01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

経済は戦争ではない、

    どうもこんにちは



  と書きつつ、どう考えてまだ朝ですけど、まあ早めに書いておこうと思ったもので、
  
  でまあ、最近もなんか色々ありますね、東北の地震ですか、大変だったようです、時期が時期だから地すべりがおきやすかったのかな、地震のダメージはあんまりなかったようだけど、地すべりのダメージが大きかったようです、

  あっちは山も多いし、もうちょっと平らなところだったら被害も少なかったでしょうけど、 中国の地震もそうか、四川とかも山がちだから被害が大きかったのだろうね、


  自民党にとっては面白い話だろうな、ラッキーと思っているだろな、だから消費税アップとか言い出しただろう?、つまり地震対策をして人気取りをできれば、増税をしても何とかなるだろうと思ったはずだ、
  つまり 人気取り=利権の安泰、地震が起きて利権が安泰、そんなことしか考えてはいないだろうな、


  まあしかし、自民党有利にならないと解散総選挙はないから、これもひとつの形かもしれない、解散総選挙になれば、自民党は地方では大体負けるだろう、去年の参議院選挙のようにね、

  あとは都市部でだろうが、それほどは勝てないだろう、今の半分くらいに落ちるのではないかな、

  結局自民党にとって政治は利権に過ぎないから、昔の公共事業利権のように、うまみがある政治ではなくなって時点で、自民党政治の必要性を感じる人もいなくなったんだね、なくてもかまわないからな自民党、

  特に誰も困らないから、自民党がなければいけない理由はもうないし、うまみもないね、


  自民党の存在理由がない以上、あとはパフォーマンスでごまかすしかないが、戦後の人たちは人がいいから、騙しやすいんだろうけど、実害が出ている以上いつまでも騙されるとも思えないな、

  まあ今は時代のうねりだから、なにがどうなるかは明日になってみないとわからない、そういうところに今はいる、
  そしてそういう力学がこの国の戦後という形をどう破壊するか、 秋葉原のやつもそうだけど、今回の地震で利権をあさるのに都合がいいと、自民党は判断するだろう、そこで何か手を打つはず、

  しかしその頃には国民は地震のことを忘れて、また別のことが起きてくるだろう、そこで自民党が利権保護のために国民被害になるような手を出して、それに反する何かがそのときたまたま起こる、それがぶつかったときにぐしゃっと潰れると思うんだ、この国は、

  自民党は馬鹿の集まりだから利権をあさる以外の判断は絶対にしない、その馬鹿さ加減がどこかで限界を生むのがいつなのか?、今はそれを眺めている状況ですかね。





  さて、それはいいとして今日は、経済は戦争ではない、ということでも書いてみようかと、 私が長いことこの国の問題についてあれこれ考えていて、一番大きな問題だなと思ったのが、認識のずれがあるんではないか、そんな感じを受けました。


  昔も書きましたが、日本は明治維新以降、富国強兵的な手法を進めていき、うまく行くこと、勝つことを目指して進んできましたが、しかしそれがもはや意味がなくなってきていることに対して、日本人は考えを変えなければならない時期が来ているような気がします、 でまあそんなことについて考えてみたので書いてみると。


  それで経済は戦争ではないということで、日本がなぜ新自由主義政策に入ってしまったのか?、その大きな要因として挙げられるのが、明治維新いこう進む、日本は勝たなければいけないという思考というか、思想のようなものがこの国を間違った道に進ませたのではないかと思います。


  確かに弱小国であった日本が、うまく行くためにはヨーロッパにしろ周辺諸国に対してにしろ、勝つ必要、力を上回る必要があったわけです、

  だから昔は戦争ばかりしていて、戦争末期よく言われていたのが、戦争に負けたらわれわれは終わる、つまり勝たなければ日本は終わりだ、そういうことがよく言われていたわけです。


  それは確かに歴史を見ても、戦争で負けた国の未来はないことが多いですから、戦争に負けるということは国を滅ぼし、民族を根絶やしにしますから、戦争に負けてはいけない、ということは当時の軍部の問題はあるにしろ、そういう側面はあると思います。


  しかし、今の日本は戦争をしているのではなく、経済国家として運営しているので、この場合は勝たなければいけないのか?、考える必要があると思います。


  経済とは、たしかに競争ですし、勝つ必要もあるでしょう、しかし戦争と違って消耗を目指すものではないので、勝たなければこの世から消えるか、というとそういうものでもない、

  例えば世界一の経済大国でないと、この世に生き残れないかというと、そういうことはない、


  つまり経済というものは勝つ必要はあるけど、戦争のような消耗戦ではないから、勝ちにこだわる必要もない、そういうものではないかと思うのですね。

  ある程度よければよく、目的がそもそも経済においては、最終的なものがなく、最終的な経済とは飽和して、何もできなくなるものだから、経済というものはその国の必要量の応じてあればいいもので、別に他国に勝つ必要はない、


  経済は生産をするもので、消費をするものではない、確かに他国に比べて有利な生産性を持てば、国家として有利に立てるかもしれないが、戦争のような絶対的な優位性にはならないし、やり方によっては、生産性の低いほうが有利になることもある。

  例えば外交的な判断によって、有利に立ったりね、経済というのは枠の中のものであるから、それほど簡単には有利不利が決まらない。


  戦争は物理的に直接ぶつかるから、有利不利が簡単に決まるし、勝たないと直接的に被害が出る。

  しかし経済はもっと間接的なものだから、有利不利が簡単に決まらないし、直接的に勝てなくても、どうにかする手は色々ある。


  今の日本の問題点は、経済において勝つこと、という奇妙な妄想にとらわれていることではないかと思うことがあります。

  そもそも経済は最初から限界のあるものであり、また飽和状態になってしまえば、それ以上何もできなくなってしまうものだから、どこまでもうまくいく、どこまでも勝ち続けれるものではない。

  そういうことを客観的に、相対的に眺めつつ、日本の経済を考えていけば、生産性を上げ続けて勝たなければだめだというような、異常な考え方にはならなかっただろう。


  経済と戦争は違って、戦争は消耗がメインだし生存競争だから、勝たないと消耗をしてやられる、しかし経済は生産であるから、勝ったら勝ったで経済が飽和して手詰まりになる、

  つまり経済的に勝つことは、純粋な意味で言えばそんなに意味があるわけではない、それほどこだわらなくてもいいことだといえる。


  戦争は消耗だから、うまくやれば消耗して生産して(もしくは略奪して)、また消耗して生産をして、を繰り返せば、永遠に続けれなくはないけど、

  経済の場合はそれだけで見ると、生産だけをするものだから、飽和してしまえばもうやることのなく、ある意味勝ちに行くという選択肢はないといえばない。

  
  経済は最初から限界のあるものなので、そこで勝ち続けなければいけないと考えてしまうと、必ず失敗してしまうものなのではないか、なぜならそんなことはできないからだ。
 
  だから経済を軸に勝負をしていくという考えがおかしいわけで、経済だけで勝負をしてどうにかしようというのは、最初から不可能なわけです、

  だからそれを回避すべく、何らかの第二第三の手を打って、国を有利にさせるのが本来の国家運営ではないか?、

  外交とかそういうことを使ったりして、国を有利にする、経済の有限性を認めつつ、国家運営をするのが本当は正しいはずだろう。


  まあとにかく、経済で勝つという考え方は、実態としてあまり意味がないということで、日本だって勝っていたはずが無茶苦茶になっているわけだから、経済の優位性などというものは、それほど価値はないということだ、
  
  もしくは優位性を利用するというところに、経済の本当の価値があるのかもしれないが、 とにかく国家というものの形の上では、経済は戦争のように勝たなければいけないものではなく、間接的なものだから、利用価値を持つ形をもてるかどうか、そういうものを模索するものではないかと思う。

  だから、単純に経済的に勝つという必要はなく、経済の優位性だけを信じるという考え方は、何も生まず、何の意味もないのではないかと思います。





    それではもうそろそろ書く量を増やしてもいいのですけど、しばらくはこんな感じで、週一回くらいになりそうなので、次回も来週の水曜に書こうと思っています、最近ちょっと疲れることがありましてね、しばらくはこんな感じになるかもしれませんが、ま、とにかくまた次回書いて見ようと思います。






関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR