01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

ヘイトアベが騒ぐ中国ウイルス問題、嘘つきのための道具でしかない世論調査

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  昔話で王様の耳はロバの耳というのがありますが、日本はだんだんそういう国になっている気がします、

  事実をいうのが間違だという雰囲気があって、それによって世の中が悪化してしまっている、


  やはり日本人は未熟なところも多くあるから、冷静な判断をしないし、やるのは感情論だけだから、

  マンセー民族日本人は成功するのが難しく、なにかを正しいと信じながら潰れるしかないのかもしれません、


  戦前もそうでしたし、まあそれはいいのですが今回のネタとしては、中国のウイルストラブルが有るようだ、

  コロナウイルスと呼ばれるものがあって、中国で特殊なものが発生したと聞いている、


  中国は内陸の国だから、野生動物を食べる地域も少なくないので、その辺りで感染したのではと聞いている、

  陰謀論だと中国の謎の秘密機関が、極秘裏に開発していたウイルス兵器が外に出てしまい、バイオハザードになったという説もある、


  どっちなのか私にはわからないけど、確かに今回のウイルス問題は大きいが、気になるのはアベの基地街が大きな顔をしている点だ、

  このアホが社会の問題を考えるはずがなく、政府が国民のために仕事をする可能性もない、


  今までそんな事をした覚えがないからね、だとするとマスコミを使ったウイルス騒動は、プロパガンダと見るのが妥当だろう、

  現在は桜を見る会の問題が起きていて、国会も開かれているのでアベの無能発言が、テレビなどで放送される可能性がある、


  普通だとこういうタイミングで北朝鮮のミサイルが飛んだり、よく分からない猟奇殺人が起こるのだが、どちらもアベ自民党は準備していなかったのだろう、


  それでプロパガンダとして始めたのだろうが、はっきりいえばまったく価値のない行為をするとみるべきだ、

  今までまともに社会の問題を対応してこなかった、自民党がなんでウイルス問題は興味を持つのか、


  可能性としてあるのは中国ヘイトをしやすいという話で、ネトウヨを使って差別主義活動をするための、ネタとして騒いでいる可能性が高い、

  アベやネトウヨには倫理観がなく、ゴキ○リみたいなものだから、連中が人間として価値のある行為をするはずがない、


  狙いとしては中国ヘイトはあるだろうが、あとは話題の中心に立とうとしているのもあるだろう、

  もちろんアベはアホだからこのような読みはできないので、指示を出したのは広告代理店辺りだろうけど、


  だたプロパガンダでしかないため、具体的にどうするかという判断は、必ず失敗すると考えるべきだ、

  例えばマスコミを使って効果的な対策をしているというかもしれないが、その場合は多分まったく価値のない対策をしているだろう、


  所詮演出としてやっているだけなので、舞台の書割と基本的には同じなので、具体的な対策は全くしないはず、


  中国で発生したウイルスの問題は、それほど大きな被害を発生させるわけではないらしい、

  だからアベとしても演出に使えると判断したのかもしれないが、実際に起こる問題は難しいところがある、


  まずこの問題に対しては具体的な方法がわからず、どのようにすれば解決でできるかはっきりしていない、

  効果的な薬もいずれ開発されるだろうが、ある程度広範囲に広がっているため、完全に防ぐのは不可能になっている、


  中国政府は中国人の国外への旅行などを規制しているが、長期間移動が難しい状態が続いてしまうと、深刻な経済問題が発生する、

  旅行客もそうだけどビジネスで日本に来るのが難しくなれば、日本の最大の交易相手の中国と商売ができなくなってしまう、


  アベのアホはヘイト目的で、ウイルス騒動を使っているのだろうけど、実際に起こる問題はもっと深刻だろう、

  なぜかといえば観光と輸出の多くがだめになるかもしれないわけで、大きな被害を日本が受けるからだ、


  政府の犬のマスコミは日本は好景気だと今でもいっていて、不景気になったのはすべて台風のせいで、新車が売れなくなったのも台風の風が強かったからだとか、意味不明な意見をいっているが、


  どう考えても消費税を上げたのが原因なのだから、最低でも数年程度は消費税の悪影響は残る、

  その状況でウイルスの問題がどの程度続くか、数ヶ月で収束するならばよいのだけど、一年以上続いた場合は急激な不景気になるかもしれない、


  また今年のオリンピックでも、ウイルスの問題は大きくなる恐れが高く、中国から見に来る人をどうするかが重要になる、

  更にいえば日本国内で拡大する可能性もあるわけで、そうなってしまうとオリンピック自体が難しくなる、


  トラブルが起きた時は適切な対応をすれば、被害を減らして問題を小さくするのは可能だ、

  しかしアベのアホはプロパガンダとして利用しているだけだから、具体的な対策は十分に行わないだろう、


  何らかの問題が起きたとしても、公文書を書き換えればわからないのだし、マスコミはアベマンセーのクズ連中うだから、社会に事実を伝える可能性はない、


  物事が上手く行っている時はある意味誰がやっても、問題がないというところはある、

  戦後の頃によくいわれていた神輿は軽いほうが良いというのは、物事が上手く行っている時期の話であって、現在は間違った考えになっている、


  問題の解決のためには高い能力がいるし、アベのような無能なアホでは害を広げるだけだ、

  ウイルス問題がどうなるかは分からないが、日本に対して潜在的に大きなリスクが発生するだろう、


  そして起こりうる問題に対して、アベのようなアホが大きな顔をしている状態だと、危険なトラブルが起きたときに最悪の結果になる恐れがあります、


  次に、世論調査の問題も起きているようだ、私はマスコミの調査は基本的に信じるつもりはない、

  なぜかというと選挙の結果との乖離が大きすぎるからで、実際の国民世論とマスコミの調査は別のものだと考えている、


  この件について以前も書いた覚えがあるけど、非常にわかり易い例としているのは、マスコミを信頼できるかという調査である、

  読売などではよく新聞を信頼できると答えた人が、95%以上いたというプロパガンダをするケースが多い、


  新聞社が新聞の信頼を調査するのは、客観性がどこにもないと思うのだけど、連中は頭がおかしいから現実が見えていないのだろう、

  まあ調査自体はしてもよいだろうが、あまりに極端な数値が出ているのは、胡散臭いというしかない、


  実は以前新聞社が同じような調査をして、その時は80%~90%の人がマスコミは信じられないと答えていた、

  その調査は複数回答ができるものだったので、一番が政治家で次が役人で三番目がマスコミだったが、それでも非常に高い不信があると結果で出ていた、


  同じ新聞の調査であるのに完全に真逆の結果が出ている、更にいえば読売がやった調査は自分の正当性を誇るために、意図的に新聞が信頼されているというデータを出すのが目的で、調査をしたようにしか見えない、


  だとするならば、マスコミは世論調査は世論を調べるものではなく、広告としてやっている可能性がある、

  インターネットなどでよくいわれるのは、アベ政権の政策に対する批判が強くあるのに、支持率が下がらないのはなぜかという話だ、


  それはプロパガンダ的なテクニックをしているようにも見えるが、メディアそのものが不正をしている可能性も高い、

  マスコミにとって世論調査が広告収入を得るための手段であるならば、当然金をもらえば数値の調整などもするだろう、


  実際、政府よりのメディアだと意図的に調査結果が偏るように、調整しているケースも少なくない、

  世論調査は質問の順番や内容によって、数値を質問する側がある程度操作できるところがある、


  例えばとある人間に対する評価を聞くときに、最初の方の質問でその人物に関する悪い話の質問をしてから、聞くと人物に対する評価が下がりやすくなる、

  また質問の文章によっては、どのような答えを出すか誘導するのも実は難しなく、読売新聞あたりの世論調査では自民党が有利になるように時々行っている、


  自民党か協力している広告代理店のなどの、マーケティングテクニックとしては、

  例えば最近何故か株価が上昇しているが、多分支持率と株価との相関関係があるので、全てに問題が起きていたとしても株価が上昇すると、支持率が下がりづらくなる現象があるのだろう、

  
  以前は、マーケティングのノウハウも日本は弱かったから、放牧的な社会が存在していたため、世論調査も単純に行われていた所があった、

  それが調査結果のビジネス的な価値が高くなったので、どのようにすれば数値だけ高くできるか、効果的な方法が見つかったのだろう、


  実際、詐欺師の小泉の頃は支持率が全てだったが、やつが支持率を上げるために自身の能力だけを頼ったは考えづらい、

  つまり、支持率調整をするノウハウがある勢力を協力して、二人羽織のように表面でパフォーマンスをしつつ、自分の意志通りに支持率を操作していたのだろう、


  だから支持率がどうだこうだというのはるが、現状意図的に支持率の数値を上げ下げする方法は存在している、

  それができないならば詐欺師の小泉が上手く行くはずがなく、同じノウハウはアベも使っているはずだ、


  もとを辿ればアメリカの政治の、政治を数値化する文化の影響があって、多分アメリカでは古くから使われている、古典的な手を日本で応用しているだけかもしれない、
 
  
  ともかく、マスコミの意見は基本的に無視をするしかなく、支持率云々というものは評価しづらいところがある、

  もしかするとどこかのメディアは正確に調べているかもしれないが、違いがわからないので評価しないという形しかできない、


  人間の意志を数値化すれば、人間が何を考えたのか勝手に決められる、単純化された人間の考えは理解できず、それが正しいものだと判断してしまう、

  嘘つきは数字をつかうというが、その最たるものがマスコミの世論調査であって、あれは嘘つきのための道具だと考えるのが妥当でしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR