08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

対策が可能なコロナウイルス、神の試練風なウイルスの問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  コロナウイルスが蔓延して、日本もこのまま終わりそうな感じがしていますが、バンザイ突撃をして滅亡するのは、この国の伝統なんでしょうかね、

  具体的な対策を考えればよいだけなのに、誰一人としてその可能性を考えない、マンセー、マンセーといいながらコロナにかかって死んでいく、やはり日本はまともな国ではないのでしょう、


  今日は多少明るい感じにしようかと考えていて、1つ目の対策が可能なコロナウイルスという話を書いてみると、

  現状コロナウイルスが広がっていて、多くの人が亡くなってしまっている、

  残念なことだがアベがアホでクズなのが原因で、それをマンセーといって日本人が支持しているのだから、自業自得ではあるのだけど、


  実はコロナウイルスは対策が可能で、日本ならばそれほど難しくなく、問題を良い状態に変えられる、

  どうすればよいのか、周囲の国に相談して支援を受ければ、短期間で問題を良い状態にできるだろう、


  日本が恵まれているのは、周囲の国がコロナウイルス対策で成功して、ある程度余裕がある点だ、

  もし周囲の国もコロナで困っていたら、支援を頼むのは難しいが、そうでないから相談をすれば対策を考えるなど、良いアドバイスを受けられると思う、


  また、コロナ対策で重要になるのは、医療関係の設備をどう用意するかで、これが国際社会で取り合いになっていると聞く、

  実はこれもそれほど難しくはなくて、中国などに相談すれば譲ってくれるだろう、

  他の国と違って中国と日本は関係が深く、経済的なつながりもあるため、中国にとっても日本のコロナウイルスは問題になる、


  だから優先的に医療関係の防護服や、マスクなどを提供してくれる可能性が高い、香港や台湾なども支援をしてくれるだろうし、韓国に相談すれば同じように助けてくれるだろう、

  日本の周囲の国はコロナ対策が得意で、余力もあるので物理的な支援もしてくれる、例えば医療機関の人に来てもらうのも可能だろう、


  コロナ対策では、医療機関が耐えられなくなると大量に死者が出るが、周囲の国の支援を受けやすい日本ならば、ある程度問題をカバーできる、

  対策についても周囲の国には専門家がいるから、情報の共有をすれば対策を考えるのは難しくない、


  多くの人がコロナウイルスで心配しているが、少し視野を広げてみれば簡単に解決策は見つかる、

  どうすればよいかといえば周囲の国に相談すれば、それほど難しくなく良い状態にできるだろう、


  もちろん解決する過程で、大きな犠牲を払うなどの問題はあるだろうが、十分にコロナウイルスの対策はできる、


  現状で一番やりやすいのが、周囲の国への協力要請なのだが、その可能性を潰しているのがアベである、

  このクソレイシストは、人種差別主義のゴミ人間なので、周辺諸国との協力関係を築けていない、


  確か中国の要人あったのは十回もないのではないか、韓国との話し合いをしたのも見たことがほぼないし、台湾や香港との関係も全く無い、

  低能なアベは人を悪くいって、自分が正しいという理屈しか作れいないゴミ人間だ、

  だから外国を悪くいって自分が正しいという、政治的なプロパガンダを長くやってしまい、周辺諸国との関係が極めて悪い、


  正直周囲の国はアベは極右の基地外程度しか思っておらず、人間扱いしている国は多分ないのではないか、

  海外のメディアは日本と違って事実を伝えるから、アベが頭のおかしい犯罪者だとよく報道しているし、そういう事実をもとに判断する、


  だから頭のおかしいアベと、関わりたい国がないわけで、現状でも海外からの支援殆ど無いですよね、

  イタリアに中国が支援をしているのに、日本には全く来ないのはアベが頭がおかしいから、会話にならないので関わりたくないのが原因だろう、


  韓国もそうだし日本との関係は、アベが原因で難しいと判断している、少し前もレーザー照射のインチキプロパガンダとして、支持率アップの詐欺を行っていて、

  そういう点を見ても韓国は、日本ではないがアベは犯罪者程度に思っていて、信頼関係を築ける人物だとは判断していない、


  なんというべきかな、日本のアベはオウム真理教の麻原彰晃と、同じような人間だと国際社会では評価されている考えればよい、

  麻原彰晃を関わった人は、みんな殺されたりしたでしょ、アベもそういうたぐいとしか思われておらず、人間としての信頼が一切ない、


  だから現状実はコロナウイルス対策は簡単にできるが、そのためにアベを首にしなければいけない、

  周辺諸国に協力を求めないといけないため、アベが生きていると上手く交渉できなくなる、


  コロナウイルスのボトルネックはアベて、全てにおいてこのアホが悪いわけだ、一番簡単な解決策ができず、具体的な対策も全く行われていないのだから、アベを始末しな限りはコロナウイルスは蔓延するでしょう、


  次に、神の試練風なコロナウイルスの問題、という話を書いてみると、急に宗教っぽくなりましたが、今回のウイルスの話を見てみると、神の試練に近いなと感じます、

  特に変わった話ではなく、何かを試されているような気がする、

  この試練を乗り越えられた国だけが生き残れて、それ以外は潰れてしまう残酷なテストが行われているのではないか、


  神がいるか分からないけど、コロナウイルスを見ていて感じるのは、実は乗り越えられなくもない微妙なバランスで、絶対不可能ではないけと難しい、そういう試されているハードルのようなところがある、


  ウイルス対策をするならば、まず最初に大量の検査をしなければいけない、早めに検査をするほど有利になるので、徹底的な検査ができるか試されている、

  検査ができなければウイルスは蔓延してしまい、想像以上の被害を発生させることになる、

  まず最初に試されるのは検査ができるかで、大量の検査ができる体制を短期間で作れないと、それが原因で国が潰れてしまう、


  次に来る試練が大量に検査をすると、多くの感染者が見つかる問題だ、確かに多くの感染者が見つかれば、医療機関の負担が大きくなってしまう、

  ここで重要になるのは感染者の増大に合わせた、医療機関への負担軽減策である、例えば検査をするところを医療機関と分けるとか、軽症者の隔離施設を用意するなどがある、


  普通に大量の感染者が出ればまずいことになるが、被害を想定しつつ対策をしておけば、最小の負担で多くの感染者の問題を解決できる、

  この2つ目の試練は問題が起きたときの対処能力を試している、また被害の想定をする能力も重要で、適切にすれば試練を乗り越えられる、


  コロナウイルスの問題は実はこの2つなんですよね、検査を大量に行えるかと感染した人の管理体制を作れるか、それを短期間でしなければいけないので、国家の柔軟性や対応能力が問われる、


  十分な実力がない国だと、試練を乗り越えられず潰れてしまう、コロナウイルスは高齢者の命を奪うことが多いが、同時に古くて硬直した国の命も奪ってしまう、そういう国家の選別をしているところもあるように思う、


  宗教や神などを現実的な問題に、当てはめるのは良いことではないが、コロナウイルスは絶対に解決できないものではなく、十分な能力があれば乗り越えられる試練だ、

  しかし問われているのは判断力であって、柔軟さがないと失敗してしまう、

  日本人は頑張れば良いとか、耐えればいつか残り超えられる考えるが、今回に関してはそのような考えに意味はない、


  コロナウイルスで問われいるのは、国家の実力で人間的意味ではなく、問題に対処できる力が国にあるか、ウイルスが蔓延したときに耐えられる力が残っているか、そのような点を試している感じが強い、


  日本はまず検査をほとんどしていないし、医療機に発生する過剰な負担に対しても、全く対策をしていない、これでは試練を乗り越えるのは不可能だろう、

  日本はコロナウイルスという試練の壁の前で、永遠に過ごすことになりそうだが、

  本来であれば早めに検査をして、医療機関への支援を十分にすれば、問題なく乗り越えられる問題だったと思う、


  それができないほど日本は劣化してしまい、アベのようなアホを崇めるのだから、くだらない国になっていわけだ、


  老いては駑馬に劣るという言葉もあるが、日本は過去の栄光にしがみつくだけ何もせずに何十年も過ごした、その結果コロナウイルスにとどめを刺されつつある、もしかするとそういうことなのかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR