06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

コロナ第二波はいつ来るか?、自粛を不可能にした自民党、マスコミを潰すコロナウイルス

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そういえばこのサイトのアマゾンの広告が、妙に大きくなっていますね、別に意図的やっているのではなく、ツールがおかしくなったらしいです、

  以前は全く更新されなかったのに、何故か急に動き出すし画像はでかいし、一体何が起こったのだろうと思っています、


  少し前に書いているので今どうなっているかわかりませんが、コロナウイスの問題は改善したのでしょうか、

  私も近所のお店などに行くのが難しくて、困っているのでそろそろ改善してほしいものですが、


  確かにコロナウイルスが拡大すれば、アベのアホへのダメージは大きくできる、しかし病気が広がるのはよくないわけで、アベがくたばるのは良いことだけど、病気の人が増えるのはいいとはいえない、


  だから病気が広がってほしいわけではなく、アベがくたばってほしいとしか考えていないのだけど、

  一応オリンピックが潰れたし、アベにとっては良いダメージだろうから、これ以上被害が増えるのはよくない、


  本来ならばレイシスト小池の都知事選を潰したり、チンピラ集団の維新の党がやろうとしている、大阪都構想とかいう詐欺の話も潰せるならば、それは政治的な価値はあると思うが、

  原因が病気というのはよくないので、コロナウイルスの被害は増えないほうが良いと思っています、


  コロナウイルスに関しては第二波がどうなるか、海外でもよくいわれているが、日本だと秋か冬ではないかという意見がある、

  風邪の一種として考えるならばそうだが、個人的には6月に来ると思っています、

  確実に来るというわけではないですけど、今までの傾向だとなんとなく怪しくて、6月はちょっと危なそうです、


  なぜ6月かというと、今までの傾向だと感染は平日に起こりやすく、休日はそれほど増えないところがある、

  検査数の問題もあるけど、平日の感染数はかなり多いわけで、そう考えると感染の多くは平日に起こっていて、休みの日はそれほどではない可能性がある、

  
  5月に入って感染者が減ったのは、ゴールデンウィークで休みの日が多かったから、それが原因で減ったのではないかと思う、

  平日が少なく休みが多いわけだから、そうなれば自粛の効果も出やすいため、感染者が大きく減る原因になった、


  しかし抗体検査などを見ると、潜在的な感染者は数%程度はいるため、完全に感染者を減らせるわけではない、

  で、6月は祝日がない月として有名ですが、そういう時期は平日に仕事で移動する人も多いだろうから、感染が広がってしまう可能性がある、


  更に今行われている自粛も5月いっぱいで終わるだろうし、6月になって解除されればまた感染者は広がるだろう、

  そこまで大規模に感染者が増えるか分からないが、6月辺りになると地域によっては、ある程度出てくるかもしれない、


  一般的なイメージだとコロナウイルスは風邪の一種だから、感染が広がるのは冬ではないかと思うが、

  どうもこのウイルスは風邪とは違うらしく、暖かくても感染が広がる傾向があるため、条件が整えばまた問題になるだろう、


  新型コロナウイルスは、常にある驚異だと考えるべきで、周期性のある病気とは違うと思う、

  まあ実際に来月になってみないと、本当にどうなるか分からないけど、感染が出るとしたら来月あたりが怪しいと考えています、


  次に、自民党のアベ犬政治家がこんな話をいっていたらしい、今感染が広がっているのは国民がたるんでるからだ、非国民は処罰すべきみたいな恫喝をしていたと聞く、

  相変わらずゴミ組織でしかないが、政治家としての責任意識もなく、問題が起きたら全部国民が悪いとか、人間のクズしか自民党にはいないのだろう、


  そんなアベ犬政治家の話だったが、たしかに最近都市部で人の行き来が増えていると聞くが、それはしかたのないことだろう、

  なぜかというと、元々緊急事態宣言は5月の最初の頃までで、5月の終わりまで行う予定のものではなかった、


  宣言をうけてお店の側も対応はしたけど、5月の最初の頃までする予定だったのだろう、そういう形で再開なども考えていて、事前に準備していたと思う、

  その後延長されたが再開の準備をしてたので、お店を開いたところもあるだろう、

  二ヶ月もお店を閉めれば潰れてしまうわけで、それ以上の自粛が無理だったのもあるといえ、5月の上旬でコロナの収束ができなかった政府の責任が大きい、


  人出が増えているのは行けるお店が増えて、楽しめるから多くなっているわけだ、もしどこにもいけないのならば増えるはずがなく、増加しているのは利用できるお店が多くなったのが原因だろう、


  アベがアホなのは、最初の予定の日になった時点で一度協力関係は切れるわけで、5月の上旬になった時点でお店は自粛の継続は難しくなる、
 
  つまり、二回目の自粛は一回目よりもハードルが高くなるから、多くのお店は協力できなくなってしまう、そういう点を全く理解していなかった、


  だからアベ犬政治家が国民がたるんでいるというわけで、お店などの事情を知っていればそんな発言はなかっただろう、

  お店を開かなければいけなかったのは、自粛の延長に対応するのは非常に難しく、多くのお店では不可能だからだ、


  自民党のグズ連中は、非現実的な命令をして上手く行かないと、国民が悪いと罵るわけで、社会のゴミというしかないが、


  緊急事態宣言は来月にはなくなるが、実際の所今月の段階で実質的には、守られなくなるとみるべきだろう、

  延長したら保証も別に必要になるが、それに関係する補正予算は今から作るといっているわけで、間に合うわけがない、


  バカは自分が何をしているか理解できない、だから目の前に起きた問題も相手が悪いと考えてしまう、

  今回の発言は自民党が馬鹿の能無ししかおらず、現実を理解的ない無能な集まりであることを表しているでしょう、


  後は、コロナウイルスの問題を見ていて感じるは、上手く行けばマスコミが潰せるのでは、そんな気がします、

  日本は二十年くらいマスコミ政治が続いていて、民主主義は実質的に崩壊して、マスコミと利害関係のある政治家が国民を騙して、沢山の人を不幸にしていた、


  詐欺師の小泉やアベのクズのような、知能のない犯罪者のゴミ人間が権力を得るなど、普通の方法ならばまず不可能だ、

  それができたのは、マスコミのプロパガンダのおかげで、犯罪者が大手を振って権力を行使し、沢山の人が不幸になり死んでいった、


  現状で日本の政治や社会にとって最大のリスクはマスコミで、連中が生きている限りは真っ当な民主主義国家にはならないだろう、

  完全に息の根を止める必要はないが、マスコミの弱体化は今の日本では必要になる、連中を弱らせないとマスコミ政治の影響でまた多くの人が不幸になる、


  コロナウイルスは病気なので、そういう問題が起きてほしいわけではないが、このウイルスは人が集まるのを否定するところがある、

  結果としてイベントなどが行われなくなり、スポーツなども全くできなくなった、

  マスコミはイベントの宣伝やスポーツ報道が実は中心で、そういうところで利益を得ているところがある、


  更にコロナ不景気が進めば広告費も減るし、テレビや新聞には大きなダメージになるだろう、

  上手く行けばマスコミに甚大な被害を与えて、連中を弱体化できる可能性がある、

  マスコミは政治家と結託して国民を騙す道具でしかない、現状ではもはやジャーナリズムとしての意味はない、


  これからどうなるか分からないけど、コロナウイルスによってスポーツなどができなくなれば、マスコミは利益の大きなところを失うだろう、

  下手をすると数年程度損害が続くわけで、マスコミのビジネスが成り立つわからなくなる、


  私は以前からマスコミを潰さないと、日本は良い世の中にならないと書いてきたけど、それはマスコミの影響力の強さと、政治的に特定の政党と協力しているところが問題になっている、

  日本をだめにしたのは完全にマスコミで、連中が小泉改革などといわなかれば、今日本にいる低所得者の大半は別の生き方ができただろう、


  アベのクズもそうだし、レイシスト小池も本質的にはただの犯罪者なのに、マスコミが騒いだから影響力を持ってしまった、

  チンピラの維新の党も頭のおかしなアホしかいないのに、マスコミがプロパガンダとしたので影響力を持った、全ての問題を引き起こしているのはマスコミである、


  政治的な問題を解決するのが今の日本では大事だが、根本的に問題を引き起こしているのはテレビと新聞である、

  プロパガンダ媒体でしかない連中を生かしておく価値はなく、大幅に弱体化し、できれば根絶やしにしないと国民の幸せは来ないだろう、


  今回のコロナウイルスはマスコミへの被害が大きい、病気の問題はあるがマスコミが潰れるならば、その点は社会が良くなるでしょう、



21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR