03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

人を下げずに世界を下げろ、

    どうもこんにちは


 


  株価が下がっていますね、福田政権になってずっと下がっているけどこれはひどいな、このままいくと一万円割るかもしれませんね、 まあ原因はアメリカのサブプライムローンの焦げ付きによって、世界経済が収縮したことが原因ですけど、にしても下がりすぎじゃないですかね、ちょっとおかしいような気がします。


  たとえば日本は実はサブプライムローンとは関係がないらしく、日本の金融機関はほとんど買っていなかったらしいんですね、だからそれによる直接的な被害というものは無いらしいんだけど、


  しかしそれにしちゃダメージがひどいですね、私には日本の経済崩壊のようにすら見えるんだけど、やはりここ数年の自民党政策がこの国の経済に止めを刺していたのかな、



  自民党のやっていた新自由経済政策は、急激な格差を生み、一部の裕福層と多くの貧困層を生みましたが、そういう形というものは消費が急激に減退しますから、実体経済は衰退するはずなんですね、


  しかし小泉政権の最後のほうは一時的にしろ、経済数値は上がってはいたわけで、これはなぜだろうと思っていたのだけど、どうやらそのからくりがばれてきたのかもしれません、



  どうしてそう思うかというと、新自由主義は極端な格差を生みますが、貧困層が増えて極端に消費が落ちるというのはあるとしても、同時に裕福層が増えますから、そういう人たちによる消費というものは発生するわけです、 しかしそういう人々の消費は偏ったもので、たとえば数億のお金を持っている人がいたとしても、それを個人的な食費等で使うことはできないでしょう、多分持っているお金のほとんどは使えないはず、ならばそういうお金はどうなるでしょうか、



  まあ答えを言っちゃうと、そういうお金は投資をして市場に返っていくわけですけど、その市場で儲かってまた金持ちのところに返っても、お金持ちはそのお金を個人的には使いきれずまた市場に戻すわけです、


  そしてそれを繰り返すとどうなるかというと、市場にだけお金が集まることになり、それ以外にお金がほとんどなくなってしまうわけです、



  そういう形というのは、確かに市場にお金は集まるので、経済指標等はあがる可能性はありますが、たぶん実体経済は破壊されるでしょう、だからそういう形を経済的に持ってしまうと、市場の流れによって経済指標が大きくぶれやすくなるはず、


  私は素人なのでこの考えを明確に証明することはできないけど、たぶんそうなんじゃないかな、だから今回の日本の株の暴落は、実体経済の反映みたいなところもあるのではないかと思います、だってサブプライムローンと日本は直接は関係ないし、日本の貿易はアジアが中心なわけだから、ダメージがあるにしてもちょっとおかしいですよね、なんか今回のことは自民党政治の問題点が露呈したようには見えますけど。




  それで後はもうひとつ、今週末に大阪で知事選挙があるらしく、これも大きな政治問題なのではないか、と思っているのですけど。


  知事の候補に挙がっているのは、自民のタレント候補の橋下という人と、民主党の大学の先生をなさっていた熊谷という方と、後は共産党の梅田という候補の方ですね、



  この選挙は最初のうちは自民のタレント候補がかなり有利だったらしいのですが、ここに来て民主党候補が追い上げてかなりの接戦になっているようです、 大阪の方の関心も高く、9割ぐらいの方がこの選挙に興味を持っているようです、


  今回の選挙は本来ならば、もともとやっていた太田知事が引き継ぐだけの選挙になるはずだったのですけど、太田氏にスキャンダルが起きて今回の選挙を辞退して、それで新しい候補による選挙になったのですが、



  それで各党の新人候補による選挙になっているわけですが、ただ考えてみるとそもそもの大田前知事の辞任が変なんですよね、なぜかというと急にスキャンダルが出て作為的にやめさせられたような、そういう辞任に見えるんですよ、 


  どうしてかというと、少し前に民主党の候補が大阪の市長選挙で勝って、その現場に太田氏が駆けつけたことに対して自民公明が批判したんですが、その後にスキャンダルが出てきて、それが原因でやめさせられたんだが、怪しいというか、どうも都合がよすぎるんですね、


  これは私の読みだが、大田前知事のスキャンダルは自民公明が仕掛けたものではないかと思っている、そして太田知事がそういうことに手を染めたのも自民公明によるもので、そういう犯罪的な連帯性を持つことによって、知事を長年操っていたのではないかと、まあ個人的には思っているのですが、



  まあとにかく今回の大阪知事選挙、大阪の人にとっては正念場でしょう、ここで間違った判断をすれば地獄が待っている、大阪には莫大な負債があり今にも破産しそうではある、そしてそれを作ったのは自民党と創価学会である、それがなりふりかまわず選挙に勝とうとしていることの意味は何かといえば、私には何かの証拠隠滅と責任転嫁を狙っているようにしか見えない。


  だから今回の大阪知事選挙は真剣に考えた方がいいのではないかな、自民党と公明党の作った借金を背負わされるかどうかという、選挙だからね。


 




  さて、それはいいとして今日はなんだか前段が長くなりましたが、人を下げずに世界を下げろ、ということでも書いてみようかと、最近の論を見ると、よく何かを上げるべきだ、何かを高度化すべきだ、という意見が多いように思います、 確かに何かを良くしていくことは意味のあることであり、それが間違いだというわけではないのですが、


  しかしその良くなることのために多くの犠牲が払われ、しかもその犠牲になったものに対する保障や対処がない、 つまりこの形は犠牲の上に世界をよくしようではないか、そういう考えに見えるのですね、

  まあそういう考えがどれも悪いわけではないですけど、しかしそういう考え方は冷静に見てみるとただ単に犠牲を生んでいるだけだともいえるわけです、 ではその物事が高度化していくことと、それに対する人間の犠牲という二つの関係というものはどういうものなのか、ということをちょっと考えてみたので書いてみると。



  それで人を下げずに世界を下げろということで、相変わらずもうタイトルに答えが書いてありますが、まあこのタイトルのいうとおり、世界の高次化のために人が犠牲になる、のではなく、人が生きるために世界の高次化を犠牲にしたほうが正しいのではないか、そういうことを書いてみようと思っているのですが。



  世界の高次化というものは、人間の技術的進歩が、人を凌駕しそれ自身の目的のために人を動かすようになってきて、人の生み出したものが人の主人になってきたそういう偏った世界、そういう方向性だと思うのですが、その高度化してきた世界というものは人を主人にしないので、人にとってはありがたくない世界になってしまうわけです。



  政治、経済、科学、そのどれもが本来は人のためにあるものだったが、いつの間にかそのそれぞれが人間の犠牲の上に自らを成り立たせようという、歪んだものへと変わり始めている、 政治思想のために人の犠牲はあるべきだ、 経済思想のために人の犠牲はあるべきだ、 科学思想のために人の犠牲はあるべきだ、 犠牲犠牲と、犠牲を繰り返し、そのおのおのは進歩しましたが、結果としてあまり人の役に立たないものになってきてしまったようにも思います。



  これでは政治も経済も科学もそれに類するものも、人を犠牲にするためにあるようなものになってしまい、それぞれの高次元化というものが意味がないというわけではないが、冷静に見れば人の害にはなってしまう、



  だからこういう場合はかえってそういうものを、引き下げてしまったほうがいいのではないか、そんな風にも思うのです。



  人の生み出したものが、人の生きる世界を作るものだとするならば、人が生きるのに必要な世界でもある必要があるのではないでしょうか、つまり人が生きる基準に世界を合わせる必要もあるのではないか、そう思います。


  だから政治経済科学等についても高次化や高度化において、限度というものを考えておいたほうがいいのではないか、例えば政治の高度な手法であって、それに意味があったとしても、それが人が生きる障害になるものならば、あえて否定してもいいのではないだろうか、


  普通だと、良い方法や良い手法というものは、否定できないけどここまで世界が高次元化してくると、たとえそれがいい方法であっても限度を超えてしまうことがあるのではないだろうか、そしてそういうことが簡単に起こってしまうくらい、今の世の中は高度なものになってしまっていると思う。



  まあとにかく私の言いたいことは、人類の歴史も長く、その歴史によって、人の生み出したものは十分高度化し、それにより物事や、考えの高度化が逆に意味のないもの、もしくは問題化を生むものになってきているように思えるのです、


  そもそも人間というものはそんなにたいしたものがいる存在ではなく、そんな高度な世界は要らないわけだから、このあたりでこういう高度化を目指すべきという考えに偏らずに、高度化の限界というものにも目を向けるべきではないだろうかと、


  今までは新しいもの、優れたものが人を救う、そういう世の中だったけど、今は逆にそういうものが人を追い詰め、人を不幸にしていることが多いので、人のすむ世界の高次化高次元化はいいとしても、その限界が来ていることも同時に考えるべきではないか、と思ったので書いてみたのですが。


 


 


    それでは今は週一回ですので、次回は来週の水曜になります、では次回まで。


 


 


 

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR