06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

コロナウイルスのワクチンはできるか、なぜアベはPCR検査を行わないのか

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  何故かもうすでに夏なのですが、暑すぎて色々困っています、

  それはともかく書いてみると、やはりコロナウイスの問題が今も大きくて、最近はヨーロッパやアメリカではなく、南米やロシアで猛威を振るっているらしいが、


  特に感染者が少ないといわれていたロシアが、急激に被害を増やしてしまい、政治的な問題になるのではといわれている、

  
  うーむ、これはちょっとした個人的な意見になるが、コロナウイスのテロって成立するなと感じました、

  自国ではなく他国に住む人に何らかの形で検査を行い、陽性反応が出た人間に感染をしていないと嘘をついて、特定の国に送り込む方法、
 

  そうすれば特定の国で感染者を増やせるわけで、経済的なダメージを考えれば、核兵器並みに効果のあるテロ作戦だと思ったけど、

  なんとなくロシアの急増は政治的な意図もあるのかと、感じるのですけど、


  陰謀論はいいのですが、コロナウイスは薬ができるまでは、今のような自粛状態が続くといわれている、

  もし薬ができなければ永遠に自粛をするため、人類の生活は大きく変わるでしょう、

  ただ結果として大気汚染問題などは解決するため、長い目で見ればコロナウイスが蔓延したほうが、地球温暖化対策ができてよいのかもしれませんけど、


  コロナウイスの薬としては、既存のものを利用する方法があるが、実際はあまり効かないといわれている、

  運良く効くときもあるらしいのだけど、全く効果ないケースも有るため、期待はしない方が良さそうだ、


  既存の薬はコロナウイスのために作られたわけではなく、たまたま効果を得られるだけだから、ちゃんとした治療薬を一から作らなければいけない、

  とはいえ薬の開発はかなり難しいといわれるし、もしできたとして高額な商品になる可能性が高い、


  やはり開発ができた製薬会社は利益を出したいし、その会社のある国も自分の有利さを使いたい、

  となれば開発した国以外では高額な費用を支払わないと、薬を買えなくなるからあまり意味がないかもしれない、


  特に薬の開発ができるのは大国や、先進国のみに限られるため、薬の利用に関しても国家間の対立の原因になりそうだ、

  最近も中国がアメリカの薬の開発をスパイしているとか、そういう話を聞いたけど、

  薬ができるのはメリットでもあるが、国家間の対立を生むデメリットも有るため、実はそれほどよいことでもない、


  薬の開発もあるけど、もう一つ重要なのがワクチンを用意できるかだ、インフルエンザも効果的な薬は少なく、多くの場合はワクチンを使って対応している、

  毎年ワクチンをする人も多いし、ウイルスは抗生物質なども効かないので、ワクチンをして抗体をつけるのが良いのだろう、


  気になったのはアベのアホが、なぜか7月になればワクチンの開発が終わるとか、意味不明な話を言っていることだ、

  来年の7月ではなく二ヶ月後には、ワクチンができて試験が行われるといっていたが、バカが適当なことをいったのだろうね、


  確か日本の会社は、コロナウイスのワクチンでかなり出遅れているんじゃないか、そうなったのは国内の検査が適切ではないため、情報共有ができないのでハブられたと、そんな話も聞いているけど、


  ワクチンの開発は海外では進んでいるが、それを日本国内で7月するとか、アベはアホなのか、

  まずワクチンの開発をしている海外の会社は、自国で最初に試験などを行うだろう、

  日本は出遅れているのだから、海外から試験的に利用するということで、何らかのワクチンのサンプルはもらえるかもしれないが、


  そうなったところで具体的なデータはもらえないだろうし、人体実験としてワクチンを使うだけで、やったところで国内でワクチンが使えるようになるわけではない、


  アベのアホは、以前もコロナウイスの問題は薬の開発が、国内で進んですぐに解決できるといっていた、

  アホだからねこいつ、国内で薬の開発やワクチンが作れると考えているが、それが実際にできるか一切確かめていない、


  ワクチンや治療薬は基本的に病気と一緒で、リスクのあるものだから一歩間違えば、人が死ぬ恐れがあるものだ、

  最近政府が承認したコロナウイスの薬も、奇形の子供が生まれる恐れがあるとか、そういうリスクのある製品らしい、


  病気と同じくらい薬やワクチンは危ないのに、そういう視点がないのがアベがアホなところである、

  まあアホだからアホなのだけど、バカは死ななければ治らないから、こんなアホでは問題の解決は難しいが、


  ただ無能でアホなアベが、ワクチンを7月にやると言うのは不自然なところがある、低能なバカだから適当な嘘をついただけだろうが、ホント無能な人間は始末におえません、


  次に、PCR検査は海外ではよく行われていて、アメリカは一日に30万ほど行われている、大規模検査をするのが効果的と、コロナウイスではいわれている、

  薬がないから早めに感染者を見つけて隔離する、それがコロナウイス対策として重要で、日本以外の国では一般的に行われている、


  犯人はどうせアベのアホなのだろうが、日本でPCR検査が行われないのは不自然だ、理由があってしないのではなくて、やりたくないからしていないように見える、

  以前から書いているけど、ツイッターやインターネットはプロパガンダの傾向が出やすく、情報の流れを見ると政府などの意図がわかりやすい、


  マスコミは完全に化石になっているため、最初からアベマンセー報道しかせず、ある意味意図を読みづらいところがあるが、

  ネット関係はまだこなれていないせいか、プロパガンダの傾向がそのまま出るケースが多い、


  コロナウイス問題でネットで話題になるのは、PCR検査はやってはいけないという話だ、これが不自然なのは最初から結論が決まっていて、それに合わせた話ができているところである、

  常識的に考えれば最初は検査をするべきか、どちらともいえない論点から始まるべきだろう、なぜなら新しい行為なのだから結論を最初から出すのは不可能なので、


  つまり本来ならばコロナウイスの対策として、PCR検査はどのような意味を持つべきか、結論がはっきりしない論が出なければいけない、

  しかしインターネット出でた論は、基本的に検査をしてはいけないという結論があって、それに合わせた話を書いている、


  ツイッターでもアベ犬医者連中が、検査をするのは非国民だから投獄すべきみたいな、非人道的な言論をずっと繰り返していた、

  大事なのは検査をしない結論ではないはずだ、状況に合わせて対応するべきで、必要なら検査をするが正しいはず、


  どのような条件ならば検査をせず、必要ならするべきか判断するべきなのに、全くそのような話を聞かなかった、

  厚生労働省のツイッターアカウントも、狂ったようにPCR検査をするやつは非国民だから処刑すべきだみたいな、気が狂った発言を繰り返している、


  だからあるとすれば、PCR検査がなぜできないのかというのは、技術的な問題である可能性は低いと思う、


  更にいうと医療崩壊も関係ないだろう、検査を受けるべきではないと行っている連中も、具体的にどのような医療崩壊が起こるか、モデルを提示していないため実際にどうなるか、連中も全く分かっていない、


  具体的な医療崩壊のモデルケースがなければ、実際に崩壊するかわからないわけで、PCR検査を行うと医療崩壊が起こるのは、国民を脅すためにやっているデマだと考えるのが妥当だ、

  たしかにその可能性はゼロではないが、具体的にどのような問題があるか考えていな以上、それは特定の権力者の腰巾着連中の、プロパガンダ的な意見でしかない、


  PCR検査の問題から見えてくるのは、検査を受けさせないのは国の方針として決まっていて、それを成立させるために専門家などの買収をしていることだ、

  普通に考えると中立的なジャッチがあって、それに対して何らかの理由があって検査を受けられない、という事情がありそうだけど


  実際はアベのクズあたりが、絶対に検査をしてはいけないと命令を出して、その結果検査をしていないのだと思う、

  検査をしないのは日本政府の方針であって、政治家の都合で行われているだけで、医療崩壊とか検査の問題というのは、本質を隠蔽するためのカモフラージュでしかない、


  上の方でも書いたけど、もし事情があって検査ができないならば、それに対する意見は可能かどうかという話になるはず、

  それなのに厚生労働省やアベ犬医者連中は、絶対に検査をしてはいけないといい出して、それに合わせた隠蔽工作をしている、


  だから検査をしないという結論が存在していて、それを成立させるためにどう工夫するか、それが日本政府の方針だと見るべきだろう、

  多くの人は政府は人間の言葉が通じるとか、人間の考えを持っていると想像するが、実際にはそんなものは一切ないのである、


  そのため連中の傾向から、無機質にどのような判断をしたのか計測すれば、PCR検査が行われないのは国の方針だからだと分かる、

  とはいえ、海外との経済交流を考えるならば、いつまでも検査をしない状態を続けるのは難しい、


  最近も東京都で急に死者が増えたり、検査で陽性だった人が確認されていなかったのは、日本のコロナウイス対策は、隠蔽工作とセットで行われていたからだと考えると、本質的な問題が見えてくる、


  あまり陰謀論的な話はアレだが、検査をしてはいけないという専門家の意見は異常で、そういう人が口を揃えて検査をするべきではないといいつつ、海外では検査をするのが普通なのは不自然というしかない、


  どの程度アベのクズが隠蔽工作をしているか分からないが、今回のコロナウイルス問題は何らかの隠蔽が行われているものだと考えておくと、全体像が見やすくなると思います、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR