08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

日本の独立、

    どうもこんにちは、



  さーて、飛んで火に入る夏の阿呆、夏の風物詩阿呆焼きの日まで後一週間になりましたが、ついにこの日が来ましたね、

  現状だとまだ分からないところもあるようですけど、大体過半数くらいまでは民主党は行きそうですから、これで政権交代になるのでしょうか、


  自民党は惨敗状態で、自民党の阿呆はあちこちを飛び回ってはいるようだけど、

  そもそもこいつは、人徳がないというか人間性のないやつだから、そういうのが全国を飛び回るとその分議席や票が減るというわけで、どうやっても自民党は悪化しかしないでしょう、
  


  私としては酒井法子さんの話がいまだに騒いでいるから、これが選挙に何か影響を与えてくるのかと思っていたのだけど、

  今のところはないですから、期限的に見て水曜日あたりまでに自民党が何もしてこなければ、自民党は終わったと見ていいようにも思います、


  今回の選挙は、民主党が300議席をとるのではないかといわれ、それでそれが多すぎるという世論を作り、結果的にネガティブキャンペーンになることを、マスコミは画策しているようには見えるのだけど、

  しかし現状で見ると、民主党が300議席とるというよりは自民党が100議席くらいの価値しかない、ということのほうが真実であって、自民党の価値のなさが選挙予想に現れているのだと思います、


  今の自民党は戦前のような軍事独裁を目指す、極右政党ですから保守ではなく、ファシズムもしくはネオナチとかそういう連中なので、一般的な意味で言うと政治的な意味はなく、

  自民党が価値があると思えるのは、そういうファシズム的世界観を信じる狂信的な人、極端な右翼的思想が好きである人ならば支持もするだろうが、一般的な人が支持をする組織ではないでしょう、


  自民党の狙いは軍事独裁的な方向性であり、国旗国家は大事にしても国民は犠牲にするタイプなので、いわゆる国粋主義、国家主義といいましょうか、そういう国家のために国民が犠牲になるのは当然であるという考えしか彼らにはないので、


  自民党が国民の利益になることはまずなく、一部の利益供与者以外にとっては不利益になるような形を目指し、国民の大多数の損失になるような政策をするでしょう、

  それで国民が困ったとしても何も考えない、それが今の自民党であり、今の状況を見る限り自民党がそれ以外の道に戻ることは多分ない、

  
  そうなりますと、これからの自民党は与党にいても害、野党にいても害になるような、極右政党特有の自己陶酔的な異常なことをし続ける事にこれからもなりそうなので、


  そういう意味では、自民党が今回の選挙予想を見る限り壊滅的に潰れたとしても、その先においても自民党は害になり続ける可能性が高いように思えます、





  さてそれでは本題に入って、日本の独立、という事でも書いてみようかと、

  今の時代の最大のポイントは、日本という国が受動的ではなく能動的に、自らの意思で考えそして行動できるか?、そこに最大のポイントがあるのだと思います、

  そしてそれは日本が独立をするという形ではないのか、と思ったので書いてみると、


  それで日本の独立という事で、今までの歴史というものは日本が主体的に判断をしたり、行動をするという事を否定し、日本の存在そのものが外部的要素によって決められ、日本人が日本のことを考えることができず、ある意味日本という国は存在していないような、そんなところがありました、


  しかし、冷戦が終わったことによって、世界のシステムは一度破壊され、今はそのシステムの再構築時ですから、今の状態であれば日本の主体的判断もでき、日本が何で日本であるのかという事も、日本人自らの手で変えることが可能になってきています、


  主体的判断の可能性、それが今の日本にある可能性であり、明治維新もある程度はそうであったが、それ以上に日本という国が日本としてどうであるかという事を、考えやすい状況に入ってきている、


  今ではアメリカも日本に対する支配欲は相変わらずあるが、日本に協力をするという気がなく、それがいびつな形を持って日米関係を切り離し、

  その結果アメリカと関係のないところに日本はいて、アメリカなしで日本をどうするかという事をこれからは考えていかなければいけなくなってきている、


  自立、独立というと聞こえはいいのだが、実態はあまりいいものでもなく、何らかの関係の中にいればその関係を考えればいいけど、今はその関係を一から作り直さなければいけないので、その分大変なところに今の日本がいるのではないかと思う、


  しかし状況的にそうするしか手がないので、やはり日本は独立的な日本のための日本という事を考えなければいけないだろう、

  ポイントは、構図自体を日本人が描かないといけないことで、盤面自体から日本が作り出す必要があるので、表層的な発想や考えではだめで、知識や経験でもこれを作り出すのは難しいだろう、


  ある種の読みと考えが必要なので、それができるかどうかですが、、


  日本は今ある意味チャンスをつかみつつあるのだけど、そのつかんだあとのリスクが急に増えてきて、もしかすると驚くのかもしれない、

  ただ元々冷戦が終わった時点で、今までの世界観を変えなければいけなかったから、それをほったらかしにしてきたことが積もり積もってしまったことを、これからもしかすると気づくのではないだろうか、

  それがショックになるのかもしれないのだけど、しかしそれが現実ですから、今の日本というものは能動的に動き、自分の考えで国を運営して、自分の考えで外交をし、そしてそのリスクを自分で負わなければならない、


  で、しかもそれ以外の選択がないと、昔のようなアメリカにおんぶに抱っこという事をすれば、アメリカに食い殺されるし、中国でも同じでしょう、そうなると選択肢は自分で考えて何とかするしかなくなる、


  それは一見面食らうことかもしれないけど、歴史的に見れば日本はずっと独立して生きてきたのだから、日本の元の歴史に戻るだけと考えれば、別にそんな変なことではないと思うのですけどね、



  ともかくこれからは、今のままの流れならばですが、日本は独立的な方向性を持ち、それによって得る利益とリスクが発生するでしょう、

  しかしそれはどこの国でもあることですから、そんな極端に気にしなくてもいいとは思いますが、そのあたりで変わっていくだろうという事は認識しておいたほうが良いと思います、


  どっちにしろそこに進む以外の選択肢が日本にはないですから、日本の独立的方向性がこれからのテーマになり、

  そしてそれに合わせる形で、日本という国に意味を持たせていかなければならない、

  自主的に行動するのだから、それだけの国にならなければいけないわけです、


  となるとですね、どっかの国の飼い犬連中は排除し、身の保身だけの権力者も排除して、スマートで鋭い国へと日本を代えていく必要がある、

  このあたりがどうなるか?、まあこのまま進めばという予想なので、必ずこうなるかはわかりませんが、日本の独立と日本の向上、その二つをうまく合わせていけれれば、日本にも良い未来が来るのではないかと思います、





    それでは、今は週三回ですので次回は水曜日になります、では次回まで、







関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR