01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

経済と社会の関係、

    どうもこんにちは、



  今日は暑いですねぇ?、なんだか台風が来るときだけ寒くて後は暑いような気がします、ずいぶん変わった世の中になりました、


  それはまあいいのですが、最近は何かありましたかね、細かいゴチャゴチャした話はあるのだけど、それは過程の話だからそうなっているというのが多いし、単純に大きいという話になるとあまりないですね、


  あるすれば、沖縄の基地の移転問題があれやこれやになっているようですな、よくは分かりづらい話なのだけどちょっと書いてみますか、


  沖縄の基地移転問題は、アメリカの軍事的な再編政策があって、その一環として普天間にある基地をシュワプ海岸に移すという計画があるようです、


  シュワプといっても日本国内の沖縄の一地域なのですけど、元々の普天間も沖縄の基地であるので、沖縄県内の軍事的移転というのが本来の計画のようです、

  この話がこじれているのは、沖縄県内で基地が動いているだけで基地の縮小になっていないとか、もしくはシュワプというところは非常に自然の豊かなところなので、そういうところを破壊するのはよくないのではないかという意見があるようです、


  シュワプで作るのは空港で、滑走路を作るのですがそれがかなり海を埋め立ててやろうとしているので、そこら辺は沖縄ですから海を埋め立てるということは、非常に大きな自然破壊になるわけです、


  だから自民党の頃でも、かなり強引な手を使って移転をしてはいたが、反対活動が強くまた民主党はその案に対して反対をしていたので、それが政権交代をしてどうなるかというのが今とわれているようです、


  単純に言えば政権交代をしたのだから廃止が当然ですけど、そこら辺はアメリカからの圧力が強く、民主党政権も苦慮をしている、

  アメリカとしては民主党政権が気に入らないから、揺さぶりもかねて圧力をかけつつ、自分の支配下にある日本のマスコミを使って、ああだこうだと言わせて民主党政権を潰すか、言いなりにさせようとしているのだろう、


  しかし元々そのシュワプに作ろうとしている空港も、あまりたいした計画ではなかったらしいのですけど、それが利害関係が絡まってどんどん大きくなってしまって、とめられなくなり、実際のところその空港がいるのかどうかというのははっきりしていないらしい、


  そこら辺とアメリカの面子が絡んでいるんだろうね、軍事というのは一番官僚的ですから、計画が必要であるかというよりは、なんであれ計画は遂行すべきだという軍事的発想で動いているのでしょう、



  そういうゴチャゴチャした話ですが、端的に言えば三つの要素であるといえ、


  一つがアメリカが民主党政権が気に入らないということ、だから圧力をかけて言いなりにするために、非常に都合がいいと思っているので、手下の日本のマスコミと一体になって、脅しのようなことをしているということ、


  二つ目が、アメリカの軍事政策の面子というものが出てきているということ、軍事というのは絶対主義ですから、絶対こうしないといけないという発想で動くので、そういう軍事的な絶対主義と現実的な問題とがぶつかり合っているということ、


  三つ目が、その空港が必要なのかがはっきりしないということ、空港のつくりがかなりややこしいつくりになっていると聞いたことがあるし、必要性があるかどうかというのもあるらしいし、それに生態系を破壊してしまうというもの問題点としてはある、

  またそもそもこれは沖縄の基地縮小という話とも絡んでいたものなので、結局沖縄県内で基地が動いているだけでは縮小にはなっていないわけで、そのあたり現地の人々の感情の問題というものもある、



  今回起きている問題は、アメリカの軍事計画という面子の問題と、沖縄の現実との問題と、それに挟まれている鳩山政権、そこを見越してアメリカがこの話を利用して民主党政権を潰そうではないかと、動いていることが全体の流れとしてはある、


  現実的対処としては、やはり現地の人の意見を尊重するしかないでしょう、結局無理にやっても反対運動が起これば、計画は遅れますからそうすればアメリカの軍事計画も狂うわけで、現地の人の意見を尊重しない限りはどこへ行っても失敗する、

  アメリカが何を言っても失敗するだろね、だから現地の人の意見を重要視するというスタンスに立って、現地の理解を得られない事をアメリカに説明するのが一番いいとは思います、


  しかしアメリカは民主党政権を潰しに来てはいる、もしくは無効化したいのだろう、だからこんな甘い話が通るかは分からないですが、対処法としてはやはり沖縄の人の意見を聞くしかないのではないかと思います、





  さて、それはいいとして今日は、経済と社会の関係、ということでも書いてみようかと、

  まあよく書いている話ではありますが、経済と社会の関係というものは、シーソーのような相関関係があり、比率の変化とか均衡の変化とか、そういうものがあると思います、

  でまあ今回はそういうことについてでも書いてみようと思っているのですけど、


  それで経済と社会の関係ということで、今までの世の中というものは、中世的な社会と経済の同一性、経済は社会であり社会は経済であるという見方が成り立っていましたが、


  しかし今の世の中を見てみれば分かるように、経済と社会の関係は完全に分離をし、経済は経済であり、社会は社会であるようなそういう分離状態にあると思います、


  そしてそういうことに対して人々はどう考え、どう捉えればいいのか、

  今までのような、経済を良くすれば結果的に社会が良くなるということがなく、経済と社会が分離をしている以上は、経済と社会は相関関係はあるが別々のものと捉え、

  そしてその相関関係がどのような形を持っているのか、それを常に考えなければならなくなっている、


  今問われているのは、経済と社会の関係を表す関係式を考えることであって、経済=社会ではない単純な等式ではないものを考えていかなければならない、


  それをなすのに必要なものは、一つには経済から見た経済の形、そしてもう一つは社会から見た社会の形、

  そして最後に必要なのが、中立的な両者の架け橋になるような、調整機関が必要になる、

   
  そしてそれはようは政治的なものが、経済と社会から中立的な立場につき、両者の調整をしなければいけない、


  そこで重要になるのが、経済と社会の直接的な関係というものが、それがあまりいいものにはならず、今までのような経済と社会の直接関係を否定する作用と政治がもち、  

  そしてそれを明確にしつつ、双方が過干渉して問題を起こすことを防がなければならない、


  経済と社会が分離していくということは、経済が社会の弊害になることと同じ意味を持つので、政治によって経済の社会的害を防ぎつつ、

  そして経済の活力をうまく社会の力へと変換し、間接的な経済と社会の関係をつなぐ、変換装置のような意味を持つ必要がある、


  これからの時代、経済はもうそれ自体では意味を持つことはないだろう、あくまで経済は経済でしかなく、社会的意味は無いのだから、経済の社会性のなさを政治的に修正しなければ、経済も社会も立ち行かなくなる、


  ある以上発達した世の中では、存在は分離して、それぞれが関係がなくなる、

  今の日本で言えば、経済と社会の関係がなくなってきているんですね、経済は社会的弊害でしかなく、経済の社会的意味はほとんどなくなっている、


  だから今の時代が力の時代ではなく、調整的時代という意味が強いのは、力はいずれ分裂した世の中を作るので、そうなると分裂したものを調整しなければ意味を成せなくなるから、今は力より調整のほうが意味が深く、そして強いのである、


  今の日本で求められているのは、バラバラになる世界を、つなぎとめるような調整の方法論、そして具体的手法であって、そのすべては政治のあり方によって決まる、


  これからは政治によってすべてが決まる時代が来るということですね、全体の関連がなくなれば、いくら努力しても無駄になるわけですから、今はパワーよりもバランス、それを重視すべき時代が来ているのだと思います、





    それでは、今は週一回ですので次回は来週の水曜日になります、では次回まで、








関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR