01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

過程と目標の違いについて、と、逆明治維新のススメ、

    どうもこんにちは




  少し前に自民党の久間という人物が、日本に対するアメリカの核投下は正しかったとかいったらしいですが、やっぱりこの人物はアメリカの飼い犬、軍事利権をあさるために国民を殺そうとしていてる重要人物のようですね、長崎の伊東市長殺害もこの人物は関係があるような気がします、 まあただこういうことが起こるということ自体、日本は先の戦争の総括ができていない、戦争の終結ができていない、そういうところがあるような気もします。



  例えばアメリカの原爆投下とはどういう意味だったのか、それを日本人側から理性的に考え、それを理解するということをしてこなかったこと、それがこのでたらめな発言につながったわけですが、 私の見方だとアメリカの原爆投下の意味とは、これはアメリカからの視点から見ないと分からないのですけど、アメリカから見ると、アメリカの第二次大戦での狙いとは、アジアに対する足場がほしかったという理由から来ていると思います。



  そのためにアメリカの狙ったのはアジアにアメリカの力を見せ付けるための、デモンストレーション的な方法を考えていたのではないだろうか、だから一番インパクトのある核を使った、 日本の常識でいえばこんなことはありえないけど、アングロサクソンはいかに人をだますかというのが基本理念としてあるので、例えばヨーロッパの宮殿とかを見れば分かるように、あそこまでしたのは私利私欲ではなく、いかに人を威圧するかという考えでやったわけで、 人を威圧する、ようはだますというだけであれだけのことをする民族が、核を使って同じことをしようとしたとしてもそうおかしくはないだろう、



  まあただこれは私の読みに過ぎないけど、多分アメリカが核を撃ったのはアジア、ロシア(当時はソ連)、中国、それらに対する威圧として撃ったと見ていいのではないかな、東洋人には理解不可能な考え方だが、彼らならそう考えるだろう、深い理念ではなく威圧としての意味として使った、撃った場所自体日本の西であり、日本の中心である関東や京都ではない、その点日本に撃ったというよりはアジアに対して撃ったという見方が正しいようには見える。



  そう考えてみると、確かに核攻撃は日本の戦争の終わりを意味していたが、同時にアジアでの戦争の始まりを意味していたといえるかもしれない、 だとすると、核の問題をあまり日本だけの事として捉えるのは良くないかもしれませんが、まあ何にしろ核の狂気は、本質的にはアングロサクソン、ようは白人の狂気の具現化でもある、彼らの表層的視点や、インパクト的な表現を重要視する考えが生んだ悪魔の道具かもしれない、 そういう意味では、いかに白人やそういう人々の考えを抑えるかというのが、被害者であるわれわれ日本人の務めのような気がしますね。


 



  さて、それはいいとして今日はまたなぜか二本立てですが、過程と目標の違いについて、ということでも書いてみようかと、過程と目標、過程というのは目標までのことであって、目標というのは一種のゴールのようなものであるわけです、こう考えれば別に難しいことではないのですが、しかし、こういう単純な考え方も場合によっては全然分からなくなるもので、例えば最近の世の中を見てもこういうことが分かっていないなと感じることが多いです。




  例えば、日本の歴史があって、その歴史上であったことを絶対視し、それを目標にしてしまうということが最近ではよく起きていて、昔の明治大正期などのことを、今の状況においても意味があるのだ、目標とするべきだ、そういう考え方が非常に多いわけです、確かに歴史は事実であり明確なものでもあるでしょう、しかし、事実だからといって今の世の中においても意味があるのか?、ということになると話が違ってくる、事実だから現実か?、事実であるならば今の世の中でも意味があるのかというとそういうわけでもない。




  歴史的過程というものは、頂点とそれを結ぶ辺のように、ある種のピーク的限界点と、それまでの過程的なその限界点どうしをつなぐ線のような状態のときとに分かれる、歴史的な事実といえども実際はこの二つに分けて考えねばならない、 その点から見るに、日本の歴史において明治大正昭和という時代は、限界点をつなぐ線ような状況だったのではないだろうか、たぶんだが明治維新をした人々が求めていたのは、今の平成的な時代だったのではないかと思う、いまはいまで問題はあるのですけど、目標が一種のゴールであるとするのならば、今の日本の状況というのはそのゴールの状態、限界の状態にあるのではないかと思います、    



  いやそうではない、戦争の終わりがピークだという意見もあると思いますが、それは違うような気がしますね、目標というのは限界を表すものであり、その先がないことを指す、ならば、戦争の終わりが限界線だとすると、戦後という時代があるのがおかしくなる、戦後という時代は戦争の終わりを継承した時代な訳ですから、その後もつながっているわけですね、ある種戦争をしてその終わりが来なければ、戦後という時代もなかったと見ていいでしょう、そういう意味では戦争が終わったことが歴史上のピークではなく、たぶん今の平成の世の中のほうがピークに達しているのだと思います。



  なぜそういえるかというと、目標は一種の限界点であるのならば、その先に進めないところを目標とみるべきなわけで、今の世の中を見ていて今までの概念上の上に未来を作れると思いますか?、まあまず無理でしょう、そういう意味では今の状態が歴史上の限界点、ピークに来ていると見ていいのではないでしょうか、



  そしてそういう状態では、限界に来ているわけですから今までの考え方見方ではこれ以上は進めないわけです、それならばどうするべきかと考えてみると、別の目標がいるわけです、それは別の限界的な方向性を、今までと違う概念の上に積み上げていく手法を編み出す必要があるわけです、 昭和でもなく、明治でもなく、大正でもない、そういうものとまったく関係がなくて、それでいて目標として成立するもの、そういうものを求められているのだと思います。




  つまり、今行うべき反転とは、今まで行かなかった世界への反転がいる、少なくとも明治昭和大正時代へとは行かない、明治大正昭和時代とは、一種の過程的な歴史であり、その場においてたまたまそうであったというだけで、それ以上の意味を持たない歴史である、それを基準に物事を考えるということは、大きく考えるときはまず使えなく、小さな考えにしかなれず、具体的な意味を持たないレベルのごみが生まれる程度のことにしかならないと思う、



  そして今の政府は、この国をそのごみが生まれる程度にしかならない方向性へと動かしつつある、それは彼ら自身がごみレベルの人間だからなのが原因なのだろうが、そんな安っぽい考えて物事を動かせるほど現実は甘くはない、だからこそ明治大正昭和という時代を捨てた上でどうするか、その観点に立たない限り今の状況における未来の目標は立てれないと考え、むかしの軍事とかそういう妄想で生きているような、痴呆の始まってしまった政府与党の人間を排除し、この国の未来の目標というものを考えてみるのがいいのではないでしょうか。


 




      



  さてそれで二つ目として次は、逆明治維新のススメ、ということでも書いてみようかと、上の続きみたいなものですが、上で書いたのは歴史には過程的な時代と、頂点のような限界的な時があるということ、そして今の状態は限界的なときであり、またここから別の目標へと進まねばならないということ、そしてその目標というものは、過程的な歴史、明治大正昭和的なたまたまその状況ではそうだった、というような途中的なものを目標にするのではなく、それ以外のものを目標にしなければならないということ。


  そしてその目標としてどれがいいかと考えたとき、江戸時代的な体制というものを目指して見てもいいのではないかと思ったので、書いてみようかと。




  それで逆明治維新のススメということで、昔も書いたような気がするのですけど、今の体制から江戸時代的な体制へと動かしてみたらどうだろうかという話で、今の日本の状況において足らないものは、社会的なものが多いわけです、日本人全体が分散してきて、全体の液状化、悪く言えば崩壊的な問題が起きているわけで、 まあそういうものを修正するためには、今までやってきたことの逆、例えば富国強兵の逆、いや別に貧国弱兵にする必要はないのですけど、ただ強さを目指すという方向ではなく、もっと複雑な考え方から来る方向性というものがいるような気がします、今の状況を見る限り単純な力を目指す方向性は限界に達しているので。




  今の日本においては、強さを目指した歴史、そしてその失敗と限界、そういう限界のところに日本はいるので、いまだに馬鹿な人間は強さによる問題の解決という、馬鹿な自己満足的な妄想を騒いでいますが、今問われているのは例え強さであっても単純ではない強さ、例えば粘り強さのような単純でない意味の強さとかそういうものが問われているのであり、単純な強さを求めていくのならば、粘り強さのような抽象的な意味は手に入らないのでそういう方向性ではうまく行かない、まあそいう深みのある力なり、意味なりそういうものを今は問われているのであって、表面的な数値的な強さというよりは、内部的な意味的な強さということを問われているように思えます、



  今問われているのは、根底にある内部的な構造、表面的な強さや意味ではなく、その奥にある強さのようなものというかそういうもののような気がします。 例えば社会的な考えが深まっていけば、全体が誤ることは減ってくる、それに対し表面的な強さばかりを追っていくと、力は強まるが間違いも増えてくる、アメリカがいい例ですが、まあアメリカは例外的にそういう方向性でもうまく行くでしょうが日本ではそうは行かないので、単純な表面的な強さではなく、これからは深みを持った強さ、そして意味のようなものを重視していったほうがいいと思う、



  日本は小国であり、そしてこれはもう永遠に変わらないだろう、そして小国である限り力のごり押しという方法は存在しない、だからこそ深みをもった手が重要になる、表面的な力はすぐにどうにかなるものであり、それならば大国のほうが有利である、だからそういう勝負をすることは日本にはできない、よってどうしても時間のかかる深みのある方向性における勝負というものを日本は目指さねばならない、対外的には外交的な手段の吟味になるだろうが、国内的には文化社会的な深みをもったものの再構築というものが必要になると思う。



  だから今の日本においては、明治維新の逆、江戸時代的な方向性というものを国内的には目指したほうがいいと思うのですけど、ただまあ政府与党が言うような、戦前回帰的な方向性というものは、戦前成立したものをもう一度行おうというものであり、その手法の成立のためには、すべてにおいて戦前と同じ条件が必要になるため、だからそういう歴史的な過程的な要素というものは、目標にはできず、目標にすると必ず失敗する、今の状況において目標にすべきものは、内政的にみれば、江戸時代的な方向性が正しいと思う、だいたいにして明治から昭和の歴史は、日本の歴史ではなく外国の歴史のようなものなのだから、そんなものを日本の歴史の基準として考えるのはおかしいだろう、



  まあなんにしろ、この国を生かすには、社会的な側面の補正がいる、ならば内政的な面を見るのならば江戸時代的なものを考えた方がいい、江戸時代というと古臭く感じるかもしれないが、状況的に今の日本の状態は江戸時代と似ていて、軍事が大国にはさまれ核で狙われているので、日本の軍事行動ができないのと、アメリカが日本たたきに回って、もはや信用できないので事実上独立国になり、日本人自身で自国のことを考えねばならなくなったこと、そういう条件を見るに今の状況は江戸時代に一番近いように見えるので、戦前回帰はおかしな意見だけど江戸時代的な回帰というのならば今の状況では内政的にはあっているように思います。 日本の再建のためには、まず日本人自身が本当の日本人になる必要がある、そしてそれがあるのが江戸時代であり、明治大正昭和時代は、江戸時代に比べると日本の歴史とはいいがたいので、まあそういう方向性よりは江戸時代的な方向性を考えた方がいいと思います。


 


 


 


    それでは、今は週二回ですので、次回は木曜になります、では次回まで。


 


 


 

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR