07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

アベが盗んだコロナの支援金、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治的な話は波が強く、全くネタがない時期もあれば過剰なタイミングもあります、

  今はちょっと過剰な状態ですが、アベのクズは人の金を盗む社会のゴミで、自民党自体も国家の寄生虫でしかなく、国民を不幸にしてそれを金に替える犯罪組織である、


  やっている事自体は昔と一緒だが、戦後の頃の経済がよく社会的な余裕があった時代の方法論を、今の世の中でやるのだから多くの人が不幸になる、

  本来ならば国民が受け取る金を、アベのクズが自分のポケットに入れてしまう、昔ならそれは多少は認められた、しかしいまやるとそれが原因で多くの人が不幸になり死んでしまう、


  状況が違うのに同じ行為をする、人間は頭の中のイメージできていて、現実を理解する能力はない、

  昔に書いた覚えがあるけど、生まれつき目が見えない人は後で見えるようになっても、ものを理解できないと聞いている、


  つまり頭の中にイメージがないと、目が見えたとしてもよくわからないらしい、同じように今の日本人も戦後や自民党のイメージがあるが、今の世の中や自民党のやっている行為の弊害について、全く理解ができていない、


  このクズ連中はただ日本を滅ぼしているだけなのに、国を滅ぼす寄生虫をありがたがっているのだから、日本人はもう現実を理解することはないのだろう、


  今回犯罪者アベがやったのは、コロナウイルスで経済的に困ったお店が、受け取れる給付金を猫ばばした問題だ、

  先祖代々盗人しかいない自民党は、人の金を見たら盗めと親から教えられているため、生粋の泥棒だから盗みしか基本的にしない、


  常識的に考えれば、コロナウイルスで被害を受けたお店の支援ならば、早急に行わなければいけないだろう、

  しかし物取りアベはただの犯罪者だから、支援をするならばその金を盗もうと、相変わらずの犯罪行為をした、


  自民党を見たら犯罪者だと思え、思えというよりこいつら全員犯罪者だが、今回は広告代理店と人材派遣会社に、支援金の管理をする仕事を任せたのに、

  なぜか中抜きをして20億円ほど着服した、その金を盗った会社はペーパーカンパニーで、実態はまったくなかったと聞いている、


  以前もアベの病気がついているマスクを、インチキ会社に作らせてキックバックを受けていたが、今回も同じような犯罪行為のようだ、


  聞いた話では国が行う支援制度に参加するためには、登録などの手続きがいるため基本的に、再受注をして中抜きをするのは無理らしいのだが、

  経済産業省がそれを認めたため、合法的に中抜きををしたと聞いている、

  つまり今回の行為は政府が主導で基に行い、意図的にお店などへの支援金の支給を減らし、手続きなどもしづらくさせていたことになる、

  
  たまたま民間企業が不正をしたのならば、企業側の問題にしかならないが、役所が認めた不正行為となると、問題の意味が変わってきてしまう、

  テレビでも支援金が全く来ないといわれていて、東京都ではレイシスト小池が対策をしたが、実際に資金を得られたのは3%くらいと聞いている、


  国の支援制度も同じような状況らしく、資金を得られないので莫大な借金を背負ったとか、お店をやめなければいけなくなったという話もある、

  経済データでも倒産件数が急激に増えていて、これは国の支援を受けられなかったのが原因だろう、


  多分だけど早めに支援を受けられると考えて、経営の維持をしていたところが全く来なかったので、諦めて店を畳んだのだろうな、


  アベが中抜きをしたインチキ政策は、なぜか広告代理店と人材派遣会社が資金を得ていた、広告代理店はアベのプロパガンダの支援をしているところだろうし、この人材派遣会社は詐欺師の小泉の仲間が関わっていると聞いている、


  共通するのはどちらもオリンピックで、何らかの利益を得る予定だったのだろう、スポーツイベントでは広告代理店が重要だし、

  イベントでは一時的に大量の人材がいるため、派遣会社の仕事も増える予定だったのかもしれない、


  それでアベが仲間だから税金を中抜きしたのだろうが、しかし結果的に見るとかなりまずいといえる、


  なぜかというと、お店の経営のための資金を渡す政策を、知り合いに任せて停滞させてしまったから、

  これによる経済や社会への影響は甚大で、多分このような形で行ったため、真っ当な形に修正するのは不可能だろう、


  つまり中小企業支援は行われる可能性が低く、それによる経済破壊が強く起こってしまう、

  アベのアホやその周囲の連中は、遊び半分で乱暴な車の運転をしたようなものだ、

  なにもないところで車を走らせるならば、大きな問題にならないかもしれない、しかし今回は人通りの多いところで、遊び半分で問題を起こりたようなものだ、修正するのが難しい、


  人殺しのアベはモリカケ問題で人を殺している、頭の逝かれた犯罪者というしかない、

  そして今回は同じように二社は、間接的にしろ多くの人々の人生を破壊してしまった、自分が何をしているのかよく分かっていなかったのだろうな、


  ある以上の問題が起きたら隠蔽はできない、例えば人が死んだらそれを隠すのは難しい、多くの人が不幸になった隠蔽はできない、

  お店への支援をする資金を勝手に使い、それによって潰れて人生がおかしくなった人もいるだろう、


  アベのアホに協力して金を貰う予定だったのが、下手をすると大量虐殺の犯罪組織になるかもしれない、

  昔のアメリカの大恐慌が起きたときは、日常的に人々が自殺をしていたと聞く、それは経済的に破綻したからだ、


  同じような行為を、アベの下僕がしてしまった、これは許される問題ではない、

  最初に書いたけど、人間は頭の中のイメージできて生きていて、現実を理解することはない、


  多分だがこのような行為をした人は、戦後の頃のように資金を猫ばばしても、大して困る人はいないだろうと考えていた、

  しかし実際全く逆で、下手をすると多くの人を自殺に追い込む恐れがある、そんな危険な行為を面白半分でやってしまった、


  最終的にどうなるか分からないけど、アベのアホは無能だし自民党は人の金を盗むしか能がない、ただの犯罪者の集まりである、

  連中に社会的な価値はなく、当然コロナウイルス対策などできない、

  これからも同じような問題は起こるし、経済的な被害への支援は特定の企業への賄賂のために使われる、そういう形にしかならないだろう、


  日本はすでに先進国ではないといわれる、たしかにこういう行為を見ればそう考えるしかない、
   
  人が困っていたらそこから金を盗もうとする、それが日本政府であり民間企業の一般的な活動である、


  こうしてみれば分かるけど、今の世の中は戦後は全く関係のない、ある種の最悪の社会に人々が住んでいる、

  しかし日本人が考えているのはお花畑だ、この国の異常性に気づく人はいないだろう、

  例えるならば重い病気になっているのに、自分が問題がないと考えて治療をしない、それがどうなるかが日本の未来になるでしょう、


  次に、コロナウイルスの問題を解決するためには、場合によってはもう一度緊急事態宣言をしなければいけない、

  状況的に見ると夏にするのが良さそうで、お盆の時期ならば高い効果が得られるだろう、


  ゴールデンウィークに自粛をして効果を得られたのは、休みの日が多く感染を防ぎやすかったからだ、

  しかしそれ以降になると良いタイミングがなく、あるとすれば8月のお盆あたりになるだろう、


  お盆ならば夏休みだから休みやすく、企業側も事前に用意はしてあるはず、そういうタイミングで緊急事態宣言をすれば、ある程度は感染者を減らせるかもしれない、

  もし6月辺りに第二波が来たときは、6月や7月は休みが少ないので効果が出づらい、8月ならば夏休みやお盆があるから、上手く行くかもしれない、


  この方法の欠点としてあるのは、夏祭りなどが全滅してしまう点だ、夏の観光などは良いビジネスになるが、それが全滅すると被害が大きくなる、

  これからどうなるか分からないけど、感染が広がった場合は夏のイベントは全滅する、そう考えてよいでしょう、
 
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR