01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

日本に来る大きな台風、拡大する香港デモの原因、害が大きい軽減税率

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)



    どうもこんにちは、


  最近はまだ暑いですね、10月で暑いのは初めてな気がしますが、さすがに来月は寒くなりそうです、


  それで今の所政治的なネタはないのだが、しいていえば台風の話があるかな、聞いた話は凶悪なのが来ているが、かなりまずいかもしれない、

  最近は千葉で大きな台風が来て被害が拡大したが、そのときに批判を浴びたのは対策の不十分さだった、


  千葉にいる自民党議員や知事は対応せず、特に知事は災害時に役所にいなかったので、何の指示も出していなかったと聞く、

  アベのアホも、何の対策もしていなかったので、自衛隊がまともに活動し始めたのは、台風が来てから一週間後だった、


  現状すでに自衛隊は帰っているらしく、まだブルーシートなどを貼る必要があるが、そのような作業は自己責任で行われている、

  災害対策を日本政府がしなくなっていて、被害を受けたら自己責任の世の中になっているが、最悪の国というしかないだろう、


  台風の被害は去年もあって、そのときも一切災害対策はしなかった覚えがある、確か災害対策本部も形式的にしかなったはずだ、

  一応はあったようだけど殆ど機能せず、何もしていなかったしその頃に起きた、西日本豪雨の問題も何かしたという話は聞かない、


  最近でいえば台風が中国地方に来たときは、一応アベのやつも何かをしたらしいが、それ以外では災害対策をしたのを見た覚えがない、

  低能アベは社会の問題など考えないし、自分が被害を受けない限りは最大などどうでも良いのだろう、人間性の欠片もないやつだから、


  今回の台風は去年や今年の千葉のものよりも強いといわれるが、どのあたりに来るかまだわからないらしい、

  週末に来ると聞いているけど、現状だと中部あたりに来るといわれているが、関東に来るかもしれないという話もある、


  それで災害対策をするかというと、多分やらないだろうね、
 
  国会が開かれているから野党が批判をすれば、ある程度は対応するかもしれないけど、マスコミが批判をしないから何もしない可能性が高い、


  マスコミは災害対策に関してはグルで、以前も九州の方で地震か何かで被害を受けたときに、アベが現地に行って写真を撮ったらしいのだが、

  このアホは実際は何もしていないのに、被災者のいるところに勝手に来て、災害支援をしている写真だけを撮った、


  現地の視察などは一切しなかったらしく、周囲の人はこのアホはなんで来たのかと、疑いの眼差しを向けていらしいが、

  そういう問題だってマスコミは報道していないし、写真撮影に協力したのもテレビと新聞で、結局連中も被災者を見捨てていたわけだ、


  地震などの被害も大きいものだが、やはり最近は台風もしくは大雨の被害が大きくて、地域全体に多大な被害が起こる場合がある、

  地震と違って複数の県が大きな被害を受ける自然現象だから、対策も十分にしておかなければいけない、


  今回の台風がどうなるかは分からないけど、災害対策は基本的に行われないと考えるべきだ、

  被害を受けた地域は見殺しになるだろうから、恨むなら自民党やアベを支持した人を批判するべきでしょう、


  次に、香港のデモが大きい問題になっているが、本質的な理由がそこにはあるのだろう、

  元々香港はアヘン戦争で中国から奪った地域で、イギリスが権限を持っていたが中国へ返される予定だ、


  今回のデモは民主主義のための戦いといわれるが、それにしては大きな問題になっているのが不思議だった、

  メディアはとある法案への批判として、香港の人が立ち上がったと答えていたが、規模が大きすぎるので不自然に感じていた、


  色々見ていて分かってきたのは、長期的な問題で香港が将来どうなるか、その点に関する不安があるのだろう、

  香港で暮らしていた人は長年自由主義の国で暮らしていて、それが共産主義のような全体主義国家に変わろうとしている、


  当然今までの生活は維持ができなくなるし、自由な言論も失われてしまうだろう、

  中国政府の失敗としてあるのは、このような心理問題を考えずに、香港を併合しようした問題だ、


  まず交渉をするならば相手にとって、意味のある条件を指定しなければいけない、

  つまり自由主義で生きてきた人々にとって、全体主義国家でも同じように暮らせる条件が必要になる、


  それができないとアレルギーのよう反応が起きて、強い反発を生んでしまう、

  何故デモが大きなったのかといえば、それは将来への不安があったからだろう、法律の問題ではなくて全体主義国家に変わる心配が香港の人にはある、


  そもそも国家を変えるというのは難しい話で、書類上で簡単にできるものではない、

  昔の植民地時代は国は売買される対象だったから、書類で国を売り買いするのも可能だったろう、


  問題はそういう植民地時代の風習で、現在の国のあり方を変えてしまっている点だ、

  当時としては不自然ではなかった問題が、現在では大きな社会問題を生む、解決が難しいトラブルを発生させる、


  単純にいえば自由主義の国が、全体に主義の国に入るのは無理なんだよね、その無理を強引にするべきなのか、この辺りには本来知恵があるべきだ、

  しかし中国の外交的なスタンスとしては、強面で交渉しなければいけない、そういう考え方がある、


  全体主義国家だからだろうけど、敵対する相手は圧力を加えれば、問題が解決できるだろうと中国は考える、


  今回のような古い時代の風習を元に、現代では難しい国家売買の形を行うのは、多くの無理を発生させてしまう、


  最悪このまま行くと香港は崩壊してしまい、人間が住めないような社会になるかもしれない、

  例えば今は一つの法案だからいいけど、将来国の制度の中枢を中国が握って、それに合わせた制度になったときは、地域住民はゲリラ化するかもしれない、

  
  そうなってしまうとシリアの内覧のような、激しい殺し合いになる可能性もあるだろう、

 
  穏便に問題を解決したければ、古い時代に作られたルールを、現在でどのように処理するべきか考えるべきだ、

  とはいえ、中国は硬直した国なので、当人がまともな判断ができるとは考えづらい、


  本来ならば日本が助け舟などを出して、問題の調整をするのもあるだろうが、アベみたいなクズが人の役に立つ可能性はないので、

  香港の問題は長期的に過激化してきて、別の形になるのではないかと思います、


  後は、消費税の話でも書いてみますか、消費税で軽減税率ができたといわれるが、大きな問題を引き起こしている、

  そもそも十分な準備をせずに始めたので、どのようにするか詳しいルールが決まっていない、


  大手はなんとか対応できるだろうけど、規模の小さな店は下手をすると全滅するかもしれない、

  例えば今回の軽減税率は、これからも複数税率として存続する可能性はある、

  なぜかというと軽減税率は利権もあって、例えば特定の商品の税率を下げたいと議員に賄賂を渡して、対象にしてもらうというのはある、


  実際今回新聞は軽減税率の対象になったが、それは明らかにマスコミを買収するためだろう、

  オリンピックもマスコミを買収するためのものだし、最初にアベがそういう手を打っている異常、今回の軽減税率が関係ないというのは無理がある、


  つまり、軽減税率は利権として価値があるので、これからも存続し続ける可能性はある、

  法人税とか所得税などでも控除が多くあるが、それも特定の政治家が依頼して賄賂をもらって、制度に入れている場合は結構ある、

 
  実際に賄賂をもらっているか分からないが、特定の勢力と付き合いあるのある政治家が、減税措置を受けるために財務省に圧力を加えるのはよくある話だ、

  だから消費税の軽減税率はこれからも、もっと増えて複雑になってくるかもしれない、


  実際にどうなるかは将来の予測だから分からないが、そうなる困ってしまうのが一般のお店だ、

  コンビニなら最新の機器を揃えて、簡単に税金の手続きや計算ができるが、普通のお店にはそんな機器はない、


  もしこのまま軽減税率が複雑化してしまうと、規模の小さなところは全滅する恐れがある、

  海外でも軽減税率があるとはいわれるが、何らかの支援などが行われているのだろう、日本ではそういうのはないから問題になる、


  とかく、日本は立場にある人や企業の支援はするけど、そういうのがない人や小さな会社に対しては、基本的に支援をしない所がある、

  弱者は助けなくてよいというのが日本政府のスタンスなので、軽減税率の複雑化は立場の弱い人にダメージを与えるだろう、


  国民の声が通らない政治を、自民党やマスコミは作っているけど、結果として立場の弱い人が被害を受けるようになっている、

  軽減税率は利権だから、多分自民党に献金をするところだけが安くなって、そのたびに制度が変わる可能性が高い、


  そして献金をしなかった分野は税金が上がって、いびつな税制度に変わっていくだろう、


  国会で議論をするのは無駄という日本人は多いが、議論をしていないと問題が指摘できない、

  軽減税率も国会では議論されておらず、問題をどうするかという対策も一切なかった、


  軽減税率をするための準備についても、特に支援制度はなかったのではないかと思う、


  具体的な要素がない政治ならば雲の上でもいいかもしれないが、税金のような直接的な問題に対しては、十分な議論が必要になる、

  消費税の軽減税率が大きな問題を起こす可能性があるが、それは国会が機能せず議論が行われなかったことが、国民への被害として現れているわけです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR