07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

九州で広がる災害への対策、コロナに敗北する無能なアベ、意味のない旅行支援制度

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  九州の方で大雨が降って大変ですが、毎年十年に一度の豪雨が降るのは不思議ですね、本当は数十年に一度の災害が数年に一度起こる、厄介な状況に日本がいるのかもしれません、


  それはともかく書いてみると、九州の豪雨は二日間くらい大量の雨が降ってしまい、水深が8メートルまで来た地域もあるらしい、

  8メートルも水かさが増したら、二階に住んでいても助からないわけで、運が悪いというしかないです、


  大雨はいわゆる地球温暖化の影響で、今までとは違う気象が起こりやすくなっているのが原因だ、

  以前は地球温暖化といえば北極の氷が溶けて、海水面が高くなって国が水没するといわれていた、


  そういう問題点もあるのだけど、トラブルが起きているのは南の島が中心で、それ以外の地域ではあまり影響がなかった、

  大きな被害を受けるようになったのは、ここ5年位になってからでヨーロッパでは熱波が来て、ものすごく暑くなって大変だったらしい、


  ヨーロッパは基本エアコンが無いから、扇風機だけで高温の続く日々を過ごして、地獄のような苦しみを味わったと聞いている、


  以前は地球温暖化という遠い世界の話だった、コロナウイルスの問題や異常気象を考えると、日本でも身近な話題になっているといえる、


  コロナウイルスは人間が野生の生物がいる地域に、近づいて危険なウイルスに感染した問題だが、

  九州の豪雨はアジアの南部にある高気圧が強くなって、それがほとんど動かなくなって高気圧の縁の部分に沿って、前線ができて大量の雨が降るようになった、


  日本の近くで雨が降っているように思うけど、実際はインドあたりから続く気象変動があって、その影響で九州で雨が降ったらしい、

  世界規模で自然環境が変わっているため、日本だけの問題ではなくアジア地域全体が、おかしな気候になって、それぞれの国が災害の被害を受けている、


  本質的には地球温暖化対策がいるが、現実的にいえば異常気象が起こる問題に対して、どのような対策がいるか考えなければいけない、

  今までのような雨が降ってから逃げるやり方だと、もう警告が来たときには近所の道が水没して逃げられないなどの問題が起こるため、避難の仕方を変えないといけない、


  テレビのニュースでも家族で逃げようとして、全員が車ごと川に流されたとか、そういう悲しい問題も起きている、

  今の異常気象は短期間で被害が広がるので、一番いいのは予想して逃げることだと思う、

  つまり異常が起きてから逃げても遅いわけで、台風なり雨が降るなら前日には、地域住民が逃げるなどの対策がいるだろう、


  災害はだいたい起こる地域が決まっているから、川のそばとか山の近くでなければ、大雨が降ったとしてもそんなに被害は受けない、

  現状雨が降る予想はできるわけで、雨が降ったから逃げるのではなく、予想が出たので前日に逃げるなどの手が効果的だろう、


  今の雨は急に降るからその前に逃げる、予想して別の地域に移動する、そのような対応を地域の住民や役所などが協力し、予想避難というやり方ができれば被害を減らせる、

  昔は不可能な方法でしたが、現在はできるわけですから、災害が起こる前に逃げておくのが一番効果的でしょう、


  次に、コロナウイルスの拡大が広がっているが、正直どうなるかよく分からないところがある、

  以前も急激に拡大していたのに、ゴールデンウィークの辺りで急に減ったから、今回どうなるか判断はできない、


  とはいえ、ロックダウンをしていない状態では、感染者の減少は難しいわけで、一定数の感染者がいる状態は続くだろう、

  感染の問題は累積の負担が増加しやすく、それによる医療崩壊のトラブルが起こるとまずい、

  例えば一日100人の感染者が出たとして、一日だけならばなんとかなるけど、一月になれば3000人の感染者になる、


  そういう人々を管理すのはかなり大変なので、一定数の感染者しか出ず爆発的に増えなかったとしても、累積の感染者による医療への圧迫は強くなるだろう、


  日本はアベのアホが原因だろうが、とにかく感染問題への対策を全くしない、検査をして感染者を減らすとか、医療機関に支援をして問題に対応する、もしくは経済支援をしてロックダウンを行うなどをしない、


  全て自己責任で行っているので、社会や医療機関は疲弊してしまって、これ以上はコロナに耐えられなくなっている、

  
  今の状態は2つの要素が合わさって、最悪の状態になる可能性がある、それは何かというとコロナに耐える力が落ちている点、もう一つはコロナウイルスの根絶を目指していないため、常に感染者が一定数いる状態が続いてしまうことだ、


  一定数のコロナ患者がいれば、その負担は社会や医療機関にダメージを与える、今は長期間経済封鎖をしたので多くの地域で問題が起きている、

  ラクダの荷に藁を一本乗せて背骨が折れるいう、比喩的表現を聞いた覚えがあるが今の日本はそれに似ていて、ある以上コロナに耐えられないのに重しが増える状態にある、

  (ラクダの背にいっぱい荷物を乗せて、更に藁を一本乗せると背骨が折れる比喩の話です、欲張ってはいけないという意味かな)


  アベのアホがすべての原因だが、この低能は人の役に立とうという考えがまったくないから、コロナウイルスで被害が出ているけど、それが何なのかコイツは理解できていない、

  人が自分のせいで死んでもどうでも良いと考えている、人間のクズなので社会問題を考えられないアベでは、コロナ問題は最悪な方向に進んでしまう、


  これからどうなるか分からないけど、多分そう遠くない時期に日本はコロナでギブアップをする可能性がある、

  被害に耐えられなくなって対策が機能しなくなってしまう、例えば自粛要請に協力する店が大幅に減る可能性もあるだろう、


  医療機関もコロナ患者への支援をやめるかもしれない、なぜかといえば耐えられない状況に追い込まれるからだ、


  戦略がないのが日本の特徴であるが、コロナ対策もどのようなリスクがあるか考えていないので、アベのアホは無制限に自粛が可能で、医療機関は永遠にコロナ患者を助けられる、永久機関みたいな感覚でアベ自民は考えているから、当然そういう方法は破綻する、


  急に感染者が減ってどうにかなる、偶然を期待する方法もあるけど、現実にいえばこのまま行けば日本はコロナに敗北する、

  それはコロナウイルスが強いからではなく、アベが無能だから日本が自滅するわけだ、


  本来なら経済や社会的なリソースを考え、それによる消耗と効率の良いコロナ対策をミックスして、戦略として組み立てるべきだろう、

  しかし現状は経済などのリソースを完全に無視して、全ての責任を国民に押し付けて、具体的な対策を何もしていないのだから、日本が消耗しきったらそこでおしまいになる、


  同じような形はアメリカも起きているが、日本は運よく第一波は偶然なんとかなったのだから、幸運を利用して次の被害を減らすべきだった、

  それがアベや自民党がどうしようもない低能のアホだったから、第一波の成功は自分の手柄で簡単にできると考え、もう一回国民に消耗を強要しようとしている、


  さすがにもう一回耐えられる力はないだろうから、次回のコロナ大戦は日本の敗北になる、

  運が良ければなんとかなるかもしれないけど、そうでなければ最悪な事態に日本入るでしょう、


  後は、アベのアホが旅行支援をしているようだ、うん?、確かいま県を超えた移動制限していなかったか、

  低能なアホアベだから何も考えずにいったのだろうが、現状で旅行をするのは可能なのか、


  コロナの感染は人の移動によって起こり、東京を中心に日本中に広がる傾向がある、

  本来地方は感染者が増える環境にないため、普通だったらほとんど感染者は出ないだろう、


  それが出るのは都市部との経済的なつながりが強く、都市部で感染した人が他の地域にいって、感染拡大の核になるからだ、


  アベのアホは、感染者は夜の街とかいっているけど、特定の地域や職業を対象にして叩く、いわゆるレイシズム的な発想で、コロナ対策をしているが根本的には間違いだ、

  感染は中央から地方に広がる傾向があって、そうなるのは大半が仕事関係だから、働いているサラリーマンを中心に感染問題が起こる、


  なぜなら世の中で一番移動をするのはサラリーマンだから、そういう人々が地方にコロナウイルスをばらまいて、地域の感染者を増やしてしまう、


  話がずれてきてしまったけど、アベがやっている旅行支援制度は何の意味があるのか、

  例えばこれから感染者が広がってしまえば、緊急事態宣言を出す可能性もあるわけで、もしそうなったら誰も旅行に行けないじゃないか、


  感染が広がったら行動制限をするわけで、旅行の計画を立てていても中止にするしかないのだが、嫌がらせをしているだけに見えるな、

  例えばそのキャンペーンを使って旅行計画を立てて支払いをしたのに、緊急事態宣言になって不可能になったら、多分支援の資金をもらえずキャンセル料だけを支払うのではないか、


  常識的に考えれば旅行など現在不可能だし、大規模検査でもすれば対応できるけど、隠蔽しか能がないアホアベでは不可能だ、

  全く意味のない旅行支援のプランだが、自民党は頭のおかしなゴミ人間しかいないのだろう、連中には常識がない、


  こういう点を見ても自民党がコロナ対策をする能力はなく、極めて低能で全てにおいて終わっている連中だといえる、

  戦後の高度経済成長があって年寄りがアベマンセー、自民党マンセーといっているから生き残れているが、現実的にいえば自民党は社会のゴミでしかない、


  コロナを戦争だと例えるならば、今の自民党は戦前の軍部と同じだろう、コロナ対自民党がどういう結果になるかは、戦前の軍部が最終的にどうなったのかと、同じような形になりそうです、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR