07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

軸のぶれなかった日本、

    どうもこんにちは、



  聞いた話では麻生政権は、支持率が暴落しているようですね、よく半分くらいになったといわれます、  
  確かにあんな馬鹿じゃこの程度だろうけど、にしては下がり方が激しすぎますから、これは裏事情がありそうです、


  それは私のイメージだと前の前の安部政権のときと似ている感じがします、
  あれも馬鹿な人間で素で「美しい国」とか言う人間だったが、あの政権のときもある段階から急に支持が弱くなった、

  そもそも安部政権は詐欺師小泉の跡を継いだので、最初は人気があったのだが、あまりに中身がないので崩壊した、

  そしてそれは私の見た感じだと、多分創価学会が離れた事が大きかったんだと思う、


  去年の参議院選挙でも創価学会の人は、あんまり協力する気が起きなかったらしいから、今回も同じようなものだろうね、なんだかんだといって宗教団体だから、人物評価は厳しい人が多いのだろうし、だから麻生みたいな倫理観のないやつはだめだと、切ったんだろうか、


  そもそも定額給付金も公明党が言っていて、それと解散の先延ばしとを取引にしていたのに、それを反故にされて解散をどんどん延ばされたら公明党はたまらないだろう、

  公明党にとって最悪のシナリオは、来年の九月まで選挙を延ばされて、それで東京都議選を衆議院選挙の前哨戦にされてボロ負けするというのが、最悪のシナリオになるだろう、


  県議、市議、都議クラスだと中選挙区になるから、自民公明の協力は出来なくなるので、そういうばらばらな状態で民主党とやり合ったら大敗する、

  公明党がなぜそこまで都議にこだわるのかは分からないが、今回の下落はそういう公明党からのおどしのようなものも、含んでいるような気はします、



  となると、自民党がどうなるかは、公明党の要求を呑むかどうかになるかな、しかし自民党はアメリカの要求である、テロ支援法と、金融支援法だけにこだわっているから、来月までに公明党に協力しなければ消滅するかもしれない、


  今の自民党は主体性がまったくないからね、自民党のために動いている自民党議員は一人もいないだろう、今だってすぐ逃げようとしているし、
  結局公明党とアメリカに愛想を振って延命してきた自民党のこれまでが、末期状態に来て、意味不明な組織になってきたんだろうな、

  多分今の自民党の連中で、自民党がなぜ存在しているのか、自分が何をしているのか、理解できる人間はいないと思う、

  主体がないまま長くいたから実態がどこにあるか分からなくなっているのだろう、

  実質自民党はペーパーカンパニー的な、登録上存在するだけの他者利用目的組織になっているから、その薄っぺらい紙がどうなるかなのかな、

  
   まあそんなまやかしは国民にとってはどうでもいいことなので、そんなものはさっさと破り捨てて前に進みたいところだが、なかなかこの偽装団体は潰れないものですね、







  さて、それはいいとして今日は、軸のぶれなかった日本、という事でも書いてみようかと、
  日本の歴史を見てみますと、国が端のほうにあったせいかその歴史には一貫性があり、ある種の閉鎖制等を含み、日本という国はあまり軸がぶれなかった国であると思います、


  しかし大航海時代以降の世界の統一化により、国と国とのとの関係が近くなり、日本の独自性そして閉鎖性も弱まってきています、
  それは同時に日本という国に対しての、軸を動かせという圧力にもなり、日本という国の軸というものはだんだん動いてきていると思います、

  ではその軸が動かなかったことと、軸が動いていくことの問題点について書いてみると、


  それで軸が動かなかった日本という事で、日本人の感覚は歴史的連続性、今の世が永遠に続き、物事は変わることがないという意識が強いですが、しかし近代開国化してからの日本は、非常に多くのことが変わり、特定の軸を中心とした考えで日本という国を考えるのはだんだん難しくなってきています、


  日本は歴史的に鎖国等を見てもわかるように、日本とそれ以外という民族的スタンスを持ち、それしか基本的に知りませんから、日本という国や民族の軸がずれるという事を理解できません、

  
  もしくは理解しづらいんですね、だから、私が思うに今の日本の状況、そして戦前の狂った軍事体制を作っていたのは、この軸がずれることを理解できない日本人の性質から来ているのではないか、と思います、

  例えば戦前にしろ戦後にしろある種の異常性があるのだけど、それが成り立ったのはやはりそれ以前の武士制度、ようは江戸幕府という長く続いた軸のイメージを、引きずった事に問題があるのでしょう、


  戦前でいえば当時の軍部の行動は、戦国武将のようなものであり、当時の世界は近代化と大航海時代により、世界がつながって、世界という枠の中での利害工作の時代に入っていたのに、当時の軍部は自分の領土拡張という意味しか考えておらず、世界における自らの意味や形を考えるという、近代的な国家のあり方をまったく理解していなかった、

  その主観の違いが太平洋戦争であり、そしてそれを認めてしまったのもまた同じように考えていた、当時の日本国民の問題点でもあるのでしょう、


  戦後も同じで、戦後は経済でしたが、戦後は体制の硬直さによって潰れ、自民党の長期体制が日本を潰し、二進も三進も行かなくなったのですけど、その原因もやはり日本人的なイメージとしてあった江戸幕府的な発想が、この異様な長期体制を認めてしまったのでしょう、


  江戸幕府は民主主義とはいえませんが、共和制のようなところもあって、例えば将軍になれる家が何箇所かあったり、それぞれ派閥的な組織の中での力比べて、物事が動いたり、そういう性質があったのですけど、

  それが自民党も同じような形を持っていて、自民党は内部派閥が党内部の流動性を持たせる働きを持ち、それによってある程度の循環を持っていたのだが、

  しかし自民党は自民党であるから、長期政権の弊害はその内部的循環が例え起きたとしても、自民党という組織の権力構造が変わることはなく、政治的機構という意味では近代的とは言えず、自民党の一極支配がこの国を潰してしまった、


  近代以降というものは、要求の高度化の時代であり、その要求に高度に答えられるかどうかという事が問われる、だから今のような近代化した社会では、自民党のような内部的循環による修正では、政治ができないのである。


  よく日本では、日本は今まで社会主義だったのだからそれを変えるべきといわれる、確かに日本の政治はソ連のような硬直したところはある、しかしそれを生んでいるのは社会主義ではない、またソ連の硬直の原因も社会主義ではない、

  ソ連にしろ日本にしろその硬直の原因は権力の硬直であり、イデオロギー的な方向性の問題ではなく、権力の硬直に問題があったのである、


  日本の場合は、江戸幕府という長く続いた軸の残像を見て、自民党を認めてしまったのが間違いだったといえる、自民党を否定しないと日本の真の近代化はこなかったのだと思う、

  自民党のような領主制の発想を捨てて、民主主義的な近代的政治体制に移行しなければ、この国は助からなかったのに、日本は軸がずれなかったことによってその判断を失敗してしまったのである、


  永続的に続く共通認識によって、日本人は日本人として生きてきたが、それを断たないとしたら、さて、そんな世界を日本人は認めるでしょうかね、それが近代化なんですけれど、  






    それでは、今は週二回ですので次回は木曜になります、では次回まで。







関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR