは大学教育というものに対して、少なくとも絶対的に正しいものだとは考えておらず、部分的要素として制約を受けているところもあるらしい、


  それが日本だと、正直何のためにあるのか日本人自身わからずやっているから、客観的に見るということができず、大学制度に対するコントロールができていない、


  結局日本においては教育は教育だから正しいという話しかなく、それ以外の考えは存在していない、


  しかし客観的に見るとどうだろうか、日本でも大学は大学だから、やはり支配階層を作るためにあるという点では変わらないし、それによる問題も外国と同じように存在する、

  だけどそれを指摘することができないのね、日本の場合何故か知らないけど教育制度がおかしいという話が成立しないんですよね、

  だから私はいまの日本で起きている問題のほとんどは、教育から来ているんじゃないかと思うのです、


  これだけ広範囲に影響を与え、問題点も多いのに、それの指摘をする方法がなければ、社会や世の中を一方的に悪化させるものになるのだから、たぶん日本をだめにしたのは大学等の教育制度だと思う、


  教育も大学もいいのだけど、やっぱそれに対する否定的な話があってこそ、それは成り立つのではないかと思うので、

  そういう否定的意見が存在しない日本では、教育も大学もまともな意味を持つことはまずないのではないでしょうか、


  日本の場合教育は、絶対的に正しいもので否定できるものではないとやってしまうから、その問題点が致命的なレベルまで発展してしまう、

  それが外国だと、大学等の教育も絶対とは考えていませんから、問題があれば修正するし、その意味に対する制約もできるのだけど、日本はそれができないから教育制度が結局問題にしかなれないところがある、


  だから日本の場合、ちょっと引いてみると見えるのだけど、教育は損失でしかなく、メリットを生んでいない、

  無駄に高等教育を受けさせるから、かえって社会負担が増えたり、問題が起きたりしているし、

  正直大学制度はないほういいのではないかという気さえするというか、例えば少子化だって教育が原因でしょ、


  子供育てる費用の半分が教育費な訳だから、これがなかったら少子化起きてなかったんじゃない?、


  教育の中身もそうでしょ、たいしたこと教えているわけでもないのに、大金を取っているわけだから、その負担や損失が日本を衰退させたのではないか、


  本来だったらこういう問題は否定して、問題は問題として考えて、より良いものをするというのが結論じゃないですか、しかしそういう考えが日本にはない、

  ちょっと考えてみれば分かるように、日本の問題はじつは教育制度に集中している問題なのに、そういうことを考える機会がない、

  そういう意味で言えば、日本における教育というものは、西洋が大学というものを支配階層のために作ったように、同じように、それが日本では神のレベルまでいってしまっているのではないか、どうもそんな気がしてしまう、


  そう、支配者としての教育、どうもそれが日本では神の支配みたいになって、異常になっているような気がする、

  しかしここは神話の世界ではないのだから、これは修正したほうがいいでしょう、教育だから正しいのではなくて、教育だからこそ間違いであると、人の行為であるのだから例え教育であっても、それは間違いであるということ、

 
  もしくはそういう間違いを犯すものだということ、そしてそういう間違いを減らしていくことこそが、教育の本来進むべき道であって、教育というものもある種の教育の中にあるもの、主たる神ではなくただの従者であるということ、そのあたりを謙虚に考えることができれば、日本の教育制度ももっと意味を持つことができるのではないかと思います、





    それでは、今は週一回ですので次回は来週の水曜日になります、では次回まで、







関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR