03 月<< 2021年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

コロナで潰れた憲法改正、ロシアと戦争するイージスシステム

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治的な話題を長く書いていますが、あれ本来私引退していたはずのような、、

  うーむ、政権交代までが私の仕事だと思っていたけど、小沢氏の政治とカネの問題というインチキや、野田がちゃんと政治家として行動しないとか、


  殺したアベとかアホのスガとか、どこまでいっても劣化する政治を見ていると、書くしかないと思ったのですが、


  政治的な話題としては憲法改正があるか、アベのクズが言っているアホ話ね、

  元々自民党には軍部の残党が存在していて、アベの祖父で中国で人体実験をして沢山人を殺して、その人体実験データと引き換えに死刑を免れた屑がいるんだが、


  クズはアメリカに忠誠を誓い、日本をアメリカの奴隷国家にしようとしたのだが、途中で右翼に刺されて総理を辞めた、

  昔の右翼は愛国心を持っていたが、今の連中は政府の犬でしかないただの奴隷で、国家や社会など全く考えていない、


  もっともそういう連中はネットで騒いでいるだけで、本来は右翼でもないのだろうけど、


  むかし戦争で負けた戦前の軍部は、自分らは権力者として日本の支配者になる、そういう形が永遠に続くと考えていた、

  戦時中の軍部は軍部ではなく自分を王様と考えていて、自分のために国民が死ぬのは当然だ、戦争に負けたとしても俺は王様だと、


  そのような考えを持っていた連中なので、戦争に負けたあとも自分の独裁権力が続いて、軍事独裁国家をやる予定だった、

  しかしアメリカが軍部の残党を潰そうとして、結局その話はなくなった、

  よくいわれるアメリカが短期間で日本の憲法を作ったというのは、日本の軍部が自分の独裁を続ける憲法案を出そうとしていたので、それを潰すためにやった側面もある、


  結局日本の憲法はアメリカ的な民主主義になって、軍事独裁の傾向はなくなったのだが、

  その後朝鮮戦争が行われて、日本の防衛を米軍がするのが難しくなり、日本の軍隊を復活させる過程で軍部の残党を政治や社会に復帰させた、


  アベのクズや詐欺師の小泉などは、元々軍部の残党であって政治家ではない、アベのクズは人体実験をした人殺しの孫だし、そういう関係で大金を得て政治家になったといわれる、

  詐欺師の小泉は小泉組と呼ばれるヤクザか、テキヤの組長の三代目で初代は政治家だったけど、本業は犯罪者だった、


  詐欺師の小泉の祖父は戦争中に、体中に入れ墨を入れて兵隊になるをやめた、だから俺は平和主義者だといっていたらしいが、

  実際は暴力団の組長になるために、全身に入れ墨を入れただけで平和主義者ではなく、ただの犯罪者だった、


  この二人も軍部の残党の意味が強く、元々自民党内部には軍部の残党が結構いたが、そういう連中は自分は王様だと考えているから、軍事独裁の権力者になるのが目的になっている、


  この辺りが自民党を判断するのが難しい点で、あるところから急激に性質が変わって、軍部の残党の影響力が弱かった頃は、アメリカの作った憲法に則った政党だったが、

  そういう人の影響力が低くなってからは、詐欺師の小泉などの軍部の残党が、自分は日本を支配する王様だと主張し始めて、狂った政治をするようになった、


  実際アベなんてほぼ王様感覚で政治を行っていたわけで、このアホがやっていたのは軍部の残党がやりたかった、戦後の別の未来の国の形だったわけだ、

  国民にとっては殺すべき犯罪者でしかないが、今更軍事独裁を目指すなんてバカだし、何の価値もない話である、


  憲法改正とはいうけど、その理由としてあるのが軍事独裁であって、軍部の残党に変わった自民党は王様になろうとしている、

  国民は奴隷にしようとしている、今の社会や政治を考えてみればわかるけど、自民党は民主主義国家を王様と奴隷の国に変えようとしている、


  その根本的な目的が憲法改正なのだが、正直いえば現実的な意味はない、


  なぜかというとまずコロナウイルスが広がったので、大規模な選挙をすれば必ず国民が批判をするかだ、

  今の状態だと選挙自体かなり不可能になっていて、ある意味総理の解散権も封じられている、


  元々総理の解散権なんてものはなくて、マスコミと詐欺師の小泉が結託して、勝手にあったことにしている詐欺なのだが、

  軍部の残党は民主主義的な手続きを使い、その正当性を利用いて独裁者になろうとしている、

  しかしコロナの感染によって民主主義的な行動はできない、だからアベのクズがいう憲法改正はまず無理だ、


  マスコミは憲法改正に賛成で、なぜかという改正のための宣伝は、多額の資金を政府から得られるからだ、

  連中は理念なきただの犯罪者だから、金になるなら国を滅ぼしてもよい、そういう考えしか基本的にない、


  本来ならばそうなのだけど、今はコロナ問題があるのでニュースでも、まず最初に感染問題が報道される、

  その状況で憲法改正のニュースを出したとしても、どうでもよい情報にしかならないだろう、

  
  憲法改正はマスコミのプロパガンダを使い、国民を騙して行う行為である、

  以前から自民党やアベのクズの憲法改正についてチェックしているが、まともなところなど一つも存在していない、


  前も婚姻維持の義務と憲法改正案にあって、離婚したら憲法違反になるとか、イスラム国ではあるまいし、自民党はとにかく狂っている、


  普通ならば意味不明な憲法改正は無理だから、当然嘘をついて騙そうとするだろう、

  そのためには大量の宣伝をしなければいけないが、コロナウイルスの感染以上の影響力を持つのは現状不可能だ、


  だから宣伝をしても意味がない、更に国会でまともに野党と議論したことが一度もないから、そういう連中が国会で協力関係を築くのは難しい、

  マスコミは権力の犬としていきたいと考えているので、なんとか野党の取り込みなどを考えているが、そうしたところでコロナの問題がある以上かなり難しい、


  不思議なことだけど日本の平和は、コロナウイルスが守っている、人間の害を病原菌が抑制するとは、奇妙なことであるが、

  実は昔の黒死病が広がったときも、権力者の多くが亡くなって世の中が変わったといわれる、


  病気がよいわけではないけど、日本人はまもとな判断力がないから、これからはコロナウイルスの拡大と、軍部の残党の戦いが始まるのでしょう、

  (そういえばアベの祖父は細菌兵器の開発で、人体実験を繰り返していたから、歴史的な因縁もあるのかもしれません)


  あれまた残りのスペースが少ないが、政治的な問題としては自民党が攻撃ミサイルを作るといっている、

  相変わらずバカしかいないアホ組織だが、憲法にそんな事できると書いてあるわけ無いだろ、ホント馬鹿に付ける薬はないが、


  この問題は個人的な想像になるが、多分地上イージス問題とリンクしていると思う、


  ロシアのメディアの情報なので偏りもあるが、そこでは日本の地上イージスの仕組みは、ミサイル発射装置としても機能するのではといわれていた、

  確かに地上イージスは迎撃ミサイルを発射するのだから、多少工夫すれば敵基地を攻撃できるミサイルも発射できるだろう、


  実際そういう事が可能だとロシアメディアはいっていて、専門家もその点は認めていた、


  日本のミサイル防衛は北朝鮮をターゲットにしているようで、実はロシアあたりを狙っている可能性が高い、

  ミサイル防衛システムは、ヨーロッパにも存在していて、ちょうどロシアを包囲するように作られている、


  つまり日本で行われている、ミサイル防衛はロシア包囲をするための設備で、北朝鮮はあまり意味がない、

  よく考えると北朝鮮のミサイルがアメリカを狙うから、日本が迎撃しなければいけないというのは、ロシアのミサイルがアメリカを狙うからと考えたほうが現実的な意味がある、


  アメリカは核ミサイルの開発についても、ロシアとの協力関係を止めるようにしていて、ロシア側はある程度誠意ある対応をしていたが、アメリカが強引に核軍縮をやめてしまった、

  そして核や長距離ミサイル開発をするアメリカは、冷戦的な発想が残っているとすると、ロシア包囲をするミサイル防衛システムと、核開発による政治的な優位性を狙っているかもしれない、


  日本が敵基地攻撃できるミサイルを作るとか、アメリカを狙うミサイルを迎撃するシステムを用意するなど、冷静に考えればおかしな話だ、

  北朝鮮にそんなことをする余力はなく、そもそも北朝鮮は軍事的脅威とはいえない、じゃあ何が驚異でアメリカは興味を持っているのか?、


  単純にいえば日本のミサイル防衛はロシアの核攻撃の抑制であり、地上イージスにミサイル発射能力があるのは、ロシアへのミサイル攻撃だろう、

  そして事情があって地上イージスが無理になった途端、急に敵基地攻撃できるミサイルの開発をするのは、偶然とはいえないような気がする、


  冷戦とは大国同士の闘いであり、小国は自主的な行動や判断ができない状況にあった、

  もしアメリカにそのような発想がまだあるならば、日本の自主的な判断としてミサイル防衛システムがあると考えないほうがよいだろう、


  急に敵基地攻撃できるミサイルの話が出たのも変だ、北朝鮮は軍事的にいえば脅威ではなく、特にアメリカにとってはどうでもよい相手だといえる、

  じゃあなんでアメリカはこだわり日本に、特別な効果な装備を売りつけるのか、アメリカの防衛に協力しろといいつつ、明らかに敵にならない北朝鮮が対象なのか、


  根本的にいえばアメリカはロシアを攻撃するために、ミサイル防衛システムや敵基地攻撃できるミサイルの開発などを、日本に行わせようとしているのだろう、

  だからアベのクズはロシアとの交渉に失敗し、北方領土も没収されたわけだ、それは日本がロシアに対して軍事的な対立をしたのが理由だ、


  これは私の想像であるけれど、ロシアはミサイル防衛システム対策の兵器開発をしている、その点を見ても日本などを自国の敵と見ているのは間違いない、

  政治の世界は根本の部分は知ることはできないが、急に変な行動が起きた場合は何らかの理由がある、


  日本が急に敵基地攻撃できるミサイルを作るのは、元々他の方法で敵基地の攻撃をする予定で、

  その対象はアメリカが興味を持つほどの敵であり、明らかに北朝鮮ではなくもっと大きな相手だ、


  中国と考える人もいるが、よく考えてみればわかるように、日本のミサイル防衛はは北に向いている、

  じゃあ北にはどんな国があるでしょうか、こうやって見えない形で日本はリスクを負わされ、何かが起きたときに大きな被害を受けてしまうわけです、

 
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR