03 月<< 2021年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

山本太郎氏に起こった騒動、高齢者が被害を受けるアベコロナ問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治的な問題が多くなっていますが、コロナ以外だと少し前ですがれいわ新選組で騒動が起きたようだ、

  この組織は山本太郎氏が運営していて、実はあまり詳しくはなかったのだが、太郎氏がやっているのでまともだろうとは考えていた、


  そうしたら候補者の一人が、命の選別をすべきだと動画を投稿して、批判を浴びて辞めたらしい、

  山本太郎氏が命の選別をすべきだと、考えるわけがないのだからただのトラブルだろうが、こうなったことには原因があると思う、


  以前も書いたのだけど、東京都知事選挙では山本太郎氏の得票が60万くらいだった、同じ程度維新が得票を得ていて、個人的にはこの2つの票は一つになるのでは、もし維新が出ていなければ山本太郎氏の得票は100万を超えていた、そういう話を書いた覚えがある、


  なぜそうなるかというと、実はれいわ新選組と維新の党は考え方がかなり似ている、もしくは以前あったみんなの党に近いかもしれない、

  経済は需要と供給の関係で成り立つため、効率よく生産できる仕組みができあがってしまうと、供給が需要を満たし経済的な拡大が起こらなくなる、


  需要と供給の釣り合った状態では経済は飽和し、実際日本では数十年大きな成長が起きていないが、それは経済が飽和して成長する余地がなくなったからだ、

  じゃあ成長はできなのかというと、例外的に可能なのが金融政策である、金融は現実的には存在していないため、リアリティを持った取引は行われない、


  そのため金融は現実世界の需要と供給と関係が低く、過剰な供給や過剰な需要という形ができても、仕組みとして問題が起こらない、

  経済飽和が起こるとそれ以上の拡大に対しては、金融政策による擬似的な方法しかなくなるのだろう、


  結果として飽和経済状況においては、通貨や金融資産を重視するマネタリズム的な方法論が強くなり、日本では新自由主義がでて詐欺師の小泉が影響力を持ち、

  それを真似て同じような新自由主義のポピュリズムをしているのが、大阪の維新の党である、


  れいわ新選組の方向性はマネタリズムとしては同じで、国家の通貨発行権などを国民のために使う所が違う、

  多少形は違うが金融を重視する社会主義と見ると、れいわ新選組の政策はだいたい分かるだろう、そういう意味でいえば共産主義の弱点を補っているといえる、


  共産主義は通貨の価値をなくして、その上で公平な社会システムを作る考えだった、しかしそのような状況を維持するだめの財源の問題があった、

  山本太郎氏の発想は共産主義に足りない、財源問題をマネタリズムで補って、新しい社会主義もしくは経済重視の左翼的なものになっている、


  それが現実的になりつのかという意味もあるが、実際新自由主義は企業が国家の通貨発行権に依存して、国家の権利を利用して企業だけが儲かる仕組みになっている、

  このような方法論は狭い経済になってしまう欠点があり、経済的な恩恵を受けられる層が小さいため、社会全体に対する影響力がなく社会衰退を招く欠点がある、


  非現実的な意見を言っているように見えるし、たしかにそういうところは山本太郎氏にはあるが、実際現状でも大企業などは国家の通貨発行権を利用して、莫大な利益を得ているわけだからそれを国民対して行ったとしても、実態は対して変わらない可能性がある、


  それに国民対して通貨発行権を利用した支援をすれば、大きな形で経済の枠ができるから社会衰退を防げる、

  とはいえこのような方法は新自由主義を利用した、狭い経済圏を使った疑似独裁を目指す方向をは相容れないため、権力者には好かれないだろう、


  話がずれたが、マネタリズムという意味でいえば維新とれいわ新選組は本質的に同じところがある、

  基礎は同じで企業のために国の権利を使うか、国民ために使うかの違いがある、

  だから十分に考えていない人だと、狭い経済圏を使った独裁を目指す新自由主義と、れいわ新選組を勘違いする人が出るだろう、


  なぜかといえば通貨発行権を利用した社会主義というのは、今まで政治論ではなかった話だからだ、

  今回命の選別をすべきだといった人は、悪意があるかわからないがいわゆる新自由主義としてれいわ新選組を考えたのだろう、

  
  自民党は新自由主義政党だが、連中がよくいうのは日本人は今の半分くらいでいい、半分くらい殺して経済規模を維持すると、ある程度安定した生活ができるそう話す人が多い、

  このクズ連中がやっているの国民の間引きで、人間を意図的に減らして戦後世代が興味を持つ、高度経済成長のイメージを維持しようとしている、


  この連中なんて、国民の半分を殺せといっているゴミクズだから、命の選別を徹底的にやっているカルト教団で、そんなのが大きな顔をしていれば同じ発想になる人が、出てきたとしても不思議ではない、


  今回の件はれいわ新選組にとってはびっくりする話だったらしいが、私から見れば起こる可能性が高いトラブルだったといえる、

  ある意味山本太郎氏は天才なのか、普通ではない判断をして行動するが、それを勘違いする人も少なくないのだろう、


  左翼は相変わらず敵と仲間を見たら、仲間だけを死ぬまで殴るサイコパスなので、今回の件も狂ったように叩いていたが、

  本質的な問題があると理解できれば、次回からは問題を避けられるかもしれません、


  次に、これを書いているのは少し前なので、コロナウイルスがどうなっているか分かりませんが、もし広がっていたらかなり大変でしょう、

  もっとも感染者はある以上増えず、それなりの数にしかならないでしょうけど、日本は検査数がかなり少ないため、元々大量の感染者は出ないようになっている、


  私がデータを見た個人的な感想ですが、感染者が出る上限は検査数の一割弱ではないかと思っています、

  例えば3000件検査をした場合は、最大でも300以下の感染者しか出ない、今までの傾向だとそうなりやすい、


  保健所などで検査を受けたとしても、その人が全員感染しているわけではない、実際大半は感染していないだろうし、これまでのデータからする検査数の7~8%くらいが上限ではないかと思います、


  東京は検査数を増やしているが、多くても5000件くらいになっているため、その7%だとすると350くらいになるのかな、

  だから5000件の検査だと、最大でも300から400人までしか、感染者は出ないように感じます、
 

  よくいわれる検査をするから感染者が増える、それは事実で逆にいえば検査をしないと、感染者の数が増えないので、検査数が発生する感染者の上限を決めてしまう、

  ただ検査をしないと感染者が普通に生活をするので、市内感染が広がっていずれ院内感染になってしまう、


  アベのクズの信者は、重傷者が少ないから感染問題などないというが、倫理観のないゴミクズというしかない、

  現代の感染症の問題としてあるのは、特定の範囲の人が非常に病気に弱くなっている点がある、


  中世の頃は高齢者はほとんどいなかったし、病気になったら大半は亡くなっていた、そういう時代の感染症の怖さもあるけど、

  今の世の中は高齢者のいる範囲とか、病気の治療をして基礎疾患がある人など、普通の健康状態ではない人が非常に多い、


  多分数千万人はいるだろうから、そういうところにコロナウイルスが広がれば、すぐに重症化や死者が出てしまう、

  ある意味重傷者が出ていない状態は、警告が出ているような段階で、このタイミングで対策をしないと最悪になるわけです、


  それなのにアベやその信者のアホは、重症化していないから今回のコロナは安全だといっている、ほんと馬鹿は救いがない、


  今の世の中は病気に非常に弱い人が多い、本来医療技術がなければ高齢者や病気になった人は生きていないだろう、

  医療技術によって生命を維持している人は、コロナウイルスに感染すると重症化しやすい、

  現在起きている感染症の問題は、いかにしてそういう人々が感染しないように、抑え込むかが重要になっている、


  テレビでも重症化していないから問題ないとか、雑誌もそういう話をいうアベ犬メディアの人がいるらしいが、

  コロナウイルスは重症化が始まった終わるので、そのような状況にならないように被害が小さいうちに止める、これが唯一の対策になります、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR