01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

資本主義はなぜ正しいのか?、

    どうもこんにちは、



  オバマ氏は今夜就任するようですね、しかし妙な熱狂と空気で、ふとヒトラーを思い出すが、さてどうなるのか、


  イスラエルは停戦をしたようだな、事前に日本の民主党にもコンタクトをしておくということは、やはりイスラエルの侵略は何らかの意図があったか、第2第3の手の始まりなのだろうか、

  イスラエルは結局何がしたかったのだろうか?、1300人くらいを殺し、実際は2000人近くを殺したのに何も得ていないと思うのだけど、

  抜け目ないユダヤ人のことだ、このことも何らかのビジネスであるのだろう、



  しかし今回のことを見て感じたのは、イスラム原理主義=テロリストという考えは間違いであるのだなとは思いました、

  そもそも土着性のある民族主義と、アルカイダのような土着性のない民族主義風のものを混同すると、危険な問題を生むのだなと感じましたね、


  土着性のあるものはその国、民族の文化であるので、それをつぶすことは出来ない、しかしアルカイダのような土着性のないものならば、一見つぶせるように見えるから、だからそう考えて本来つぶせない土着性のあるものもつぶせると考えたところに、テロとの戦いの矛盾があったのだろう、


  つまりテロとの戦いとは言うが、実質はユダヤ人によるイスラム教破壊でしかなかったのではないか、アルカイダのような組織をユダヤ人が作って、そういう勢力と土着的な民族的な意味のイスラム原理主義とを合わせることによって、イスラム教徒の一掃を狙っていたのではないだろうか、

  
  こう書くと突飛な話に見えるのだけど、実は昔アメリカのCIAはこういう手を使っていて、昔ソ連がアフガニスタンに侵攻したとき、アメリカは現地のイスラム教徒に対しイスラム原理主義という考えを作り出し、それによって人々を洗脳して、

  そしてその指導者(導師)を買収して(もしくは偽者を仕立てて)、戦争をさせていたらしい、


  構図は多少違うが、文化破壊と先導的存在を操ることによって、全体を操るという点では良く似ている、

  イスラム原理主義というものが、土着性がある場合、それは文化であり、社会的存在であるので、それがある限りは外国勢力の介入は難しい、

  しかしその文化自体を悪としてしまえば、軍事力の差を使ってイスラム教徒を殲滅することも可能であろう、


  たぶんユダヤ人の考えていたのは、アメリカとの共同でのアラブ全体のパレスチナ化、前も書いたがテロとの戦いとはいうが、実際はアラブに対するユダヤ支配体制の確立が狙いだったように見えるのだけど、

  しかしそうだとするとユダヤ人の考えていることが理解できないね、 そもそもユダヤ人を迫害していたのはキリスト教だろうし、イスラム教は別にユダヤ人やユダヤ教を否定していないはずだけどな、

  だからユダヤ人がイスラム教徒との融和策を考えれば、何の問題も起きなかったと思うのだけど、何か私の知らない意味があるのでしょうか、


  後は何かあったかな?、マスコミの嘘ペテン誇大宣伝はいつものことだし、政治家や役人が人の役に立たないのは、昔からだし、、

  それが大した事ではないというのでは、この国も末期状態なのだろうけど、

  そうですね、しいて言えば最近良くこういうプロパガンダを聞きます、自民党と民主党が選挙をしたら五分五分じゃないかという話を、


  五分五分ねぇ、内閣支持率が20%切っているのに五分五分っていうのは、じゃあ内閣支持率って何?って素朴な疑問がわくのだけど、なにこれ飾りだったの?、

  なんだかね、昔の小泉のころは支持率が国民の支持であるので、なにをしても正しいのだと錦の御旗のように使っていたのに、不利になると何の意味もないと言い出すのだから、この国のペテンぶりもひどいものだけど、


  しかしこのまま行くと人を騙すしか能の無い腰抜け自民党のことだから、9月までずーっと引っ張って国を目茶苦茶に破壊し続けるのだろうな、
  
  疫病神もいいところだな、本当に自民党も、どこの馬鹿がこんな組織を作ったのだと思うが、もしアメリカが自国のために作っていたのならば、まんまとやられたということになるのでしょうか、




    


  さて、それはいいとして今日は、資本主義はなぜ正しいのか?、という事でも書いてみようかと、
  こう書くと学術的な資本主義論でも書くように見えますが、もちろん私はそんなことはしませんので、思いついた話みたいなことを書こうと思っているのですが、


  それで資本主義はなぜ正しいのか?という事で、今回の金融恐慌そして、それに至るまでの詐欺師の小泉とアメリカによる日本搾取の流れを見て、一つ気づいたのがアメリカは他者からの搾取で生きている国だ、という事に気づきました、

  まあこれは昔から言われることですが、アメリカは輸入によって経済発展をしていると、つまり借金をすればするほど利益が上がる、

  それは昔のイギリスの植民地支配の制度を、そのまま受け継いだもので、基軸通貨としての絶対性がそれを可能にしています、

  基軸通貨というのは絶対的な価値ですから、ある意味絶対的な通貨を発行して、それ以外の通貨やそれを発行する国からの一方的な搾取権を持っているという、そういう立場にいるわけです、


  ではその搾取の手法論はどうなるでしょうか?、イギリスは植民地支配で搾取を行っていましたが、アメリカはたぶん資本主義によって世界を擬似植民地化するという手をつかっているような気がします、


  資本主義というものは、資本の絶対性により、金融等を使って資本に常に含みを持たせ、生産性の向上をしていくものですが、

  この考えには致命的な欠点があって、それは生産性の過剰化に対する対策が存在しないことです、


  つまり過剰生産をしていったときの対策がなく、生産性の向上が問題になったときにどうするかという考えがない、

  しかしアメリカの資本主義的な方向性に、世界を引っ張っていく考えは成立していた、
  
  それがなぜかといえば、上で書いたようにアメリカは基軸通貨であるので、輸入をして(つまり国内消費をして)利益を上げる形を持っており、アメリカにとって輸入をする事や、国際収支で借金をするというのは利益であり、アメリカは世界に資本主義をばら撒くことによって、世界を植民地化して一方的な利益を上げることに成功していたといえる、


  アメリカの資本主義的方向性の狙いは、大英帝国に変わる殖民支配体制の確立と見てよく、搾取が狙いだったと見るのが妥当であろう、

  
  そして今その植民市的な搾取のシステムが崩れてきている、もしドルが基軸通貨でなくなったら、もしくはアメリカの国内消費のシステムが金融危機によって潰れたら、輸入自体ができなくなり、アメリカの持っていた資本主義経済圏は潰れることになるだろう、

  
  そうなったらどうなるか?、資本主義の致命的欠点は、過剰生産に対する修正がないことであり、生産性がある以上高くなれば資本主義は経済的メリットがなくなる、

  それが世界の広域で恒常的に発生するのが、これからおきうる世界経済の方向性であり、よくアメリカ経済が悪化すると、世界経済がデブレになるといわれるが、それは資本主義が原因であるといえる、


  アメリカはたぶんだが本来の資本主義のあり方を、自らの都合のいい形へと歪め、本来の資本主義のあり方とは違う意味を資本主義と言って利用していたのではないだろうか?、

  つまり今まで言われていた資本主義の正統性は、アメリカにとって都合のいい事を言っていただけで、資本主義がなぜ正しいのかというのは、本質的にアメリカにとって正しいからという意味しかなかったのではないか?、


  正しいものが正しく行われればそれは、多くの人々の利益ではあるが、しかしそれは権力を持つものにとっての損失である、

  であるならば正しいものを正しく行わないという形が、権力を持つものの一般的な、思考形態であるといえ、

  となればアメリカの言う、権力者の言う、資本主義が正しいというのも結局のところは、本来の資本主義を正しく行わなかった結果なのではないかという気がする。


  今の経済を調べると、資本主義だからこうであるというよりは、アメリカが資本主義という考えをどう利用していたのか、という考えばかりが見えてくる、

  つまり純粋な経済の形や論ではなく、その根底にあるものは何らかの思惑であることが多い、

  となればアメリカの支配体制のために資本主義が利用されていたとするのならば、それが崩れた上に何が発生するのか、


  アメリカ資本主義という奴隷の鎖が今取れようとしている、アメリカの金融問題を見る限り、アメリカが今までのような資本主義支配体制を維持することは殆どできないだろう、


  となるとここでやっと本来の資本主義論が始まるのか?、何という遠回りですかね、まったくアメリカもやってくれたものだな、まあそのツケは払うはめになるのだろうけど。







    それでは、今は週二回ですので次回は木曜になります、では次回まで。







関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR