07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

医師が引き起こすコロナウイルス問題

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  いつもならば国会の話題を書く時期ですが、今はコロナウイルス問題ですかね、マスコミと医師が手を組んで国民を騙している話だが、

  こういう議論の入り口自体が塞がれているのが、この国の不幸なところで日本人は頭が悪いから、入り口を塞がれたら何もできないね、


  想像し思考することによって、ものの限界の向こうが見えるようになる、そうやって国民が判断できれば日本も変わるのだけど、

  とかく日本人はアベマンセー、マスコミマンセー、医師マンセーと、カルト信者でしかないため、そういう連中が作った情報に乗せられて、永遠に現実を理解できないのでしょう


  コロナウイルスに関して医師が嘘をついているなと感じるのは、検査をしなくても良いという発想で、正直異常性があると思う、

  専門家がウソを付くはずがない、そう考えるのが常識なのだろうが、専門家は金持ちが多いから自分の利益のために、人を不幸にしようする連中でもある、


  特に医師は金持ちが多いから、金持ち喧嘩せずで政治家に取り入って、自分が儲かれば国民は死んでも良い、そう考えている人間は少なくない、

  直接自分が人を殺すのは嫌かもしれないが、状況的にそうせざる得ない環境があれば、平気で国民が不利益になる行為をするだろう、


  専門家というのは一番危険な存在なので、100%疑う必要はないにしろ、基本的に信じてはいけない人々です、

 
  今回の件で医師が嘘をついていると感じるのは、コロナウイルスは検査をしなくても良いという話で、

  連中がいっているのは悪化していない状態だと、体内にウイルスが少ないので検査をしても、全く結果が出ないので調べる必要がないといっている、


  たしかにそういう例もあるかもしれないが、この病気は自覚症状が強くない場合もあって、例えばクルーズに乗っていた人でも、全く症状がなくて元気な人だったのに、検査をしたら陽性が出た人もいる、

 
  つまり、悪化したとしてもほとんど自覚症状が出ない場合もあるわけで、そうなると周囲に移してしまうほど、体内にウイルスがいたとしても、本人が全く気づかない可能性がある、

  だとするならば早めに検査を受けなければならず、自覚症状がない悪化している人に対して、感染を防ぐには検査を受けてもらうしかない、


  また医師のいっているのが間違っていると感じるのは、この症状を肺炎だと決めつけている点だ、

  本来コロナウイルスは風邪のような症状で、喉や鼻に対して強い影響を与えるが、肺炎にならないケースも多い、


  しかし医師の視点からすれば、悪化した人を治療対象として見るため、肺炎になった人以外は病気でないと考えている可能性がある、

  コロナウイルスで悪化するのは、高齢者などが中心で若ければ、ほとんど問題がなく治ってしまう、


  この病気は高齢者が殆どいないところならば、軽い風邪程度の症状しか出さない病気だといえる、

  逆にいえばコロナウイルスによる症状は、一般的な風邪に近い所が本来のマキシマムで、肺炎になるのは二次的な問題じゃないかと思う、


  一般的な風邪でも悪化すれば肺炎になるし、そういうものに近い病気じゃないかと、

  医師は肺炎になって悪化した人の治療を前提に考えているから、それ以前の風邪の症状に対しては治す必要がないと判断している、


  しかし、感染症としてみた場合は、多分その肺炎になる症状の前の段階でも、強い感染力を持っている可能性がある、

  実際軽い症状の人が感染源になって、広範囲にコロナウイルスを広げたという指摘もあるわけで、医師の判断は間違っているといえる、


  感染症対策は社会的に行う行為であって、そういう視点で見れば医師も素人に過ぎず、この問題に関わってよいわけではない、

  医師はどうしても自分の立場で考えてしまうから、治療という視点でいえば肺炎化しなければ自然治癒が良いと判断するだろう、


  しかし感染という視点で見ると、一般的な風邪の状態でも咳や痰はでるし、その段階でも十分は感染力はある、


  医師がいっているの論点がずれているのは、連中は病気が進んでいなければ感染力がないので、周りに伝染る可能性が低いというのが、間違っているのではないかと思う、

  本来コロナウイルスで病気の症状が進むのは、咳や痰がある程度出る一般的な風邪の症状の段階で、肺炎になる前から感染は広がる、


  連中の判断だとコロナウイルスで風邪の症状になる部分と、肺炎になる部分が一体化してしまって、症状の悪化=肺炎状態と勘違いしているように思う、

  そうではなく感染の悪化を起こすのは、肺炎などの症状になる前の一般的な風邪の状態で、その段階で検査して止めないと感染は広がってしまう


  最近の例でも医師が考えているような、重症化した人が感染源になったとはいえない、例えばスポーツジムに行って感染した人もいるが、

  じゃあ肺炎で悪化して重症の人が、スポーツジムに行ったのかといえば無いだろう、つまり感染の原因になった人は、一般的な風邪の症状に近いレベルだったと見るべきだ、


  この点に関しては病気が広まったばかりだから、医師の側が勘違いをしているだけかもしれないが、

  しかし病気が進行していないから感染をしないし、検査を受けなくても良いという医師連中の意見は間違っているだろう、


  根本的にいえば医師は感染症の素人しかおらず、今回の問題に対応する能力は最初からないのだ、

  感染症とは社会的な問題であって、医学的な知識が必要にはなるが、重要になるのは戦略的な対応である、


  どのような形で感染する可能性が高いか、それを考えないとコロナウイルス対策はできない、

  しかし医師が考えているのはどうすれば治療ができるかで、感染がどうなるかなど誰も考えていない、


  連中がいう検査を受けるのは問題が多く、症状が悪化してから行うべきだというのは、症状が軽くても感染をする病気の特徴を全く考えておらず、感染症対策としては全てにおいて間違いだ、

  また検査を受けると医療機関に人が来すぎて、医療崩壊が起こるからというのも、現状そういう問題は全く起きていない、


  結局の所政府の犬になった医師連中は、アベのクズのゴミ連中の書いたシナリオ通りに、役者として存在しているだけで、ある意味ニセ医者なのだろう、


  アベのクズやそういう連中が考えているのは、隠蔽工作をして感染問題をわからなくする方法だ、

  実際韓国では1日に1万件くらい検査ができているが、日本では数百程度しか行われていない、

  十分の一しか検査をしていないし、日本は韓国よりも人口が多いのだから、韓国よりも大規模に検査をする必要がある、


  ではなんで検査をしないのかといえば、あまりたくさん感染者が出てしまえば、オリンピックが終了するからだ、

  中国でも感染症対策はしているが、現状二ヶ月ほど努力をしていて、ある程度ピークを抑えられている段階だ、


  多分中国の感染問題をある程度抑えるためには、半年程度はかかるのではないかと思う、

  じゃあ日本でもし検査をして数千人か、1万人程度の感染者がいたとすると、それを収束させるためにはやはり半年はかかるだろう、


  半年ということは、完全にオリンピックに関わってしまうため、このタイミングで感染者が多くいると分かれば、その時点でオリンピックは中止になる、

  感染の対策は時間がかかってしまうので、2月3月に始まった問題は早期に対策をしていれば別だが、こうもパンデミック状態になれば完全に終了してしまう、


  多分現状5千人ほど感染者が出た時点で、オリンピックは終わるだろうから、それを避けたいのがアベのクズの考えだろう、

  このゴミに知能があるとは思えないから、オリンピックで国民の金を勝手に盗む、マスコミや広告代理店あたりの策謀だろうが、


  現状政府が考えているのは、できるだけ感染症対策をしたくないので、すべての責任を国民に押し付ける行為だ、

  医療体制を整える気もなく、検査体制も一切作ろうとしない、調べなければ病人は出ないので日本人は皆健康であるという話だ、


  まあ狂った国というしかないが、こういうところはアベ犬の医師連中の意見を見ると分る、

  アイツラは、検査を受けるのは重症になったら行うべきで、大半の場合は自然に治るから自宅からでなければよいという、


  ある程度は正しいポイントもあるが、冷静に見れば悪質な行為をしている、まず軽症でも感染力は十分にある病気なのに、重症化してから検査を受けたら周囲の人が病気になる、

  自宅にいれば良いというが、生活するためには出かけなければならず、食事の用意をする必要もある、

  
  更に家族に病気を移してしまう恐れもあるわけで、実際中国で感染の原因になったのは、家庭で病気が移ったのが問題だといわれているのに、そのような中国で起きた問題を無視して、家族間の感染を推奨している医師の意見はおかしい、


  本来ならば検査を受けて病院に行けば、日常的な世話は看護師などがしてくれるわけで、そういう形だったら周囲に病気を移さずにすむ、

  自宅にいれば感染しなくてもすむというのは、医療関係者が感染しなくてすむといっているだけで、患者の家族が感染する問題は全く考えていない、

 
  医師も個人レベルで悪意があるか、それは人それぞれだから決めるけるものではないかもいしれないが、

  連中が全体的に政府の意図に合わせて、家庭での感染をしようとしている点は、危険な問題だと考えるべきだろう、


  いつも書いているが今の日本は斜陽であって、信頼を切り売りして飯を食うビジネスしか行われない、 
     
  アベのクズは戦後の成長の時代の信用、自民党の信用などを使って不正をしている、

  同じようにこのタイミングだと医師が不正をする可能性が高い、医師は信頼されているがそれは同時に、権力者などにとって金儲けの道具になる、


  日本人はまず全体の傾向を見なければいけない、上り坂だった戦後の世界観ではなく、下り坂にある現実を見た上で、

  信頼を売って金に変えるビジネスしか起こらない日本では、感染症が発生したら医師などの専門家は、その知識を使って国民を騙し政府から金をもらおうとする、


  残酷な見方であるが、実際そういう動きは存在している、善意で社会が動かない世の中に住んでいる、

  そういう自覚を持ってアベのクズや、協力する医師などの専門家の意見を懐疑的に見ておかないと、日本人は間違った判断をする可能性が高いです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR