07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

アベのアホがする旅行支援制度、胡散臭い日本のコロナウイルス検査

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近の世の中は安っぽいハリウッド映画みたいな、世界の破滅と戦う人類のような、チープなストーリーがリアルに進んでいる気がします、

  こういうタイミングではハリウッド映画的な、ヒーローが生まれる可能性がありますが、当然そいつは詐欺師なので基本的に信じる必要はありません、


  状況が悪化するほど人を騙しやすくなる、昔のテロとの戦いをしたブッシュ・ジュニアや、バブル崩壊後に最悪の対応をした、詐欺師の小泉もヒーローとして振る舞ったが、実際としては最悪の行為しかしていなかった、


  コロナウイルスがどうなるかわからないけど、こういうタイミングでは権力者が目立とうとする、

  それは善意によるものかもしれないが、実際は悪意によるものの可能性もある、権力者は状況を悪用するものだと考えておけば、ある程度抑制ができるけど、どうなるか、

  
  ともかく書いてみると、政治の話題としては少し前になるが、アベのアホが旅行関係のポイントサービスをするといっていた、

  相変わらず低能なクズ人間だが、コロナウイルスで旅行支援をしても意味はないだろう、

  観光地に閑古鳥が鳴いているのは事実だが、それはウイルス対策を十分せず、検査などをしなかったのが原因だ、


  検査をして安全だと証明できれば、旅行もしやすくなるだろうに、検査をほとんどしていないのだから、安全かわからなければ旅行に行く人もいない、

  それにこのアホは旅行の自粛をいっていなかったか、鶏は三歩歩くと全てを忘れるというが、アベは知能がないから記憶力が存在しないのだろう、


  まあアベに比べたら鶏のほうが知能がありそうだが、ともかく旅行をする支援をおこなうというが、旅行に行く人などほとんどいないのではないか、

  コロナウイルスは地方でも広がっているし、どこに行くにしても東京などから、電車に乗って移動しなければいけない、


  観光というのは都市から地方に行く場合が多いから、東京や大阪のような都市に一度行くならば、そこで感染してしまう恐れがあるのではないか、

  また都市から地方に行く場合は、電車や飛行機に乗らなければならず、そこで感染してしまう可能性もあるだろう、


  ある意味旅行ほど感染しやすいものはないわけで、何でそんなものを勧めるのかよくわからない、

  聞いた話では二階とかいうやつが、旅行関係の団体のトップに居るので、その影響で旅行の支援をするようになったらしい、


  いわゆる利益供与でしかなく、自民党は人間のクズだということがわかりますが、


  自民党は今では王様とか貴族などの、特権的な立場に自分がいると考えている、だから国民が病気になる可能性を、心配している人は一人もいない、

  連中にとって重要なのは自分の懐具合であって、関係する商売の売上が下がると困るので、税金で補填しようとしたのだろう、


  中世の頃の王様などは、疫病が広がったとしても自分に被害がなければ、具体的な対策はしなかった、

  それは他人が生きようが死のうがどうでもいいからで、今の自民党も同じ考えで行動している、


  だからコロナウイルスの問題が起きても、それによって国民が死ぬことは一切興味がない、自分に関連する団体の売上さえ良ければ、国民が病気で死んでもゴミが消えた程度しか考えない、


  そんなものを有難がっているのだから、日本人も終わっていますけど、この話はいわゆる利権とも深く関わっている、

  ポイントを使って割引をすると、特定の勢力が大きく儲かって、例えばクレジットカード会社などの利益が増える、


  実際消費税のポイント還元の話も、特定の勢力にとって都合が良いだけで、一般国民にとってはメリットがなかった、

  変な言い方だがポイント利権を漁っているだけで、同じような手を使おうというのが今回の話だが、経済的な効果は全く無いだろう、


  アベの基地外や自民党のアホ連中は、何の役にも立たないゴミなのでこういうトラブルに対して、具体的な対策を考える能力はない、

  多分ほとんどの人は見ることもないだろうが、今回のコロナウイルス対策の試案があったとして、民主党系と自民党を比べてみれば両者の実力の違いがわかるはず、


  民主党系は現実的な対策を考えるが、自民党は狂った異常な話かできないだろう、

  以前の郵政民営化のときも、詐欺師の小泉の政策としてあったのは、改革を止めるな郵政民営化バンザイと、実はそんな内容しか書かれていなかった、


  ちゃんと政治家の政策を見れば自民党が完全に社会のゴミで、何の役にも立たない人間のクズの集まりだとわかるのだが、

  残念ながら日本人は政党の政策など見ないし、マスコミは自民党の意味不明な政策を、総力を上げて編集してまともなものに見せて報道する、

 
  だから自民党がただのゴミ組織で、人の役に立つ政策を考える能力など一切ないのが現実なのに、今になっても日本人は誰も気づいていない、

  とにかく日本人は政治とか社会を調べないし、マスコミがアベマンセーのインチキ報道を繰り返しても、それをマンセーと信じてしまう、


  今回は旅行の支援なので、さすがにおかしいのではと感じる人もいるだろう、

  とはいえ日本人の現実を理解する能力は天文学的に低いため、素晴らしいマンセーマンセーといいながら、コロナウイルスの中を観光しまくるような気もします、


  次に、日本だけ感染者が少ないという話があるが、それは検査が少ないのが原因だといえる、

  よくわからないのがインターネットだけだと思うが、医者が検査をするのは非国民だから死ねとでもいうような、意味不明な話をいうケースが多い、


  コロナウイルスの検査をするやつは殺せとでもいうような、意味不明な発言をする医師が少なくない、何で検査を否定するのだろうか、

  今まで日本で起きた感染例の半分くらいは、かなり遅れてから検査を受けて、異常が見つかった例がある、


  早期に発見できていれば対応できたのに、遅くなったから治療を十分に受けられず、亡くなってしまった例もあるだろう、

  どんな形なのかは詳しい情報が出てこないので、検査が遅くなって亡くなった人がいたのか、はっきりとはわからないが、


  なんとなく意図的に検査を制限して、被害を小さく見せているように見える、いわば戦前の大本営みたいな行為をしているのではないか、その可能性が高いと思う、


  実は肺炎等の重い症状になった人がいて、そういう治療をしている医師がコロナウイルスの検査を頼むと、90%以上の確率で断られるらしい、

  少し前に見た資料なのだが、5000件ほど医師が検査の依頼をしたのに、実際に受けられたのは200件だけだったと聞く、


  つまり大半は検査を受けられず、重症化した肺炎などの病気の人は、コロナウイルスの可能性があったとしても、調べられていないようだ、

  日本は死亡が少ないといわれているが、重傷者や死亡者を意図的に検査していないならば、それが原因で少なくなっている可能性がある、


  コロナウイルスの検査は一般的には、軽症者を隠蔽するために減らしていると思うが、現実的にいえば重傷者が出れば表面化してしまう、

  だとすると重症者や死者の隠蔽もしないと、コロナウイルスの問題を隠すのは難しいため、そのような行為をしている可能性がある、


  よくアベ犬医者がいうのは、検査をすると医療崩壊が起こるというのがあるが、実際にそういう問題が起こる可能性はない、

  軽症者は隔離をすればよいだけで、医療崩壊と騒いでいるのはプロパガンダと見るべきだろう、


  実際に起こるものではなくイメージを植え付けて、そうだと思わせる構図が強くあるのだから、情報そのものには価値がなく、人を騙すために医療崩壊と騒いでいると見るのが妥当だ、


  つまりアベのクズがやっているのだろうが、医療崩壊のプロパガンダなどを見ると、検査を行わないのは意図的なもので、軽症者の隠蔽が一つの目的としてある、

  同時に重症者や死者の隠蔽もしていると見るべきで、それやらないとバレてしまうから、できるだけ表面化しないようにインチキをしている、


  実際にどの程度重傷者がいるか、死者がいるのか調べられていないため、具体的な情報はわからないけど、それなりにいる可能性はある、


  コロナウイルスの問題は天災であるし、人災としての側面も持っている、アベのクズは隠蔽工作をしただけのゴミ人間だから、今回の件だけ何もしていないというのはさすがにないだろう、

  じゃあどこで隠蔽工作をしているのか、そこに隠された謎がある可能性が高い、

  検査をしないのは軽症者と重傷者、そして死者の隠蔽するのが狙いだろう、そう考えると結構感染は広がっているのかもしれない、


  具体的にどの程度になっているかは、検査をしていないのでよく分からないところが多いが、

  日本の問題はコロナウイルスでもありつつ、隠蔽工作をしているアベも同じ程度に、日本人にとっては病原菌のような意味を持つでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR