06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

コロナウイルスにバンザイ突撃をするアベ自民党、高いリスクのあるコロナの治療薬

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)

    どうもこんにちは、


  今日もコロナウイルスについて書いてみると、アベのやつは緊急事態宣言を延長したが、このアホは現実的な対応をしているのか、

  経済活動の自粛を要請するのは分かるが、政府としての保証は十分に行っておらず、資金の貸付などでは良い結果は得られない、


  日本はアベの消費税アップの影響で、去年から不景気が続いてしまっているため、元々経済状況はかなり悪かった、

  そこでコロナウイルスの被害が来たわけで、更に自粛要請によるダメージを考えると、致命傷を多くのお店が受けているだろう、


  アベのアホは緊急事態宣言の延長はいっていたが、保証への対策はしていないようだ、お店の収入の保証を受ける制度はあるが、どうも調べてみると大半の企業は利用できない、

  絵に描いた餅のようなもので、やってる感を出すために制度だけ作って、実際は誰にも利用できなくしているのだろう、


  自粛要請をする場合は、経済的な保証も必要になる、しかし政府としての対策は聞いた覚えがなく、貸付をするだけで何もしていないはずだ、

  一応収入が減ったと証明できれば、ある程度資金を得られると聞いているが、実際はほとんど利用できない制度になっている、


  現状保証に関しては地方自治体が行っていて、国の支援制度は実際は存在していない、ある程度はあるが利用できるケースは少なく、更に実際に資金が得られるのは下手をすると数カ月後なので、意味のある制度になっていない、


  地方自治体はまだ直接資金提供をしているが、その財源になっているのが補正予算で組まれた、地方への資金提供で一応は対応できた、

  しかし延長をする場合はもう一度補正予算を組まないと、地方自治体が資金提供できない、

  東京都もある程度まとまった資金を出しているが、延長したときの支援はしないと答えている、


  アベのアホは頭が悪いが、この能無しは結局緊急事態宣言の延長をして、どのようなリスクが出るか考えていなかった、

  保証制度が破綻してしまえば、自粛を続けるのは難しくなるわけで、多くのお店が潰れてしまうだろう、


  以前から書いているけど、日本は上り調子ではなく下り坂なので、一度だめになると修復ができないところがある、

  例えば今回の件で潰れたお店があったとして、そういうところは二度と再起ができないかもしれない、


  地域に経済活動をするお店が減ってしまえば、全体的なビジネスも低調になるだろう、

  海外でいわれていたのだけど、コロナウイルス対策は一時的に経済を止めて、その間経済が死なないように保証をする対策が必要だといわれていた、


  日本の場合は一時的に経済を止めた上で、経済がしっかり死ぬように政府がとどめを刺している、

  腹切と介錯みたいな状況があるが、よほど政府は日本を滅ぼすのが好きらしい、


  コロナウイルス対策は非常に複雑で、時間軸を考えた方法が必要になる、企業のビジネスの計画みたいなもので、

  本来ならば経済を止めるリスクと、その間に経済が潰れない対策をして、自粛をしている間にコロナウイルスの影響を小さくする、


  ウイルスが蔓延する状態を抑えられたら、保証などをして生き残らせていた経済を、復調させて元の状態にする、

  いわば麻酔をして外科手術をするようなもので、手術をしている間は仮死状態にするが、終わったら元の状態に戻していく、


  それが日本の場合は麻酔をせずに外科手術をして、治療は無理やりやって運良く生きていたら、手術は成功みたいなかなり悲惨な手を打っている、


  こうなったのは全体的な戦略がなく、コロナウイルス対策をすればすべて解決するという、安易な方法が問題になったのだろう、

  ウイルス感染を防ぐためにすべてのリソースを潰して、改善できれば自然に問題が解決すると政府は考えているが、現状はそれほど甘くはない、


  日本は衰退しつつある国だから、余計なダメージを受けないようにしなければいけないのに、もろに車にひかれたような状態だから、これではコロナウイルス後の世界が心配である、


  悪口になるけど、日本人はなんとかの一つ覚えみたいな文化があって、社会の共通項やみんなが考えている同じビジョンとか、そういうのを重視する傾向がある、

  今回もコロナウイルスのために一丸になって戦うべきだと考えて、その結果ウイルス対策によって起こる経済被害について、何の対策もしなかった、


  刺し違えてもコロナウイルスを倒すべきだ、そう日本人は行動してしまったのだが、勇敢な行為であったけど無謀な点も存在していた、


  そしてコロナウイルスはこれからも定期的に日本を襲うだろう、そのたびに日本はバンザイ突撃と繰り返すわけだが、後三回ほどバンザイ突撃をすると日本は崩壊しているのではないか、そんな気がします、


  次にコロナウイルスに対しては特効薬があるといわれているが、実際の所十分な効果はなさそうだ、

  他のウイルスに使われる薬があって、運が良ければ効果を得られるらしいが、かなり劇薬なので薬が原因で問題がおこる可能性がある、


  日本のコロナウイルス対策は、基本的に神風特攻と同じ原理で、いずれ神風が吹くからそれまで我慢すれば、日本は勝てるという宗教儀式になっている、

  現実的にどうであるかではなく、コロナウイルス対策を信じるべきだ、いずれ特効薬ができるといっているわけで、特効薬がもしできなった場合を想定していない、


  現実は運不運があるわけで、特定の方法論が成立する保証はない、運悪く特効薬ができない場合もあるため、そういうときは別の手で問題を解決しなければいけない、

  失敗したときの対策を考えるのが戦略で、特定の方向性に特化するのが戦術だといえる、そういう視点で見ると日本には戦術はあるが戦略はない、


  だから運がよほど良くない限りは、日本のコロナウイルス対策は失敗するだろう、ワクチンができればとか、特効薬があれば治るというのは、運に頼っているところがある

  運が悪くても成功する方法論が必要だ、状況というのは必ずしもうまくいくわけではない、状況が悪くても成立する方法論を考える、それが国が取るべき戦略だろう、


  以前も日本は下り坂にあるのに、成功神話だけを考えてリスクを想定せず、失敗したと書いた覚えがあるが、

  同じような問題がコロナウイルスで出ていて、薬ができれば治療が可能になると考えているが、永遠にワクチンなどができなった場合はどうするか、全く考えていない、


  日本人は意見の一致を重視するので、別プランを考える能力が低いといえる、現状では多くの人の意見が一致するのは、薬ができて治療ができる環境が作られることだろう、

  そうすれば安定した状況にできるし、誰でも問題を解決できるので良いが、日本人が納得しやすい一致の条件を考えるだけでは、現実的な対応はできないのだ、


  海外でも意見の一致を、表面に出すのは政治活動として行われている、しかし実際は内部で複数のプランを考え、失敗したときの対策も用意している、

  それは政治家の力量にもよるため、欧米諸国でも無能な人間がトップにいると、無策な状態で大きなリスクに接ししてしまうケースもあるが、


  最近だとアメリカのトランプなんて、無策な状態でコロナウイルスに突っ込んで爆死していたが、

  普通は先進国ならば別プランを考えるのだが、日本では多分何もしていないと思う、


  アベのアホを見ていると、やつがアホなのは生まれつきだからしかたないが、問題は日本政府自体が阿呆になってしまっている、

  官僚も大臣も政治家も、すべてアホしかいない状況になっていて、コイツラが失敗したときのプランを考えているかといえば、その可能性は完全に無いだろう、


  昔ポル・ポト政権があって、そこでは医師などの知的な人を皆殺しにして、自分に逆らう知能を持った人を殺して、ポル・ポト体制の維持をしていたと聞いている、

  アベは低能なアホなので、多分ポル・ポトと同じ考えなのだろう、優秀な人間を自分のそばに置くべきではなく、大臣なのになるためには無能の証明をしなければいけない、


  そうやって政治家や大臣、そして官僚として出世するためには無能であることを6年要求したら、見事なまでにバカしか残らなかった、

  ここまで無能でバカしかいない内閣も珍しく、歴史的奇跡といっていいほどアベの周りには、アホしか存在しない、


  コロナウイルス問題は以前も書いたけど、何らかの試練のようなところがある、国に真っ当な判断力があればすんなり対応できるが、なければ最悪の結果になってしまう、

  ブラジルでは大統領がしょうもない人間で、コロナウイルス対策なんて知ったことではない、俺にどうすればよいのかわからないと答えていた、


  結果として地域のマフィアがコロナ対策をするという、禁酒法時代のアメリカのようになっているようだが、


  日本のコロナウイルス対策は、基本的に薬の開発ができる前提で行っている、マスコミも薬の開発は明日にもできると、扇動しているが現実的ではない、

  トランプが宣伝している薬もあるが、聞いたところではその薬は腎臓や肝臓にダメージを与えて、下手に利用すると透析を受けなければいけなくなるらしい、


  そんな危ない薬を日本では、トランプが押しているからと認めるようだが、全く価値がないとはいわないが一歩間違えば、致命的なダメージを受ける薬を安易に認めるのは異常だろう、

  こうなったのは政府の戦略が薬が開発できるから、すべての問題が解決すると考えているからで、その影響で危険な薬でも安易に認めてしまっている、


  マスコミがよくいう薬はかなり危ないものなのに、その危険性に対して指摘する意見は少ない、万能な薬だと多くの人に信じさせているが、一歩間違えば大規模な薬害事件に発展する恐れがある、


  日本人の好きなみんなが納得できる正しい話は、リスクを考えていないので危ないところがある、


  政府やマスコミのいうコロナウイルス対策は実はかなり危ない点がある、それを冷静に判断できないと、政府の推奨する薬を飲んで人が大量に重症化するなどの、二次被害が発生するでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR