07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

間違ったアベ緊急事態宣言、独裁者トランプの問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  恒例になっている真夏のように暑い梅雨が来ていますが、以前に比べると日本も気候が変わっていますね、

  昔は四季がはっきりしていたし、夏はそんなに暑くなく梅雨はしっかり雨が降って、冬は適度に寒かったのに、今は全てが混ざった季節になっている気がします、


  それはともかく書いてみると、コロナの問題は概ね私の予想に近く、規制をやめたら感染者が増える問題が起きている、

  アベ犬連中としては、コロナ対策をした尊師アベをマンセーするタイミングと、考えていたのだろうけど、


  実際は5月の終わりあたりから、感染者がある程度増え始めている、それほど多いわけではないけど安易に、緊急事態宣言をやめたのが問題になった、

  以前も書いていたけど、5月になって感染者が減ったのはゴールデンウィークのおかげで、会社にも行かない旅行にもいけない期間があれば、感染者が減るのは当然だ、


  しかしゴールデンウィークが終われば、満員電車に乗って通勤をするのだから、普通に感染が始まってしまう、

  だから私は5月いっぱいまでは慎重に判断すべきで、5月末まで感染者がほぼゼロならば、それなりに効果があったといえると考えていたが、


  アベのアホは知能のないゴミ人間なので、こいつはコロナウイルス問題を理解できていない低能だから、病気の仕組みなど知らず感染がどのように広がるか分かっていない、

  結局このアホは、早めに緊急事態宣言をやめれば受けるから、ネタとしてやめただけでそれがどういう意味を持つか、全く理解していなかった、


  本来は感染が減ったのはゴールデンウィークが原因だから、それが終わってしまえばもとに戻る可能性があるため、

  ゴールデンウィーク後の一二週間を見て、その傾向から判断をするべきだった、

  ゴールデンウィーク前後の減少は例外的なもので、それが続くならば効果があったといえるが、正確な判断をするためにはもう少し待つべきだった、


  5月末まで待てば多少感染者増えている点など、加味して対策を考えられただろうに、アベアホは知能がないからネタとして受けるので、緊急事態宣言の解除をしてしまった、

  支持率が下がっているのもあったから、緊急事態宣言の解除をすれば多くテレビに出るし、それで挽回する予定だったのだろう、

  
  アベはアホだからそんな程度の考えで、感染症対策をしていて終わっている、

  最初から感染症など考えておらず、人気取りのためにどう利用するかだけで、具体的な対策などなにもないわけだ、


  感染に関しては6月に広がりそうで、運が悪いと元に戻ってしまうかもしれない、そうなればまた緊急事態宣言になるが、

  今は休日がそれほど多くないため、自粛をしても大きく減らない可能性がある、


  物事を考えるときは証拠を残し、それから推察される現実的に起きた現象を考え、知識として残しつつ次への対策案を作るべきだ、


  しかしアベのアホは、対策をした書類を一切残しておらず、議事録も一つも存在していないといっていて、

  そういう対応をしたから今回の第一波が、どのような意味を持つか検証ができなくなっている、


  単純にいえばゴールデンウィークと、自粛活動がうまく合わさったのが効果的だったが、具合的にどのような意味があったか、現状ではアベが書類を作らなかったので情報がない、

  日本の感染者の減少は明確な理由がわかっておらず、はっきりしないところが多くある、つまりデータなどを使って検証しないと、次への対策ができない、


  何らかの効果的な対策をした結果、感染者が減ったのならばよいが、原因がよくわからず感染者が減ったため、

  どのような理由があったから一度足を止めて、検証しなければ減少の理由を考えられない、


  たまたま起きたことは悪いわけじゃない、しかし運は何度も続くものではないから、偶然に期待する方法はリスクが高い、

  だから次は明確な原因を調べて、それに合わせた対策を練らなければいけないが、偶然の結果に頼り何が理由だったから調べる資料もなければ、何もできないだろう、


  今回の感染はゴールデンウィークに関係する、何らかの理由で上手く行ったのだろう、しかし次はもうゴールデンウィークが来年までないのだから、

  長期的に日本はリスクを背負うことになる、感染が広がって自粛をしても減らない、もしそんな状況が数ヶ月つづいたらどうするのか、よく考えなければいけない、


  アベのアホは第二波対策というが、それに関係する議事録は一つも残っていない、具体的な資料もないのに作戦を考えるとか、低能アベは真性のアホなのだろう


  今後どうなるか分からないけど、政府の方針としては感染者が減った成功したと、大本営的なプロパガンダをしようとしている、

  アベの二匹の犬がやっている、大阪都構想とレイシスト小池の知事選は、コロナが広がれば頓挫する可能性が高い、


  だから今の政府はコロナ対策は成功したと、そういう形にしなければいけなくなっている、、

  最近も東京都で大量の感染者がいたのに、カウントされていなかった問題が起きてたり、通常より多くの人が亡くなった話も出ていた、


  コロナウイルスは新しい病気だから、このようなものが広がれば通年より死亡者は増える、少し前は死亡者が増える情報が出ていたが、

  それが急に減少してから、調査をしたけど問題ないと政府はいい出した、完全に死人に口なしである、


  緊急事態宣言は政治的なパフォーマンスであり、同時にその収束も政治的な利害によって決まり、現実を見ていないものになった、

  実際に感染が増えたとしてもデータを捏造して、無理にでも解決したとするだろう、

  今の日本は昔の東側諸国とほぼ同じ状態にあって、データの捏造によって好景気になって、コロナウイルスも収束している、


  体重計の目盛りを変えれば、ダイエットができる話と同じで、不正が当たり前になった日本では、真っ当な行為は行われなくなっている、

  私が以前いったようにコロナウイルスが、5月に感染者が減ったのはゴールデンウィークの影響で、たまたまだった可能性が高い、

  
  運によるものを成果だと考えると、二度目には痛い目を合うかもしれない、

  最も日本人は尊師アベを崇拝するカルト信者だから、コロナウイルスでどんな問題が起ころうと、死ぬまでマンセーといい続けるでしょう、


  次に、アメリカで暴動が起きていると聞いている、原因としてあるのはアメリカの警察が、黒人男性を殺したのが理由だ、

  人種差別はアメリカでは強くあって、互いの不信はかなりあると聞く、

  アメリカは実は人種のるつぼではなく、それぞれの人種によって住む地域などが違っていて、互いにあまり関係を持っていないらしい、


  やはり日頃から接点のない相手は、不安を感じるしそれが暴力にもつながるのだろう、結果としてアメリカでは大規模な暴動が起きている、

  
  その原因としてあるのがトランプで、コロナ対策で失敗し選挙で負けるといわれている、だから人気取りのために白人至上主義を掲げ、警察などに暴力的な対応を許している、

  アメリカの警察組織はトランプと仲が良く、その見返りとして警察の取締権限の強化を、トランプは約束していた、


  結果として警察の権限の強化が、暴力的な行為に拍車をかけ、このような混乱が起きたといわれる、

  更にトランプは黒人差別をするべきだと、ツイッターで煽る活動をしていて、手下の白人至上主義が犯罪行為をして、騒動を拡大させていると聞いている、


  トランプはアベをモデルケースとした、人種差別主義を基礎にした拝金主義のカルト宗教を目指している、

  ゴミのごった煮みたいな政治の方向性だが、日本もアメリカも最悪のゴミが大きな顔をしている、


  まあトランプも北朝鮮問題に関しては、それほど悪いわけでもなかったし、以前もイランとの戦争をやめる行為をしていた、

  今回は選挙に負けそうになってからの行為で、この人物の全てが悪ともいえないが、

  アベは知能のない犯罪者の人殺しだから、このゴミは始末するしかないけど、トランプはいいところも多少はあった、


  それが大統領選に負けそうになったら、差別主義的な方向性を強めたわけだ、
  
  根底にあるのはアメリカのコロナ問題の拡大で、昔の金融恐慌並の失業者が出ていて、当然そうなればトランプの責任は問われるだろう、


  トランプは中国が悪いといとか、WHOが全ての原因を作ったといっているが、本質的にいえば大統領の判断ミスといえる、

  感染が広がる問題はしかたがないが、その対策を考えるのは政治家の仕事だ、

  で、トランプがコロナ対策をしていたかというと、ほとんどまともな対応はしていない、意味不明な薬をばらまくなどの行為をしただけだ、


  企業支援の予算も作ったけど、結局その資金の大半は大企業にしか行かず、中小企業はほぼもらえなかったと聞く、

  トランプの中小企業軽視のスタンスが、大量の失業者を生んだといえ、その状況を使って差別主義的な扇動をしたかったのだろう、


  されどうなるかだが、、アメリカはコロナ問題が解決しておらず、今でも大量の感染者が存在している、

  正直暴動が起きたら困るわけで、できるだけ解決できるようにしたいだろう、

  昔にも戦争が疫病で止まるみたいな話があるが、今のアメリカは暴動などに耐えられる状況じゃないわけで、トランプが考えれているほど強気の対応はできないだろう、


  結局トランプはコロナ問題で信頼を失い、支持者もそれほどいないといわれている、このまま行けば数年程度は不景気になるから、経済て釣っていた一部の連中も、利益にならなければ離反するだろう、


  人種差別を煽るのは歴史的にあるし、差別というのは権力者にとって都合のいい道具だ、日本でも江戸時代に差別によって社会をまとめる政策をしていた、

  同じような手をトランプがしているが、問題はこの人物を生かしておくメリットが、アメリカにとってどの程度あるかだ、


  コロナ対策で失敗したトランプは価値が低く、扇動的に煽ったとしてもそれ以上のペナルティを受ける恐れがある、

  311のときにブッシュ・ジュニアは、それを利用して強い権限を得たが、最後は不手際がバレしまって強い批判を浴びた、


  相手が悪いというためには、ある程度は自分が正しくないといけない、信頼を得ているから批判の効果があるわけだ、

  新自由主義は経済数値のみを良くし、その結果政治家などに対する信頼を得られる、

  後はその信頼を使い差別主義を強めれば、擬似的な独裁体制を作るのは可能だが、それも信頼を失えば不可能になる、


  コロナウイルスは経済重視の政策と相性が悪く、強制的に経済を破壊しそれによって得られていた、政治家の信頼を失わせる、

  そうなると政治家が行うもう一つの差別主義が、ある意味暴走し始めてしまう、

  信頼を得て差別をして更に人気を得る、今まではできていたが信頼がコロナウイルスで崩壊すれば、ただ差別主義を扇動するだけの人間になってしまう、

 
  差別を扇動し全く信頼を得られない、そうなったときにどのような変化が起こるか、アメリカも日本ももしかすると、何らかの曲がり角に来ているのかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




  
関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR