01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

子殺しアベの犯罪政治、不正が発覚したカジノ利権、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話を長く書いていますが、それは困っている人が多いというのがあるかもしれない、

  私もそういうところはあるけど、明らかに今の社会は困っている人が多い、

  それなのに困っているやつは人間ではない、連中は動物だとかそういう考えを、日本人は一般的に思っている、


  しかし毒というのは全身を回るもので、遠くにある問題もいずれは自分の目の前に来る、

  奇妙な犯罪とか自殺なども、この国は毒まみれだという現象が現れている、そう考えることもできる、


  日本人はお花畑が好きだ、現実よりも夢幻を見るのがこの国の人々である、確かにそのほうが気分はいいのだが、現実的な問題に対処しないため、急激に社会が劣化しやすい、


  この国は一気に良くなるが、一気に悪化する国でもある、アクセルしかない国は最悪になるときも、急スピードで進んでしまう、

  私はもう少し安定した社会にすべきだと思う、多分それをする方法論は、困っている問題の解消にあると考えている、


  困っている人の原因は何か、大きな社会問題の理由はどこにあるか、それを考えていかないと、実は安定した社会は成立しない、

  安定というのは大きな成功で成り立つが、問題を減らすことによっても成立する、

  それは問題を見ないのではなくて、問題を見た上で対処する、そうすれば本当に安定するし、どんな状況でもそれなりに人々が暮らせる社会が来ると思います、


  まあそんな話はいいのだけど、ネタとしてあるのはアベの子供殺しがあるね、このクソ犯罪者はこの世に生きる価値もない、

  生まれつきのゴミ人間なのだろうが、逝かれた犯罪者というしかないが、少し前に女性が子供を出産して、アルバイトが忙しすぎて子供が亡くなった、


  それをマスコミや警察は、女性が悪いと叩いていたけど、倫理観のないクズどもというしかないだろう、

  例えばこういう問題も、もし民主党政権だったら多分起きていないと思う、もしくはトラブルが起きても対策を考えただろう、


  自民党の政策は金持ち以外は死ねというもので、最近も大学無償化とかいいながら、年収400万円前後の親の子供に対して、授業料を急に数十万円あげたらしい、

  ほんと、基地外自民党というしかないが、連中は処刑したほうがいいんじゃないかというくらい、人を不幸にするために生まれたゴミ人間である、


  そんな急に数十万円も上げたら、大学をやめるしかないじゃないか、これで大学無償化といっていて、マスコミも大学無償化は素晴らしい、マンセー、マンセーとしか報道していない、


  連中は性根が腐っているから、国民を騙してアベから金をもらえば、あとはどうでも良いという人間のクズだから、正直コイツラも処刑したほうがいいのでは、そんな気もしなくはない、


  まあ処刑ができるか分からないが、しかしこれは人としてどうなんだろうね、どれだけの人間が苦しむのだろう、

  大きな問題なのに日本人の奴隷根性は素晴らしいというか、自分の子供が大学にいけなくなったとしても、アベマンセー素晴らしいというのが日本人だから、救いようがない、


  ともかく、子供が亡くなった問題に対しては、自民党の責任だと考えるべきだろう、

  貧困問題を拡大させたのは連中だし、子育て支援も今回の件を見る限り、実態としてはほぼ機能していないのだろう、


  アベの基地外のやっているのは、以前も見たけどパートで数十万円もらっている、そういう主婦が一般的だと自民党はいっていた、

  つまり、今回の女性も片手間で短時間で、数十万円稼げていると想定して、子どもの問題の仕組みを作っているわけだ、

  (そう考えると大学の授業料の話も、アベの基地外がやったのだなと思うが)


  夫婦で協力して暮らすというのは、中世の頃は成り立っていたが、現代では結婚は一時的な行為という意味が強い、

  例えばフランスで生まれる子供の多くは、夫婦ではなくシングルマザーや、シングルファーザーの子供である、


  いわゆる私生児が一般的な国なので、家族で子育てをするというのは、発展した社会では成立しなくなる、


  今回の件はこの話とはちょっと違う気がするけど、自民党は貧困層を生んでそれを奴隷としい扱って、経済効果を出そうとするのが一般的だ、

  その影響で貧困化が進みやすく、特に女性の立場が急激に悪化したのが、ここ数十年の自民党政治の特徴である、


  ほんとものすごい勢いで女性の貧困化が進んでいて、小泉政権の頃も恐ろしいスピードで悪化していた、

  その結果少子化が進んでしまったわけだけど、今回の件も自民党が原因と考えるべきだろう、


  女性や子どもの問題というのは、福祉を充実させないと解決できないところがある、

  すべてを自己責任という自民党では、赤ん坊は生まれた途端に仕事をしなければ、餓死をするような世の中を作るだろう、


  それはちょっと極端だが、例えば最低賃金の問題も、もしもっと高い賃金を得られる国だったら、その女性の生活は成り立っていたし、子供を育てるのも難しくなかったはず、


  他でも、海外では妊娠をするとかなりの金額をもらえて、それだけで十分に生活できる場合もある、

  アメリカは違うがヨーロッパにはそういう仕組が多く、女性が一人でも子育てができるに生活費なども出してくれる、


  子育て相談をする仕組みもあるから、若い女性でどうすればよいか判断できないときも、十分な支援を受けられる、

  民主党政権だったら、多分こういう行為はできていたはずだ、それが自民党だと一切できなくなる、


  今の世の中は社会問題が天文学的にある、それは一体どこから来たのだろうか?、答えは簡単で政府が意図的作っているのだ、

  日本政府を中心に問題が広がっていて、その一つの被害が今回の件だったといえる、


  しかし日本人はマンセー民族だ、国家が正しく子供は死ねばいい、そういう考えを普通に持ってしまう、

  日本人の異常性というのは本人は気づいていないが、正直悪質な感じがします、


  以前も子供を育てるカネがないから、親が子供を殺した事件があって、殺した人間を悪だといって逮捕していた、

  表面化していないけど今の日本では、カネがないから子供を殺す行為が、ある程度一般化しているのかもしれない、


  アベマンセー、自民党マンセー、日本マンセー、そういう考えを持つ日本人は多くいるが、連中は子供を殺している犯罪者である、

  ホント日本人は妄想と現実の違いが分かっていない、今の体制を認めれば子供は多く死ぬ恐れがあるのに、やることといえばマンセーというだけである、


  次に、カジノの話題が存在していて、ちょっと前に書いているので内容がずれているかもしれないが、

  どうやら自民党議員と維新が金をもらっていたようだ、維新のやつは金をもらったを証言したが、自民党の連中はもらっていないといっている、


  維新がもらったと認めたのは不思議だが、連中はポピュリズム政党であるから、評判が悪くなると困るのだろう、

  昔の詐欺師の小泉と同じような勢力で、多少は人気取りを考えているかもしれない、


  ただこの問題は不自然なところが存在していて、自民党などがもらった資金が足りない点がある、

  中国系の企業が日本国内に不正に持ち込んだのは、2000万円だったと聞いている、

  しかし渡したのはその半分くらいで、もう半分を誰がもらったのか分かっていない、


  可能性があるとすればスガのやつかもしれないな、確かこいつの選挙区は神奈川だったと聞くし、官房長官だから影響力も強くあるため、多額の資金をもらっていた可能性はある、


  もしくは幹事長あたりも資金をもらっていたかもしれず、他の議員が100万円程度で、残り一千万円誰に渡したか分からないならば、それなりの人物が資金を得てたと見るべきだ、


  誰がもらったのか現状では私にはわからないけど、カジノ問題であるのは検察の異常な行動である、

  あれだけアベ政権の不正に目をつぶって、賄賂をもらっていた勢力にしては、不自然に攻撃しているところがある、

  
  その原因としてありそうなのは、入国するときに不正をしたのが理由かもしれない、

  実はカジノ問題は欧米の企業も起こしていて、自民党議員に献金をしているアメリカの会社も存在している、


  ただそれは普通に献金をしていたため、罪を問われるという形はなかった、しかし今回は不正な資金を日本国内に持ち込んでいるから、その時点で不正な金をもらった政治家という、話が成り立ってしまう、


  つまりカジノの不正で逮捕したのではなく、不正に持ち込まれた資金だったので逮捕した、そういう可能性が高いと思う、


  そうでなければ検察が動く可能性はないし、多分アベ政権に対する攻撃だったのではなく、元々別の犯罪が関わっていたから、逮捕が行われたのではないか、

  結果としてどうなるかわからないけど、残りの一千万円を誰に渡したのか分かれば、多少は何かが起こるかもしれません、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR