07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

中国に買収されたアベカジノ問題、日本をだめにするマスコミの害

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治の話を今日も書いてみると、話題になっているのはカジノの話があるか、アベのクズが始めたカジノの話だが、

  うーんと、自民党の議員が中国の会社と関係を持って、カジノ誘致に関する賄賂をもらっていた話がある、


  元々日本のカジノは外資の影響を受けていて、日本の産業にとっては全くメリットがない、

  カジノに関するノウハウがないので、アベのクズがやろうとしているやつは、全て外資系企業が運営する形になっている、


  うん?、、あれこれって詐欺師の小泉の頃の売国政策と似ているね、郵政民営化といって、ゆうちょの資金を海外に売ろうとしていたとか、やっぱりあの頃と似た売国政策が目立っているようだ、


  海外の有名ホテルを建てるというのも、税金使って海外のホテルを誘致して、その見返りに自民党が金をもらう、詐欺師の小泉のころにやっていた手口だね、

  この方法は海外を経由するから、土建屋利権と違って証拠を抑えるのが難しく、迂回してきた資金を詐欺師の小泉はインチキに使っていたらしいが、


  ともかく、カジノの話は似たような形だろうな、海外からギャンブルの会社に来てもらって、その建設費用を政府が全額出すなどの対応をして、低コストでカジノを作った会社に役人が天下りをするとか、自民党が献金をもらう予定だろう、


  連中に誠意なんてものは一切ないから、あるのは金銭欲だけのゴミクズ人間だから、不正をするのが目的を見るのが妥当だ、


  それ今回の件は、中国企業がアベの下僕政治家に、カジノの件について賄賂を渡そうとして、多額の現金を持って国内に来たときに捕まったと聞く、
  
  元々そのアベ下僕政治家は、中国にカジノの宣伝のために行った時に、現地で中国の会社と会ったらしい、

    
  多分そのときに金を出せと脅したのだろう、もしくは金を出せば認めてやるよといって、中国側が日本まで資金を持っていって、渡す予定だったのだが途中でバレたわけだ、


  この話は中国の会社が一方的にやったは考えづらく、アベの下僕政治家が請求したと見るのが妥当だろう、

  そうでなければ違法な形で資金を持ってくる必要はないし、表面化しないように資金を持ってきたのは自民党側が指示をしたからだろう、


  アベ下僕政治家の指示が曖昧だったから、よく分からないで資金を持ってきたので、入国するときに引っかかってしまったわけだ、


  検察が自民党議員を逮捕するのは、ある意味ありえない話なので不自然だが、海外から資金を持ち込んでしまったので、具体的な証拠が出てしまったのが原因だろうか、

  当然そういう問題は中国政府からも、問題を指摘される恐れがあるわけで、何もしないというわけにはいかなかったのかもしれない、


  とはいえ所詮検察はアベの犬でしかないので、餌をもらえばすぐに何もしなくなりそうだが、


  ふーむ、最近は桜を見る会でアベの犯罪性が目立っているので、その辺りについて興味があるのかもしれない、

  他にも犯罪行為をして雲隠れした、アベの仲間も複数存在しているし、検察に対する批判も強くなっているのだろう、


  批判されそうだから検察が動いた、そういう可能性もあるだろうが、だとすればそれは最悪の司法制度というしかない、

  自分の身の保身で司法制度の権限を使うとか、権力の私物化として最悪の行為をしている、


  日本はまともな国ではないんだよね、長い間国家のことなんで誰一人として考えていなかった、

  だから実は日本が国家制度として破綻しているとか、致命的な問題点があるなど、知らないまま多くの人が暮らしている、


  何も問題が起こらなければよかったが、それが最悪の形で発生しているのが現状で、検察も信頼できるような行動はしていない、

  カジノの問題は外資に対する資金援助、その見返りとして間接的に献金を受け取る、そういうインチキをしていると見ていい、


  いわゆる、マネーロンダリング的な資金を得る方法で、詐欺師の小泉の頃によくやっていた手法論だ、

  カジノができてもその利益は外資系企業がすべて得るのだから、それ以外のパチンコなその産業は急激に衰退する、


  国富が海外に流出するのがカジノの問題であるわけで、当然自民党はそれを見越して海外の企業と取引をしている、

  完全に売国奴というしかないが、それをマンセー、マンセーと評価しているのが日本人なのだから、有り金をむしり取られて死ぬしかないのでしょう、


  次に、日本をだめにするマスコミの問題、という話を書いてみると、こういう話題はよく書いていますが、本質的な問題がマスコミにはある、

  それは何かというと、連中は極端な意見をいえないという点で、社会常識を醸成して金に替えるマスコミは、本質的な問題を指摘する能力がない、


  マスコミはジャーナリズムではない存在で、似て非なるものなので連中を報道機関と考えてはいけない、

  テレビや新聞の目的は社会常識を作って、それを支配するポジションについて金儲けをすることで、世の中に必要な情報を提供するものではない、


  海外のメディアはジャーナリズムといえるところがあるが、そういう新聞などは実は規模が小さく、ある意味専門性の高い特徴を持っている、

  つまり、ジャーナリズムのためのテレビ、報道のための新聞に特化していて、それがかられの価値になっている、


  では日本のマスコミはなんだろうか、連中は社会に対する影響力が強すぎるので、世論を自分で形成できるほどの力がある、

  この数年の政治は全てマスコミが作ったようなもので、メディア政治といっていいところがある、


  そのような行為ができる立場の連中が何をするのか、当然海外のジャーナリズムに特化したメディアとは違うものになる、

  連中がやりたいのは国家や国民への支配欲で、ある意味独裁を渇望する性質を持つようになってしまう、


  アベの基地外は低能で人間のクズの犯罪者だが、悪口をいっているように見えるけど全部事実で、ここまでクソな人間がいないというほど、アベは人間のクズとして特化しているところがある、


  真正のゴミ人間なのだけど、こいつのやっているのは少し前に話題になった、レイプ魔を擁護するとか、桜を見る会のような不正行為をするとか、以前のアベマセンセー小学校を大阪で作ろうとしたとか、非常識な話が多く存在している、


  では、狂ったアベのようなゴミの報道を、マスコミが行えるかというと無理なんですよね、

  なぜかといえば基地外じみているからだ、人間の常識とはいえない狂った犯罪者のアベは、低能のゴミなので極めて気持ち悪いことをする、


  しかしマスコミの仕事はジャーナリズムではなく、社会常識を作って国民を支配することだから、異常性の高い情報を伝えてしまうと、社会常識を安定して作れなくなってしまう、


  日本のマスコミはジャーナリズムではない、似て非なるものだという特徴と、アベの基地外っぷりが丁度合ってしまったわけだ、


  例えばアベは人種差別者と関係が深い、レイシスト政治家であるという問題がある、

  海外では人種差別主義者と仲良く写真に映っている、アベや閣僚の写真が大量に出回っていた、


  それはアベ政権が始まったときに、国際社会で大きく広がったのだけど、日本のマスコミは一切報道しなかった、

  なぜか、それは非常識な行為が起きてしまうからだ、総理や大臣がすべて人種差別主義者だと分かったら、社会常識が崩れてしまう、


  マスコミは社会常識を自分で作って、それによる利益を得るために存在している、だから異常性のある組織が出てきだとしても、問題を適切に伝える行動をしない、

  例えば東京都知事はレイシスト小池だが、こいつに関しても人種差別主義者だと報道したメディアはない、


  実際は完全にネオナチ的な人種差別主義者なのだし、過去も差別発言を大量に行っているのに、その点を報道したメディアは一つもない、


  なのに、今は違っているが少し前は小池旋風とかいっていたわけで、連中にとっては人種差別主義という、悪いイメージを与える情報はデメリットが大きく、絶対に社会に伝えない、


  テレビを見ていれば分かるじゃないですか、常に明るく情緒的な雰囲気で番組を作らなければいけない、

  そういう媒体であるのにレイシストなどの、社会の本質的な問題について伝えるのは、連中の商売では不可能である、


  報道やジャーナリズムとしての価値が全くない、それは日本のマスコミの真の姿だったわけだ、

  しかし今までは本質的な社会問題が起こらず、マスコミがジャーナリズムとして全く価値がない問題は、表面化していなかった、


  それがアベの基地外などのゴミ連中が出てきて、具体的にどうするか考えなければいけなくなったときに、マスコミのジャーナリズムでない問題が表面化した、

  社会に必要な情報を伝える能力が完全になくなってしまい、現在はマスコミは一種の公害でしかない、


  日本人はお花畑に住んでいるから、社会の問題を考えるのは悪徳だと感じてしまう、

  世の中に問題があるいう意見は邪悪で、政治家が不正をして実は基地外であるという真実は、呪われた話だと考えるだろう、


  本当にそういう問題なければよいが、実際にトラブルが起きているのに気づかずにいる、

  それは国民の問題であるし、マスコミがジャーナリズムとして全く価値がなく、無価値なのに影響力が強い、状態で生存させてしまった罪だともいえる、


  問題がないと考えるほど問題は大きくなる、下り坂社会では雪だるま式にトラブルは増えるので、その備えをしていなかった日本はこれからも誰も真実を知る機会のない、危険な社会を生きていくのでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR