01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

マスコミが異常に騒ぐコロナウイルス、ゴミの犬でしかない日本の司法

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  気づくともう2月ですが、1月は正月などのイベントがあるので、すぐに終わってしまうイメージがあります、


  それで何か書いてみると、コロナウイルスの問題があるか、ちょっと前に書いているので話がずれているかもしれませんが、

  この話題は本来は病気の問題なのだが、桜を見る会でアベが叩かれているから、犬のマスコミが恐怖を煽るように騒いでいる、


  確かにコロナウイルスは脅威なのだが、実際はインフルエンザに近い程度の問題で、大きなトラブルになっているわけではない、

  以前SARSという病気が起きたが、それはかなり強いものだったから大変だった、しかし今回は風邪の一種レベルなので、マスコミの騒ぎ方は異常だといえる、


  騒げばアベから金をもらえるとか、腐った根性でやっているのだろうけど、コロナウイルスに関しては、ずいぶん変わった特徴があるようだ、

  それは潜伏期間が長く、発症するまでに一月ほどかかるケースがある点だ、

  エボラ出血熱などの病気は、発症するまでが短かった気もするが、そういう病気とは違って自覚症状が出るのに長くかかる、


  更にそれほど強い病気ではないので、自覚症状があったとしても普通の風邪の一種だと、考えてしまう場合が多い、

  その結果症状が軽い人が普通に暮らしてしまって、広範囲にコロナウイルスが広がる原因になっている、

 
  中国でも広範囲に広がっているが、多分発症してから広がったのではなくて、潜伏期間の間に広がってしまい、それがある時期に発症し始めたのだと思う、

  
  問題になるのはコロナウイルスが、いつ頃社会に広がったかになるが、一月程度ということは年末年始の辺りに、ウイルスが広がってしまったと見るべきだろう、

  そうなると警戒をする前に多くの地域に、感染した人が広がってしまったわけで、現状どうなるかわかないところがある、


  ただそんなに過剰に騒ぐ必要もなく、マスコミの報道の仕方はおかしい感じがする、

  例えばバスガイドの人が感染をして、長距離を移動したのを問題だといっていたが、その人はマスクをしていたと聞いている、


  つまり周りに感染する可能性が低い状態だったわけで、コロナウイルスは飛沫感染しかしないらしく、空気感染などの問題は起こりづらいようだ、

  だからマスクをしていれば周囲に広がる可能性は低く、バスガイドの人も問題を起こしていた可能性はあまりないだろう、


  マスコミがおかしいのは以前のSARSというものと、同じ病気だと騒いでいる点だ、

  今回のは以前のとはかなり違う性質があるのに、過剰に騒いでいるのは不自然なところがある、


  もちろん広域に感染が広がってしまえば、それほど強くないコロナウイルスでも、大きな被害を出す可能性はあるが、

  不安を煽れば中身はどうでも良いというか、そういう感じで報道しているように見える、


  なぜそうするかといえば、桜を見る会が話題になってしまうからで、政府の犬としてはコロナウイルスは好機だと思っているのだろう、

  国民を騙せるいいネタがきた程度に考えていて、自分が何をしているか理解はできていない、


  ウイルスの感染に関しては対応はいるが、マスコミの騒ぎ方は異常だというしかない、

  桜を見る会の報道はほとんどしないのに、コロナウイルスばかりテレビでやっているのは、連中の性質をよく表しているといえるでしょう、


  次に、検察のトップの退職期間を延ばすといっていて、またアベが犯罪行為をしたようだ、

  日本の司法は腐ったゴミでしかなく、人の役に立つようなものではないが、

  国民は司法制度は正しいものだと、絶対に間違わないと考えているから、制度の問題について全く知らない、


  しかし人間のやることには当然問題もあるし、司法制度だって大きな問題点は存在する、

  そういうところ全く考えずに長年放置していたから、日本の司法は権力者の番犬でしかなく、法律を守らない組織に変わってしまった、


  海外ででは基本的に司法は信頼されておらず、不信の対象として見られている、

  司法は不正をするという前提で国民が見ているので、問題を解決するための対策が行われている、


  しかし日本は司法マンセーといって、司法のすることは神のように正しいを考えているから、長年問題を指摘してこなかった、

  結果として日本の司法は内部の都合で裁判結果が決まる、腐ったゴミ組織に変わってしまい、今となっては社会的価値は殆どなくなっている、


  その大きな問題としてあるのが、司法内部の村社会の性質がある、例えば検察が先輩だと裁判官は、その意見を聞くしかない、

  ゴーン氏の裁判の問題でも言われていたが、異常な要求を検察が行ったのに、それを何も考えずに裁判所が認めてしまった、


  最近もゴーン氏に対して逮捕状を出していたが、現状ゴーン氏は日本国内にはおらず、逮捕できないのだから逮捕状を出す意味はない、

  しかし裁判所は何も考えずに検察の意見を聞いてしまい、現実を理解する能力がまったくないことを表してしまった、


  腐ったゴミでしかないのが本当の司法であって、日本人はそういう生ゴミの山をありがたいと考えて、その下で暮らしているわけです、


  今まで自民党が犯罪をしても捕まらなかったのは、司法制度を買収していたからで、裁判官の人事権などを使って自民党がどんな不正をしても、逮捕されないように細工をしていた、


  他でも沖縄の裁判では、自民党の言い分だけを認める裁判官を、わざわざ沖縄との裁判の担当者に自民党が決めて、自民党が勝つというインチキをしていた、

  その裁判官は出世して高給を得ているらしいが、ほんと腐った国である、


  今回のアベのクズがやっている、検察のトップの退職の期間を延ばすのは、制度上認められないものである、

  詳しくは私も専門家ではないので分からないが、複数の話を読んでみると検察の立場は、一般的な公務員とは違うので退職の期間を延ばすのは違法だといわれる、


  実際そういう対応をしたら、カジノの逮捕されそうだった自民党議員が、起訴されなくなったわけで、実質的にこの退職期限の延長は、司法関係者に賄賂を送っていたのと同じである、


  日本は腐った国だし、そうでなればアベのような基地外が大き顔をするはずがない、更にいえば昔の小泉政権だってまともなことは何一つしていないのい、存続したという時点でこの国はまともじゃない、


  人間は現実が悪いと考えたくはないから、自民党が人間のクズの犯罪者の集まりだという事実や、アベが低能で人間性のない犯罪者の社会のゴミであることや、詐欺師の小泉がずっとペテンだけをしていたなど、信じたくはないだろう、


  しかし全てが最悪な方向性に進んでいるため、間違った形にしか日本はならないだろう、それを理解できない日本人も暗い未来しか来ないと思う、


  日本の司法の問題は民主主義的ではなく、特定の権力者が影響力をもっている点だ、

  海外では司法制度も民主主義的で、例えば司法のトップに関しては国民が決める形になっていて、国が誰にするかは決められなくなっている、


  司法のトップを決める選挙は、多くの人が関心を持つし議論も行われる、問題があれば裁判官なども簡単にクビになる、

  
  昔から日本人は民主主義を理解していない、外国から輸入されただけなので、民主主義は何かという実感がないといわれている、

  民主主義とは国の制度をすべて国民がする制度だから、当然本来であれば裁判なども国民がするべきなのだ、


  検察や警察の仕事も国民の権利であって、司法関係者が勝手にやるのは間違いである、

  しかし日本人の感覚だと司法は勝手にやるもので、国民は関係ないと考えているでしょう、それが司法の腐敗を生んだ原因である、


  民主主義は理想的なものではないが、風通しを良くする効果はもっている、第三者や多くの人が関われば、硬直した制度であっても大きく変えられるだろう、

  そういう民主主義の本質を理解しないまま、選挙などの制度を行ったところで、仏造って魂入れずの結果にしかならない、


  政治も司法もマスコミも、役人も全てアベマンセーになっているわけだが、それは完全に間違ったものだ、

  国民が権力を疑い民主主義的に介入をしない限りは、腐敗は絶対に解消されることはない、


  権力の相互監視などというのは幻想であって、権力は相互癒着するものだから、権力を持たない国民のみが監視できる立場に立てる、

  今回の件も権力の異常性として現れているわけで、想像以上に社会を破壊してしまい、多くの人を苦しめる原因になるかもしれない、


  それを変えるには日本人が今の社会を理解して、権力を懐疑的に見る文化をもって、権力者は誰ひとりとしても信じない、そういう姿勢を持たなければいけない、

  民主主義が成り立てば司法制度も国民が操れるようになる、そうなれば不正もしづらくなるだろう、


  直接的な当事者でない国民は、権力の監視者として最適だし、監視をすれば国民は利益を得られる、

  そのような形が理想形だけど、残念ながら現在の日本はその形から程遠い、腐っただけの社会になっている気がします、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR