01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

時事的な話、高速道路無料化、

    どうもこんにちは、



  今日はたいした話ではないのですけど、たまには書いたほうがいいかなと思ったので時事的な話というものでも書いてみようかと思っています、


  それで何かありましたかね、、そういえば国土交通省が高速道路無料化の試算をしなおすといっているので、それについて書いてみますか、


  国土交通省は、高速道路を無料化した場合の試算について、意図的に隠していたようで、それがばれて騒ぎになり、
 
  民主党側から無料化しても大丈夫なのではないかと意見が出、それに反発する形でもう一度試算を出そうと躍起になっているようです、


  元々の国土交通省の試算では、道路に限った話で試算を立てていて、無料化して他の鉄道とかの損失がどうなるかということは考えておらず、道路を無料化することによる道路の中での議論として出した試算のようです、


  道路の中だけで見れば、経済効果は2.7兆円、CO2も減るという試算が出ていて、それをそのまま出してしまうとそれを利権としている国土交通省としては都合が悪いので隠蔽していたのですが

  それがばれてしまって、ばれたからさらに隠蔽しようというのが今回の話なのでしょう、

  
  臭いものに蓋をするのが役人の仕事のようなものですけど、今回の蓋は、他の交通機関の影響も考えるということで、これは8月に試算を出していたNPOや大学教授と同じスタンスであり、やはり関連性があるのでしょう、


  で、その試算がどうなるかですが、確かに数値は悪くなるかもしれません、ただ他の交通機関の影響というのは、道路には直接は関係ないですし、それを合わせて考える必要があるかは不透明です、

  また、無料化すれば他の交通機関の形も変わるでしょうから、今ある他の交通機関をモデルに考えることが、果たして適切であるかどうかという点も疑問があります、


  しかも道路に限った試算でも、去年の11月に試算が悪くなるように計算式を変えている、これも意図的である可能性が高かろう、

  そもそも試算の結果がいいから隠蔽していたのだから、試算の結果が悪くなるように計算式を変えようとしていても不思議ではなく、そんな直前に変えたような話に客観性があるかどうかは疑問がある、


  だからこの場合不確定要素が多く、また基本が特定の団体にとって有利になるようにしたうえでの試算であれば、合理性はないというしかないので、これを大きく言うようであれば利害関係のでたらめということになるでしょう、


  役人も利権で食っている連中だから、自分に不利になることは絶対にしない、だから不利になったから有利になる手を打ってきている、実態はその程度の意味ではないかと見ています、











関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR