03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

戦後に対する結論、

    どうもこんにちは、



  阿呆との知恵比べであった総選挙が終わり、こいつの下はいないなという国民の共通認識のもと、政権が変わることができましたが政権が変わっても相変わらずのようですね、

  最近、産経読売の自民広報誌がいっている鳩山氏批判とういうのがあるようですが、何でもアメリカの新聞に鳩山氏の論文が出て、それをもとに批判をしているようです、


  その論文はこの論文なのですが、読んでみれば分かるように特に問題はなく、客観的な評論ではあるでしょう、

  聞いた話ではそれを捻じ曲げてアメリカの新聞が書いて、それが問題になったらしいけど、


  しかし批判をしているのはアメリカ政府、日本のマスコミと自民党くらいのもので、アメリカの人々は批判をしていないようだ、

  この繋がりやこの形は、やはり民主党政権に対するアメリカからの攻撃のような意味が強く、ひとまずジャブを打って試してみたくらいの意味なのでしょう、


  前も書きましたが日本はアメリカに支配されている国であり、こういうのを見ても日本の新聞がアメリカの論調を基に考えて、日本のための理論というのを組み立てないのが分かると思います、

  例えば今回のことを見てもそもそも鳩山氏の論文は日本の雑誌で発表されたものを、アメリカの新聞が勝手に捻じ曲げて報道したのだから、この辺りにはおかしなところがある、

 

  なぜならまず鳩山氏の論文をマスコミが議論しなかったのか、そこに問題がある、

  選挙で勝ったのだから国民に対して鳩山氏の考えを伝える義務がメディアにはあり、それを怠っていたのはではないかという疑問がある、

  また、海外のメディアの言うことを正しいと書いておいて、本来の日本のメディアで書いていたものを、まったくといっていいほど書いていないのも問題だ、

  これは日本のメディアが日本にいながらアメリカの考えしか見ていないという事であり、なぜ日本のメディアが国内の意見を一切無視し、海外の意見だけを言うのかという問題を持つ、



  それは日本のメディアがアメリカ政府の飼い犬であるという証拠であり、日本を否定しアメリカを肯定するために日本のマスコミはいて、それ以外の意味がないことを現しているといえるだろう、



  ともかく、鳩山氏の論文を見る限りこれが問題であるという人はいないでしょう、だからこれば問題であるという人物は意図的に話を捻じ曲げていることになり、

  ポイントはなぜ話を捻じ曲げたかであって、それはアメリカの利益のために捻じ曲げたわけだから、それに同調した日本のマスコミはアメリカのスパイである可能性が高いことになる、


  これがアメリカの支配体制とのぶつかりであって、ひとまずはちょっとたたいてみたくらいだろうけど、この先もこういうことは続くだろうし、そしてこういうものを一つ一つ潰していかなければ日本はよくならない、

  まあ日本の自立の第一問というところですか、まだまだテストは続きますけど、何とか合格点を取れるように努力をしたいものですね、



  次は、自民党の総裁が決まらず誰も手を上げず、自民党のトップが決まらないようですね、

  阿呆の次ですから、二代目阿呆になるのでそれがいやなんだろうね、

  大体阿呆は自分の責任が分かっていないアホだから、次になる人はそこら辺の責任が全部来てしまうので、もしかすると次の総裁は今回の選挙責任をなぜか取らされるかもしれない、


  阿呆と不快な仲間たちが責任を取るわけがないから、今回の選挙の敗因をたぶん次の総裁のせいにするだろね、今の自民党だと、

  今の自民党の問題は党の無責任体質にあるのだけど、全員が無責任だから党の責任者を決めようとすると、ひどい問題になるわけです、


  そこら辺が原因で決まらないのだろう、哲学的な議題というかな、全員が無責任である団体の責任者とは何か?、それはちょっと答えが出なさそうだ、

  今までは与党だったから無責任で(なぜか?)よかったのが、野党になれば責任意識を持たなければ生きていけないので、自民党が野党になれるかどうかが、自民党の未来を決めるでしょう、


  個人的には自民党などこの世から消えたほうが良いとは思うが、まあどうなるにしろ自民党は一回完全に壊れないと、人々の役に立つことはないでしょう、

    



  さて、それはいいとして今日は、戦後に対する結論、ということでも書いてみようかと、

  前回の続きみたいな話ですけど、戦後的な世界観というものが、今となってはあまり通用しないというか、うまくいかないところに今の日本がいますから、そういう意味で言えばもしかすると、そろそろ戦後というものに対して結論を出すべき時が来ているのではないか、とまあそんなことを今回は書こうと思っているのですが、


  それで戦後に対する結論ということで、戦後という時代が何であったのか、やはり大きいのが経済の発展、日本の経済を非常に大きくした時代ではあったでしょう、


  ただし逆に言うと、それ以外の点で見ると問題点も多く、経済を重視するためにそれ以外を犠牲にしていた、そういう時代でもあったと思います、


  今いわれているのも大体そうですよね、今の日本は経済があるがそれ以外がぼろぼろで、特に社会的な問題は深刻であるとか、

  たとえば自殺が異常に多いとか、そこらじゅうで殺し合いが起きているし、餓死する人も結構増えてきた、


  戦後は確かに経済はよかったかもしれないが、人や社会にとって意味があったかというと、そうでもなかったと思うのです、

  たとえば自殺が多いのは過労死とか、明らかに企業が原因であることが多いですし、

  親子が殺しあったりするのもそうだね、家庭とか家族とか、そういうものが成立しないような歪んだ社会にしたのは、これもまた戦後の企業重視策で、企業を重視して家族とか家庭を否定したのも戦後ですから、この点も問題点をしてはある、


  餓死も結局はそうだろうな、戦後が企業重視したから、企業から外れた人は場合によっては、餓死するように今の日本はなっているから、これも企業重視をやりすぎた反動のようなところがある、


  別に企業重視自体が悪いとは思わないけど、問題はそれによって犠牲になっている分をまったく考えず、それがどんどん悪化していくことに歯止めをかけていないこと、


  戦後的方向性の結論としていえるのは、あまりに企業を重視しすぎていて、人が人として生きれないようなおかしな社会を作ってしまったというのはあるのではないだろうか、


  この国には企業らしさはあるけど、人間らしさってまったくないものね、ある意味企業を認めているけど人間を認めていなかったのが、戦後だったのだと思う、


  その原因は、戦後の荒廃期に企業や経済をどうにかしないといけない、そのために全てを犠牲にして企業や経済に力を注いだ事が、今となって悪影響を与えてしまっているのだと思う、


  結論的にいえばそうなると思うね、企業のために全てを犠牲にするという、一時的なものを恒久的なものにしようとしたことに無理があって、これが壊滅的に社会を破壊して、日本人の生きづらい原因を作ったのだろう、


  戦後に対する結論というのは、経済的にはよかったけど、それを重視しすぎたのか、それ以外の部分がどんどんおかしくなってしまって、そうしたら経済もおかしくなってしまったというのが戦後的方向性の結論なのだと思う、


  だから今すべきことは、この戦後的なものの問題点を変えるように、考えていけばいい、

  例えば経済もいいのだけど、今までのような全てを犠牲にするような経済ではなく、人と経済の共存ができるような、共生的な経済を目指し、過剰な経済に対しては否定的であるべきであろう、


  そして、戦後のような短期的な手法論ではなく、もっと長期的な日本人にとって意味のある人々の生き方を考えて、日本人というものの生き方考え方についてのビジョンを持ち、

  今まであったような単純な人の生き方、社会のあり方ではなく、もっと複雑な人としての意味を出せるような、そういういい社会を作るべきであろう、


  別に戦後が間違っていたというわけではないのですけど、やはり偏った考え方なので、これからの日本は長期的に日本という国と、日本人というものに対して世界観なり考えを持つ必要があるでしょう、


  そのためにも戦後というものに対しての結論を出し、そしてもっと遠くを見るような、そんな大きな意味を持った世界観を日本人は持つべきではないかと思います、






    それでは、来週からは週一回になるので次回来週の水曜日になります、では次回まで、






関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR