01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

プロパガンダと軍事論の類似性、

    どうもこんにちは、



  なにやらいろいろなことが起きているようで、何を書こうかと思うのですが、、

  そうですね、まずは秋田の知事選挙について書いてみますか、

  
  良く分からないのだけど、秋田県知事選挙があってそれで民主党候補が負けたので、それが小沢氏の問題なのではないかということをメディアだけが言っているようだが、

  それはないね、元々知事というのは中央とのパイプ役という意味が強いし、基本的には与党有利になりやすいもので、それに知事というのは県全体の選挙になるので、民意が反映されづらいところがある、

  そもそも民意というものは国民の判断であり、判断が出来るようにするためには、判断が出来る選択肢があることと、判断が出来る状況があることが必要になるが、大規模で特定のひとつのものを選ぶような選挙だとそれが出来づらくなる、


  選択肢でいえば、そういう大規模なものに出れる人は少ないのだから、選択の幅が狭くなるし、

  判断が出来る状況というのも同じで、大規模になると選挙がどうなるかということが、最初からある程度決めることが出来てしまうので、国民には判断が出来なくなりやすい、


  そういう意味でいえば知事選挙というのは、よほど状況に恵まれない限りは、世論を反映する選挙になりづらいので、知事選挙が世論のバロメーターであるというのは間違いでしょう、

 
  だからもし、今の世論が選挙的に現れてきているというのならば、それはもっと選択肢の大きく、判断のしやすい小規模選挙であって、そういうところでは民主党が勝っているのだから、それほど問題にはなっていないのではないだろうか、

  昔も、前の参議院選挙の前に統一地方選挙という県議や市議を選ぶ選挙があったが、そこでは民主党が勝っていて、その代わりに同時期にやっていた知事選挙では自民系が勝っていたが、結果として参議院選挙では自民は大敗をしていたから、知事選挙のような大きなものよりは中小規模の選挙のほうが、世論が現れているといえると思う、


  そういう意味で言えば、もし選挙によって今の世論を計ろうとするのならば、一番いいのが7月に行われる東京都議会選挙で、これに民主党系が大敗をしたら確かに民主党不利だろうけど、知事選挙の場合は昔の例から見てもあまり関係ないようだから、無視していいのではないだろうか、



  後は、どうも気になるのがソマリア沖の海賊問題で、これがどうも動き出したようですね、

  私はアメリカの想定している戦場はアフリカではないかと読んでいるのですが、ソマリア沖の海賊は事実上テロとの戦いのテロリストを、海賊に代えただけで、オバマ政権は本質的には同じ道を進もうとして入るようです、


  聞いた話だとアメリカの艦長が捕まって、アメリカの部隊が海賊を射殺をしたというが、それに対してオバマ氏が厳しく対処すべきといったらしい、

  演出が上手すぎるんだねこの話は、元々ソマリアの海賊とはいうが、それほど荒っぽいことをしているわけではないようで、

  向こうの人にとっては海賊はビジネスであって、国民の半分くらいが海外からの食糧援助で暮らしているような国だから、いつ餓死するかわからない国なので海賊をしているだけで、彼らにとって海賊とはある種のビジネスなわけですよ、

  だからそれほど荒っぽいわけではないらしいのだけど、それに対してアメリカが強引に潰して行こうとするとどうなるかだね、


  元々海賊をしなければ餓死をするような国で、海賊をやめろといってもやめれるわけではない、となると徹底的に争うことになる、

  そうなると全面的な争いになって、米軍はソマリア内部に進行して行って、実効支配をしようとするだろう、

   
  アメリカの計画は多分これだろうね、それに自衛隊が一緒にいるというのミソだろうな、

  たかが海賊でここまで動く必要はないし、ここまで演出する必要もない、ソマリアレベルの話ならば他にもあるだろうに、アメリカがあえてこれを選んだ理由には、何らかの長期計画があると見ていいだろう

  
  トラップというものは入りやすいが逃げ出しづらいもので、どうも私にはこのソマリア云々というのは罠の臭いがするのだけど、小沢氏の騒動の影にかくれて、どうも色々なことが進行しているようではあります。






  さて、それはいいとして今日は、プロパガンダと軍事論の類似性、という事でも書いてみようかと、

  プロパガンダというものは、印象操作もしくは情報操作といわれるもので、与える情報をコントロールすることによって、相手がどう思うかという事をコントロールするものなのですが、

  私が見るに、プロパガンダというものは現代では非常に発達していて、一般的に思われるような単純な手法論ではなく、もっと組織的な計画性のあるものに見えるんですね、それでそういうものというのが軍事論と似ているところがあるのではないかと思ったので、書いてみると、


  それでプロパガンダと軍事論の類似性という事で、今回の騒ぎについても、大きく見てみますと一般的に言われる軍事論的な方法論があるように見える、

  例えば対象や目的の明確化と時間的な作戦のスケジュール性、そういうものがあるように見える、


  今回のことは時間軸的に見ると、三月のうちに小沢氏自身を逮捕して、その上で四月の初めに北朝鮮にミサイルを撃たせて、四月の末には解散総選挙をする、それが本来の政府与党の計画だったのだろうけど、

  この計画性というものは、ターゲットを絞ることと作戦が第一段階第二段階と段階性を持っている点を見ても、ある種の軍事論から来ているものに見える、


  プロパガンダというものは、多数を洗脳し国家を支配するという意味があるので、その方法論は非常に戦略的かつ戦術的であるといえ、

  例えば国家全体を洗脳支配するためには、非常に高度な計画性がいいるだろうし、作戦としてみても広範囲に色々なことを読まなければいけない、


  そしてその形は非常に軍部、もしくは軍事的なものと似てくるだろう、

  例えば指揮系統をどうするかとか、プロパガンダで国家支配をするのならば、この場合誰かが反してはいけないわけで、反対者や批判者が出ないかという事を監視しなければいけないわけで、情報を提供するメディア等のシステムを、支配下においてそれを総合的にコントロールする指揮系統がいる、

  
  またほかでも問題が出たときの対処は、素早くせねばならないから、意思決定も早くなければいけない、問題の摘出とその対処の迅速化というものがいる、


  そしてこういうものは非常に軍事というものが得意とする分野であり、統合的な支配システムと、問題対処に対する迅速化というものは、実質軍事論そのままであろう、


  だから私が考えているのは、プロパガンダ=軍事、と考えてほとんど間違いでないといえるのではないかと思っている、

  いわばプロパガンダというものは、一種の軍事論であり、確かに武力や武器を使うものではないにしろ、武器を使わない軍事論と見てみれば、プロパガンダは軍事論になるだろう、


  だから今の日本にプロパガンダ的な方向性が出ているという事は、もうすでに日本の軍事化ははじまっていると見てよく、あとはそのプロパガンダの性質や方向性から、その裏にあるであろう軍事化の流れを考えるべきところに今の日本はいると思う、


  ただプロパガンダ的なものだけで潰せるという可能性もあるので、一概に過剰な軍事化になるかはわからないが、しかしこういう洗脳手法論と一緒に起きている軍事的流れというものは、言ってみれば軍事のためだけに人々を騙して行っている軍事化であるので、危険な方向性であることは間違いがあるまい、


  だからプロパガンダというものは、今起きているレベルでいえばこれは完全に軍事的なものとしておきているので、ここまで高次で複雑なものがおきているという事は、それだけ日本の軍事化というものは異常なレベルで圧力を受けて発生し始めているわけで、これは注意が必要ではある、

  昔の戦争も、思想弾圧などの情報操作が軍事力と結びついたからおかしくなったのであり、軍事力自体が何かをしていたわけではなく、あくまで情報操作が軍事的な独裁を支えていた所に問題があった、


  プロパガンダというものは軍事行動、軍事戦略の一種であるのだから、本来ならば何らかの法規制をしておくべきものなのだが、何故か何もしてない、

  それがなぜなのかはわからないがともかく、プロパガンダというものは事実上軍事戦略の一つなので、武器を使わなくても軍事というものが動ける、もしくは軍事行動ができる、そういう認識は持つべきであろう、

  だから本当に平和な状態を作るためには、物理的な軍事と、こういう抽象的な軍事というものに対して、何らかの制限方法かコントロール方法を作っておかないと、うまく行かないのではないかと思う、







    それでは、今は週二回ですので次回は木曜になります、では次回まで。





  

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR