06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

最悪のダメージを受ける日本のコロナ問題、風邪とは違う新型コロナウイルス

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  最近近所の駅に行ったのですが、すべての店が閉まっていて人もいなかったのでびっくりしました、

  公園には結構人がいるのですけど、駅付近の規制は厳しいようです、


  それはともかく書いてみると、政治の話題としてはコロナウイルスしかありませんが、とんかつ屋さんが焼身自殺をするとか、かわいそうな話を聞きますけど、

  すべてアベのクズが悪いわけで、韓国みたいに大規模検査をしておけば、経済活動の規制をせずにすんだのに、このアホがすべての原因である、


  コロナウイルスの問題は多岐にわたるので、まとまりのない話になりやすいですけど、今日は感染の問題を書いてみると、

  最近話題になったものとしては、抗体検査と呼ばれるものの結果がありました、

  抗体検査とは感染したかどうか調べるもので、過去に感染していると陽性反応が出ます、


  複数のところで検査が行われていて、データから見ると3%程度の感染者がいるといわれ、日本全体で見ると多分100万人前後は、コロナウイルスの感染者がいてもおかしくはない、

  地方ならば感染者はそれほどいないだろうから、都市部に限って考えてみると3000万人か4000万人ほど都市部に暮らしているとすると、その3%ならば100万人くらいだと思う、


  最も多くの人は症状も出ないため、大きな問題になっていないようだが、今年は異常な医療のデータがあって、

  インフルエンザの死亡者が急激に増えるなどの、不自然なデータの動きがあったと聞く、

  もしかするとインフルエンザの死亡者の、ある程度の割合はコロナウイルスであった可能性もある、


  別に複数の病気にならないわけではないので、インフルエンザにかかってコロナウイルスに感染するというのは、ありうる問題だからインフルエンザだと思ったら、実はコロナウイルスが原因で亡くなった人も多かったのかもしれない、


  抗体を持っている人が多いのは、感染が広がったのが去年の11月辺りからだったのが、理由になっていると思う、

  今年に入ってから感染が広がったと思われているが、実は去年の11月に感染が広がって、12月の上旬に爆発的に増えたと、中国政府が発表していた、


  その頃は中国の人もたくさん来ていたから、去年、実はコロナウイルスにかかった日本人が結構いて、今その影響で抗体を持っているのかもしれない、

  
  また日本人の3%程度が抗体を持っているのは、ある意味において終わっているところもある、それは完全に感染者を取り除くのが難しく、潜在的な感染状況が残ってしまう、そういう意味も存在している、


  今はゴールデンウィークだから、休日になると自粛効果が出て感染者は減るが、しばらくすれば会社などに行くわけだから、そうなるとまた感染が広がってしまう、

  PCR検査を受けている人だけが、感染者ならば問題ないのだが、潜在的な感染者が常にいる状態だと、気を抜くとまた感染が広がる状態になってしまう、


  この問題に対してどうするかだが、正直ろくな結果にならないと考えるべきだろう、少し前にも専門家会議が人の暮らし方を変えるべきだといっていたが、それでは現実的な対応はできない、


  連中は食事をするときに喋らないようにするべきというが、全員が喋らないで食事をするわけがないわけで、非現実的な目標を作って出来なければ国民が悪いという、無責任な連中だといえる、


  現状抗体検査の結果潜在的な感染者が広がっているため、完全にコロナウイルスを取り除くのは難しくなっている、

  この状況に対してはテクニカルな手法論が必要で、安易にこうするべきだと考えてしまうと、天文学的な被害を受けるだろう、


  より精密に作戦を考えて、柔軟な対応をすれば現状でも、ある程度は経済活動ができる環境は作れるが、

  単純な方法論をやってしまうと、全く効果が出ない形になるか、過剰な規制をするので経済崩壊するかの、二択になってしまい最悪の状態になる、


  日本は物を考える文化がないので、状況判断をする能力がなく、問題が起きたときの解決策を上手く作れない、

  韓国ならば効果的な対策を作れるが、日本人ではまず無理だろう、

  抗体検査からわかるのは恒常的に、コロナウイルスからの攻撃を受けるので、その被害を最小にする対策が必要になる点だ、


  大規模な自粛をすれば効果はあるかもしれないが、恒常的に起こる問題に大規模な自粛を続ければ、経済崩壊によって別のダメージを受けてしまう、

  対策をするならば韓国などのモデルを調べて、どのように海外で感染者をを抑えているか、情報を得ておけば対応できるだろう、


  コロナウイルスは潜在的に存在する病気になってしまった、あとはそれによって発生する被害を抑える対策が必要になる、

  それは病気の拡大と経済のダメージの両方に配慮した、バランスがよくテクニカルな方法でなければいけない、


  非常に頭のいい人が対策を考えて、具体的な結果を得られるようにしなければいけないが、残念ながら今の日本では100%無理でしょう、

  まず政治家が頭が悪すぎるし、具体的な結果を隠蔽する人間しかいないわけで、このまま行くと病気の拡大と経済のダメージが最大化する、最悪の状況に行く可能性がありそうです、


  次に、コロナウイルスの問題は暖かくなれば、改善するといわれてしましたが、現状そのような傾向は見えていません、

  そもそも暑くなれば感染が止まるならば、沖縄で感染者が増えているのはおかしいわけで、気温との関係は薄そうです、

  
  今年は春のはずなのに夏日が来るという、相変わらずの異常気象が起こっているため、5月ですがかなり暑い日が多くなっている、

  湿度もある程度高くなっているのに、コロナウイルスは減っているとはいえないところがある、


  暑くなれば一度リセットがかかって、一時的に減ってくるのではと思っていたが、それほど気温などの影響はなさそうだ、

  インドや南米でも感染は広がっているから、それを考えれば気温による影響は限定的だといえる、


  コロナウイルスで誤解されているのは、風邪とはかなり違う性質を持っている点だ、例えば今インフルエンザはほぼ無くなっているが、コロナウイルスはまだ広がっている、

  この病気は風邪の一種であるのは事実なのだが、寒くなくても広がる特殊な性質がある、

  本来風邪は鼻や喉にダメージを与えて、それが悪化すると肺炎などの症状になるが、新型コロナウイルスは、肺に直接ダメージを与えると聞いている、


  最近も検査をして陰性が出るのに、しばらくすると陽性になる人がいるが、それは喉や鼻のところにはウイルスがおらず、肺にだけいる場合があるからだ、

  中国でもPCR検査をしても陰性になる人がいて、そういう場合は肺の内部の組織などを取って検査をすれば、感染しているか分かるケースがあったと聞いている、


  ただ肺の内部の組織を取るのは難しいので、実際には殆ど行われておらず、怪しい人はしばらく入院してもらうなどの、対策をしていたらしい、


  新型コロナウイルスの特徴としては、肺にすぐにウイルスが移動してしまって、喉や鼻などに残らなくなる症状があるらしい、

  ネットの情報だけとニューヨークでは、症状が出てから4日以内に検査をしないと、感染しているかわからなくなると、医療機関が判断していると聞いた、


  つまり症状が出るとウイルスが肺にいってしまい、喉などにあるものが減ってしまうので、鼻や喉のウイルスを調べるPCR検査だとわからなくなる、そんな話をしていた、

  ネットの情報なのでどこまで正確か分からないが、新型コロナウイルスは肺にウイルスが来る病気で、風邪の検査方法だとわからない場合がある、


  だから肺の内部にウイルスが生息してしまい、その影響で気温が高くなっても感染者が減らないのかもしれない、

  喉や鼻の症状ならば寒さがなければ、ある程度改善する場合もあるだろう、

  しかし肺の内部にウイルスが入って、そこで活発に活動してしまう場合は、気温との関係が薄くなるのかもしれない、


  コロナウイルスには複数の種類がって、今まで存在していたものは風邪の症状を起こしていた、

  新型コロナウイルスは似たところがあるが、肺にウイルスが入りやすい特徴を持っている、それが結果として風邪とは違う病気になったのではないか、


  今回の件を見ていて思うのは、医師が揃って間違った判断をしていた点だ、連中は新型コロナウイルスは害がなく、しばらくすれば自然治癒をするといっていた、

  治療もするべきではないので病院に来るなといっていたが、ある意味おいてはそれは医療的に正しい判断だったのだろう、


  すでにあるコロナウイルスの変異種だとすれば、風邪と同じような症状が起こるだけと思えるわけで、下手に医療に関する知識があったため間違った判断をしてしまった、

  新型コロナウイルスは暑くなっても減らず、湿度が高いのに感染者が減らなくなっている、風邪ならば起こらない問題が発生していて、別の種類の病気ではないかと思う、


  これから新型コロナウイルス対策をする場合は、この病気に合わせた方法を考えなければいけない、

  風邪の一種だと考えていると失敗するため、新しい今までにない病気だと理解していないと、十分な対策はできないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR