03 月<< 2021年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

変わってきた感染の傾向、対策が難しいコロナ重傷者、失敗した自民コロナワクチン、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  だんだん暖かくなって春が近づいていますが、今年もコロナ問題は続きそうです、


  それはともかく書いてみると、コロナの感染は減少傾向があるようだ、感染して苦しむ人が減るのはよいことで、自民党やスガのアホが苦しむのは正しいが、普通に暮らしている人が困る必要はない、


  コロナ感染者が減って多くの人が、平穏に暮らせればそれはいいのだけど、感染については多分だけど、私がいつもいっている連休の影響が出ていると思う、

  去年までは感染が広がっても、連休になると減少しやすい傾向があったので、その影響で大きな感染拡大が起きても、上手く収まっていた、


  しかし12月の終わりの頃かな、連休や冬休みになっても感染者が減らなくなって、これはおかしいなと感じて、

  その後急激な感染の拡大が起きてしまい、沢山の人が亡くなった、

  私が感じたのは月曜日になると感染者が減るけど、実はこれも連休の効果ではないかと思いました、


  一般的には月曜日は前日が日曜日なので、保健所が休みになって検査数が減りやすく、その影響で感染者が少なくなるといわれていた、

  しかし1月の感染の傾向を見てみると、月曜日になっても殆ど減らなくなっていて、検査数と感染者が比例する関係がなかった、


  私の想像になるけど不要不急の外出を避けるという考えが、去年の6月くらいは強くあったから、その影響で日曜や土曜に外出する人が減って、結果として以前は月曜日の感染者が減っていたのではと感じました、


  実際1月の感染者を見てみると、月曜日と他の日の感染者の違いが少なく、それが長期的な感染拡大を生んでいた、

  今は月曜日の感染者が減りやすく、やはり不要不急の外出を減らす考えが強くなって、感染者が減少する効果を得やすくなったように見える、


  これからどうなるかわからないが、緊急事態宣言を出して多くの人にアピールをすれば、不要不急の外出が減って感染も減るだろう、

  もっとも1月の感染者はかなり多いので、それがどの程度減るかはよくわからないところがある、


  また一時的に減少したとしても、以前も書いたように潜在的な感染者の増加があるため、感染の波が起きたときに大きな被害が出やすい問題は残る、

  正しい判断としては今年度はずっと緊急事態宣言を出して、特に首都圏に関してはやっておいたほうが問題になりづらいだろう、


  日本のコロナ感染は東京を中心に広がりやすい、GOTOトラベルも東京を含めるようになって、日本中で感染が起こりやすくなった、

  逆にいえば首都圏の感染拡大を抑制できれば、日本全体の被害をかなり小さくできるだろう、

  現状緊急事態宣言を続けるなら、3月辺りまで東京などの首都圏を制限し続けて、感染を減らすのが効果的だといえる、


  ただそうしたとしても感染は大きくは減らず、毎日千人程度は出続ける可能性はある、

  根本的な解決をするためには別の手段もいるが、日本政府にはそれを理解する能力はないでしょう、


  次に、感染の問題はどの程度まで、被害に耐えられるかが重要になりやすい、この感染が現状減少しているとしても、減少の傾向が弱ければ被害は発生する、

  医療機関はほぼ崩壊している状態で、感染対策ができる形になっていない、結果として多くの死者が出始めているが、感染が減ったとしてもあまり変わらないだろう、


  コロナの重症患者は長期入院をする方もいて、6ヶ月位入院したままの人もいる、数ヶ月程度集中治療室から出られない患者もいるため、すぐに医療機関側の負担が軽減するわけではない、

  重症化すると簡単には治らなくなるので、できるだけ感染者がゼロに近い状態にしないと、医療機関側の負担を軽減できない、


  完全にゼロにする必要はないだろうが、大きく数が減ったとしても医療崩壊のリスクは、それほど変化しないため、大幅に感染者を減らさないとコロナ対策は失敗する、


  いま重症患者は1000人くらいいるといわれるが、その人がある程度回復するためには、数ヶ月程度かかってしまう、

  つまり数ヶ月程度は感染者を大きく減らして、重傷者が退院できるまで対策をしなければいけない、


  自民党は金が全ての連中だから、コイツラにとってはコロナによる自分の損失が大きくなると困るので、その辺りが判断基準になるだろう、

  だから緊急事態宣言を出したけど、その緩和条件はかなり緩くなると見てよい、しかしゆるい条件で緩和してしまった場合、早期に重症患者の問題が発生する、


  コロナの重傷者はいわゆる肺炎患者ですが、この病気は簡単には治らないので、インフルエンザみたいに症状が軽くなったら、すぐに活動できるわけでもなく、ある程度元気になったとしても入院を続けなければいけない場合もある、


  以前から書いているように、コロナ対策は戦略的判断が重要になり、知的な判断力を持った人でないと対策ができない、

  現状起こりうるのは利権政党である自民党が、医療機関の負担を全く無視して強引に、緊急事態宣言の解除をする可能性だ、


  解除をすればまた感染は広がるだろうし、感染がそれほど減っていない状況で、解除をするだろう、

  コロナ対策はタイミングが重要になるから、ロックダウンを始める時期や終わらせる時期を間違えると、結果として失敗してしまう、


  死者も増えてきて多くの人にとって、コロナが怖いものになってきたので、不要不急の外出を控え感染が減るのはよいが、

  そのコントロールをする自民党がバカすぎるので、何らかの形で状況が好転したとしても、またと同じ問題が起こるのではと思っています、


  後は、コロナ対策としてワクチンが重要だといわれるが、どうやら日本は今年は受けられないようだ、

  海外のメディアでも日本のコロナワクチンは、来年にならないと受けられないと書かれていて、日本に供給されるワクチンや制度から見てそう判断したのだろう、


  私は厚生労働省やマスコミの報道を見ていたので、ある程度は今年にできると想像していたが、どうやらその可能性は低いらしい、

  海外から輸入されるワクチンの数が少なく、今年中に送られてくるとはいわれているが、いつになったら来るかわからないようだ、


  またワクチンの接種は特別な施設がいるため、一般的な病院ではかなり難しい、インフルエンザはそこら辺の病院で受けられるが、コロナのワクチンは特別な設備がある医療機関でないとできないといわれている、


  更にワクチンは副作用があるらしく、人によっては重症化する可能性もある、重症化しても適切な処置をすれば助かるが、そのための対策も必要になる、

  ワクチンを日本人全員に接種するためには、膨大な手間がかかるが現状計画はできていない、

  自民党はバカなのでワクチンをどうするか考えておらず、情報の共有も全くできていないので、計画を立てられない状況にあるようだ、


  たぶん医療関係者は仕事先が病院だから、それほど難しくなく受けられるだろう、入院している患者もある程度受けやすいかもしれない、

  介護施設も計画的に行えば受けられるが、それ以外の人はどうなるのだろう、

  
  自民党はマイナンバーカードを使って、ワクチンの接種を行うといっているが、マイナンバーカードは国民の二割くらいしか持っていない、

  このカードは確定申告で使うし、会社で登録するためにも必要になるけど、もう働いていない高齢者は必要がないから持っていないだろう、


  そう考えると本来受けるべき高齢者が、マイナンバーカードを持っていないわけで、制度として成り立つ可能性は低い、


  マイナンバーを使ったワクチン対策は、本来はマイナンバーを使った利権や商売が目的だろうが、利権政党である自民党はその方向性を重視しそうだ、

  そうなると現実的な対策ができないので、マイナンバーカードを持っていないとワクチンを受けられないとか、そんな騒動が起きそうだ、


  ワクチンは本来オリンピックのために用意されていて、大会が行われる前に国民が接種をする予定だったが、

  何故かそのような計画はなくなってしまい、ワクチン無しでオリンピックをするといっている、


  海外からくる選手や、国内の大会関係者も受けられないとすると、根本的な安全対策はできなくなる、

  更にボランティアもワクチンなしとなれば、大量感染の原因になるだろう、


  自民党は利権政党で現実的な意味に興味はなく、自分の利益になるかが政治の判断になっている、

  ワクチンも金になる点は興味を持つだろうが、それ以外については全く興味を持っていない、

  実際ワクチンをどうするか計画もなく、具体的な情報は一切出ていないので、はっきりしないところが多くある、


  感染は時間とともに広がってしまうから、去年に比べて今年は大きな感染が広がるだろう、

  そのためには早めのワクチンがいるのだが、自民党は全く対策ができていない、


  具体的な情報を元にした計画が必要だが、現状そんなものは存在しない、今から接種の計画を決めるらしいが、そうなると始まっても半年後くらいではないか、

  自民党が対策をすれば感染の被害は減らせていただろう、しかし連中は利権を漁るただの犯罪者だったため、計画性もなく今年のコロナ対策も場当たり的で、失敗を繰り返しそうです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR