06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

コロナウイルスの治療は可能か?、検査と隔離のできないアベの問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話をずっと書いていますが、そういえばいつからやっていましたかね、十年以上やっている気がしますが、ずいぶん遠くまで来たものです、

  私の年代は戦後と新しい時代に挟まれて、潰れてしまったところがあるので、同年代の人もあまりいい生活をしていない人が多いと感じます、


  今の若い人はどうなのか分からないが、バブル崩壊後に頭から突っ込んだ人を多く見たけど、ほんとまあ最悪でしたね、

  ただ本当に最悪だったのはバブルの崩壊ではなく、その後の詐欺師の小泉やアベのクズとか、ああいう政治家の問題が社会に悪影響を与えていた、


  戦後の残骸である自民党が生き残り続け、戦後世代が高度経済成長マンセーといって、アベマンセーになってしまったのが、日本をだめにした原因だと思っています、

  このようなことは歴史的によくあるけど、中国が昔の皇帝制時代の制度が残っているとか、歴史的な過程は簡単には変えられないのだろうが、


  そんな理由で人生がおかしくなってしまうのは、やはり間違いだと思うので時代変化が今は起きやすく、それに合わせないとまっとうな社会にはならない、

  政治的な問題はある意味このような変化への対応として、重要になるので適切な対策をしなければいけない、


  もししなければ、私は別の何かが起きてしまうと思う、それは何か分からないけど今起きているコロナウイルスも、もしかすると日本人の怠慢が引き起こした、罰のような意味もあるのではと感じています、


  まあ日頃から政治の問題を考えて、社会は変化するとして状況に合わせた体制にすれば、問題が起きたとしても被害を最小にできる、

  しかし政治の問題を考えず、社会は変化しないと考えて状況に対応できない体制にすれば、問題が起きたときに被害は最大になる、


  社会問題とは対策の不備によって起こる問題で、コロナウイルスもそういうものだと思う、だからこの問題がどこまで被害を発生させるかは、日本だどこまで対策ができない国なのか、それによって変わると思います、


  なんだかよく分からない話を書きましたが、政治の話題としてあるのはコロナウイルスがどうなるか、そういう情報を見る機会が多い、

  感染を完全に防ぐのは難しいため、やはり治療薬などのものがいるのだが、現実的には難しいといわれている、


  以前テレビでは専門家が、治療薬は数週間で作れるといっていて、大丈夫だと話していたのだけど、

  それから数ヶ月だったのに治療薬はできていない、まあその人は元気づけるためにいっただけで、実際にできるかは分かっていなかったのかもしれないけど、


  コロナウイルスに対しては、マラリアに使われる薬とか、エイズのための薬が効くと効いているが、実際の所確実に効果のあるものは見つかっていない、

  アビガンという薬が効くという話もあるが、実際はどうなるかわからず実際に使ってみて、効果がなかったという話もある、


  現状は試行錯誤になっているため、効果的な薬が見つかるかは運によるだろう、他の方法としては感染をした人には抗体があるので、その人の血液を輸血する方法もあるようだ、

  アメリカでは感染した人の血液を輸血したら、症状が良くなったという話があるけど、血液は長期保管ができないから、根本的な対策にはならないかもしれない、


  また、正確な情報ではないかもしれないけど、コロナウイルスは感染をしても抗体ができない、そんな話も聞いているため確実な結果を得られるかはわからない、

  薬の開発に関しては運も絡むため、十分な結果が得られるかわからないところがある、


  コロナウイルスでは国民全員を感染させて、終息させるべきだという話もある、確かに全員が感染すれば抗体もできるだろうし、感染を減らせるようになるけれど、

  普通に感染をすれば大量に人が死ぬわけで、広範囲に感染させてしまう方法は害が大きく、現実的な方法とはいえない、


  だから感染をするのではなくて、一般的なワクチン使って抗体を作り、それによって感染の拡大を防ぐ方法が行われる、

  コロナウイルスのワクチンは開発できたとしても、数年後といわれているわけで、すぐに用意できるものではない、


  またワクチン開発は最近難しくなっていて、例えばSARSなどのウイルスの問題も、結局ワクチンの開発はできなかったと聞いている、

  感染がそれほど拡大しなかったのもあるだろうが、ワクチンの開発は確実にできるわけではなく、全くできない可能性もある、


  現状コロナウイルスを薬で治すとか、ワクチンを使って対応するのは未知数の所が多く、あまりあてにしないほうが良いといえる、

  だから薬などを使った治療は難しいと考えて、それ以外の抑え込みを重視しておけば、ある程度対策ができるでしょう、


  次に、日本は急にコロナウイルスが蔓延していますが、この問題を引き起こしているのが検査の不足です、

  日本人はなぜか検査を受けるのは非国民、反日勢力だという人間が多いが、意味不明なところがある、


  海外では日本の100倍くらい検査をしているし、その結果感染を抑えられているのだから、十分に効果のある方法だ、

  現状自粛をして感染を防ぐといっているが、ある程度効果があるにしろそれだけでは、十分な結果を得られるとはいえない、


  検査と隔離をするのは効果的な抑制策で、上手く利用すれば感染者を大幅に減らせる良さがある、

  コロナウイルス対策が失敗したのは、アベなどのアホがこの病気が感染力が低く、自然に収まると考えていたのが原因だ、


  しかし感染力の高い病気だったため、かなり突っ込んだ抑制策をしないと、感染を防げないのが分かっている、

  実際欧米諸国では大規模な感染症対策をして、一時的には大きな被害を受けるけど、しばらくすると問題が解決している、


  イタリアなどでも感染は減りつつあって、抑制策は十分な効果を得られる方法だ、


  検査をして隔離をする方法の欠点としては、一時的に大量の感染者が出る問題がある、同時にこの方法は一度に大量の感染者を減らせる良さもある、

  通常の方法だと多少は感染者を減らせるが、一気に数を減らす効果はないため、長期戦になりやすいところがある、


  またある程度感染が広がってしまうと、自粛をしただけでは十分に感染者を減らせず、良い結果を得られない可能性がある、

  検査と隔離の方法は直接感染者を減らせるため、多くなってしまった感染者を少なくできるよさがある、


  ある程度感染者が増えた状態でも、それを少ない状態に戻せるため、感染症対策がしやすくなる方法だ、

  
  日本は検査と隔離をほとんどしていないので、感染者を減らすのがかなり難しくなっている、
  
  感染者が少ない状態ならばよかったが、現状のような多い段階に入ってくると、自粛をするだけでは解決は難しいといえる、


  ただ現状日本で検査と隔離をするのは不可能で、そのような形で問題を解決できる可能性は低い、

  なぜかといえば政治的な責任を問われやすい方法だからで、アベのような無責任のアホでは対応できないからだ、


  大規模に検査をすれば多くの感染者が出る、出てきた感染者の治療をしなければいけないから、医療機関の負担は非常に大きくなってしまう、

  医療機関だけに感染者の対応を任せるのは難しいため、専用の病院や隔離施設を作るなどの対応が必要になる、


  政府は専用の病院や隔離施設を作らなければいけないが、そうなると多くの判断をしなければいけないし、適切な対応をしないと失敗してしまう、

  じゃあアベのようなアホの低能が多くの判断をして、適切な対応をできるのかといえば、できる可能性はないだろう、


  自民党はアベマンセーのカルト宗教団体でしかないから、党内で議論を行う習慣も存在せず、尊師アベを崇拝するカルトなので、アベのアホができないならば他の自民党議員も、同じように何一つできないだろう、


  大規模検査をするためには政治的な負担があるので、無能な自民党には対策をするのは不可能だ、

  役所もアベの犬でしかない無能なアホの集まりだから、対策などする可能性は1%もない、

  結局政治の劣化がコロナウイルス対策を難しくしているわけで、アベが生きている限りは大規模検査は無理だろう、


  検査をすれば特別な対応がいるので、それができない無能なアベは自民党では、検査や隔離といった対策は不可能になる、

  他の国では普通にできている行為なのに、日本の政治家は無能でアホだから、まともな対策をする能力はない、


  そして現状は感染者がかなり増えているから、検査や隔離をして大幅に減らさなければいけないのに、できる可能性がまったくないので最悪の状態にある、

  このまま行くと日本はコロナランドになりそうですが、全ては無能な政治家を評価した国民にあるわけで、残念な結果になる可能性が高いでしょう、
 

  
21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR