07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

政治家になれなかったトランプの失態、病気になる恐れがあるアベマスク

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  もうすでに夏という感じですが、このまま8月辺りに行くと気温が50度くらいになりそうです、

  それはともかく書いてみると、政治のネタはあるようだが、どれから書くかな、


  1つ目としてはアメリカのデモがあるか、トランプは軍隊を使って国民を殺そうとしたようだが、さすがにそれは難しかったといえる、

  何でもトランプはデモ隊がホワイトハウスに近づいたときに、建物の電気を消して地下に逃げたらしい、


  まるで終戦末期のヒトラーだが、あの有名な動画のような感じだったのだろうか、所詮はペテンがメインの商売人だから、政治家としての理念はなかったといえる、

  トランプはアベと違って多少はいいところもあったが、やはり私利私欲で生きるタイプの商売人は、政治家には向いていないのだろう、


  差別的ともいわれるが昔の士農工商も、ある意味においては本質をついているといえる、それは政治は公平であり、商売は私利私欲である点だ、

  だから政治に商売を持ち込んではいけないし、逆も何らかの問題を生むのだろう、

  冷戦は資本主義対社会主義という、冷静に考えると意味不明な政治の対立があった、本来経済論でしかない2つの考えが、世界を二分していたのは奇妙だったが、


  今の世の中は戦後の後であり、冷戦時代の後であるため、以前の時代の影響を受けそれを悪用する人間が出やすい特徴がある、

  トランプや詐欺師の小泉などの、新自由主義は冷戦時の資本主義の勝利を使った方法論で、本来政治を関わらせてはいけない商売人に、全ての権限を与えて国を崩壊させてしまった、


  もちはもち屋であって、政治は政治家にやらせるべきだったのに、全く向いていない商売人に影響を与えたため、社会も政治もボロボロに崩壊してしまった、


  今回のトランプの件は、自分の私兵として軍隊を使おうとして、多くの批判を浴びて上手く動けなくなった、

  軍隊を使ってアメリカ市民を殺そうとか、私利私欲しかないくだらない商売人だが、そういう人間を評価したアメリカの文化もある、


  日本もそうだが商売人は人の金を盗む、一種の泥棒でしかない連中だから、そんなものを評価しても国民は幸せにならない、

  戦後の焼け野原のような極めて次元の低い社会ならば、経済という原始的な概念も意味を持つだろう、


  それは古代においては政治よりも経済が、社会ルールになりやすかったのと似ているが、発展するにつれて社会は政治的に対応しないと、良い結果を得られないようになる、


  人は寝るときに夢を見て自分の根源を感じ、子どものような楽しさを得ようとするところがある、経済賛美とはそのような原始への退行であって、人が幼稚で無能になっていく現象ともいえる、


  確かに詐欺師の小泉、カルト尊師アベ、トランプなどを見ていると、こういう連中が大きな顔をすると、その国の人は幼稚で無能になるところはあるが、


  よく分からない話になったけど、今トランプは自分の力を使って、国民のデモをやめさせようとしている、

  なぜそう考えるのか、それは商売人の発想は中世で止まっていて、私有財産によって社会が成立すると考えてしまうからだ、


  しかし近代は合理的なルールによってものが決まり、それに関わる人間は大統領であっても、システムを操作する作業員にしかなれない、

  トランプは自分の立場が私有財産だと考え、社会的な責任は負わないと判断していた、しかしそれがデモの問題で破綻したわけだ、


  猿に政治ができるか、今起きているのはそのような意味が強く、知的な思考が全くできない人間が、社会的なトラブルに対応すると完全に詰んでしまう、

  解決策がない状態が今起きているが、唯一できる対策はトランプの辞任だろう、

  政治とは複雑な作業をし高い能力を求められる仕事だ、トランプやカルト尊師アベのような無能で政治経験のない連中では、問題の解決などできない、


  アメリカのコロナ問題はトランプの問題をあぶり出し、デモ対策ができないことでより明確になった、

  伝染病は人類の歴史を変えてきたが、そこで問われるのは問題への対応能力だ、

  プロパガンダを政治的な優位を作る、ビジネス重視の政治システムはコロナなどの問題に弱いところがある、


  今回の件は政治は政治家にやらせないとだめ、そういう単純な問題が出ているように思います、


  次に、アベが配っているゴミマスクは、汚いと有名で下品なアベらしくバイ菌まみれだといわれている、

  聞いた話ではこのマスクには、南京虫が寄生しているといわれていて、下手をすると感染症になる恐れがあるようだ、


  南京虫というのは昔からいて、ダニみたいなものらしいが人間にくっつくと、非常にかゆくなって病気になる場合もあるらしい、

  どこをどうしたらこんなマスクができるのか、品質管理以前の問題があると思うが、低能なアベらしい腐った問題である、


  ただ南京虫というのは非常に小さくで、普通だと殆ど見えないらしく、顕微鏡などで観察しないとよくわからないらしい、

  もしかするとアベ南京虫マスクを知らずに、つけてしまっている人もいるかもしれない、

  このマスクの問題は拡大していて、何故か本来よりも予算が増えたと聞いている、1000億円かかるといっているが、どうしてそうなったのだろうか、


  コロナ問題では各国の実力が出ていて、韓国や香港では政府の対応が優れていて、すぐにいろいろな支援を受けられていた、

  感染したときの食料の提供など、国民が困らないように対策を考えていた、

  しかし日本はほとんど何もしておらず、バイキンまみれのアベマスクしか送られてきていない、アベもバイ菌だが送ってくるものも汚いのは、類は友を呼ぶのだろうか、


  このマスク問題は根本的な点があって、それは国の仕組みが全く機能していないことだ、

  本来ならば日本でもマスクを作れるメーカーはあるし、そういうところに相談して資金を提供すれば、問題なくマスクの用意はできただろう、


  しかしマスクの予算はアベと関係の深い、会社などが猫ばばしてしまって、もらった資金を使って虫まみれのマスクを配っている、

  更になぜ南京虫だらけのアベマスクになったのか、その点を検証する書類は一切ない、誰がマスクを用意したのか全く分かっていない、


  誰が作ったか、どのように用意されたのか、その過程の議論はどうだったか、このあたりの情報は一切ないのである、

  完全にブラックボックスになっていて、なぜ南京虫アベのマスクが届いたのか、調べる方法が全く無い、


  他の給付金の問題でも、誰が会社を作ったのか情報が出ておらず、広告代理店などが予算の半分を中抜していたと聞くが、それに関する書類も一切ない、

  関係した会社に関する情報も全く無く、不自然な所が存在している、

  この給付金に関係する会社も建物が競売にかけられていて、そんなところで給付金の手続きができるか不自然である、


  更にいえばマスクを作っていた会社も、社長の住宅が競売にかけられていたと聞くが、もしかして生活困窮者を隠れ蓑にして、資金洗浄に近いことをするマフィアの手口を、自民党はやっているのかもしれない、


  所詮尊師アベを崇拝するカルト自民党だから、連中にとって犯罪とは善行であって、人の金を盗めば称賛される、それが今の自民党である、

  実態は盗賊とかと一緒なのでね、そんな連中だけどマスクの問題は、簡単な仕事一つ日本政府ができなくなっている、そういう面が見えたように思う


  海外ではコロナ支援に多くの政策を行い、それは地域の国民に行き渡っている、

  しかし日本ではマスク一つ用意するのも難しく、アベ南京虫まみれのゴミ商品を、数カ月後に送りつけているだけだ、


  普通に考えたらなぜ南京虫のマスクなのかとか、そういう情報を調べられるはずだが、誰がどう作ったか全くわからない商品なので、調べようがなく問題になっている、

  アベのクズの影響で日本政府は完全に、何の役にも立たないゴミの塊になった気がする、マスク一つ発注するのも不可能ならば、一般的な取引なと完全に無理だろう、


  日本人は尊師アベを崇拝するマンセー民族だけど、冷静に考えるとこの国は実質的に崩壊している可能性が高い、

  簡単な作業を一つもできない日本政府に、社会的な価値があるとは到底思えない、

  政治家も役人も不正しかせず、ゴミを国民に押し付けているのだから、国の体をなしていない


  日本人は何も考えずマスコミマンセー、自民党マンセー、尊師アベマンセーといっていたが、そうやっている内に日本が大きく崩れてしまったのだろう、

  寄らば大樹の陰と思ったのだろうが、腐ったゴミを評価しすぎたため大樹は腐り、腐臭のするただのごみになってしまった、


  こんな状況でも日本人は現実を理解せず、尊師アベを崇拝するマンセー民族として、南京虫まみれのマスクを毎日つけ続けるのでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR